バスキングで絵を描いて稼ぐ人は得をする事に気付いた画家。


byronbay_paintutaissyo

 

オーストラリアのバイロンベイから

始まった僕のバスキング人生。

 

バスキングとは路上でパフォーマンスを

してお金を稼ぐ事を言うのだが、

その中のほとんどが音楽をやっている人である。

 

実際にこのバイロンベイでも

路上で絵を描いてバスキングを

しているのは僕だけであった。

 

 

僕が思うに絵のバスキングをする人は

音楽をしている人よりも得だと思う。

 

 

なぜ音楽よりも絵を描いている人が得をするのか?

 

 

今回はその事について語っていこうと思う。

 

  • 絵は近くで見たいもの
  • 会話ができる方がお得
  • アーティストが集まる町
  • バスキングで稼げない理由
  • 僕には画力を向上させる自信がある

 

絵は近くで見たいもの

 

想像してみて欲しい。

 

路上で音楽をやっているパフォーマーを

街で見かけた時、歌っている声は聞こえるので

わざわざ近づかなくてもよい。

 

音楽だと遠くても聞こえるので

そのまま遠くを歩いている人は

通りすぎる事も多いように感じた。

 

しかし、見せ方にもよるのだが、

絵はなるべく近くで見たいもの。

 

絵を描いてバスキングをしていると

かならず絵が見やすい位置に立ち止まり、

しばらく見てからお金を払ってくれる。

 

この距離感が近いと言うのは

バスキングでお金に稼ぐ時に

かなり重要になってくるのだ。

 

会話ができる方がお得

byronbay_gakakatudou1113

 

絵を描いて稼ぐ時に最も重要なのが

会話をすると言う事である。

 

 

音楽をしていると会話ができない。

 

なので歌で勝負するしかないのだが、

絵なら描きながらでも会話をする事も

できるし、一度手をとめてこれまでの

活動や今何のためにバスキングをしているのか

などを事細かに説明すると

それに感動や共感を得た人は

かなり高い確立でお金を払ってくれる。

 

これは音楽をしている人には

できない芸当である。

 

この事から絵でバスキングをするのは

音楽をする人よりもお得だと言えるのだ。

 

アーティストが集まる町

byronbay_bazaa1

 

この日は昼間にバイロンベイで

バザーのようなイベントが開催されていた。

 

町にはいつもより人が多く

訪れており、いつもののんびりした

雰囲気のある町も活気だっていた。

 

 

バザーでは様々なものが売られており、

見ているだけでかなり楽しく時間を

過ごす事ができる。

byronbay_bazaa3

 

byronbay_bazaa4

 

byronbay_bazaa2

 

バイロンベイは世界中からアーティストが

集まる町として有名であるが、

このイベントでも音楽をやっている人達が

参加して収入を得ていた。

 

特に人を集めていたのがこの人。

 

やはり音楽でも人を魅了するスキルが

ある人のまわりには人だかりができる。

 

しかし、これほど集める人はめったにいない。

 

バスキングで稼げない理由

byron_comikun

以前から話している

変な日本人の友人マスターコミ。

 

彼も絵を描いており、

僕が路上でバスキングをして

お金を稼いでいる事を知り、

彼も挑戦すると言いだした。

 

 

時間はすでに夜になっていたが

昼間のバザーの影響か、町はお祭り

騒ぎをしていたのでバスキングをする

のには最高のシチュエーションであった。

byronbay_maturisawagi

 

彼は黒魔術のような絵を描いている。

byronbay_komi

 

僕がいつもバスキングをしている場所を

教えてあげてBGMを流しながら

黒魔術の絵を描く事にした。

 

 

結果的にほとんど稼げていなかったようだ。

 

 

なぜ稼げなかったのか?

 

 

 

まず1つの理由がマスターコミは人が通る道に

背を向けて絵を見せようとしていた。

 

絵のサイズが大きければ仕方のない事だが、

それが原因で立ち止まってくれている

人に気付く事なく一心不乱に絵を

描き続けていたのだ。

 

 

 

この時に人と話す事はかなり

大事な事なんだと感じる事となったのだ。

 

 

 

そして、もう1つの原因は画力が足りない事。

 

これは画家にとっては致命的であり、

特にバスキングではシビアに画力が

反映されて収入に大きな変化をもたらす事となる。

 

 

彼は絵の商品も売っていたが、

人を魅了できるようなインパクトある

作品を描けないとなると後は会話と

絵の商品(ポストカードなど)に力を

入れないと難しい事がわかった。

 

僕には画力を向上させる自信がある

360paint

 

僕のメールボックスには

絵を描いている人からの多くの

相談メールが寄せられる。

 

その中でも多いのが

「絵が上達しません。どうしたらいいですか?」

 

っというような悩みを明かしてくれる

人が多かった。

 

僕が絵を描き始めた時は本当に下手であった。

paint_hetasugi

これでは確実に絵を描いて生きてはいけない。

 

 

それから僕は様々な手法を独自で考え、

旅から得た絵に関する情報を頭の中に

蓄積させる事によって今ではここまで

成長する事ができたのだ。

paint_japan1

 

「この絵をあなたも描けるようになる!」

っと言うと信じるだろうか?

paint_sekai2

 

実際、僕の絵画教室の生徒さんは

実際に画力が上がり、僕も驚くような

作品を描き上げている。

 

ちなみに絵画教室の募集は

ZiNARTメールマガジンの中で

しかやっていない。

 

 

人数を限定して募集するのには理由がある。

 

 

もしもここで数万人に

僕の絵の描き方を伝えてしまえば

ライバルが増えすぎてしまい、

僕の画家人生にも影響がでてきてしまう。

 

なので本気で絵を学びたい!

絵の上達がしたい!

と強く願う人にだけ僕のタッチの描き方や手法、

世界感の描き方などを事細かに説明している。

 

 

その辺にある普通の絵画教室とは

格が違う事を証明してみせよう。

 

ちなみに生徒さんの作品も

ZiNARTメールマガジンの中で

公開しているので興味があれば是非。

 

 

 

登録は無料。

 

僕の絵が気にいらなければ

解除も1秒でできるようになっている。

 

 

 

あともう1つ僕が絵を教える理由がある。

 

それは生徒さんの画力を上げた後、

生徒さん達と協力して凄い動画を

撮影し、それを世界に発信しようとしているのだ。

 

 

これが完成すればかなりおもしろい

アート集団の完成となる。

 

 

僕は今そこに向って絵画教室で

生徒さんに僕のタッチの描き方を伝えている。

 

 

 

 

 

 

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

mailmagazinefree
メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ