ピカソの美術館は独創的な刺激を得る事ができる場所だった!

今日バイロンベイを出発するのには目的がある。

 

ピカソの美術館に行き、作品を見てどのような

感じでピカソは絵を描いているのか?

何を考えながらキャンパスに表現しているのか?

 

そのために今日シドニーへ向かう。

 

朝から向かおうと思ったが、

バイロンベイからシドニーまでバスで

12時間ほどかかってしまうので

夜に出発した方が宿代も節約できる。

 

今日もバイロンベイはいい天気だ。

byronbay_wakaremichi

なので夜の9時までバイロンベイで

のんびりする事にした。

 

 

またバイロンベイに戻ってくるので

重い荷物は友人にあずけて必要なものだけ

持って行く事に。

 

 

夜の9時にバスに乗り込み

シドニーには朝の10時に到着。

 

体は疲れていたが新しい土地だったので

ワクワクが止まらなかった。

 

僕は旅をする時は何も決めないで

その土地に向かう事にしているので

宿も探さなければならない。

 

 

 

 

シドニーは大都会でケアンズやバイロンベイとは

違う宿代の高さに驚いた。

 

 

 

 

しかし、バイロンベイで絵でお金を稼ぐ方法

片鱗を発見していた僕はまた後で稼ぐから

少し良い宿に泊まってもいいだろうと思い、

一泊4000円のホテルに泊まる事にした。

 

シドニーには約4日間滞在するつもり。

 

となると16000円必要になってくるが

バイロンベイでバスキングをすれば

10時間もあればそのぐらいの額なら

簡単に稼げる自信もあった。

 

 

荷物をおいてシドニーの街を探検する事に。

sydney_singou

都会ではあるが緑もあり、

何と言ってもオシャレな街並みが続いていた。

 

少し歩くと僕の今回の目的である

ピカソの美術館に到着。

picasso_0090

残念ながらピカソの作品は

写真に撮ってはダメと言われたので

ピカソの写真はないが、その他にも

有名な画家の作品が展示されているので

彼らの作品を紹介しよう。

 

sydney-pikasonaka1

展示会の中の広さは

日本の美術館に比べかなり広く作られており、

一日で全ての作品を見る事は不可能であった。

sydney-picaso2

ちなみにピカソ以外の作品だけを

鑑賞するだけなら無料である。

 

その中でも興味深い作品を発見した。

 

 

これが何だかお分かりになるだろうか?

sydney_picasoki

近くでよく見てみると・・・

 

 

全て木で出来ている!

sydney_picasoki2

 

sydney_picasok3

布のしわから魚の鱗まで繊細に掘られ、

一本の木からできている作品だ。

 

僕もいつか何か新しい商品を販売しようかと

考えていた所だったのでちょうど良い

参考資料を見る事ができた。

 

これは使える・・・

 

 

 

 

このように美術館に行くといつも

新しい発想を与えてもらえるので

表現者は世界の美術館巡った方が

新しい発想が生まれるので良い。

 

その中でも絵画から得るものは

画家にとって重要な情報である。

sydney_picasoe1

バックの空の色の表現。

 

雲が光に反射している細かい部分。

 

山の光と影のバランス。

 

湖に反射する風景の濃さ。

 

絵全体のバランスとアングル取り。

sydney_picasoe2

僕にはまだまだ表現しきれていない

描き方と言うものが存在する。

 

この描き方を真似するのではなく

盗んで自分のスキルに追加する形

学ぶように絵を描いていくと

誰でも絵の上達は可能になってくる。

 

 

 

ここで継続して描き続けれるか

追求しきれずに諦めてしまうか・・・

 

 

 

これが出来るか出来ないかで

絵で仕事をする人の大きな分かれ道となるのだ。

 

僕は非常にいい刺激をもらったので

これを一生追求し続け、僕の頭の中の世界を

最大限に表現できるようにしていくつもりだ。

 

なので僕は旅をしている。

 

 

 

そんな中でさらに興味深い作品を発見した。

 

 

ん〜・・・

 

sydney_erikao2

 

sydney_erikao1

どういう事なのか?

 

英語で説明文が記載されていたが、

この頃は英語を読めなかったので

この作品の意図はわからない。

 

しかし「見る人が足を止めてみる」

作品である事は間違いない。

 

 

 

それにこれだけ大きな美術館に

飾られているのだから

何か意味があって描いているのだろう。

 

絵だけ見ると誰でも描けると

考えるかもしれないが、これは

作者の考えや思いが込められている

作品だと感じとれた。

 

 

しかし・・・

 

 

未だにどういった意味があるのかはわからない。

 

 

ここでちょっとしたまめ知識を紹介する。

 

それは人が絵を見る時は大きく分けて

2種類の人間に分かれるという事。

 

1人目はその作品のタッチや表現力を見る人。

 

2人目はその作品を描いた人物に興味が行く人。

 

 

どちらが絵を買ってくれる可能性が高いのかは

2人目の作品を描いた人物に興味が行く人である。

 

どれだけ奇麗でも、どれだけ繊細な絵でも

その絵を描いた人に興味が行かなければ

絵を買う確立が急激に下がってしまう。

 

 

 

これは得にブランドものに目がない

日本人に多い傾向のようだ。

 

この事から、日本人画家は有名にならなければ

画家として生活できないと思い込む人が多い。

 

しかし、僕は日本ではあまり有名ではないが、

旅をしながら絵を描いて生活できる知識を持っている。

 

 

 

いつまでも日本の常識に捕われていては

そこから脱出する事が困難になってしまうため

結果的に諦める手段を取らざる得ない状況に

おちいってしまう人達が多いようだ。

 

 

 

このような人達に気がついて欲しい。

 

 

 

やり方次第では絵で生計を立てながら

生きて行く事も可能だと言う事を。

 

 

 

これだけ言ってもまだ理解できないと思うので

詳しくはメールマガジンで語っている。

 

興味のある人だけ読んで欲しい。

 

 

 

 

 

そんなこんなでピカソの美術館では

多くの刺激とインスピレーションを頂いた。

 

この日は質の高いホテルでのんびりする事にした。

 

旅は人生を激変させるきっかけ

となる出来事に数多く遭遇する。

 

もしも今現在、

絵が描けないと悩んでいるのなら

僕は旅に出る事をお勧めしている。


ミラノの美術館を巡った時に黒人2人組に絡まれた画家の話。

昨夜はよく眠れた。

 

イタリア人の友人カミッラと夕食をとり

ホテルに戻ってからの記憶がない。

 

体が疲れていたのだろう。

italy_sanpomachi

 

 

この時の僕の年齢27歳。

 

そろそろ体がおじさんに近づいていく時期だった。

 

 

しかし新しい土地に来た事で僕は興奮していた。

 

まるで小学生が遠足に行く前のように心が弾んでいた。

 

 

僕はこの時

 

「一生夏休み生活」

 

これができる人間になりたいと強く心に思った。

 

 

 

 

そんな明るい気分で街に探検する事にした。

 

 

が・・・

 

この後2人の男によって

その気分が崩壊する事になろうとは

この時は知るよしもなかった・・・

 

黒人の2人組が・・・

italy_hiroba

ここはイタリアのミラノ。

 

今日はどんな出来事が巻き起こるのか?

 

そんな楽しみを抱きながら外へ飛び出したのだった。

 

 

 

 

ミラノの中心街まで電車で向かう。

 

なんと言っても今回の目的はイタリアの芸術鑑賞。

 

 

 

イタリアの絵画や芸術はどのようなものなのか

この目で直接観察する事によってそこから

インスピレーションをもらう事ができる。

 

中心街について少し散歩しているだけで

あらゆるアートが飛び込んでくる。

italy_artmichiegao

グラフィティーと言うやつなのか?

ただの落書きなのか?

 

しかし落書きにしてもオシャレである。

 

そして街には展示会や美術館の看板が数多く立っていた。

italy_kanban

その中でも有名な美術館に行く事に。

 

 

 

そこには大きな広場があり、

数多くの観光客が集まっている。

大学のような場所であった。

 

もしかすると大学なのかもしれない。

italy_daigakukamo

広場を歩いていると黒人男性

急になれなれしく話しかけてきた。

 

彼は黄色のティシャツを着ており、

白い奇麗な歯が印象的な人だった。

 

 

 

 

『こんにちは!日本人?』

 

とニコニコと笑いながら握手をしてきた。

 

手を握りしめた僕の手を離さず、

急にそのまま腕に何かを巻き始めた。

 

 

 

 

『何してんの?何それ?』

 

と言うとその黄色の黒人は

 

『これはアフリカでおまじないを

する時に使う伝統的なものだよ』

と言いながら巻き続けている。

 

 

 

 

『いや大丈夫、いらない』

 

と言いながらそれをとろうとすると

 

『大丈夫、タダだから』

 

と言うので僕もタダならいいかと思い、

彼が僕の腕に無理矢理巻くのを見ていた。

 

 

 

 

巻き終わってすぐに後ろから

カラフルなティシャツを来た黒人が走ってきた。

 

 

 

 

カラフルな黒人は僕に

『それつけたから彼にお金払いなさい』

と冷静な口調で言ってきたので腹が立った。

 

詐欺だと感づいた瞬間に

伝統的なもので巻いたミサンガのような

何かわからない物を引きちぎった。

 

 

 

 

『あっ・・・』

 

のような顔をしたので

どちらが悪いのか説明した。

 

 

 

 

そして最後に

『そんなやり方では絶対にお金は払わない』

とだけ言い残し、その場を後にした。

 

 

 

 

後から見ているとアジア人ばかり狙っている。

 

アジアに住んでいる人は脅せば誰でも

買うと思っているようだ。

italy_kokujin2

チップを払うのは別に構わないが、

やり方が気に食わない。

 

その伝統的なものがいかに価値があるのか

を説明して売ってくれるのなら

買っていたが(80円くらい)

このような強引な方法には僕は絶対に負けない。

 

 

 

旅をする時は自分の意思を伝える事が大切だ。

 

 

日本人はお金を持っている

と言うイメージが強すぎるため

このような事をしてくる輩も存在する。

 

この時から僕は何か怪しい雰囲気を感じた時は

国籍をごまかすようになった。

 

 

 

 

これが学習と言うものなのだ。

 

 

 

 

このような経験を一つ一つ積んで行く事によって

一番正しい道で人生を歩んでいく事ができる。

 

僕の人生は今、

正しい方向へと進んでいる。

 

絵の参考になる物の宝庫

italy_daigakunaka

ここはその中にある美術館。

 

僕の探し求めているものがそこにあった。

italy_bijyutukaneg italy_bijyutukaneg2

僕は頭の中の世界をアクリル絵具で描いている。

 

そして今から200年後、300年後

未来へ向けたメッセージを絵の中に込めたい。

 

 

 

 

現在の人間に言っても意味がわかならない。

 

なので僕は死ぬまで誰にも伝えない。

 

未来の人間が読めればそれでいい。

 

 

 

 

そんな理由から僕は文字の勉強をしたいと考えていた。

 

 

 

 

その世界の中に自分だけが読める文字を

埋め込めば未来の人間に届くと信じている。

 

 

 

地球と火星。

 

あなたの子孫はどちらに住むのだろうか・・・

 

芸術を常に生み出す事ができる生活

italy_artumu1

美術館や芸術を直接観察すると言う事は

人の感性や考えを頭に入れると言う事。

 

それを自分なりに独創的な表現に変化させていく。

 

この生活をしていれば

スランプなんてものは訪れる事はない。

 

italy_artumu2

様々な感性を持ったアーティスト達が考えた

アートの形を見ているとクリエイティブな感覚を

刺激されるようになる。

 

この感覚は画家にとってはとても大切なものであり、

この世にない作品を生み出す事ができる

一つの方法であると言っても過言ではない。

 

italy_artumu3

僕は現在何にもしばられる事なく

自由に生きている画家。

 

 

 

 

しかし、自由は手にしたがまだ僕には

この先に叶える予定の夢がある。

 

将来このようなオシャレな

美術館を建てて数人だけ

泊まる事ができる宿を南の島に建てる予定だ。

 

これはまだ叶っていない

僕の唯一の夢と言っていいだろう。

 

 

 

 

しかし、今の生活をしていれば

確実に建てる事ができる。

 

その時は改めてこの

世界画家旅人で報告していこう。

 

 

 

 

ほとんどの美術館に設置されている

お土産や本を買うオシャレなお店。

 

このような所でも独創的な表現を

手にいれる事ができる。

italy_artumu4

美術館で売っている本の中には

普通の本屋では手にいれる事ができない

貴重な本も取り扱っている。

 

世界を旅する画家のまとめ

美術館は画家や芸術家にとって

独創的な表現を出せる宝の山。

 

 

もしも、日本から出ていなければ

毎日同じ生活をするだけの

何の刺激もない日常を送っていただろう。

 

 

 

 

この刺激ある日々の生活を

今度の人生に活かす事ができる。

 

絵を描き始めた時は本当に

素人以下の絵しか描くしかできなかったが、

普段の生活から何かを学ぼうとした結果、

僕は旅をしながら画家生活ができる術も身につけた。

 

 

 

ちなみに絵を描き始めた当初から

絵で生活できるまでの作品の上達過程の

絵で生活できるまでの絵の上達過程

全て公開しているので興味があれば見ておいて欲しい。

 

 

 

旅はリスクのない最大の自分への投資である。


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ