天才画家ダリの絵と似ていると言われた僕の絵画作品

dariimage

以前オーストラリアに絵の修行の旅をしている時に

僕の絵はダリのスタイルに似ていると言う人が何人かいた。

 

僕はこの時までダリの絵をちゃんと見た事がなかったので

どこがどう似ているのか少し気になっていた。

 

ダリはなぜ天才画家と言われるほどにまで有名になったのか?

 

 

実は僕は絵を描く仕事をしているが、

あまり他の画家の経歴に興味がない。

 

なのでダリの事もよく知らないのだ。

 

しかし天才画家と言われたダリの絵には興味があった。

 

彼がどのような独創的表現、

独創的思考で絵を描き上げていたのかを・・・

spain_darimuseum

平日のせいか中は思っていたより人も少なく

ゆっくりダリの絵を鑑賞する事ができた。

spain_dariinmuseum

ダリの作品の中で一番有名なのがこの「溶ける時計」と言われる作品。

 

夢を実写的に絵で表現するようで僕と似た能力がある事が展示会場の

説明に記載されていた。

daritensai2

僕たちは現在のこの時間を生きているが、

過去の記憶は時間とともにゆっくり薄れて溶けていき、

その中で残った記憶は「記憶の残渣」として

残され、それが自分の思想を作り上げていくとダリは言っている。

 

 

しかしダリの作品を観ても分かるとおりオーストラリアで出会った

人達は僕の絵とどこが似ていると思ったのか疑問だった。

 

 

僕とダリが同じ所は夢で見たものを描いている所だけだ。

 

 

そんな事を思いながら広い展示会場に飾ってある作品を一つ一つ

どこか技術的に盗める所はないか考えながら観察していた。

spain_daripaint3

spain_daripaint2

spain_daripaint1

上の写真は抽象画だが僕はまだ抽象画を描いた事がない。

 

 

しかし何故かわからないが抽象画の方が心の声を絵に

しているようで僕はまたあらたなインスピレーションを

受け、これから僕の心の声を絵で表現してみたくなった。

 

新しい好奇心を生み出してくれる作品を僕は

これから描いていきたい。

 

そんな事を思いながら絵を鑑賞していると

僕は一つの作品に目が止まった。

daritensai

もしかするとこの絵が僕の世界観と似ていると

友人は言ったのかもしれない。

 

これは僕が世界を旅する前に描いた作品だ。

zironozouzin

ダリは神話を絵で描く事もやっていたようだが僕の

場合はすべて夢の中の世界を描いている。

 

動物は夢にはでてこないのだが、ある意味を込めて

絵の中で動物と僕の世界を融合させるスタイルの作品。

 

 

僕は小学校低学年の頃から深い眠りについた時、

地球ではないどこか別の世界を飛び回っている

夢をよく見ていた。

 

 

しかし年々その夢を見る回数が減ってきており、

夢を完全に見なくなってしまう前にこの世界を

絵に描きうつしていこうと画家になる事を決意したのだ。

 

そして絵は200年後、300年後まで残る貴重な現在の資料と

なる事を踏まえて僕は絵の中に未来へのメッセージを残す

事にした。

 

 

その中で動物を入れる事が重要になってくるのだが

これは未来の人間にあてたメッセージなので

死ぬまで誰にも伝えるつもりはない。

 

 

スペインで新しい衝撃を受けた経験を力に変え、

僕はこの後も一生絵を描き続けるだろう。

 


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ