タバコの恐ろしさを語る


僕はタバコを29年間吸った事がなかった。

 

高校の時にまわりの友人が吸っていたが
僕は流される事なく吸わずに人生の大半をすごしてきた。

 

18歳の時に人体の不思議展という本物の人間の死体が
展示されている展示会を見に行った時に
人間の本物の肺が展示されていた。

 

タバコを吸っている人吸っていない人の肺の色は全く違い、
タバコを吸わない人の肺はピンク色をしているのに対し、
タバコを吸っている肺は真っ黒になっていた。

 

そんな事実を知った僕は絶対にタバコは吸わないと心に
決めていた。

 

しかし・・・・

 

日本に滞在している時に僕は沖縄に行くように
しているのだが、そこに売っている「うるま」
と言うタバコは安く、友人が吸っていたのを
何となく吸っていた。

 

 

本当に何となく吸っただけなのに
いつの間にか体の中にニコチンが染み込んでしまい、
自分でもタバコをを買うようになっていった。

 

 

今思えば何てバカな事をしたのだろうと後悔している。

今まで気付かなかったが、毎月のタバコにかけるお金は
以外と高くつき、もしも吸っていなかったなら年間12万以上は
余分に多く入っていただろう。

 

 

もう今となっては止めたいが止められない。

なのでどうにかしてタバコを止める方法はないかと
探していた時、友人にお茶っぱを入れたらニコチンがなくなって
自然とやめれると言われて試してみた。

 

しかし結局ニコチンが欲しくなってしまい
タバコを吸うようになってしまった。

 

タバコを吸っていない時は
吸っている人の事を理解できなかったが、
今では痛いほどよくわかる。

 

タバコの恐ろしさを知る事になった。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ