僕は今天国にいる。『バイロンベイ』は神秘の楽園だった!!

『心地いい』

 

そんな感情に満たされている。

 

『僕は今天国にいるのか?』

 

そんな事を感じてしまう場所は

オーストラリアの東にある小さな町。

 

byron_zekkei

 

地球上にある中でもトップを誇る楽園。

 

僕はこの町で絵の修行をする事にした。

 

バイロンベイのビーチは南国天国

青いそら、白い雲、南国の鳥の鳴き声を聴き

奇麗な海の香りを感じながら

ポテトをビールで流し込む。

 

 

その瞬間がたまらない。

 

 

 

美味しいポテトは町の中心部で安くで買う事ができる。

 

 

バイロンのビーチの少し上にある芝生の上でマッサージを受ける。

 

天国にいく心地で眠りについてしまうその瞬間に幸せを感じる・・・
byronbay_massage

 

こんな暮らしをしながたまにビーチで

のんびり絵を描いて過ごす事もあるが

気が向いた時に収入を得るために

パフォーマンスをする。

 

バイロンベイの朝日には力がある

byronbay-asahiyoko

 

町の先にある灯台に行くとそこには360度海が広がる景色・・・

 

 

 

まるで世界に自分が一人しかいない感覚になる事ができる。

 

 

 

その景色の先から朝日が登り始める。

 

こうしてバイロンベイの一日は始まっていくのだ。

 

そこは想像もつかない程の楽園であった。

 

バイロベイの裏には壮大な自然がある。

byronbay_takitop

 

海にはさまれてる町バイロンベイ。

 

その町の裏には壮大な自然が広がっている。

 

 

まるでジュラシックワールドのような

世界へ迷い込んでしまった感じだ。

byronbay_urasuji

 

見た事もない動物も間近で見る事ができる。

 

 

その自然の中には泳げば肌が奇麗になる湖

自然と合体した宿もあるので

山も森も川も海も全ての自然がそろったこの

場所を天国と感じるのは普通の事なのかもしれない。

 

アーティストが集う町で有名


バイロンベイはアーティストが集う町としても

世界にその名が知れ渡っている。

 

 

クオリティーの高いパフォーマンスから

素人のようなパフォーマンスをする

アーティストまでそのレベルは様々である。

 

 

 

 

レストランで夕食を食べていると

アーティストがその雰囲気にあったメロディーを

ギターで引きながら心地よい歌声で歌っている。

 

レストランの目の前に海とビーチと芝生が

広がっているので、その後は夕日を

芝生の上で寝転びながら眺める。

 

そこでアーティストが夕日にあった音楽を

ギターで演奏していた。

 

 

 

 

 

世界中から来たアーティスト達によって

町の雰囲気は作り上げられている

と言っても過言ではない。

 

 

アーティストは音楽をしている人が

ほとんどだったが絵でパフォーマンスを

している人は一人もいなかった。

 

誰もやっていない事の方がやる気がでる。

 

僕はここで絵の修行とお金を稼ぐ方法を見つける事にした。

 

楽園なのにお金が貯まる

byronbay_kasegu

 

そもそも何故アーティストが集まるのか?

 

道でパフォーマンスをすると

簡単に収入を得る事ができるからである。

 

 

それにここは天国。

 

 

一日の使うお金は1000円もあれば

十分に生活できる。

 

しかもアーティストは一日に

何千円、何万円と稼ぐ事ができる。

 

 

 

僕は絵でパフォーマンスをして

旅費より稼ぐお金の方が多かったので

毎日なんの不安も感じないまま日々を過ごしていた。

 

何か一つ芸を持っていれば

この天国のような生活をする事ができる。

 

町には美味しそうなレストランが並ぶ

byron-restoran

町の至る所にBARやレストランが建っており

若者が集うクラブもあるが僕はクラブに行くと

失神してしまうのであまり行かないようにしていた。

 

大人な雰囲気と若者の刺激的な夜が混在する

不思議な町、そして神秘的な町バイロンベイ。

 

町は海にはさまれているので飲み終わった後

海の前にある芝生の公園に座りながら

様々な国の人と出会う事となる。

 

夕日が奇麗を見ながら一日を振り返る

byron_sunsetkage

 

僕は毎日夕日を見て一日の終わりを確認していた。

 

今日の一日で何ができたのか?

 

得るものはあったのか?

 

一日でした事の確認をしながら

明日の事を考えると絵を描く意欲もわいてくる。

 

まさにここはアーティストの町。

 

アートに意欲的にさせてくれる場所でもあった。

 

 

 

それにこの町は

リラックスできる条件が整っている。

 

夕日を見ながら考え事をしていると

どこから共なくフォークギターを引く

男の優しい歌声が聴こえる。

 

海では数人のサーファーが

夕日をバックに波を待っている。

 

そして夕日が沈むと今度は宇宙が見えてくる。

 

夜は星が奇麗

byron_amanogawa

 

小さな町なので明かりが弱いせいか

空を見上げると満点の星空を見る事ができる。

 

 

僕の泊まっていた宿からでも空を見上げると

満点の星空が見えた。

 

その宿はコテージとキャンプ場と森が

合体したような所なので自然の中で

星空を見ながら寝る事ができる。

 

大陸の反対のビーチにいく一本道から見ると

奇麗に輝く天の川も見る事ができ、

最高にロマンチックな空間がそこにはある。

 

神秘的な出来事多数

byron_tukiookii

バイロンベイの地中深くにはクリスタルが

埋まっていると言う噂がある。

 

どうやらそのパワーがこの町を神秘的な力で

覆い尽くしているようだ。

 

 

 

UFOや気を自由に動かす事ができる人・・・

 

自然のパワーを体に吸収させ身体の健康を

維持していると言う人。

 

 

 

日本でそんな事を言えば「変な人」

終わってしまうような事がここでは普通に行われている。

 

 

 

それに実際に僕もこの目で確認してしまった。

 

 

 

この町に滞在している間に

本当に不思議な体験を何度もする事になる。

 

 

そして自然が生む奇妙な光景も見る事ができた。

 

月が奇麗に光輝く夜があるのだ。

byronbay_husigi

 

この宇宙の神秘が僕の心を踊らせる。

 

他の場所にはないパワーがある町・・・

 

それがバイロンベイである。

 

世界を旅する画家のまとめ

byronbay_beache1829

このような生活は知識を積めば積む程可能となってくる。

 

 

 

知識を積んだ僕は日本の沖縄にも

好きな時に滞在して

好きな時に絵を描いて

好きな時間に寝る事ができる。

 

目覚ましはいらない。

 

太陽の光で目覚めるからだ。

 

 

 

 

旅にでると様々な知識を覚え、

自分自身がどう生きていけば

いいのかその道筋も見えてくるようになる。

 

旅に出るのは怖いと言う人もいるが

そんな人の不安も取り除く事ができる話を僕は持っている。

 

 

 

下にあるZiNARTメールマガジンで

その話を順序良く語ったり、

不思議な体験をした話をしている。

 

あまり旅で起こった信じられない不思議な話を

世界画家旅人で話してしまうと変人扱いされかねない・・・

 

 

 

 

 

なので気になる人だけZiNARTメールマガジンを見てほしい。

 

信じるか信じないかはあなた次第。

 

登録は無料で必要ないと思えば

解除もできるので気軽に登録して欲しい。

 

 

 

今日はバイロンベイが楽園であると言う事を

話してきたが、これからその旅の記録も公開していく。

 

その中でアーティストの訳に立つ情報も流していこう。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ