落書き程度の絵しか描けなかった僕が変わった話


小学校の頃は絵が下手だったが

絵を描く事自体は好きであったため

ノートの端っこや机の上に落書きを

して楽しんでいた。

 

しかしまさかこの頃の僕は将来画家になるとは

想像もしていなかったのだ。

 

 

小学校時代は父の後を継いで大工になると

子供ながらに漠然と思っていた。

 

しかし僕は旅する画家になったのだ。

 

今までは落書き程度の絵しか描く事が

出来なかったが今ではキャンパスから

飛び出るような作品を描き上げる事ができるまでに

成長する事ができた。

 

絵をリアルに描く事ができるようになってから

さらに絵を描く事が楽しくなっていった。

 

しかし世界にはさらに驚愕のリアルな絵を

描くアーティストがいる。

 

そのリアルなアートを描くアーティストを

詳しく紹介している記事もあるので見て欲しい。

 

まだまだこの広い世界には驚愕のアートを描く

アーティストが山のように存在するので

僕も自分の個性を生かしつつ彼らのように

繊細で見る人を虜にするようなアートを

描き続けていきたいと思っている。

 

しかしなぜここまでリアルな絵を描けるように

なったのか?

 

 

 

その答えは簡単。

 

 

僕は画家にならないと人生が終わると

本気で思っていたのだ。

 

他の選択肢はなかった。

 

 

一度就職して会社に勤めたが理想の自分とは

全く違う現実に苦しみ、やがて鬱症状がではじめたからだ。

 

この世界画家旅人で何度も言っているが

僕は以外と心が弱く、困難な壁が現れると

すぐに沖縄に逃亡する事にしている。

 

しかしただ逃亡するだけではない。

 

そこで解決策を見出す事ができるのだ。

 

結果、僕は何度も打ちのめされそうになったが

現在自由に生きる画家として活動する事ができている。

 

画家として生きる方法を知ってから人生が変わった。

 

これから画家を目指す人達が増える事を願い

世界画家旅人で海外向けの情報、そして

メールマガジンでは日本で画家になる方法を

伝えていくようにしている。

 

興味があれば是非僕からの情報を受け取って欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ