個性的な自分だけの絵の描き方を発見した時の話


umikigame

この絵を描いた頃はまだ専門学生

でもうすぐ卒業なのに就職先もきまらず、

これからどう生きていけばいいのか

途方に暮れていた23歳の時に描いた作品だ。

 

画家にとって大事なのは

「個性」「自分だけの手法」だ。

 

これまで様々な手法を試したり、

筆を変えたりしてきたが、

自分だけにしか描く事のできない

手法を発見できた最初の絵でもある。

 

僕の描くべきものは

物心がつく頃から僕の頭の中にある。

 

それをどすればさらに鮮明に

描き移す事ができるのか様々な方法を

探していた。

 

たまに深い眠りにつくと

自分の頭の中の世界を飛び回る

夢を見る事が何度もあった。

 

 

その世界と当時なぜかウミガメを

描く事が好きだったのでその二つを

つなぎ合わせた結果この絵が生まれた。

 

 

まだまだ影のつけ方も遠近感も

スキルがたりないがタッチだけは今も

この手法で描き続けている。

 

タッチの描き方さえ発見できれば

後はひたすら練習あるのみ。

 

練習しないとスキルは自分のものにならない。

 

 

cyangokun

何度も何度も同じ手法で描く事によって

自分だけの個性がでてくるようになった。

 

最初の頃の絵と比べてみても

同一人物が描いたのかわからない。

 

スキルアップした今では

さらにリアルに描ける自信がある。

 

この頃から海外へ修行の旅へ

行く計画を漠然と立てていたが、

この頃はお金がなかったので

まず絵の就職をしてお金を貯めてから

旅にでようと思っていた。

 

しかし、そんなにうまくはいかない。

 

絵の職はそんなにないのだ。

 

この後、専門学校にいたライバル達も

絵の仕事につく夢を諦めていく事

になるが僕は諦める事ができなかった。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ