SNSで絵を売る人がよくする間違いと僕のお勧めの方法


絵を描いて売りたいと思っている人のほとんどが

SNSを活用しているようだが、その中で

間違えた売り方をしてしまっている人をよく見かける。

 

趣味で絵を売りたいと考えているのなら

個人の自由なので構わないのだが

もしも画家になりたいと考えているのなら

SNSでの売り方を間違えてはいけない。

 

今回はSNSで絵を売る人が気付いていない

間違いとどうすればいいのかを記事にしてみた。

 

そもそもSNSではあまり売れないその理由

17185230756_8f470c81f8

 

よく見かけるのが絵のサイズと写真を記載して

「絵売ります!」と宣伝している書き込み。

 

これは得にfacebookで見かけるがそもそもSNSでは

絵がそれほど売れるわけではない。

 

なぜなら現在のインターネット上の世界では

多くの情報や広告であふれている。

 

 

facebookを見ていて皆さんも感じている事が

あると思うが、あまりにも広告が多すぎる。

 

その中には怪しいサイトへ誘導する書き込みや

「1日で10万円稼げます」のような悪徳業者が

運営するサイトの書き込みが多数存在する。

 

 

 

そんな広告の多さにfacebookユーザーは

うんざりしているのだ。

 

 

 

実際に僕もそういった書き込みは一切見ずに

スルーしてしまう。

 

 

あなたもスルーしてはいないだろうか?

 

 

そんな状況の中で「絵売ります」と言っても

スルーするのも当たり前であり、目に止めてくれるのは

親しい友人ばかりで中々絵を買ってもらえない。

 

もしも1枚売れても立て続けに売れる事はないので

生活するほどまでは稼ぐ事はできないであろう。

 

しかし例外は存在する

もしもあなたが個展を頻繁にしていたり

海外などで活動している場合は

SNSで絵を販売しても個展や海外などで

直接会ったお客さんが買っていく事もある。

 

 

僕は世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら

旅をしているが、SNSで売り込む事はしないが

絵をアップしただけで外国人から絵を売って欲しいと

直接連絡がくる事がある。

 

しかしそういった活動をしていても

数ヶ月に一回の割合で連絡がくるだけなのだ。

 

絵の値段にもよるが安い金額で売っているのなら

生活する事は難しい。

 

絵を販売するサイトを活用するのは?

artmater

 

自分で描いた絵やオリジナルグッズを

販売できるサイトが数多くあり、その中でも

「アートメーター」「mine」と言った登録すれば誰でも

簡単に商品を販売する事ができるサイトが存在する。

 

こう言ったサイトを活用している人の中にはここだけで

生活している人もいるようだが、ほとんどの人は

普段会社に勤めながら休みの日に作品を描いて

サイトで販売している。

 

 

僕のような一枚に何週間もかけて描く

スタイルの絵では収入が間に合わず生活する事ができない。

 

 

 

実際僕も学生時代にこのようなサイトで販売していたが

一ヶ月に一枚売れれば良い方であった。

 

そして販売サイトで絵を売るとなると

そのサイトに手数料を払わなければならない。

 

mineでは販売価格の10%をサイト側に払い、

アートメータでは販売価格の55%を払わなければならない。

 

 

アートメータは世界中に販売する事も可能なので

このくらいの手数料を払うのも当然であり、

mineでは手数料は安いようだがその分

アートメータよりも売れゆきは落ちるようだ。

 

どうすれば絵は売れるのか?

25522948326_042524d484

一番いい方法がやはりお客さんと

直接触れあえる環境をつくる事である。

 

個展やライブペイントなどで出会うお客さんは

少なからずあなたの絵に興味があって会いにきて

くれる人が集まる場所。

 

 

 

あなたの絵に興味があり、話をしてどんな思いで

絵を描いているのか、どんな活動をしてきたのか

を直接伝える事でその場で買っていってくれる人や

後からSNSで連絡が来て買ってくれる人が増えてくるだろう。

 

僕の場合は世界中を旅してライブペイントをして

お客さんと話をする事によって口コミで絵の依頼

がきたり、SNSのメッセージでアップした

絵を売って欲しいと連絡がきたりするようになった。

 

 

 

ちなみに僕は今まで日本ではあまり活動してこなかった

ので僕の事を知らない人は大勢いると思う。

 

しかしこれからは日本でも活動していきたいと

思い、どうすればいいのか?と言う事を考えた結果、

アート仲間を募集してこの世にない新しい絵を生み出そう

と言う事になり、この世界画家旅人を立ち上げる事にした。

 

 

 

そして僕は画家になるために世界を旅していたのだが、

日本でも活動でき、SNSで絵を売らなくてもいい方法を発見した。

 

 

 

その方法はZiNARTメールマガジンで明かしているので

興味のある人は無料の登録フォームにアドレスを入力して

僕からの情報を受け取ってもらいたい。

 

世界を旅する画家のまとめ

mexico_atorie

 

絵をSNSで販売するのはよほどの自信がないかぎり

やめておいた方がいいだろう。

 

それよりも絵を売るには個展をして

絵を直接見てもらい、SNSは見てくれる人を

集めるものと割り切って活用する方が

あなたにとっても有効な手段になるだろう。

 

 

そして本当に僕がお勧めしたい事

海外に出て活動すると言う事だ。

milano

 

外国人は日本人に比べ絵の対する考え方や

価値の違いがあり、確実に日本人よりも外国人の

方が絵が欲しいと言う人が多い。

 

 

 

そして海外で活動する事によって英語を話せるように

なれば日本にいながら外国人とSNSを利用して

親密に連絡を取り合う事ができるので

わざわざSNSで「売ります」と言わなくても

絵を欲しいと言う人が現れてくるようにもなる。

 

 

 

しかし海外に出るのが怖いと言う人もいる。

 

 

そんな人のために僕は画家になる事ができる可能性を

高める方法をメールマガジンで伝えている。

 

興味がある人は是非僕からの無料の情報を受け取って欲しい。

 

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
 
onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

世界43ヶ国以上を旅して画家になる方法を発見する。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ