画家になるにはそのプロセスを考えなければならない。


まさか僕が画家になって絵を描く事でこの現実世界にはない表現を産み出し、絵を見る人を魅了して、しかも世界中を旅をしながら何の不自由なく生きる事になるなんて幼い時代の僕の頭では想像もできなかった。

 

 

 

しかし、何か漠然と僕は普通ではない人生を歩むという確信というか予感のようなものは感じ取っていった。

 

 

 

小学校低学年の時に深い眠りにつく度に見た事もない世界を飛び回る夢を見ていたのだが、まさかこれが画家を目指すきっかけになるとは・・・

 

画家になるには何をすれば良いのか?

 

僕のこれまでの人生経験から導き出した結果を紹介しようと思う。

 

画家になるチャンスを逃す人

画家になるチャンスというのは今の日本では0と言っていいほど難しい事である。

 

 

なぜなら今の日本のアート業界は世界から見ればかなりの遅れをとっており、また、画家に対する関心も外国に比べるとかなり低い事がわかる。

 

 

海外では画家を支援する国からの補助などもあり、画家を職業として捉えているのでだが、日本で「私は画家だ」っと言ってしまえば貧乏というイメージしかない。

 

それほど日本では画家というものに対して保険もなければ国からの保証もない。

 

いわばギャンブルのような存在として扱われる。

 

 

しかし、僕からすればその考えは確実に間違っている。

 

 

 

なぜなら僕が画家として自由に生きていけている事実があるからである。

 

 

 

 

しかし、日本人で画家を目指す人の多くは間違えたプロセスを考えてしまうためいつまでも結果がでないのだ。

 

画家を目指したり、絵を描いて収入を得れるようになりたいと思う日本人の多くは、個展やグループ展などをして第3者からの仕事を待っているというプロセスを考えてしまう。

 

 

そんな可能性の低い事をするよりも自分で絵の仕事が舞い込んでくるような仕組みを作ってしまった方が早いと言うのに・・・

 

 

 

しかし・・・

 

 

「私にはそんな事できない」

っという強烈な思い込みにより、
それを考える事すらできない人が多い。

 

 

これでチャンスを1度潰してしまっている事に気づいていないのだ。

 

 

 

「私にはそんな事できない」

と思うほとんどの人はとりあえず実行してみるという考えがない。

 

 

 

そして今ままで大くの画家を目指す人が通ってきた王道の「個展を開いて一発逆転」っという無謀な道を歩む人の方が多い。

 

結局会社で働きながら休みの日に絵を描く日々が続いてしまい、最終的に諦めるという選択をしてしまう事は僕のこれまで出会ってきた人の統計をとっても証明されている事実でもある。

 

チャンスをつかむ瞬間

画家になるためにはそのプロセスを考える必要がある。

 

そのプロセスというのは大きく見て説明すると

 

1:画力の上達。

 

2:知識と情報を得る

 

3:実行する

 

っという事になる。

 

 

画力の上達は当たり前であるが、

その次の知識と情報とはいったいどのようのうな事なのか?

 

 

それは色んな知識を利用してあなたらしい生き方ができる方法を探し求め、学んで知識を蓄えるという事である。

 

 

そのプロセスを一つ一つ僕がどのようにして手にいれたのかをここで話しておこう。

 

絵の上達のチャンスを逃すな

僕の場合、本当に絵が下手だった。

 

それはこちらの記事の絵を見てもらえればわかると思う。

 

《関連記事》

絵が下手だった僕がプロの画家になるまでの全てを公開

 

 

 

しかし、画家になるための第一ステップとしてここは絶対にうやむやにできない所だったので

 

「どうすれば上手くなるのか?」

 

そのプロセスを必死に考えた結果、今のような誰にも描けない作品を描く事がでいるようになった。

 

 

 

先日、カメラマンの友人が話していたのだが、イイ写真を撮るチャンスは2度くると言う。

 

 

写真家の才能というものは何も素晴らしい写真をとる事だけではない。

 

常にカメラを持ち歩いていると言う事も立派な才能の一つだと彼は言う。

 

シャッターチャンスが現れた時にカメラを持っているかどうかが重要になってくる。

 

 

そしてチャンスを逃した時に
「しまった!」っと思える事が重要なのだ。

 

 

「同じようなチャンスが来たら絶対に次は逃さないぞ!」っと思わなければならない。

 

 

 

この考え方は絵の世界でも一緒である。

 

 

 

いいアイデアや構想ができた時にスケッチブックがなければ終わってしまう。

 

 

しかし、

「このミスはもう2度としない」と思う事が大切で、その過去の経験がこれからやってくるチャンスに対して常に心の準備をする事が重要なのである。

 

 

 

これまでの下準備と経験があったからこそ旅に出て絶景を見た時も「あの岩山ならあの筆であの色を使って描ける」っという自信に繋がり、実際に描けるようになるのである。

 

画家として生きていくチャンスを与える。

画家になる事は今の日本にいては難しいと判断し、海外で勝負する事にした。

 

もちろん海外なんて韓国くらいしか行った事がなかったが、そのプロセスを探し求めるために旅にでたのだ。

 

ほとんどの人はここで

 

「何も得るものがなかったどうしよう」

 

「旅にでて絵で生きる方法なんて見るかるの?」

 

っというような考えを持つようだが、目的を持って旅に出れば必ずその先の道がみえてくるものである。

 

 

 

一見「その活動に意味があるのか?」っというような事でも実際、僕は絵とは関係なさそうなそれらの経験も絵の仕事と繋げる事ができるようになった。

 

 

 

例えば
異国の地でバスにおいてけぼりにされた経験や強盗にあった経験、弟の死ですらも絵の仕事に繋げる事ができる。

 

 

 

どう繋げるのかはここで話すと長くなってしまうのでZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

 

 

僕は読書が趣味なのだが、酒井雄哉さんと言う人が描いた本を読んでやはり生きていく中で無意味な事はないのだなと実感する話があった。

 

酒井さんは戦後仕事に行き詰まり東京の街を毎日、何の目的もなく歩き回ったそうだ。

 

 

まわりの皆には「そんな事しても意味がない!」っとバカにされていたようだが、その後40歳になった時に仏教徒になり、それから千日回峰行という地獄のような修行に挑んだ。

 

 

千日回峰行というのは7年間で地球1週分を山の中を巡拝を続ける荒行の事を言う。

 

 

しかも、酒井さんはそれを2度も行ってとうとう大阿闍梨という得の高い高僧になってしまった。

 

 

 

酒井さんはその後に

 

「無駄なことなどひとつもない」

 

っという本を書いており、どんな逆境も大仕事の前の仕事であると話している。

 

 

いつか役立つその日のためにどんなこでも準備や予習になるという事である。

 

 

 

 

まさに僕のやってきた準備や予習は知らず知らずの内に今まで生きてきた人生のプロセスの中に組み込まれていたのだ。

 

 

 

そしてこれは誰の人生にも起こっている事である。

 

今まで画家になる事とは関係なさそうな事でも実は画家になるための重要な要素だという事に気づかなければならない。

 

 

 

それを知らずに利用しないのはかなりもったいない事をしている。

 

日本で画家になる方法を伝えている。

最後は実行に移すという事だが、ここをせずに常識的な画家活動、つまり個展やグループ展で会社に拾われて一発逆転を狙う人が多すぎる。

 

 

それで満足するのならそれでいいのだが、満足する結果を得る事ができない人達が僕の所に相談にくるようになった。

 

 

 

僕は今までの旅の経験を活かし、日本でも画家として活動できる方法を伝える活動をしている。

 

 

日本で画家になるチャンスを与えているのだ。

 

 

が・・・

 

 

このチャンスはそう長くは続かない。

 

 

 

なぜなら・・・

 

僕はいつまでも人に教える活動をしようとは思わないからだ。

 

 

 

 

僕は旅する画家。

 

 

自由を愛する画家である。

 

 

 

大勢の人にものを教えるというのはかなり体力を使ってしまい、絵を描く時間も削られてしまう。

 

 

 

なのである程度画家として生活できる人が増えてしまえばこの活動は2度としない。

 

 

僕は1度目のチャンスをあなたに与えた。

 

 

そしてこの場合2度目のチャンスは知識と情報という形でZiNARTメールマガジンの中で与えている。

 

 

 

絵の上達をして知識を積んで、実行するのかはあたな次第。

 

 

 

もちろん今まで通りの活動をしたいというのならそれはそれで良いと思うが、あまり期待はできないという事実をお伝えしておこう。

 

 

それに海外のアートスクールでは学ぶ事が常識的となっているセルフプロモーションの重要性も知らないのではないだろうか?

 

 

知らないと損をする事がある。

 

 

情報と知識は画力以上の武器になる事も知らないのでは?

 

 

もしも画家として生きる覚悟があるのならその情報と知識をZiNARTメールマガジンであなたにお伝えしようと思う。

 

 

登録は無料、解除も1秒でできるので気にいらなければ今まで通りの活動をすればいいだけ。

 

 

 

情報と知識は画家にとって最強の武器になる。

 

 

そこに気付くか気づけないかはあなた次第なのだ。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ