健康が一番大切だという事に気が付いたザルツブルクの旅


聖なる水で体を清め、地面に片足をつき、
目をつぶりながら何かを祈った後に
その教会の中に入っていく多くの人々。

 

僕はザルツブルク大聖堂を見上げながら
ため息をついた。

 

ここは8世紀に建造された大聖堂であり、
あの世界的に有名なモーツァルトもこの場所で
オルガン奏者として勤めていた場所でもある。

 

僕は過去の偉人が訪れた場所や
歴史的な建造物や作品を見ると
強烈なインスピレーションを受け、
それを自分自身の作品に生かそうとする。

 

しかし、今回ばかりはそんな歴史的な建設物を
目の前にしても何も思い浮かばなかった。

 

実は昨日の雨風を浴びながらの野宿のせいで
体調を酷く崩してしまったのだ。

辛かった…大雨の中で野宿をしたオーストリアの旅

 

今日の朝方には雨も止み、ようやくホテルを
探しに街に出かけたのだが、どこのホテルも
チェックインは夕方の5時からだという。

夕方まで時間を潰さなくてはいけないので
フロントに荷物を預け、ザルツブルクの街を
観光してチェックインの時間を待つ事にした。

 

街は観光客の活気で賑わっており、
至る所で大道芸人を中心とした人の輪が作られていた。

人々の歓声や拍手が僕の頭の中を殴るように
響き渡り、いつもなら僕もそこに混じって
パフォーマンスにたいしての少しのチップを
渡すのだが、今回ばかりはそんな気にはなれない。

 

体の節々も痛み、少し熱もあるようだった。

 

普通なら動くのもつらいのならそのまま
ホテルのロビーでゆっくりしとけば
いいのにと思うだろう。

 

しかし、僕は1日たりとも海外での
無駄な時間を過ごしたくはないと考えていた。

 

人は1日で多くの事を学ぶ事ができる。

 

1日1回、頭の中に知識やインスピレーションを
叩き込めば365日後には365個の知識や
インスピレーションがたまっていく。

 

 

僕はその1日の学びすらも無駄には
出来ないと考えていたのである。

 

 

それに一度でも「また明日すればいい」と考えてしまうと
僕の性格上その次も、またその次もサボってしまう
可能性があり、自分自身でもそれが嫌で仕方なかった。

 

なので1日一つは必ず画家活動の役に立つ
知識や情報、インスピレーションを
頭の中に叩き込まなければ気が済まなかったのだ。

 

 

後から思えばこの考え方は

間違っていたのかもしれない。

 

 

どんなにいいものを得ようと
健康な体がなければ意味がないのだから。

 

 

そんな間違えた考え方を持ちながら
ザルツブルク大聖堂にたどり着いた。

 

僕も見よう見まねで聖水で体を清め、
片膝をついてから頭の中で
「おじゃまします」と念じ
大聖堂の中へと入っていく。

 

大聖堂の中入るとすでに多くの人で座席は

埋め尽くされており、丸天井から降り注ぐ

柔らかい光が白大理石で出来た内装に

美しく反射しながら輝いているようにも見える。

6000本のバイブオルガンの音色と共に

皆、声を揃えて歌いだした。

何だか妙に心が落ち着く。

壁にフレスコ画で描かれた歴史的にも

貴重な絵画も拝見する事ができた僕は満足して

そのままホテルに戻って眠る事にした。

 

やはり体調に気を使いながら旅をしないと

得るものの量も少なくなってしまう。

 

僕は明日に備えてこの日は早々と

眠る事にしたのだった。

 

 

PS.

この日のザルツブルクの旅では

十分な観光はできなかった。

 

しかし、街中至る所にアートが建設されていたので

アートを楽しむだけなら街を歩くだけで十分

堪能する事ができる。

 

あと夜には街の中心地で映画も見れるのだが、

ドイツ語だったので意味不明であった。

ザルツブルクはお金持ちが集まる街でもあり、

物価も高いので、もしも次にここを訪れる時は

十分な資金を持ってきた方が良いと感じた。

次は十分な資金を持って

ゆっくり過ごしにこの街を訪れたいと思う。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ