絵を描く事が楽しくなくなる人の原因とその対策法を画家が伝える

「絵を描くのが楽しくなくなってきたました。どうすればいいですか?」

と言う質問や悩みを持った人が僕の所へ相談にくる人が多い。

 

 

楽しく描く事は重要なのか?

 

 

答えはイエス。

 

 

しかし楽しく描かなければならないと言う思いで描いていると余計に楽しくなくなってくるのも事実。

 

そこで今回は絵への情熱が失われかけている人や絵を描くのが楽しくなくなってきた人のためにちょっとしたアドバイスをしていこう。

 

そもそもなぜ楽しくなくなるのか?

2166841923_9cbc19a6c0

絵が好きで描き始めた時は新鮮な気持ちで好きなように楽しく描く人が多いがその内の70%は絵を描く事をやめてしまう。

 

 

なぜそのような結果になるのか?

 

 

それにはいくつか原因があるようなのでその原因と対策法をここでまとめてみた。

 

原因がわかる事によって対策もたてる事ができるようになるので絵を描き続けるモチベーションを上げる事ができる。

 

マンネリ

27630101845_2887aacd51

絵を描く事が楽しくなくなる原因の一つが

「マンネリ」である。

 

これは形もフォームも同じような絵を描いている人にみられる特徴。

 

 

どこをどうすればさらに上手くなるのか?と言う事を考えず、がむしゃらに描き続けてしまうとどれだけ描いても上手くならない。

 

そうなってしまうと同じような絵を何度も描いてしまう結果になってしまうため少しずつ絵に対する情熱も失われてしまうのだ。

 

対策

いつも同じ形で描いてしまっている人はまずその固定概念を壊さなければならない。

 

少しダイナミックに描いてみるだとか描き方を変えてみる、あるいは今までの描き方プラス違うテイストのラインを入れてみるなど考えてみれば様々なマンネリ対策法がある。

 

 

 

そして他の人の絵を観察したりどこか遠い場所で絵を描いて新しい刺激を受ける事であなたの絵にも動きがみれるようになる。

 

用はどこをどうすれば今まで違う絵が描けるようになるのか?と言う事を意識して描く必要があるのだ。

 

他人と比較する

26879045571_5f169f4970

絵が上達する経過の中で他人と比較してしまうのはよくある事。

 

あなたの絵のスタイルと似ている人が描いた絵を見て自分の方が下手だと考えてしまう。

 

 

そもそも絵を描く時に同じスタイルの絵を描くと言う事は確実にあなたより上手い人は世の中に大勢いる。

 

 

僕も専門学生時代に皆と同じような絵を描いていた時期があるが、まわりには僕よりも確実に絵が上手い人が大勢いた。

 

その事に気付いた僕は他人と比較されてもかぶらない自分だけの絵を描く方向にもっていく事にした結果、現在のような僕だけしか描けない絵が誕生したのだ。

 

対策

他人と比較するのをやめなさいと口で言ってもそう簡単にできる事ではないはず。

 

それならば他の人が描かないような少し違うテイストのタッチの絵の描き方を発見する必要ががある。

 

 

どうすればいいのか?

 

 

その絵のスタイルやフォームを変えたくなければ描き方の手法を変える、もしくは付け足す事をお勧めする。

 

今まで描いてきた手法に新たな手法を付け足す事で他人と比較ししまっても「違う絵だから」と考える事ができるようになる。

 

 

そして他人と比べてしまうと言う事はあなたにない部分をその人は持っているはず。

 

その部分を盗み、あなたの描き方に変換する事で他人とはまた違うスタイルの絵を描けるようになるだろう。

 

 

しかしこれは違うスタイルの絵の描き方を発見するまで考えながら描き続けなければならない。

 

世間一般的な常識に翻弄される

3048844263_88debf6130

海や空は青、雲は白、ピンク色の葉は桜、などの色彩や体の上に頭、指の数は5本など世間では常識とされる事を他人に指摘される事であなたの独創性のある作品が失われていく事がある。

 

ここがこうだからおかしいと他人の常識に収まるよりはあなたの絵の中の常識を爆発させる方が絵を描く時に楽しくなる。

 

対策

他人が決めた常識的な事をそのまま鵜呑みにしてしまうとあなたの個性を潰してしまう事になる。

 

僕も専門学生時代に木の絵を描き葉をピンクにしたが先生に「この木は桜じゃない」と否定された。

 

 

 

僕は桜を描いたとは一言も言った覚えはない。

 

 

 

僕は僕の頭の中にある世界を描いているのでこの世にない木を描いたのだ。

 

それを先生が正そうとして指摘してくれたのだと思うが、それも先生の常識の範囲で指摘された。

 

 

他人が何を言おうとあなたが描く絵に不正解はないので常識にとらわれずにそのままあなたの個性を爆発させて欲しい。

 

絵は自由に描くものであり他人が何を言っても関係のない事なのだ。

 

自分の思い描いているものと違う

27110171904_d8039a3f33

絵を描く前にどのような構図にするのか?どのような色合いにするのか?などを考えてから描くのが普通だと思うが、描き終えた後に自分の頭の中にある絵と現実に描いた絵の差が激しい事から自分に失望してしまい、絵を描く事が楽しくなくなる人もいる。

 

 

これは根本的に絵の練習の方法を知らないか、あるいは練習自体をあまりせずに描き始めるからである。

 

対策

頭の中の絵をキャンパスの上で再現すると言う事は想像以上に難しい事である。

 

しかしこれは頭の中の絵をそのままキャパスにうつし出すスキルが足りないだけなので簡単に改善する事ができる。

 

 

まず頭の中の絵を表現するために必要な事はデッサンをする。

 

 

デッサンの効果をあなどってはいけない。

 

 

デッサンをする事によって頭の中にあるものをキャンパスにうつし出すスキルや絵の形の全体のバランスなどをとれるようになるのだ。

 

そして後は考えながら描き続ける事であなたが想像しているものをそのままキャンパスの上で表現できるようになる。

 

旅する画家のまとめ

byronbaylivepaint1

それぞれの原因対策に共通する事が常識にとらわれずあなたの思うがままに描くと言う事である。

 

 

絵は筆で描かなければならないと思いこんではいないだろうか?

 

 

僕はそうは思わない。

 

 

実際に僕は筆以外にも指や爪楊枝など様々な道具で描いており、これからも新しい描き方を発見するために色んな物で描いてみようと考えている。

 

他の人が指摘してくれた時にあなたにとって良い部分は受け入れ、常識的で何の面白みもないと感じた事ならそれを鵜呑みにする必要はないと僕は考える。

 

 

あなたからしか生み出せない絵を描けるようになれば絵を描く事が楽しくなるので上の対策法を参考に描き続けて欲しい。

 

 

 

それでも絵が上達しなかったりどうすればいいのか悩んでいるのなら僕に相談をしにきて欲しいと考えている。

 

僕が世界を旅して画家の仕事をした中で学んだ上達法や、絵の宣伝方法などここでは言えない話をメールで明かしている。

 

 

メールで僕と直接コンタクトをとれる事ができるので興味があれば登録無料のZiNARTメールマガジンを読んで今後の活動に役立てて欲しいと思う。


タグ:

カテゴリ:描く時に必要な事 

何のため?誰のため?絵を描く事の”理由”を認識する重要性とは?

canada_parkpaint

世の中には何らかの動機で絵を描く人が沢山いるが何のために絵を描いているのかあなた自信で理解できているだろうか?

 

これは単純な事だが、絵を描く上で大切な事の一つと言えるだろう。

 

なぜそれが大切な事なのか?

 

それを今回は説明していこうと思う。

 

描く理由を明確にする事で絵のスタイルがブレない

DSC_1112

絵を描く時、あれを描こうこれを描こうと思って様々なジャンルを描いてしまうと描く絵の対象がブレてしまい絵の上達から遠のいてしまう。

 

もし一つにしぼって絵を描き続けたとしたら確実にその絵は上達していくだろう。

 

 

 

もう少し分かりやすく説明していくと・・・

 

 

 

例えば野球が好きで野球の練習をばかりしていたがサッカーもやりたいと思いサッカーの練習もする。

 

そんな時にバスケットに興味がでてしまいバスケットの練習もしだすとどうなるのか?

 

 

 

練習量が3つに分散されてしまい結果どれも上達のスピードが落ちてしまうのだ。

 

 

 

もしこれを最初から野球一本にしぼり練習を続けていくとサッカーもバスケットの技術はのびないにしろ野球だけは格段に技術が上がっていくだろう。

 

1日の時間は誰にも変える事のできない一定のものであり、その中でどの技術をのばしていくのか?と言う事を考えなければ人よりずば抜けた能力なんてものは得る事はできないのだ。

 

 

 

何でもできる天才が野球、サッカー、バスケットを完璧にこなしたとしても、もしもその天才が野球だけに練習をしぼった時その才能は爆発的に飛躍するのだと思う。

 

これは絵を描く時も一緒で人物画、風景画、抽象画の3つを描くより一つのものを描き続ける事によって絵の才能はのびていくものだ。

 

人に見せるため?

byronbaylivepaint1

絵を描く理由が人に見せたいからと言う人は基本的に絵の評価が欲しいと思っているのではないだろうか?

 

それは当たりまえの事で僕も絵を描き始めた頃は絵を見てくれる人の評価を気にして描いていた時期があった。

 

 

 

しかし、素人以下の絵しか描けなかった頃の僕の絵を見た人の反応はいまいちなものでその反応に敏感になってしまった僕は少しずつ悩み始めてしまったのだ。

 

絵を描く悩みを持ってしまうと絵を描く事が楽しくなくなってしまう。

 

 

 

そう気づいた僕は本来の「絵を描く理由」の原点にもどる事でまわりの事など気にせず絵の練習に没頭する事ができ、今では見る人の反応がこの頃とは180度変わり、自分の絵にも自信がついた。

 

 

 

「人に見せるため」というのは人によって刺激を得る事もできるが、その逆に絵を評価してくれないという思いから不安になり自信喪失にも繋がる事もあるので、もしも今そんな状況におちいってしまっているのならまわりの目なんて気にしないで描いた方が良い。

 

描き続ければいつか目にとめてくれる人も必ず現れるので今は継続して描くモチベーションを保つ事の方が重要である。

 

絵が好きで描く

DSC_2235

単純に「絵を描く事が好きだから描いている」という事が一番継続して描く事ができ、モチベーションも保つ事ができる。

 

絵描きにとって「好きだから描く」というのはストレスもなく一番上達にも繋がる最前の方法なのだ。

 

 

 

絵を描く事が楽しいと感じている人ほど「次はどんな絵を描こう?」「構図はどうしよう?」など自然と"考えて描く"という思考になりやすく"考える"というのは絵の上達に必要不可欠な事であり、自然とその考えにたどりつく事ができる。

 

しかし、絵が好きで描いていて上達してくると人に見て欲しいという欲求もでてくるので、人に見せた時の反応でネガティブに考える人とポジティブに考える人の2つに分かれてしまう。

 

 

 

もしもネガティブに考えてしまうのなら人に見せる事を一旦辞めてしまう事をお勧めする。

 

僕が絵を描く2つの理由

僕の場合だと22歳の時から絵を本格的に描き始めたのだが、その理由を簡単に言うと絵を描いて生きる使命があって生まれたと解釈している。

 

なぜならまだ僕が小学校低学年の頃から深い眠りにつく時に必ず見ていた夢があった。

 

 

その夢は見た事もない世界を飛び回る夢で妙にリアルな感覚があり、大自然の草原の中にぽつんとある建物や見た事もない大木、美しい砂漠、湖の真ん中にたつ城のようなたてもの。

 

 

しかし人がいる気配はない。

 

 

他の夢をみるとほとんど忘れてしまっている僕だがこの世界の夢だけは自分の意思で動きまわる事ができたし目がさめたあとも記憶の中に残っており、昔から「なんだこの夢は?」と漠然と思っていた。

 

 

いつしかこの世界を記録に残さなければという何か使命のようなものを感じた。

 

 

つまり僕が絵を描く理由は「死ぬまで絵を描き続け、この世界の記録を残し200年後300年後に伝える」という事だ。

 

 

 

伝えた所で何の意味があるのか?と思うかもしれないし頭がおかしいと思われてもしかたがない。

 

実際信じない人の方が多いかもしれないが、別に信じようが信じまいがそんな事はたいした問題ではない。

 

 

 

感覚的に何か違う世界と繋がっていると感じ、僕が記録として残す使命を神様から頂いたと思って描いているので他人にどうこう言われても関係のない事なのだ。

 

そしても一つ理由がある。

 

僕には2つのスタイルの絵を描いている。

 

一つが上で話した「僕の頭の中の世界」

そしてもう一つが「アート」だ。

このアート作品を描く理由は単純で「部屋にアートを飾り、おしゃれな空間をつくりたい」というものだ。

 

部屋に存在感のある絵を飾る事によって人には真似できないアートな生活空間を演出する事ができるのではないかと思い描き始めた。

 

 

自分が気に入った空間で思い描いている生活をするのにこのアート作品は必須アイテムなのだ。

 

まとめ

絵を描く理由は人それぞれ違うようだが、その理由によってあなたの人生に大きく関わってくる事もあるので今悩んでいる最中の人は上の記事を参考にして考え方から見直していくと良い結果に結びつくだろう。

 

この世界に見た事もないような作品を生み出すアーティストの誕生を僕は心のそこから願っている。


タグ: 

カテゴリ:描く時に必要な事 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ