SNSを利用してアートイベント告知をする時の注意点

先日Facebookで僕の画家活動の一つである

沖縄キャンプペイントに関する記事を書いた。

 

するとどういうわけか

「この投稿はスパム行為の疑いがあるため削除されました」

っとfacebook側から通知が届いた。

 

もちろんスパム行為もしていないし、

普通に写真を載せて

「キャンプペイントをするから遊びに来て欲しい!」

っといった内容の記事を投稿しただけである。

 

さらにそこにキャンプペイントの魅力を伝えるための

世界画家旅人の記事URLを貼り付けていたため、

世界画家旅人のブログ評価も下がり、

検索結果から圏外から飛ばされてしまった。

 

今までは「画家 旅」や「画家 道具」など

画家関連を絡めて検索すれば大抵はこの世界画家旅人が

検索結果上位に出ていたが、このFcaebookの

問題により何も検索結果に出ない状態になってしまった。

 

原因はこれだった!!

原因を探ると意外と単純な事だった。

 

実はFacebookでキャンプペイントを

告知する記事を掲載した数日後に

インスターグラムの方にも、全く同じ

記事を掲載してしまったのだ。

 

基本的にネット上で全く同じ記事を

掲載する事はタブーとされており、

こうする事により重いペナルティーを

受ける事はブログを持っている人からすると

常識的な事である。

 

しかし、facebookの個人ページの場合、

例えばブログ記事を書いてそれをコピーして

それをFacebookの個人ページに貼り付けても

なんら影響はない。

 

逆にFacebookに投稿した記事を

ブログにアップしても問題がない。

 

Facebookページ(ファンページ)は

確実に重いペナルティーが課せられる。

 

なので今まではブログ記事にしたものを

Facebookに貼り付けたり、その逆も

したりしていてもなんの問題もなかった。

 

しかし、今回僕がやってしまった事は

まずFacebookに世界画家旅人のURLを貼り付けた

キャンプペイント告知の記事を書いて投稿した後、

全く同じ文章をインスターグラムに投稿してした。

 

インスタグラムはFcaebookの傘下に

入っているため、インスタグラムに投稿した

記事とFacebookに投稿した記事が重複している事が

Facebookにわかってしまい、同じ記事を投稿している

事がスパム行為になる判定をされてしまったのだ。

 

そしてここからさらに最悪な事が

世界画家旅人のURLを貼り付けていた事。

 

これをしていなければスパム行為で

記事が削除されるだけで済んだのだが、

URLから世界画家旅人につながってしまい、

ブログ評価も落ちて検索結果から圏外に飛ばされたようだ。

 

つまり、

Facebookへの投稿(URL込み)

インスターグラムへ同じ文章の投稿

Facebookからスパム判定

Fcaebookの評価が下がる。

そこに貼り付けていた世界画家旅人URLから

世界画家旅人も評価が下がる。

検索結果圏外に飛ばされる。

 

このような流れになった事が原因だ。

 

幸いFacebookの記事を消したら

再び検索結果上位に表示されるようになったので

今は全く問題なく機能している。

 

今回は単純なミスでこのような事が起きたが、

一応念のためメモ代わりに記事にさせていただいた。

 

やはりSNSは使い方を間違えると

命取りになるので十分気をつけて使った方がいいだろう。

 

画家を目指す人でSNSの使い方を間違えている人が

かなりの数いるが、こうした知識を知らずに

使ってしまっているのなら僕に相談しにきた方が早いと思う。

 

画家としての活動がなかなかうまくいかないという人は

このような知識不足が原因である事が本当に多い。

 

今の日本で画家を目指すなら画力だけでは

補えないほど、日本のアート業界は低迷してしまっている。

 

もちろん画力も必要であるが、

今回のような細かい知識も学んでいく方が

確実にあなたのためになる事は間違いない。

 


タグ: 

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

SNSと動画を活用して画家活動を飛躍させよう!in Hawaii 14日目

このハワイのライブペイントの動画をいろんな所で配信してから

以前よりも爆発的に絵の仕事が増えていった。

 

すでに14日目を迎えたハワイでのライブペイントも後残すところ2日。

 

すでにライブペイントが目に見えるほど結果として収益に出ているので最後の日はのんびり買い物でもしてハワイを満喫しようと思う。

 

SNSに絵を投稿しても反応がない理由

これまでのハワイの画家活動の動画全てを見てもらえれば理解できると思うが、本当に様々な人から声がかかり、そこで人と人との繋がりも急激に増えていく事になった。

 

画家活動にとって人と人との繋がりは一番大切である。

 

こうして実際に行動して直接話をするのとネット上で絵を見るのとでは大きな違いがある。

 

それは

 

その人がどのような人なのか?

 

どのような人生を歩んできたのか?

 

これからどんな活動をするのか?

 

ここを明確に相手に伝える事ができるという点。

 

 

 

日本で活動している人で、

絵の写真をブログやSNSに掲載しているだけで何とかなると思っている人も大勢いるが、それだけではあまり結果は出ない事はこれまでの僕の海外や日本での活動経験で学んできた事を考えれば明らかである。

 

それによく相談で

 

「SNSに絵をアップしているけどあまり反応がない」

 

「やっぱり画力がないと相手にされないのでしょうか?」

 

っというような相談を頂くのだが、第三者の立場になってよく考えてみてほしい。

 

 

どこの誰かもわからない、どんな活動をしているのかもわからない状態の人の絵を見てどう感じるだろう?

 

僕なら日本で絵を描いている人達の中の1人としてスルーしてしまう。

 

一目でその絵に魅了されるほどの画力や表現力があれば目に止まってしばらく観察するが、「凄い!」っと思ってそこで終わってしまう事の方が多い。

 

 

ここで必要なのが相手に

 

どのような人物、人間性なのか?

 

どのような活動をしているのか?

 

っという事を伝えるという事。

 

 

 

こうする事により、相手に共感や憧れ、人によっては親近感などの感情を抱いてもらい、相手の記憶に自分という存在をすりこむ事に成功するのだ。

 

 

そしてやっとここから一人の人間として相手とのコミュニケーションが始まり、やがてはそれが絵を見たもらったり、個展に来てもらったりしてからやっと「この人の絵だから買いたい」という感情を抱いてもらえるようになるのである。

 

動画を撮影しておくと二次的効果が期待できる

動画はこれからの時代主流となっていくメディアの一つであり、実際動画を撮影してそれをSNSやブログで配信してからは僕の収益も飛躍的に上がっていった。

 

一つの大きな要因としては動画では声を出して話しているため、その人がどのような口調でどのような雰囲気の人なのかが伝わり、信頼性、安心感が生まれたためではないかと思う。

 

動画を配信する前はひたすら文章だけで発信していたが、文字というものは読む人によってどこか読み忘れが生じてしまったり、どのような人物なのかなど、こちらの思い全てが伝わる確率が動画よりも少ない。

 

 

もちろん文章だけでも十分すぎるほど絵の収入は発生させていたが、これにプラス動画で自分という人間を相手に伝える事でより良い結果が生まれる事となった。

 

 

 

僕の場合、ライブペイントで直接会話してこれからの活動を宣伝しているが、その様子をそのまま撮影して短く編集して動画配信する事により後で何度でも利用する事もでき、何より宣伝やインパクトを与える意味では効果が高い方法だ。

 

さらに、日本人は英語が話せない人の方が多いので英語で会話しているだけで「この人はすごい!」っという印象を相手に与える事もできる。

 

 

 

英語を話せる人は是非動画を利用した画家活動をしてみて欲しい。

 

 

 

もちろん英語を話せない人でも動画配信は相手に自分がどのような

人なのかを伝えやすくなるので活用可能である。

 

ちなみに僕はYoutubeにも動画をアップしているが、

インスタグラムに投稿した動画の方が効果が高い結果が出た。

 

これは僕がインスタグラムに力を入れて宣伝しているからだと思われる。

 

自分が動いて宣伝するしかない

この記事の一番最初の動画の最後でお客さん相手に直接僕のこれからの画家活動を宣伝する様子が記録されているが、こうした地道な努力も必要である。

 

人と接するのが苦手だとか、あまり人と関わらずに絵だけを見て買って欲しいだとかいう話をされる事もあるが、そうしたいならそうれ相応のやり方を自分自身で発見する努力をしなければならない。

 

僕のこれまでの経験や知識を得ても人と関わらずに画家として活動できる方法なんてものは発見する事が出来なかった。

 

 

 

人と人との繋がりを持たずに絵で生きていく方法があるのなら僕も知っておきたいが、おそらく不可能である。

 

っとなると苦手でも人と接する事だけは避ける事は出来ないので、まずここは思い切って行動してみる事が大切であり、その経験値を積み重ねる事で人と話す事にも慣れてくるし、何より行動したという事が自信に繋がり、次の活動意欲にも繋がる事になる。

 

まずは怖がらずに行動してみて欲しい。

 

「できない、何もない」という思い込み

自分にはできない、何も話す事がない、目を引くような活動をしてこなかったので何も伝える事がないという人達からよく相談を受けるのだが、まず「自分にはできない」という考え方の基盤から直していく方が良い。

 

このように考える人達からの相談メールが後を絶たないので以前その事について記事にしたので目を通しておいて欲しいと思う。

 

《関連記事》

「自分には人に語れるような絵の知識も実績もない」という人達へ・・・

 

 

 

PS.

沖縄を拠点に画家活動を開始した。

 

沖縄に遊びにきてもらえれば晴れている日はとあるビーチで絵を描いているので簡単に会える。

夜は遊びに来てくれた人や若くして成功した社長さん達と一晩中飲んで語る事もある。

よくSNSで僕に会って直接話をしたいという連絡をいただける事があるがSNSのメールはあまり見ないのでそのまま放置されている事の方が多い。

 

もしも僕に連絡するならメルマガに記載されているメールアドレスに連絡してきて欲しいと思う。


SNSで絵を売る人がよくする間違いと僕のお勧めの方法

絵を描いて売りたいと思っている人のほとんどがSNSを活用しているようだが、その中で間違えた売り方をしてしまっている人をよく見かける。

 

趣味で絵を売りたいと考えているのなら個人の自由なので構わないのだがもしも画家になりたいと考えているのならSNSでの売り方を間違えてはいけない。

 

今回はSNSで絵を売る人が気付いていない間違いと

どうすればいいのかを記事にしてみた。

 

そもそもSNSではあまり売れないその理由

17185230756_8f470c81f8

よく見かけるのが絵のサイズと写真を記載して「絵売ります!」

と宣伝している書き込み。

 

これは得にfacebookで見かけるがそもそもSNSでは絵がそれほど売れるわけではない。

 

なぜなら現在のインターネット上の世界では多くの情報や広告であふれている。

 

 

facebookを見ていて皆さんも感じている事があると思うが、

あまりにも広告が多すぎる。

 

その中には怪しいサイトへ誘導する書き込みや

「1日で10万円稼げます」

のような悪徳業者が運営するサイトの書き込みが多数存在する。

 

 

 

そんな広告の多さにfacebookユーザーはうんざりしているのだ。

 

 

 

実際に僕もそういった書き込みは一切見ずにスルーしてしまう。

 

 

あなたもスルーしてはいないだろうか?

 

 

そんな状況の中で「絵売ります」と言ってもスルーするのも当たり前であり、目に止めてくれるのは親しい友人ばかりで中々絵を買ってもらえない。

 

もしも1枚売れても立て続けに売れる事はないので生活するほどまでは稼ぐ事はできないであろう。

 

しかし例外は存在する

もしもあなたが個展を頻繁にしていたり海外などで活動している場合はSNSで絵を販売しても個展や海外などで直接会ったお客さんが買っていく事もある。

 

 

僕は世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら旅をしているが、SNSで売り込む事はしないが絵をアップしただけで外国人から絵を売って欲しいと直接連絡がくる事がある。

 

しかし、それは僕が正しく相手に自分の人生や絵の価値を伝える仕組みを作りあげたので成功しているだけであって普通にSNSを利用しても絵が売れて余裕のある生活できるようになる事は難しい。

 

絵の値段にもよるが安い金額で売っているのならなおさらである。

 

絵を販売するサイトを活用するのは?

artmater

自分で描いた絵やオリジナルグッズを販売できるサイトが数多くあり、その中でも「アートメーター」「mine」そして、最近多くの人が利用している「BASE」といわれるサイトに登録すれば誰でも簡単に商品を販売する事ができるサイトが存在する。

 

こう言ったサイトを活用している人の中にはここだけで生活している人もいるようだが、ほとんどの人は普段会社に勤めながら休みの日に作品を描いてサイトで販売している。

 

 

僕のような一枚に何週間もかけて描くスタイルの絵では収入が間に合わず生活する事ができない。

 

 

 

実際僕も学生時代にこのようなサイトで販売していたが一ヶ月に一枚売れれば良い方であった。

 

そして販売サイトで絵を売るとなるとそのサイトに手数料を払わなければならない。

 

mineでは販売価格の10%

サイト側に払い、アートメータでは

販売価格の55%を払わなければならない。

 

 

アートメータは世界中に販売する事も可能なのでこのくらいの手数料を払うのも当然であり、mineでは手数料は安いようだがその分アートメータよりも売れゆきは落ちるようだ。

 

どうすれば絵は売れるのか?

25522948326_042524d484

一番いい方法がやはりお客さんと

直接触れあえる環境をつくる事である。

 

「それは当たり前だろ!」

 

っと言われてしまいそうだが、実際この直接触れあえる環境というものを理解している人は少ない。

 

 

まず1つの直接触れあえる場所としては個展。

 

 

個展などで出会うお客さんは、少なからずあなたの絵に興味があって会いにきてくれる人が集まる場所。

 

あなたの絵に興味があり、話をしてどんな思いで絵を描いているのか,

どんな活動をしてきたのかを直接伝える事でその場で買っていってくれる人や後からSNSで連絡が来て買ってくれる人が増えてくるだろう。

 

ここまでは誰もが想像できる事である。

 

 

そして個展以外にも触れ合いの場というものは自分で作り上げる事もできる。

 

 

例えばイベントを企画する事。

 

僕の場合は世界中を旅してライブペイントをしてお客さんと話をする事によって口コミで絵の依頼がきたり、SNSのメッセージでアップした絵を売って欲しいと連絡がきたりするようになった。

 

沖縄でのキャンプペイントもイベント企画の1つ。

自然の中で絵を描くと集中力が増す。

 

そしてそこに集う仲間達と共に

南の島のキャンプ生活を楽しむ。

そして一年の始まり年末年始はハワイで約2週間〜3週間

毎日ライブペイントをしてそこで出会った人達と交流をして繋がりを獲得していく活動もしている。

このイベントを企画するというのは言葉だけで聞けば大変そうな事であるが、実際、僕が好きな所で好きな絵を描くので集まって欲しいという事を伝えるとかなりの人数が集まるようになった。

 

 

人を集めるというスキル

というのは継続さえできる人なら確実に得る事ができる。

 

知識と学びが必要であるが、

それを乗り越えた人だけが

個展やイベントなどに数百人、

数千人を集める事ができるようになるのである。

 

しかし、この話を聞いて

「本当にできるの〜?」

っと自分自身が出来るのかを疑ってしまう人は不可能。

 

そもそも、自分自身を信じる力を持っていない人で成功した人を僕は見た事がない。

 

何事も実践して経験し、それを学んで知識という武器にする事で想像する未来の自分へと近づいて行く事ができるのである。

 

他にもここでは語り尽くせないほど絵を販売するのに必要な知識や活動方法がある。

 

 

 

もしも、今現在、どのように活動していけば良いのか道に迷っていると言うのなら僕が直接相談にのるので気軽に連絡して欲しいと思う。

 

 

僕には最善の活動方法をお伝えする事もできる自信があるので。

 

実際、僕の言う通りにして成功してしまった人もいたり、

海外からの絵の仕事も手に入れた人も最近かなり多くなってきた。

本気で絵を描く生活を手に入れたいと思う人の願いを叶えた事で、僕自身も「もっと頑張らなくては」っというモチベーションが上がってくる。

 

 

ちなみに僕は今まで日本ではあまり活動してこなかったので僕の事を知らない人は大勢いると思う。

 

日本でも活動したいと考えたのだが、今の日本のアート業界の地位の低さを考えると他の方法で活動しなければならない事を悟った。

 

 

 

その日本でも可能な活動方法を探し求めた結果、今の日本人のほとんどが知らない活動方法を発見する事になった。

 

そして、今では僕と同じ活動ができるアーティスト仲間を育てる活動もしているわけである。

 

人と人との繋がりは大切に

先ほど海外からの絵の依頼を得る人が増えてきたと話したが、僕は世界を旅してそこで出会った社長さんや、アーティスト達との繋がりがある。

 

その繋がりを駆使して海外からの絵の仕事を提供する活動もしている。

 

この活動は最近始めたのだが、

すでに海外からの絵の仕事を手に入れたアーティスト達が30人ほど出て来てしまった。

 

ちなみに僕は海外在住のコンタクトをとれるようにする紹介する事しかしていないので、僕には何の報酬もでていない。

(英語が話せなくても問題ない)

 

まぁ実際、紹介料を払うと海外の社長さんやプロジェクトチームから言われたのだが、僕はお金目当てでこのような活動をしていないため

「お金はいりませんよ」と自ら断った。笑

 

この活動をして海外からの絵の依頼を手にするアーティストが増えれば僕はそれで良い。

この日本で絵を描く生活を手にいれるアーティスト仲間を増やす事が最終的な目的なので僕からすればお金はどうでも良いのだ。

 

ちなみに、非常識な人にだけは

この海外からの絵の仕事を紹介したくない。

 

なぜならこの海外のアーティストや社長さんは僕の大切な絵の

クライアントさんでもあるからである。

 

 

 

中には

「もしかして詐欺なのかも?」

 

っと疑い、僕の大切なクライアントさんに失礼な発言をする人もいるかもしれない。(今の所、そのような失礼な人はいない)

 

 

 

そんな理由から僕は僕の信頼できる人にしかこの海外からの絵の

仕事を提供したくないと考えているのである。

 

 

 

僕への相談や連絡、日本での活動方法、そしてこの海外からの絵の

仕事などの紹介はZiNARTメールマガジンに記載している。

 

もちろんSNSの正しい使い方や

僕がどのようにSNSを活用しているのかも配信していく事にしている。

 

ZiNARTメールマガジンに

メールアドレスやLINEの連絡先を記載しているので、

それに返信すると僕に直接届くようになっている。

 

今もしも、

何か思い悩んでいる場合は

僕に直接連絡して頂ければと思う。

あとちなみに、念のため言っておくが、海外からの絵の仕事は

むこうからの絵の依頼なのでこちらからお金を払う事は一切ない。

 

疑い深い面倒な人はここすらも

疑うので先に言わせて頂いた。

 

ブログ上での出会いなので

仕方ないのかもしれないが僕は何の行動もせず、努力もせずに

ただただ疑ってかかる人とは関わりたくない。

 

そのような人は

ZiNARTメールマガジンに

登録しないようにお願いしたい。

 

迷惑以外のなにものでもないので。

 

僕は僕と共に生きる

アーティスト仲間を増やしていきたいだけなのである。

 

世界を旅する画家のまとめ

mexico_atorie

絵をSNSで販売するのはよほどの自信がないかぎりやめておいた方がいいだろう。

 

それよりも絵を売るには個展をして絵を直接見てもらい、SNSは見てくれる人を集めるものと割り切って活用する方があなたにとっても有効な手段になるだろう。

 

そして

本当に僕がお勧めしたい事

海外に出て活動すると言う事だ。

milano

外国人は日本人に比べ絵の対する考え方や価値の違いがあり、

確実に日本人よりも外国人の方が絵が欲しいと言う人が多い。

 

そして海外で活動する事によって英語を話せるようになれば

日本にいながら外国人とSNSを利用して親密に連絡を取り合う事ができるのでわざわざSNSで「売ります」と言わなくても絵を欲しいと言う人が現れてくるようにもなる。

 

 

しかし海外に出るのが怖いと言う人もいる。

 

 

そんな人のために僕は

画家になる事ができる可能性を

高める方法をメールマガジンで伝えている。

 

興味がある人は是非僕からの無料の情報を受け取って欲しい。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ