沖縄に拠点をおいて画家として生きていく事にした。


これまでキャンパスと絵具を持ち運びながら
4年間ほど世界中を巡り、画家として生きていく道を
追求して来たが、結局最後は沖縄に拠点を置く事にした。

 

もちろん海外での活動をやめるというわけではない。

基本的に海外のクライアントさんを中心に
活動しているので年末年始はハワイで
ライブペイントをしている。

 

ただのファンよりコアなファンをつくる

画家として生きていくなら
都会の大阪や東京を拠点におく方が効率的だと
思う人もいるだろうが、僕の活動方法では
あまり場所は関係ない。

 

いや、それはもちろん人が多く訪れる
都会の方が自分の事を知ってくれる比率も
大きく変わり、その分絵の収入も増える事は
間違いないのだが、別にお金を稼ぐ目的で
絵を描いているわけではない。

 

沖縄で画家として活動していても
十分家族を養える収入はあるので
これ以上を求める事もしない。

多くの人は画家になるなら
数万人の人に認められないと
生きていけないと思い込んでいるようだが、
実はそうではない。

 

コアなファンをたった1000人ほど
集める事ができればそれでも十分
画家として生きていく事ができる。

 

ただのファンではなく
「コアなファン」という所がポイントである。

 

ただのファンならある程度独創的な
作品を描けるなら誰にでもファンはつくだろう。

 

しかし、コアなファンというものは
ありきたりな活動をしていると
思っているほどファンがつくスピードが遅い。

 

コアなファンをつくる方法として簡単に説明すると
あなたの人生を含めて相手に伝えるという事である。

 

 

よく考えて欲しい。

 

 

どこの誰かもわからない人の作品より
身近な友人や昔から活動を見てきた人の絵の方が
魅力的に感じないだろうか?

 

もちろん出会いの最初は皆
他人に過ぎないのだが、そこから
交流を通して自分のこれまでの活動や
考え方や人間性を見てもらう事で
他人から知り合いにステップアップする。

 

 

そこからさらに自分という人間を
相手に伝える事で確実にその距離は縮まる事になる。

 

結局は人と人との繋がりが一番大切で
そこを無視して画家として生きていく事は
不可能に近い。

 

 

この話は奥が深く、この記事一つでは
語りつくせないので、もっと詳しく知りたい人は
沖縄に旅行がてらに僕に会いにきて欲しい。

 

沖縄に行くまで待てないと言う人は

こちらの記事を読んでみてこれからの

画家活動の知識として役立てて欲しい。

SNSで絵を売る人がよくする間違いと僕のお勧めの方法

オリオンビールでも飲みながら
楽しく話せたら僕も楽しいし、
これまでの世界での活動で
日本人が知らない話やこれからの
画家活動に一番効果的な方法も知っているので
あなたにとっても確実にプラスにできる自信もある。

 

まぁ本音を言うと飲みながら
いろんな人と話をしたいだけなのだが。笑

 

沖縄で活動しても人は会いに来る

沖縄で画家活動をスタートさせてから
すでに1〜2日でかなり多くの人が
わざわざ会いにきてくれた。

 

飲み過ぎて体を壊しそうになったので
これから抑えるようにしていこうと思うのだが、
毎日「◯◯日に沖縄に行くので会えますか?」
っと連絡がくる。

これは早く対策を練らないと僕の体が持たない。

 

っと言う事で飲みにいく人と
ランチをしながら話人をする人と
ビーチでゆったり絵を描きながら

話をする人に分けていこうと思う。

連絡はSNSのメッセージは量が多過ぎて
あまりチェックしないので
メルマガのメールアドレスかそこに
ラインのIDを記載しているので
そこから連絡していただければと思う。

Gmailが一番読む機会が多いので。

 

 

PS.

僕は都会が嫌いで近くに海や川や森などの
自然がないとストレスがたまり、いい作品を
描く事が出来ない。

 

自分が納得いかない作品を多くの人に見せても
自分自身が納得できないし、あまり楽しくない。

 

ワガママと言われるとそれまでだが、
一番リラックスできる環境で100%の力を
出して描いた作品をみてもらえる方が
僕自身も納得できるし、何より楽しい。

 

まだまだ僕の事を知らない日本の人も
いると思うが、これからは沖縄での
画家活動に力を入れながら年末はハワイ、
その後は沖縄で自分のギャラリー作って
個展や東京での個展をして少しずつ僕の作品を
日本で広めていこうと思う。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

メルマガ読者の声

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ