久しぶりの日本食はかなり美味しい


海外に長期滞在しているとどうしても日本食が恋しくなる。

 

これは日本人に生まれた特性だ。

 

海外で様々な料理を食べてきたがやはり日本食が
世界で一番美味しい。

 

日本人だからそう感じるのかもしれないが、
やはり日本の食は繊細で細やかな気配りがあり、
それでいて美味。

 

僕は約1年間日本食を食べない期間があり、
日本食を食べるために日本に一時帰国する事があった。

 

タイから福岡着の飛行機の中で寿司、海鮮丼などの魚介類系の料理を
頭に思い浮かべながら福岡に到着するのを待っていた。

 

福岡についてから海鮮丼を食べれるお店に入り、
ビールと期間限定の海鮮ミックス丼を頼んだ。

 

一口目にマグロとトロロの塊をゆっくり味わいながら
ビールを流し込む。

 

その味は今までで食べた海鮮丼よりはるかに美味しく感じ、
僕は無言でただただ海鮮丼だけを見つめながら夢中で食べた。

 

ほんの5分で完食。

 

日本食の美味しさを再確認した瞬間であった。

 

世界をまわる旅で様々な食べ物を食べてきた。

 

グロテスクなものから見た事もないような

動物の肉まで色々挑戦して食べていたが、

中でも一番美味しかったのがウサギだった。

 

ベルギーに行った時に友人にランチを食べに行こうと

誘われ、オシャレで高級そうなお店に行った時に

メニュー表にウサギと書いていた。

 

僕はウサギを食べた事がなかったので

他の物には目もくれずウサギを注文した。

 

柔らかい肉の感触の中から旨味が

飛び出してくるのがわかる。

 

本当に美味しかった。

 

しかしその美味しさを上回るのが日本食なのである。

 

日本に滞在する時は沖縄のケラマ諸島にある

座間味によくキャンプペイントをしに行くようにしている。

 

座間味は絵を描くのに最適な場所でもあるし、

僕は常連なので座間味を楽しむ方法も知っている。

 

そこではかなり珍しいマンボーも食べた事がある。

 

僕は旅の中で珍しい食べ物を沢山た食べてきたのだ。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ