絵のインスピレーションの宝庫!旅と美術館はスランプをなくす!


イタリアの街はオシャレで美術館も

数多くあり、それは絵描きにとって

インスピレーションを与えてもらえる

特別な場所である。

 

もしも今、あなたが絵のスランプに

おちいっているのなら僕はまず

旅に出る事、そして美術館に行く事をお進める。

 

もちろん海外でなければならない

なんて事はない。

 

 

どこか行った事のない美術館なら

どこの国にもあるのでそこを重点的に

まわれば様々な事を感じとる事ができる。

 

 

なぜなら美術館では今まで見た事もない

アートの世界が広がっており、

そこから絵に意識的に繋げようとすれば

確実に何か見つかるはずである。

 

美術館でどのように考えるのか?

italy_isimosi

普通に美術館をめぐっても

「すごい!」「かっこいい!」

で終わってしまう。

 

それでは絵のスランプは抜け出せない。

 

 

 

僕の場合は上の写真の例で言うと

石の質感であったり、大昔に作られた

その表面の質感、そして光の当たり具合を見て

 

「これを絵に取り入れたらさらにおもしろい

 作品ができるのではないか?」

 

と言うように常に絵に関係させて考えるようにする。

 

僕は「世界」と「アート」の2つの種類の絵を

描いているが、特に「アート」を描く時は

壁を意識して描いている。

 

paint_japan1

なのでこのような壁版のデザインなどを

見ていて次の作品「アート」にどこか

いかせる所はないか?

と思いながらワクワクして観察しているのだ。

italy_kabeart

 

美術館で得る事ができるのは世界観の構築

italy_sekaiup

ここはイタリアのとある美術館。

 

街をブラブラ歩いていたら偶然発見したので

立ち寄ってみると何やら異様な展示物があった。

 

調べてみるとDORMIENTEとは「睡眠中の」と言う意味で

小さな美術館だったので英語での記載がなかったため

意味はわかならかったが、どうやら大昔ここで

奴隷が眠らされていたようだ。

italy_sekaihiki

このような世界観を描きたい絵描きなら

これを見て何か感じとる事が

できるのではないだろうか?

 

壁には何人もの神の絵が描かれている。

 

そしてその中心に眠る人。

 

ここから連想していき、後はあなたのタッチで

絵を描いてあなただけの世界観を構築するだけ。

 

抽象画を描く人の資料にもなる

italy_cyuusyouga

僕もこれから抽象画を描こうと思うのだが、

まだ描いた事がない人は一度美術館に行って

抽象画の元となるインスピレーションを美術館で

得る事をお勧めする。

 

僕はこのような作品も好きで

全てが残っていたない、未完成のような

作品にアートを感じる。

italy_cyuuryouga2

もしも、この作品を売っているのなら

購入にして僕のアトリエに飾っていたかもしれない。

 

しかし僕は画家。

 

この作品のようなものをキャンパスと絵具で

表現してみたい。

 

そのような想像をかき立ててくれるのが

美術館の良い所である。

 

イタリアの街にも絵の資料が沢山ある。

italy_usineko

美術館を出た僕はイタリアのミラノの街を

探検する事にした。

 

イタリアの街並を見ていても

そこら中にアートがあり、かなり良い

インスピレーションを得る事ができる。

 

日本の見慣れた風景を散歩するのとは

大きく違い、見た事もない建物やアートを

歩いているだけで見る事ができるのだ。

 

以前、沖縄で仲良くなったイタリア人の

カミッラから連絡があり、僕がミラノ最後の日

だったのでミラノを案内してくれると言う。

italy_kawasanpo

本当にオシャレな街だ。

 

この景色を見ていると僕は外国にいる!

と言う実感が湧いてくる。

 

カミッラがミラノで有名なアイス屋さんが

あると言うので一緒に行く事にした。

 

僕はアイスを食べると知覚過敏が刺激され

普段からアイスはたまにしか食べないように

していたのだが、このアイスはかなり美味しかった。

italy_camillaice

italy_ice

次は何年後にイタリアに来るのかは未定。

 

明日からローマへ電車で向かい、

一日観光してからフランス人の友人がいる

ベルギーへと飛行機で飛ぶ事にした。

 

最後の日なのでカミッラが

夕食を作ってくれると言う。

 

 

やはり旅で一番良い事と言えば人脈が広がる

と言う事ではないだろうか?

 

この人脈が絵の仕事にも繋がってきているのは

僕が経験してきた事から事実なのである。

 

 

カミッラの作る料理はどれも繊細で

さすがイタリアで育った事なだけはある。

italy_tmatodinner

italy_supagetti

僕はトマトが大好きなのだが、イタリアのトマトは

安くでかなり上質なものを購入する事ができる。

 

トマト料理をイタリア人に作らせたら

適うものはいないのではないかと思わせるほど

カミッラの料理は美味しかった。

 

出会いは絵の仕事を得る貴重な財産

旅をしてなければこのような出会いもなく、

ただ日本で絵を描いて人生をどう生きるか

悩みに悩んでいたかもしれない。

 

今もしあなたは絵で生きる事について

悩んでいるのならZiNARTメールマガジン

を読んで僕の生きてきた道筋をたどってきて欲しい。

 

そしてメルマの中では絵に関する悩みの

相談も受け付けているので気軽に

メールを送って欲しいと思う。

 

得に多かった悩み相談が

 

「これから絵を描いて生きていけるのか不安」

 

「絵の上達ができない」

 

と言うような内容が多かったのだが、

どちらも僕が解決できる事なので

もしも今現在、あなたがこの悩みを

持っているのならすぐに相談して欲しい。

 

下の無料登録フォームに登録すれば

すぐにメールが届くようになっている。

 

解除も簡単にできるので心配しなくても大丈夫。

 

僕はただの旅する画家で

怪しいものではない。笑


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ