働きたくないが夢を追うため就職した18歳の時の話

まだ僕が絵を本気で描き始めた頃から4年も前の話。

 

絵の大学へ行きかったが親に反対され就職して学費を

稼ごうと思い工場で働いていた。

 

その選択が夢を追う僕の人生最悪のスタートラインになる

とも知らずに・・・

 

高校を卒業した18歳の僕は大阪の港にある工場で

働く事になるのだが結果2年で仕事を辞める事になった。

 

 

仕事場の主任からひどいパワハラをうけていたのだ。

 

 

今思えばよくあの環境で2年も持ちこたえたなと関心

するほどだった。

 

他の社員のおじさんは優しく面倒見のいい人ばかりだった。

 

 

しかしその一人の主任だけはどうしても我慢できなかった。

 

 

本来なら10年かけてやっと扱える精密機械をまだ未経験の

なんの技術も持たない新人の僕に任される事になった。

 

 

始めはそんな機会を任されたので責任重大と感じ、かなり

勉強しながら感覚で覚えていく事にした。

 

 

もちろん主任は僕の事などほったらかしである。

 

 

ミスがあれば怒られるのは当然だが教えてくれる人が

いないのでミスをするのは当たり前であった。

 

主任は僕がミスをする時だけ大声でどなりちらし

威圧的な態度で僕を脅すような事も言った。

 

 

しかしそれから1年後僕も仕事になれてきたのか

ミスをあまりしなくなり製品も順調に仕上げる事が

できるようになった。

 

しかし主任はそれが気にいらなかったのか

自分のミスをわざと僕に押し付け、僕がミスを

したかのように偽造し社長に報告していた。

 

したくもない仕事を毎日こなしながら

学費をためようとしても給料は驚くほど低く

その上、ミスを押し付けられミスをした主任は

事務所でコーヒーを飲みながら知らん顔だ。

 

入社して当初は主任の言う事は絶対と思っていたが

1年を過ぎる頃には言い返すようになっていた。

 

 

それが気にくわなかったのか僕のつくった完璧な製品を

ゴミ箱に捨て、なくなったからもう一度つくれと言ってきたり、

社長に僕の管理能力のなさをアピールしにいくなど

様々な攻撃を受けた。

 

したくもない仕事と学費を貯める事のできない環境、

そして主任から受ける毎日のストレスで僕の額は

デコボコに腫れ上がるようになっていた。

 

思い描いていた未来の自分とは真逆の無様な現在の状況に

僕の心は病んできてしまい少しずつ会社を休み家から

一歩もでず約1年間友達とも会わないようになっていた。

 

今思えば辞めればいいのにと思うが、まだ若かった18、19歳の

青年にとっては就職してお金を稼ぐという考えしか浮かばなかったのだ。

 

 

想像していた自分の姿とは180度違いその情けなさに

絶望を感じていた。

 

 

そんな状況だった僕も30代に入り世界を旅しながら

絵を描いて収入を得るまでに成長した。

 

やはり何か大きな夢を追いかけると言う事は

それなりに大きな壁が何度もやってくるものだと

僕の人生経験から実感している。

 

そしてその壁を乗り越える精神力がある人だけが

夢を追う事を許されるのだと思う。

 

世界の旅で出会ったアーティスト達はまさに精神力の固まり

のような人達がおおかった。

 

精神力とは考え方を変える事で鍛える事ができる事も

旅をしていく中で知る事になる。

 

今もしそういった状況で仕事に悩んでいるのなら

環境を変え、考え方をもう一度考え治す事をお勧めする。

 

人生の壁には絶対に乗り越える事ができる道というものが

存在するのだ。

 

問題はその事に気づくか気づけないかなのだ。

 


タグ: 

カテゴリ:下積み時代 

就職先で挫折して死のうと思った地獄の日々

university

大阪芸術大学へ通いたかったが親に反対されたので
自分で学費を稼ぐ為に高校を卒業してすぐ就職する事にした。

 

 

就職先は工場で鉄を切断して溶接をして

橋や船の部品を制作する会社に決まった。

 

毎朝7時に起きて夜の6時まで働き、

残業がある日は夜の9時まで働いて毎週土日は休みだった。

 

 

これだけ働いても手取りは12万〜14万くらいしかなかったし、
ボーナスも雀の涙ほどしかもらえなかった。

 

 

今思えば、あれだけ働かされて

この程度の給料しか稼ぐ事ができないのであれば

すぐに辞めるべきだったが、僕は社会人になって

給料を稼いだのがここが初めてでまわりの友達は

皆大学に進学していた為、このくらいの給料が
妥当だと思っていた。

 

しかし、それだけならまだ耐える事ができたがこの会社には
僕の天敵がいた。

 

彼は現場の主任を任されていて、

何かとつけて僕に理不尽な因縁を
つけてきては暴言を吐いた。

 

 

いわゆるパワハラというやつだ。

 

 

主任が持ってきた書類に記載されている設計図を見てから
鉄を切り出していくのだが、ある朝、主任がいつものように

書類を持ってきたのでそれに従って鉄を切っていた。

 

 

そして昼休みに入り書類を机の引き出しに入れてから
昼ご飯を食べていると僕の元へ主任が
やってきて真っ赤な顔で怒鳴り散らしてきた。

 

 

突然の事だったので何を怒っているのか

理解するのに時間がかかってしまったが、
どうやら鉄の切り方が書類と違うと言って怒っているようだ。

 

 

すぐ現場に戻って机の引き出しに入れていた書類を確認すると
朝主任が持ってきた書類とは違う書類が入っていた。

 

 

その机の引き出しに書類が入っている事を知っているのは
僕とその主任だけだったし、他の人がわざわざ机の引き出しを
開ける意味もない。

 

 

これは後から聞いた話だが僕が昼休みに入ったあと、
主任が机の中を何やらゴソゴソ触っていたのを見た人がいた。

 

 

疑いが確信に変わった。

 

 

主任は自分のミスを僕になすりつけようとしていたのだ。

 

 

最初の内は何を言われても気にせずに流していたのだが、
このような事が毎日続く内に朝の朝礼で主任を見るだけで
吐き気がする程精神的に大きなダメージが蓄積されていった。

 

 

ストレスで蚊にさされたようなボコボコした蕁麻疹が
僕の額を覆うようにもなっていき家に帰っても食事が喉を
通らなかった。

 

 

その時は実家から通っていたのだが、ストレスのせいか
僕は常にイライラしていて親と口論になり家を飛び出し
賃貸マンションで一人暮らしをする事にした。

 

 

実家にいるのと一人暮らしをするのではお金の貯まり方が違う。

僕は主任からのストレスと学費を稼ぐ為に働いているのに
全くお金が貯まらない現実に少しづつ少しづつ鬱状態になって
しまっていた。

 

 

入社して一年半まではちゃんと会社に行っていたのだが、
仕事にも身が入らず、その状態で主任から暴言を吐かれる日々。

 

 

いつしか僕は「もう何もうまくいかないから死のう」
と言う考えが浮かんでくるようにまでなっていた。

 

 

ちょうどその時に中学校からの友達が一人で家に遊びに来た。

 

 

彼と会う時は中学時代の友達と飲み会やキャンプなど、
大人数で遊ぶ事しかなかった。

 

 

彼が一人で僕の家に遊びにくる事は珍しい事で僕も驚いた。

 

 

その夜は二人で朝方までテレビゲームをして遊んでいて、
僕も良い気晴らしになったので鬱状態の気持ちも少し
落ち着いたように感じていた。

 

 

しかし、それから一週間後。

 

 

彼は帰らぬ人となってしまった。

 

確かな事はわからないが自分から命を断ったようだ。

 

一気に死の恐怖が僕の脳裏に浮かんできた。

 

どうにかして今の状況や精神状態から逃げ出したかった。

 

 

このまま鬱になって死んでしまうより全てを捨てて

どこか知らない場所で一人でいて何も考えない生活にしよう。

 

 

いつの間にかそのような考え方に変わっていった。

 

 

これがきっかけで何かから逃げるように沖縄に一人旅を
しに行く事になるのだが、この経験から一人旅の魅力
とりつかれる事となる。

 

 

今思えば、ここが僕の人生の分岐点だったのかもしれない。

 

第三話:僕の生きて来た道筋

会社の主任にパワハラされ沖縄へ逃亡した話


タグ:  

カテゴリ:下積み時代 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ