「絵心がない」の意味を考えた結果・・・画家に向いている!?

egokoro

「絵心がないと絵の上達もできない画家になる事もできない」
このような思い違いをしている人は世の中には
数多くいるではないだろうか?

 

では絵心とは何か?

 

勘違いされやすいのが絵心のある人は描く物をそのまま
忠実に描くが、世間で言われている絵心がないと言われる人は
記憶の片隅にある記憶と自分の個性を融合させたものを自然と
だしているだけなのだ。

 

絵心のある、ないは他人の評価によって変わる

14327670214_f25456edee

像を描いてと言われて自分以外の人が
その絵を見て像だと認識できるならその人は絵心がある
と言う事になるが、これは決して上手い下手の問題ではなく
独創的な像を描く人もいれば、実写のような像を描く人もいる。

 

その個性的な像を見る人が想像している像と違えば
その人の中では絵心がないとなるが、その独特なタッチの像が
好きな人からみれば絵心があると言う事になるのである。

 

ピカソはわざと絵を崩している

25854629406_b47d86d9bb

 

あの有名な画家ピカソも写実的な絵は得意としており、
8歳の頃に描いたリンゴの絵を画家であった父親に見せると
父親は絵を描くのをやめるほどまで写実が上手かったと言われている。

 

それほどの写実技術を持ちながら、

あえて絵を崩してから独創性あふれる絵を

描いているのは有名な話である事から
「像を写実的に描ける=絵心がある」
という事にはならず逆に
「個性的な像を描く=絵心がない」
ということにもならない。

 

この事から絵心がなくても画家にはなれると言う事になる。

 

そして僕が思うに、絵心があると言うのは楽しんで

描けるかどうかが問題であり、絵の上手い、下手、

似ている、似ていないは問題ではない。

 

もちろん絵心があると言われている人で

誰でも描けるような何の独創性のないどこかで見た事の
あるような絵を描く人は画家としては生きてはいけない。

 

絵心がないと言う人は画家に向いているかもしれない

13429909775_4fecbcef07

 

絵を買う人の特徴としては
「この世でこの人しか描けない絵」

というように人を魅了したり

「この人の絵を自分の部屋に飾ったらカッコイイ空間になる」

など自分のライフスタイルに合わせて買う人が多いが、

どちらも独創性のある絵を選んでいるのがわかる。

 

「絵心のない人」と自分では思っている人の方が

実は画家に向いているのではないだろうか?

 

絵を描き始めて8年以上経った今では

そう思うようになってきている。

 

なぜなら絵心があると言われる人は

「誰かの絵を真似るのが上手い」

「似顔絵が似ていて上手い」

という事が多いが、絵心がないと言われる人が

本気で芸術というものを学んだ時、形に縛られない

独創性あふれる絵を描き始めると僕は思っている。

 

しかし「独創的でなおかつ上手い」

と言われるのなら、これは画家としての最高の武器を

手に入れた人だけの特権なのではないだろうか?

 

まとめ

以上が僕が今まで旅の中で絵を描き、

世界各国の様々なアーティストと出会う中で感じた

「絵心」というものを深く考えた答えだ。

 

絵心がないという事は常識を覆す可能性を持った

人達なのだと僕は思う。

 


タグ: 

カテゴリ:描く時に必要な事 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ