素人でも超簡単!独創的な絵を描く方法はこれしかない!


絵を描いている人が欲しい能力と言えばもちろん

世界で一人だけの独創的な絵を描けるようになる事。

 

言葉で言ってもそう簡単なものではない。

 

 

っと思っている人は大きな間違いを犯している。

 

 

 

この方法をとれば世界であなただけしか

描く事ができない作品を完成させる事ができる。

 

 

今回はそんな描き方と独創的と言う言葉の意味を

説明して行こう。

 

独創的とは?

まず独創的とはどう言う事なのか?

と言う説明をする前に

この動画のアーティストを見て欲しい。

この人達は何をやっているのか理解できるだろうか?

 

僕にも全く理解できない。

 

始めて見た時は笑ってしまった。

 

 

 

僕は画家になるために

世界43ヶ国以上を旅してきたのだが、

その旅の中で出会ったアルゼンチンの

アーティスト、もしくは何かの表現者である。

 

僕はスペイン語が話せないので

彼らに直接話を聞く事ができなかったのだが、

彼らを見ていると確実に他の人が

していない事をしている。

 

 

 

 

他人がしていない事と言うのは

歴史的にもバカにされる傾向にある。

 

 

 

 

ウォルトディズニーもあの世界を描いた当初は

花が歌ってネズミが主人公である作品を

「幼稚な絵」だとバカにされ続けていたようだが

結果的にそのネズミを世界のスーパースターに

する事ができた。

 

 

 

このパフォーマーは何をしているか理解はできないが

「何をしているんだ?」と思わせる事で人の注目を集める。

 

その結果、彼らはこのパフォーマンスで大金を稼いでいた。

 

 

独創的とは他にない独自の発想で創りだされた事を言う。

 

このパフォーマンスに関しても

他の人はしていない事であるため

独創的となるのだ。

 

独創的な絵を描く方法

paint_japan1

 

素人が独創的な絵を描くのは

難しいと思うかもしれない。

 

しかし僕は素人や子供のような

絵に関して固定概念のない人の方が

独創的な絵を描けると考えている。

 

 

子供が絵を描く時は何かを描きたいと

考えていてもラインやものの形をとらえる

能力がまだないので見ても何なのか

理解できない作品を描いている事が多い。

 

 

しかしそこにヒントはある。

 

 

子供の絵を見て何だが理解できないのなら

こちらからその絵が何であるのかを想像する。

 

 

そうすると新しいものが見えてくる。

 

例えば僕は「世界」と「アート」の

2つのスタイルの絵を描いており、

「世界」の方は僕の頭の中にあるものを

描いているので最初から形は決まっている。

 

しかし「アート」を描きだす時は

このように無造作にキャンパスに

絵具をのせてそこから見えてくるものを

描くようにしている。

paint-muzousa

 

これは新しい作品なのでまだ完成はしていないが

完成しだい世界画家旅人で公開していこうと考えている。

 

このような描き方で僕はこれまで

多くの作品を描き上げてきた。

adachi_4

 

今ではこの方法も使って世界を旅しながら

お金を稼ぐ方法も発見した。

 

その事については

『アーティストなら簡単に収入を得る事ができる!?』

と言う記事で公開しているので

興味があるのなら見ておいて欲しい。

 

 

とにかくこの方法を使えば少なくとも

他人にはない作品が仕上がる。

 

絵が下手だからと言って辞める必要はない

上で独創的な絵を描く方法を説明したが

無造作に描いてそこから形にしていくのには

タッチや影の付け方などの技術的な面も

必要になってくる。

 

これは個人の完成度に対する満足度で

変わってくるので一概にこうだ!と言う

回答はできないが、絵の技術と言うものは

描けば描く程向上していく。

 

 

 

特にこのような無造作に描いた作品を

形にしていくと言う事は頭の中で

すでに形はできているので、

後はタッチの描き方を学んでいくだけで

他の人には描けない作品を描けるようになる。

 

 

 

 

自分の思う絵が下手と思う人は

他に比べる事ができる絵が存在すると

言う事になるのだが、この方法だと

他にない唯一無二の作品となるので

そんな事を考える必要もない。

 

人物や建物をそのまま描くと

上手い下手にわかれるが、

無造作な作品は比べる対象がないので

余計な事を考えずに描き続ける事ができる。

 

 

 

 

そのため、絵に対するモチベーションも上がり

自由な発想で新しい作品も描く事ができるのだ。

 

 

 

 

後はただひたすらタッチの描き方を

自分で発見するか、他の人の絵のタッチを

一度真似てみて自分なりに描き方を

試行錯誤して構築していけば良い。

 

無造作からできた絵の最後は「無限」

この方法を使って描き続けていく内に

ある時、突然自分だけのスタイルで描き上げる

ようになる時期がくる。

 

どういう事かと言うと、

無意識で描かれた絵の中には

自分が考えてもいなかったと思っていた事が

絵の中で表現され、それに気付く時がくる。

 

 

僕の場合で説明すると

描く対象物ではなく後ろの壁を描く事が

好きなんだと気付いた。

 

僕の「アート」の作品では壁から木がはえている

スタイルが多いが実はこの作品を

描き上げる前は壁を描く事は考えていなかった。

 

最初はオーストラリアから日本に久しぶりに

帰ってきた時期で家で絵を描く新鮮さから

遊び程度にキャンパスにZiNARTのロゴを

描こうとしていた。

 

これが上の絵の原型である。

paint-mobiusharf1

 

無造作に色を混ぜてアルファベットの形にのせて

描いていると楽しくなってきてしまい、

そのまま絵を描こうと思って塗りつぶしたり

ラインを描いたりしていた。

 

すると少しずつメビウスの輪のような形が

現れてきたのだ。

paint-mobiusharf2

 

無造作に描いた絵から永遠に続く輪を感じとり、

後はそれを僕のタッチで描いていくと自然と

壁も現れ、メビウスの輪もリアルに描く事で

よりその存在感が浮き彫りとなる作品になった。

paint-mobiusharf3

 

もしもこの上の写真を見て他の人が何かを想像し

僕とは違うタッチで描いたていけば

僕も想像できない独創的な作品に仕上がるだろう。

 

僕の場合はすでに僕だけのタッチの描き方のスキルを

持っていたのでこのような作品が完成したにすぎない。

mevius

世界を旅する画家のまとめ

以上の事から素人でも簡単に独創的な絵は

描ける事がわかる。

 

さらにその完成度を上げたければ

絵のタッチを学ぶだけ。

 

どんな偉人の画家でも一発目に上手くいく事はない。

 

 

しかしこの方法をとる事で人と比べるなどの

余計な心配をせずに済むため、絵の上達に

大きく貢献するのではないかと考えている。

 

PS.

世界では日本よりも簡単に絵で収入を得る国が

いくつもあるが、日本で画家になるには知識と情報が

必要である事を旅の中で知った。

 

この方法はあくまでも独創的な絵を描く方法。

 

画家になる方法ではない。

 

その情報はメルマガで公開しているので

興味がある人は是非。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ