絵画を描いて初めて売った時の価格は?

画家で生きていくには収入を得なければ話にならない。

 

僕は日本や世界43ヶ国を以上をまわりながら

画家として活動しており、様々な絵の仕事の取り方

学んできたので自由気ままに生きる事ができている。

 

僕も絵を描き始めた頃は素人以下のレベルの絵しか

描けなかったが、絵を本気で勉強して4年が経つ頃には

数人のクライアントさんもでき、お金持ちというわけでは

ないが普通に暮らせるようになっていた。

 

そしてこれが僕が初めて収入を得た僕のデビュー作品になる。

 

サイズはB1(728×1,030)の大きめの作品だ。

値段は今では考えられないほど格安の2万円で売ってしまった。

SONY DSC

現在はこの作品を描いてから7年が経っているので、

この絵を見るとまだまだ修正できたり

表現できていない所が何カ所もあると感じる。

 

僕は人物は描かないのだが、

この作品の中に4人の人物を描いている。

 

これは4人家族の家庭から依頼があり、

その時に家族4人を入れて欲しいと

要望があったので描いたのだ。

 

 

今なら確実に描かないだろう。

 

 

なぜなら僕の絵は深い眠りについた時に見る夢の中の世界を

描いており、その世界の中で人影を見た事がないからだ。

 

その夢の詳しい内容は下のリンクから見て欲しい。

ZiNの不思議な能力

 

 

当時は僕の絵をいくらで買ってくれるのか予想もつかず

値段の付け方がわからなかった。

 

 

現在の僕の絵の値段はこの頃より遥かにスキルも

上がっているし、原画が欲しいというお客さんも多いため

だいたいの目安で25万円〜40万円で販売していた。

 

僕にはアート系と世界系の2種類の作品を描いているため

値段も作品によって大きく変わってくる。

 

アート系

mevius

世界系

IMG_3176

僕はオーストラリアに絵の修行の旅へ行ったのだが、

その時の経験が僕の絵のスキルを大幅にアップさせ、

画家として世界を回る事ができるまでに成長させてくれた。

DSC_1116

絵は描けば描く程上達する。

 

僕が旅で経験して得たものは計り知れないほど大きなものなのだ。

 


タグ: 

カテゴリ:絵について語る 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ