絵を売るだけが画家として生活する方法ではない


今もしも、あなたが絵が売れなくて

画家として生活できないと嘆いているのなら

固定概念に囚われている、もしくは

絵を売って生活する事が画家と言える!

っというプライドを持っている事が

うまくいかない原因になっている可能性が高い。

 

1つの考え方に執着してしまう人ほど、

それだけが正解だと思い込んでしまい、

他の選択枠を見ようという発想自体が生まれない。

 

そう考える人が今の日本にはかなり

多いようなので日本では画家になる事が

難しいと言われてしまう要因の一つと

なっているようだ。

 

発想の転換とプロデュース能力

普通の考え方だと絵を描いて原画を販売したり、

その絵を印刷してポストカードを製作したり、

コップや枕カバーなどに絵を印刷して

それをネット上の販売サイトで売ろうと

いう考えに至るのだが、結局はそこ止まりで

生活ができるほどになるまでには至らない。

 

それで生活できるという人の場合は、

誰もが目を引くようなアーティストとしての

活動のやり方を知っている人であり、

その活動の中で自然と自分という人間を

プロデュースするスキルを持っている人がほとんどである。

 

その方法も経験もしていない間は

いくらネット上で原画やポストカードを

販売しようとしても生活できるまでになる事は

かなり難しいという事をこれまでの

日本での活動で理解できている

人の方が多いのではないだろうか?

 

そのような人は発想の転換と

固定概念を崩す所から始めた方が良い。

 

価値あるものと融合させる方法もある

まずは絵を利用した販売する物の

発想転換であるが、これはポストカードや

枕カバーなどの商品だけでなく、

もともと価値のあるものと融合させても良い。

 

例えば、簡単な話で言えば

とある場所でしか手に入らない石や

すでに知名度のある木などに描くように

するとその知名度にのって価値を上げる事もできる。

 

もちろんその価値を伝えるスキルも

必要になってくるが、そのスキルは

ここで簡単に説明できるほど浅いものではない

ので気になる人はZiNARTメールマガジンを

読んでおいてほしい。

 

「絵の商品=物」の発想自体を変える

あと、今までは「絵=手に取れる商品」の発想を

してきたのだが、ここは別に手に取る物

全てが商品となるわけではない。

 

僕の場合で言えば

絵のスキルを利用した絵画教室ZiNARTも

その一つであるし、これまで受講してくれている

生徒さんも今のところ100%の確率で

画力は上がってきている。

 

アクリル絵画の描き方を知る事で画家として生きていく。

 

このように本当に人の為になる

スキルや知識を伝える事も

商品として成り立つ事になり、

また、相手側にしてもかなり

下手で困っていた絵が衝撃的なほど

画力が上がるというメリットもあり、

お互いにWINWINの関係性を築き上げる事も可能なのだ。

 

さらに言えば絵画教室ZiNARTは

動画を見て学ぶ授業スタイルであり、

それを僕は自動で配信するスタイルに

しているため、今この記事を書いている間も

家のテラスで絵を描いている間も、

トイレで用を足している間も、さらには

真夜中に深い眠りについてる間にも

絵のスキルが収入に変化している。

何もしなくても収入が発生する

仕組みを絵のスキルを利用して

作り上げた為、その時間を今まで以上に

絵を描く時間につぎ込む事ができる。

 

そしてその描いた作品は

世界最先端の複製画技術ジークレーで

原画と全く同じような複製画を

製作する事もでき、それを販売する事で

絵の収入はさらに追加されているのだ。

このように絵を活用した収入発生の

システムを作り上げる事が出来たため、

僕は今長年の夢だった沖縄でのんびり

絵を描きながら生活するライフスタイルを

手に入れる事もできた。

晴れの日は海の前で絵を描いており、

そこに僕と話がしたいという人達が

訪れ、彼らと夜は飲みに行く。

数年前の原画を販売して

何とか食いつないでいた自分からは

想像もできないほどゆったりとした

生活をする事が出来るまでになった。

 

これからは誰でも遊びにくる事ができる

南国のZiNARTギャラリーをモノレールから

すぐの場所に作り、ライブペイントを

毎日そのギャラリーでしながら

遊びにきてくれたお客さんと楽しく

会話したり、飲みにいったりしようと思う。

 

 

PS.

毎年夏になれば座間味島でキャンプをしながら

絵を描くキャンプペイントをしている。

沖縄に旅行に来る時があれば

一度僕に会いにきてほしい。

 

個展や座間味キャンプペイントや

飲み会相談会などのお知らせは

ZiNARTメールマガジンを

読んでくれている人にしかしないので

(あまり大人数が好きではないので

人数を絞らせて頂くために)

興味がある人は登録しておいてほしい。

ちなみに絵画教室ZiNARTの

募集もそこでお知らせしようと思うので。

 

毎日いろんな考えの人と出会えたり

いろんな職種の人と話ができるので

日々新しい知識や情報を得る事ができるし、

何より本当に楽し生活を送る事が出来ている。

 

 

これも発想の転換、固定概念を

崩せた結果だという確信がある。

 

今悩んでいる人は今までの

考え方を一度改めて新しい活動を

してみてはどうだろうか?

 

僕ならその新しい活動方法なんてものは

いくらでも思いつくので、もしも

何から始めていいのかわからないという場合は

直接僕に連絡していただければと思う。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ