学校へ行くべき?絵の仕事をして生きていきたい人へ語る

絵を学びたい人からよく

「大学か専門学校へ行った方がいいですか?」

という質問をうける事がある。

 

僕は専門学校を卒業後に画家として生きるために

世界一周の旅にでて6年経ったが、今でも

学校に行ってよかったなと思っている。
austrippaint
独学でも絵は勉強できるが、

やはり知らない事の方が多く、

教えてくれる人がいないと

学ぶ事の質も量も違うので僕は

学校に行く事をおすすめする。

 

どうして学校にいく方がいいのか?

 

今回はその質問の回答をいくつかまとめてみた。

ライバル大勢いて刺激がある

rival_1

学校へ行くと様々な手法で描く人が大勢いる。

 

自分と同じレベルの人や自分より上手い人、

独創性の高い絵を描く人もいるので

ライバル同士で刺激しあえる環境に

身をおく事によって相乗効果を得る事ができる。

 

学校はアーティストとして生きるために

必要な技術を得る事ができる最適な場所だが、

絵を趣味として学びたいなら絵画教室でも

学ぶのには十分な環境だと思う。

 

 

 

しかし専門学校は絵で生きたいと言う人より

なんとなく絵が好きだから入学したと言う人も大勢いる。

 

 

 

実際僕が入学した専門学校を卒業して

未だに絵を描いている人は僕を入れても

全体の5%にも満たない。

 

タイミングが悪かったのか

「なんとなく絵が好き派」

が多かったように感じた。

 

知らない事を学ぶ事ができる

unknown

僕が専門学校に入学する前は独学で

絵を勉強していたが、専門学校では

自分で学ぶ事ができない事を多く学ぶ事ができた。

 

様々な絵の具の特性や使い方、

絵の具が乾いた時の色の変わり方、

木のボードへ紙の張り方、デザイン力、

そして僕の学校ではグラフィックデザインも学ぶ事ができた。

 

 

 

教えてもらえないと知る事ができない。

 

 

 

知る事ができないと聞く事も調べる事もできない。

 

ネットで調べてもどこにものっていないような事も

学校では教わる事ができた。

 

 

 

しかし絵の描き方でアドバイスはもらえるが、

細かく教えてもらえるという事はなく

人それぞれの個性を伸ばそうとしてくれる。

 

アーティスト関係の繋がりができる

aus_tenji1

僕は友達は多い方だが専門学校時代の

友達とはそれほど繋がってはいない。

 

 

 

おそらくほとんどの人が

 

「何となく絵が好きだから」

 

という理由で入学してきた事も関係しているのだろう。

 

 

 

しかし友達同士で個展をしたり学校主催の

コンクールに出展した時に見に来てくれた

お客さんや絵の業界の人は今でも何かと僕に

連絡をくれる関係だ。

 

 

 

 

僕の場合は世界を旅しながら画家の仕事をして

絵の業界の繋がりが強くなっていったが

一般的に絵で生きていく一番無難な方法は

絵の学校に入って絵を描きためて

学校の教授や先生に認められる事に

よって絵で仕事ができるようになると言われている。

 

 

 

旅に出れないのならこの方法が

一番絵で生きていく最前の方法ではないだろうか?

 

 

以上が絵で仕事がしたいなら

学校へ行く方が効率がいい理由だ。

 

 

絵で仕事をとるという事は日本では

難しいのかもしれないが、何より大事なのは

継続して勉強し続ける精神力を持つ事が

大事なのだと僕は思う。

 

 

 

その気持ちが未来のあなたへ

繋がっていく事だけは間違いない。

 


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ