スリ集団がいる!?そんな空港で野宿したバルセロナ最後の夜

spain_train

スペインの旅もようやく終わりを迎えようとしていた。

 

次は朝5時にイタリアへ飛ぶ予定なので

今夜は空港に泊まる事に。

 

スペインは最もスリが多い国だと

友人から聞かされていたが、僕はその頃まで

「大丈夫だろ」と根拠のない自信に

満ちあふれていた。

 

 

 

 

しかしこの後・・・

 

 

 

 

 

その考えを大きく変化させる出来事が起こる。

 

 

 

 

 

日が沈む前に空港に到着して

バーガーキングでテリヤキバーガーを買い、

コンビニエンスストアでビールを買って

空港のベンチに座りながらパソコンで映画を見ていた。

 

 

荷物が多すぎて移動するのが疲れたので

ベンチに荷物をくくりつけてトイレに行く事に。

 

ちなみにこれが今日の寝床。

spain_nojyukukukou

荷物はこの旅で必要なキャンパスと紙と筆と絵具、

そしてバックパックの中には一眼レフやiPadなどの

貴重品も入れていた。

 

 

 

 

トイレから戻ってくると荷物がある。

 

 

 

 

僕はこの頃気付いていなかったが、

この行為は命取りになるので今では絶対にやらない。

 

 

 

しかし能天気な僕はそのままベンチに座り

再びビールを飲みながら映画を見ていた。

 

 

 

 

それから日も沈み、夜の10時になった時に

向こうの方から僕に向かって歩く人影が

視界の片隅にうつった。

 

何だ?と顔を上げるとそこには

メガネをかけた男が悲しそうな表情を

しながら僕の方をずっと見つめている。

 

 

 

 

僕が「何?」と言うと男はこう言った。

 

「イングリッシュ?」

 

 

 

 

その問いにイエスと言うとその男は額に手を当てて

「オーマイッゴ」と言わんばかりに

困った表情を見せてきた。

 

 

 

 

突然話しかけられて「オーマイッゴ」

のような顔をされて勝手に落ち込まれている・・・

 

この状況の方がオーマイッゴである。

 

 

 

 

 

そんな事を思っていると彼は

続けて僕に話かけてきた。

 

 

 

 

「プリースプリースヘルプミー」

 

どうやら彼は英語を話せないようだった。

 

 

何とか片言の英語を理解してみると

先ほどレストランで食事をしている間に

スリにカバンごと財布をとられてしまい、

電車で家に変える事も電話をする事もできないと言う。

 

 

 

 

なので僕にお金を貸して欲しいと言う事だった。

 

 

 

 

どうやら僕の服や荷物を見て

お金を持ってそうだから頼みにきたようで

嘘をついてるようには見えなかった。

 

 

 

僕の旅はその瞬間に行きたいと思った場所に

行くスタイルなので念のためにお金の節約もしていた。

 

いつ飛行機代などで数十万円

使わなければならない日がくるかもしれない。

 

 

 

今ではどこの国にいてもお金を稼ぐ方法を

知っているのでこんな心配はしないが、

この頃はまだ、決まった国でしかお金を稼ぐ術を

知らなかった事もあり無駄な出費はなるべく避けていた。

 

なので全額は払えない。

 

 

 

 

その理由を何度も説明した・・・

 

 

 

 

 

しかし、英語を理解してもらえないので

「アイム ノ ホーム!ゴー!プリースプリース!」

としか返答は帰ってこなかった。

 

 

「僕、家はない!行こー!頼む頼む!」

 

と言っているが実際は

 

「家に帰れない!お願いします!」

 

と言いたいのだなと感じとれた。

 

 

 

 

 

明日の昼飯代にとっておいたお金を渡して、

後は他の人に頼んでくださいとお願いした。

 

 

 

 

 

しかし男はまだ引き下がらずに

「ノーマネーノーホーム!ゴー!ワンユーロ!」

と必死に僕に訴えかけている。

 

 

 

「お金なし家なし!行こう!100エーン!」

と言っているが恐らく

 

「お金がないから家に帰れないあと100エーン!」

と言っている事がわかる。

 

 

 

 

 

こんな時にスペイン後が話せたら説明が楽になるのに・・・

 

そんな事を考えた僕はこの後の旅で

スペイン語学校に通う事になるがそれはまだ先の話。

 

 

 

 

その男とのやりとりが1時間程度続いたので

いい加減僕の思いが通じたのか、

お金ありがとうと言って去っていった。

 

 

家に帰れなくて必死だったのだろう。

 

しかしまだ絵でちゃんとした稼ぎ方をしらない

この時の僕にはどうしてあげる事もできなかった。

 

 

 

 

少し気分は落ち込んだが、イヤホンをつけ

再びパソコンに入っている映画を観始めた。

 

 

 

 

 

それからわずか5分後・・・

 

 

 

 

赤い奇麗な服を着て手首には

高そうな金の時計をつけた、

いかにもマダムのような人が話かけてきた。

 

 

 

「イングリッシュ?フレンチ?スパニッシュ?」

 

 

僕に3択をせまってきたので迷わず

イングリッシュと答えた。

 

 

すると彼女が英語で話しだした。

 

 

 

「ベンチに座っていたらカバンごと財布も盗まれた」

 

 

僕はおもわず「また!?」と言ってしまったが

彼女からすると始めて僕に話かけたのに

「また」と言う言葉が帰ってきた事に驚いていた。

 

 

さっきの男もカバンを盗まれてお金をあげた

と説明すると悲しそうな顔をしながらお礼を言って

その場を立ち去っていった。

 

 

 

 

スペインの空港は本当にスリが多いようだ。

 

 

 

 

しかし、すでに夜の11時。

 

 

この時間から大荷物を持って

宿を探し歩く方が危険である。

 

 

なのでそのままベンチでカバンを枕にして

眠りにつくのであった。

 

 

朝日と共に目が覚めた僕はすぐに荷物を

確認したが何も盗まれた形跡はない。

 

 

僕はスリ集団から大切な物を守る事ができたのだ。

 

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

僕の人生はいつも上手くいった後に

大きな問題が立ちはだかる傾向にある。

 

 

この後、思いもよらない理不尽な出来事がおこり

僕は怒り心頭するのであった。

 

その話は次回のヨーロッパの旅の記事で書いていこう。


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ