写真を上手く撮る人は絵も上手く描けるその理由とは?

僕が絵の専門学校に行く前、2ヶ月だけ

絵画教室に通っていた時に講師が言っていた。

 

「写真を上手く撮れる人は絵も上手くなる」

 

その時はまだ絵を勉強する前だったので

この意味がわかならかったが、今になって

ようやくその意味がわかったような気がする。

 

写真を上手く撮ると言う事は写真の構図、

メインをどこに持ってくれば美しい表現や

洗礼された表現ができるのかわかってくる。

artpic_zassou

しかも写真は1秒もかからずに撮れるので

何度も何度も構図を考えながら撮る事ができ、

写真の枠内でどこに何を持ってこればいいのか

自然とわかってくるようになる。

 

 

そうすると絵にも大きく影響してくる。

 

絵は描くのに何時間もかかってしまうが

写真で構図を考える練習をしていれば

絵を描く前になんとなく全体のバランスの

良いイメージを作る事ができ、結果的に

安定したバランスの良い絵を

描く事ができると言う事だ。

 

 

僕は絵の修行のためにオーストラリアを

1年間旅していたが、旅する前に一眼レフを

購入して旅の写真を撮ろうと思っていた。

sydney-artpicobacan

ここはオーストラリアの

南部にある大都会メルボルン。

 

ヨーロッパのような街並でそこら中にアートが

ちりばめられており、美術館も多数ある。

 

絵の勉強には欠かせない刺激

ここには数多くあるのでもしも、

今あなたが絵の上達が不十分で

何をどうすればいいのかわからないと悩んで

いるのであれば刺激を求めてオーストラリアへ

絵の修行の旅に出る事をお勧めしている。

sydney_artpickodomo

海外での活動の仕方はこの世界画家旅人で

僕がやってきた事をそのまま実行すれば

確実にあなたの人生において大きな

経験をいくつもする事ができると思うので。

 

 

 

もしも、海外に出るのが怖くて、

あるいは何かしら理由があって海外に行く事が

困難と言う場合は僕が絵のタッチを教えている

オンライン絵画教室ZiNARTで絵を学んで欲しい。

 

確実に独創的な絵、そして絵の上達に大きく

貢献できる自信があるし、その実績もあるので。

ZiNZRT絵画教室ではこのような絵を学べぶ事ができる。

 

詳しくはZiNARTメールマガジン

読んでおいてもらえれば開講時にお知らせしよう。

 

 

 

限定100人で今回はある特典がついているので

今回は本当に驚く内容になっている。

 

このオーストラリアの旅の後も

世界43ヶ国以上を3年間、

絵具とキャンパスを持って絵を描く仕事を

しながら旅をしていたので、この時よりも

はるかにスキルは上がった。

 

そのスキルを生かしてあなたに

僕のタッチの描き方をお伝えしていく。

 

 

 

 

 

話は戻るが、メルボルンの街を探索していると

ファッション雑誌か何かの撮影をしていたので

カメラマンに混じって写真を撮らせてもらった。

sydney_model

ここだけ見るとヨーロッパのような雰囲気が

でているが、これもメルボルン。

 

メルボルンにはこれぞオーストラリアと言うような

大自然もあり、街に入るとオシャレな建物が

いくつもたっていて、写真を撮るには

うってつけの場所である。

 

車が走る道路の上を馬車が走っていた。

 

観光客をターゲットにした乗り物で

日本で言う人力車のようなもの。

sydney_basya

モノクロで写真を撮っているのは

ただ僕が楽にオシャレな写真を撮れるから。

sydney_kodomo

本物のカメラマンの友人がいるのだが、

モノクロで写真を撮る人はスキルがない事を

ごまかす時に撮るようだ。笑

 

僕はカメラのプロではないのでそこは別に

こだわってはいない。

 

ただ写真全体のバランスを考えながら

撮るようにはしている。

 

 

 

絵を描く時も全体のバランスを最初に

頭の中で構築するのでその訓練もかねているので。

 

 

メルボルンでは数多くの刺激を得る事ができた。

 

そろそろアーティストが集まる街、

バイロンベイに戻って絵で収入を得る準備でも

整えようと思い、ホテルで寿司を

食べながら考えていた。

sydney-susi

久しぶりに食べる寿司。

 

やはり世界で一番美味しい食べ物は寿司だと思う。

 

2ヶ月日本食から離れているだけで

日本食の素晴らしさをひしひしと感じる。

 

しかも、なぜか寿司だけは日本の値段と

変わりなく購入する事ができた。

 

ビールを飲みながら明日バイロンベイへ戻る

バスの予約をネットでして、どのようにして

絵で収入を得るのかをひたすら考える。

 

バイロンベイで初収入を得た時は

見てくれるお客さんと話をする事で

僕のお金入れにお金を投げ入れてくれた。

 

 

 

さらに稼ぐには何か他の見せ方や方法があるはず。

 

 

シドニーとメルボルンで路上パフォーマンスで

収入を得ているアーティストを思い出すと

何か必ず商品を販売していた。

 

そのパフォーマンスにお金を払うと言うよりも

パフォーマンスで商品の価値(歌い手なら歌の価値)

を見せて商品を買ってもらっていた。

 

僕の場合は絵。

 

 

 

 

これを踏まえて僕は絵の商品をつくる事にした。

 

とりあえず思いつくのがポストカード制作だ。

 

この時の僕はまだまだ英語もあまり

得意ではなかったので、どこでポストカードを

作れるのかはわからなかったが、誰かに聞けば

何かしら情報を得る事ができると思い、

バイロンベイに戻ってから商品を作る事にした。

 

 

後にこの考えは見事に的中し、

海外で絵を描いて生きていく自信にもなる。

 

日本に滞在しながらも、絵で生活する方法は

この4年後に発見するのだが、この時は

とりあえず海外で稼ぐ事に必死になっていた。

 

次回のオーストラリアの旅の記事では

その路上パフォーマンスで僕が何をしたのか?

この詳細を記事にしていこうと思う。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ