絵の仕事がしたい人が通ってきた道


専門学校で2年間絵の勉強をしたが卒業間近になっても

絵の仕事は中々見つからず、僕は焦り始めていた。

 

今思えばそれも当然で絵の就職なんてものは極端に少ないのだ。

 

今でこそ画家をしながら世界を43ヶ国以上旅してきて

ある程度画家として収入を得る方法もわかってきたが、

当時は「絵の就職ができない=絵の仕事はできない」

と大きな勘違いをしていた。

SONY DSC

絵の仕事なんてものはどこかの会社で絵の職につくより

自分で構築していく方が遥かに絵で生活できる可能性は高いのだ。

 

しかし、大前提に個性あふれる絵を描けるようにならなければ

どれだけ絵で頑張っても仕事は入ってこないという事がわかった。

 

誰かが描いたイラストや絵をそのまま上手く似せる事ができた所で

なんの個性も独創性も感じないし、誰も必要としない。

 

ましてやお金を出してまで買う人は少ないだろう。

 

 

当時の僕は絵のスキルが少しずつ芽生え始めた時期だったが

それでも絵の職につく事はできなかった。

 

 

いくつか会社の面接を受けたが面接官に今までやってきた事を

全否定されたり、僕の絵は使いにくいとまで言う会社もあった。

 

 

今思い返せばそれも当然で僕が描きたい絵を描いてるだけで

その会社のイメージとは合っていなかったのだ。

 

そんな事もわかっていなかった僕は上手くいかない人生に

少しずつ不安を感じ始めていった。

 

 

18歳の時に就職した会社で主任のパワハラにあい、

ストレスで額はボコボコになったあの時の鬱になる直前の

気持ちが少し蘇ってきた感覚があった。

 

 

このままではまた鬱状態の時の精神状態に戻ってしまう

と思った僕は沖縄へ人生計画の練り直しをする目的で

一人旅に出る事にした。

 

 

 

人生2度目の挫折だった。

 

 

 

一人で沖縄に行くと時間も普段の忙しい生活も忘れ、

本来の自分を取り戻す事ができる事は以前の

沖縄一人旅でわかっていた。

 

沖縄のとある島で海の前で夕日を眺めながら考えていた。

 

「就職というのはそんなに大事な事なのか?」

SANYO DIGITAL CAMERA

僕の人生計画の中で「絵の就職をする」というものがあったが、

それは18歳の頃に決めた何も知らない、

何のスキルも身につけていない時の僕が決めた計画であって

今まで就職する事にとらわれすぎていたのかもしれない

と思うようになっていった。

 

 

実際日本に住んでいると就職しない

社会不適合者は最悪というイメージが強い。

 

 

しかしそれは、

日本人のほとんどの人が就職する事が常識という

社会に洗脳された考えを持っているからだ。

 

 

自分のやりたい仕事は自分で構築していく方が確実に

楽しく仕事もできるしなおかつそれで十分な収入を得る事が

できれば何の問題もないはずだ。

 

僕はその事に気付きまず、これからの人生で

自分にとって必要な能力は何かを考えた結果、

仕事の取り方というものだった。

 

そしてそれから導きだした答えが僕の絵のサイトをつくり、

なおかつ生活する為に収入も必要だった為、

WEBデザイナーの仕事をする事を決意した。

 

 

大阪に帰ってすぐWEBデザインの仕事をしながら

サイトの作り方を学びなおかつグラフィックデザインの勉強も

できる会社を発見した。

 

 

そこで働きながらWEBデザインの勉強をしながら仕事の合間に

僕のサイトを仕上げていく事になる。

 

 

4ヶ月経つ頃にはZiNARTというサイトを完成させ、

グラフィックデザインの技術も見につける事ができた。

 

 

そしてグラフィックデザインの仕事を自分で構築し、

どうすれば収入を得る事ができるのかを勉強しながら

絵を描き続ける生活をする事になった。

 

 

これをどう絵の仕事と結びつけていくのかは

下の記事に書いていこうと思う。

 

画家になる様々な方法があるが,

僕の場合はこの方法で上手く起動にのったので

参考程度に見て欲しい。

 

第6話:僕の生きてきた道筋

グラフィックデザイナーから画家になった

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ