絵画を購入してくれた社長さんが行方不明に・・・

これまで世界を43ヶ国以上めぐりながら僕の絵や

商品化した物を数多販売してきた。

 

その中で未だに謎で未解決のクライアントさんがいる。

 

個展のために描いていたが・・・

世界を旅する前に個展用に描いていたこの作品。

sironozouup3

sironozouup2

zironozouup

zironozouzin

この絵を当時Youtubeに制作過程を

投稿していたのだが、その動画を観てわざわざ

電話をかけてくれたのは名古屋で会社経営を

している社長さんだった。

 

どうしてもこの絵が欲しいと頼まれたが、

僕は個展用に描いている絵だと言って初めは断っていた。

 

大金を払ってでもこの絵が欲しい

ous_moneyget

しかし30分間ずっと売って欲しいと

頼まれたので最後にこの値段で売れば

高すぎるし諦めてくれるだろうという

気持ちからそこそこ僕でも高いと思う値段と

個展をする時は一旦返却して欲しいという条件を伝えると

社長さんは何の躊躇もなく承諾してくれた。

 

僕もかなり驚いたし、

何より僕の絵を大金を払ってまで欲しいと

言ってくれる人がいるんだなと実感した瞬間だった。

 

突然消えてしまった社長さん・・・

sydney-kouen

後日住所を聞いて名古屋駅で待ち合わせしてから

自宅まで絵を直接持って行く事になった。

 

大きな一軒家に済んでいて

20分ほど話して帰る事にした。

 

もちろん代金も頂いた。

 

 

それから1年ほど経ったある日、

地元の展示会イベントに作品を出品する事に

なったので久しぶりに連絡をとって絵を一旦

返却して頂いた。

 

その時に「展示会頑張ってね!」

と言ってくれたあの笑顔を今でも

忘れる事ができない。

 

展示会イベントも無事終わり、

次の日に社長さんに連絡をするため電話したが、

でなかったので折り返しの電話をしばらく待つ事にした。

 

 

しかし・・・

 

折り返しの電話どころか

何度かけても通じなくなってしまった。

 

 

それから約6年の月日が経ってしまったが、

今だに連絡がとれないまま時間だけが過ぎてしまっている。

 

その間にIPhoneカバーなどで商品化する事にもなった。

(現在は販売していない)

sironozouiphone

あの社長さんはどうしているんだろうか?

 

どうして連絡がとれなくなってしまったのか未だに謎のままだ。

 

しかし、いつでも渡せるよう

この絵だけは大切に保管してある。

 


タグ: 

カテゴリ:絵について語る 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ