写真のように背景をボカす遠近法を使った絵を描いてみた


hutatunohimid

絵の描き方で遠近法を上手く

表現する事ができずに悩んでいる人は

多くいるのではないだろうか?

 

僕も専門学生の頃はまだ絵のスキルもなく、

素人以下のような絵しか描く事ができなかった。

 

それから二年間専門学校で

絵の勉強をして少しずつ上達していき、

自分の描き方というものを発見したが、

まだまだスキル不足で遠近法の

描き方だけは苦手だった。

 

ある時一眼レフのカメラを買い、

写真にハマる時期があったのだが、

一眼レフで撮れるようなバックの

ボカしを絵で表現できれば

奥行きのある絵を描けるのではないかと思い、

すぐに様々な種類の筆を買いそろえて

色々と描き方を試してみることにした。

 

 

一眼レフのように手前の岩に

ピントを合わせて描き、

後ろの木の根を少しボカす事で

僕だけの遠近感の描き方を発見した。

bhutatubokasu

hutatuback

バックをボカす手法を試したいがために

描き上げた作品がこのHUTATUNOHI

という作品だ。

hutatunohicom

まだまだこの頃は絵に安定感がなく

スキル不足でこの作品もそれほど

奥行きを感じないが、僕の中では

新しい手法を発見できた思い出の作品となっている。

 

その後、世界43ヶ国以上をキャンパスと

筆と絵の具を持ちながら絵の修行や

画家として生きる方法を

探す旅に出てから絵のスキルが

さらに身に付き今ではこの時より

さらに遠近感をだせるようになった。

 

絵は描けば描くほど上達する事ができる。

 

僕が絵を描き始めた頃は

左の写真のようなスキルしかなかったが、

3年間絵の描き方について猛勉強した結果、

右の作品を描けるまでに成長する事ができた。

siroutopro

スキルもないのに画家になると

言った時は僕をバカにする人もいたが、

今では日本に帰るとFacebookなどで

僕の活動を知ってくれている地元の友人が

僕の事を話してくれているようで、

口コミで会った事もない後輩や先輩から

声をかけられるようになったり絵の依頼も頂く事があった。

 

現在は個展を開くために

絵を描きためなければならないので、

原画は僕が決めた世界中にいる

5人のクライアントさんにしか

販売しないようにしている。

 

話はずれたが、とにかく

絵の上達がしたいなら様々な描き方を追求し、

自分にあった手法を発見する事で

個性あふれる絵を描けるようになる。

 

その一つが今回紹介した僕だけの遠近法の描き方なのだ。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ