絵を描く時に下書きは必要?世界を旅する画家の描き方


seaturtl1

絵を描く時下書きを描いてから

絵の具で描いて行く場合と下書きをせずに

そのまま絵の具をのせていく場合があるが

僕は描く絵によって使い分けるようにしている。

 

 

 

どう使い分けているのか?

 

今回はその使い分けと理由を説明していこう。

 

下書きをしない時の理由

僕は基本的には下書きをせずに、

そのままキャンパスに絵の具を

のせる事が多いがこれは僕の中の世界を

頭ではなく手の感覚に任せて描き上げていきたいからだ。

 

下書きをしてしまうと、その線にそった絵

しか描けなくなるが、下書きなしだと

頭で考える事はせずに描く事ができる。

 

その時の筆の感覚や、

自然にできたラインから自分でも

驚くような絵が浮かび上がってくるのだ。

 

 

 

僕の頭の中にある世界とは違い、

自分が考えてもいなかった世界が

自然と浮かび上がってくる感じが好きで

下書きをしないで絵を描くのを楽しんでいる。

 

簡単に言えば自動で世界が浮かび上がってくるのだ。

 

下書きをする時の理由

これまで100以上の絵画を描いてきたが

どうしても筆が進まない時がある。

 

そんなどうしようもない時に

下書きをするようにしている。

 

 

 

上でも言った通り僕は筆をとると

自然と絵が浮かび上がってくる事があるが、

調子が悪い時はひたすら描いても

何も浮かび上がってこない。

 

そんな時は下書きをしてから絵の具で描いていくと

調子が上がっていき、下書きとは少し違う世界が

自然と浮かび上がってくるようになるのだ。

 

 

 

そしてもう一つの理由は絵の依頼を頂いた時。

 

 

 

なるべくクライアントさんの

要望にも応えるようにしているので、

そのイメージにあった下書きをしたり、

あるいはペットを入れて欲しいとの要望も

あったのでこの時は絵の具で描くよりも

下書きでそのペットに似せる作業に集中した。

 

 

ちなみに今は世界にいる5人の

クライアントさんにしか原画は販売しないようにしている。

 

下書きは人それぞれ描くスタイルによって決めるべき

下書きをしないからこそ独創的な絵が描ける

と言う画家もいるし、ちゃんと下書きをして

物の大きさや距離を頭の中に入れて描く画家

もいるので一概にどちらがいいとは言えないが、

ライブペイントなどをする人なら下書きは

しない方がインパクトがあるのでそこは

あなたの描くスタイルによって決めればいい事だと僕は思う。

 

 

ちなみに一番最初にのせた下書きの写真も

絵の具で上から描いている間に気がつけば

少し変わった世界観が誕生した。

seaturtlepaint

これは世界一周する以前に描いた

個展用の作品なのだが、今ではこの時以上に

描ける幅というものが広がり画家として

収入を得る方法も見つける事ができた。

 

 

 

もしもあなたが今絵の悩みがあるのなら

僕に相談して欲しい。

 

僕への連絡は下の無料登録ができる

メルマガを通してメールを送る事で

僕と直接連絡がとれるようにしている。

 

 

 

あとメルマガでは画家になる方法を紹介しており、

これから画家を目指す人にかなり有利な情報

伝えていく事も目的としているので興味のある人は

是非僕からの情報を受け取ってほしいと思う。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ