画家になるにはそのプロセスを考えなければならない。

まさか僕が画家になって絵を描く事でこの現実世界にはない表現を産み出し、絵を見る人を魅了して、しかも世界中を旅をしながら何の不自由なく生きる事になるなんて幼い時代の僕の頭では想像もできなかった。

 

 

 

しかし、何か漠然と僕は普通ではない人生を歩むという確信というか予感のようなものは感じ取っていった。

 

 

 

小学校低学年の時に深い眠りにつく度に見た事もない世界を飛び回る夢を見ていたのだが、まさかこれが画家を目指すきっかけになるとは・・・

 

画家になるには何をすれば良いのか?

 

僕のこれまでの人生経験から導き出した結果を紹介しようと思う。

 

画家になるチャンスを逃す人

画家になるチャンスというのは今の日本では0と言っていいほど難しい事である。

 

 

なぜなら今の日本のアート業界は世界から見ればかなりの遅れをとっており、また、画家に対する関心も外国に比べるとかなり低い事がわかる。

 

 

海外では画家を支援する国からの補助などもあり、画家を職業として捉えているのでだが、日本で「私は画家だ」っと言ってしまえば貧乏というイメージしかない。

 

それほど日本では画家というものに対して保険もなければ国からの保証もない。

 

いわばギャンブルのような存在として扱われる。

 

 

しかし、僕からすればその考えは確実に間違っている。

 

 

 

なぜなら僕が画家として自由に生きていけている事実があるからである。

 

 

 

 

しかし、日本人で画家を目指す人の多くは間違えたプロセスを考えてしまうためいつまでも結果がでないのだ。

 

画家を目指したり、絵を描いて収入を得れるようになりたいと思う日本人の多くは、個展やグループ展などをして第3者からの仕事を待っているというプロセスを考えてしまう。

 

 

そんな可能性の低い事をするよりも自分で絵の仕事が舞い込んでくるような仕組みを作ってしまった方が早いと言うのに・・・

 

 

 

しかし・・・

 

 

「私にはそんな事できない」

っという強烈な思い込みにより、
それを考える事すらできない人が多い。

 

 

これでチャンスを1度潰してしまっている事に気づいていないのだ。

 

 

 

「私にはそんな事できない」

と思うほとんどの人はとりあえず実行してみるという考えがない。

 

 

 

そして今ままで大くの画家を目指す人が通ってきた王道の「個展を開いて一発逆転」っという無謀な道を歩む人の方が多い。

 

結局会社で働きながら休みの日に絵を描く日々が続いてしまい、最終的に諦めるという選択をしてしまう事は僕のこれまで出会ってきた人の統計をとっても証明されている事実でもある。

 

チャンスをつかむ瞬間

画家になるためにはそのプロセスを考える必要がある。

 

そのプロセスというのは大きく見て説明すると

 

1:画力の上達。

 

2:知識と情報を得る

 

3:実行する

 

っという事になる。

 

 

画力の上達は当たり前であるが、

その次の知識と情報とはいったいどのようのうな事なのか?

 

 

それは色んな知識を利用してあなたらしい生き方ができる方法を探し求め、学んで知識を蓄えるという事である。

 

 

そのプロセスを一つ一つ僕がどのようにして手にいれたのかをここで話しておこう。

 

絵の上達のチャンスを逃すな

僕の場合、本当に絵が下手だった。

 

それはこちらの記事の絵を見てもらえればわかると思う。

 

《関連記事》

絵が下手だった僕がプロの画家になるまでの全てを公開

 

 

 

しかし、画家になるための第一ステップとしてここは絶対にうやむやにできない所だったので

 

「どうすれば上手くなるのか?」

 

そのプロセスを必死に考えた結果、今のような誰にも描けない作品を描く事がでいるようになった。

 

 

 

先日、カメラマンの友人が話していたのだが、イイ写真を撮るチャンスは2度くると言う。

 

 

写真家の才能というものは何も素晴らしい写真をとる事だけではない。

 

常にカメラを持ち歩いていると言う事も立派な才能の一つだと彼は言う。

 

シャッターチャンスが現れた時にカメラを持っているかどうかが重要になってくる。

 

 

そしてチャンスを逃した時に
「しまった!」っと思える事が重要なのだ。

 

 

「同じようなチャンスが来たら絶対に次は逃さないぞ!」っと思わなければならない。

 

 

 

この考え方は絵の世界でも一緒である。

 

 

 

いいアイデアや構想ができた時にスケッチブックがなければ終わってしまう。

 

 

しかし、

「このミスはもう2度としない」と思う事が大切で、その過去の経験がこれからやってくるチャンスに対して常に心の準備をする事が重要なのである。

 

 

 

これまでの下準備と経験があったからこそ旅に出て絶景を見た時も「あの岩山ならあの筆であの色を使って描ける」っという自信に繋がり、実際に描けるようになるのである。

 

画家として生きていくチャンスを与える。

画家になる事は今の日本にいては難しいと判断し、海外で勝負する事にした。

 

もちろん海外なんて韓国くらいしか行った事がなかったが、そのプロセスを探し求めるために旅にでたのだ。

 

ほとんどの人はここで

 

「何も得るものがなかったどうしよう」

 

「旅にでて絵で生きる方法なんて見るかるの?」

 

っというような考えを持つようだが、目的を持って旅に出れば必ずその先の道がみえてくるものである。

 

 

 

一見「その活動に意味があるのか?」っというような事でも実際、僕は絵とは関係なさそうなそれらの経験も絵の仕事と繋げる事ができるようになった。

 

 

 

例えば
異国の地でバスにおいてけぼりにされた経験や強盗にあった経験、弟の死ですらも絵の仕事に繋げる事ができる。

 

 

 

どう繋げるのかはここで話すと長くなってしまうのでZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

 

 

僕は読書が趣味なのだが、酒井雄哉さんと言う人が描いた本を読んでやはり生きていく中で無意味な事はないのだなと実感する話があった。

 

酒井さんは戦後仕事に行き詰まり東京の街を毎日、何の目的もなく歩き回ったそうだ。

 

 

まわりの皆には「そんな事しても意味がない!」っとバカにされていたようだが、その後40歳になった時に仏教徒になり、それから千日回峰行という地獄のような修行に挑んだ。

 

 

千日回峰行というのは7年間で地球1週分を山の中を巡拝を続ける荒行の事を言う。

 

 

しかも、酒井さんはそれを2度も行ってとうとう大阿闍梨という得の高い高僧になってしまった。

 

 

 

酒井さんはその後に

 

「無駄なことなどひとつもない」

 

っという本を書いており、どんな逆境も大仕事の前の仕事であると話している。

 

 

いつか役立つその日のためにどんなこでも準備や予習になるという事である。

 

 

 

 

まさに僕のやってきた準備や予習は知らず知らずの内に今まで生きてきた人生のプロセスの中に組み込まれていたのだ。

 

 

 

そしてこれは誰の人生にも起こっている事である。

 

今まで画家になる事とは関係なさそうな事でも実は画家になるための重要な要素だという事に気づかなければならない。

 

 

 

それを知らずに利用しないのはかなりもったいない事をしている。

 

日本で画家になる方法を伝えている。

最後は実行に移すという事だが、ここをせずに常識的な画家活動、つまり個展やグループ展で会社に拾われて一発逆転を狙う人が多すぎる。

 

 

それで満足するのならそれでいいのだが、満足する結果を得る事ができない人達が僕の所に相談にくるようになった。

 

 

 

僕は今までの旅の経験を活かし、日本でも画家として活動できる方法を伝える活動をしている。

 

 

日本で画家になるチャンスを与えているのだ。

 

 

が・・・

 

 

このチャンスはそう長くは続かない。

 

 

 

なぜなら・・・

 

僕はいつまでも人に教える活動をしようとは思わないからだ。

 

 

 

 

僕は旅する画家。

 

 

自由を愛する画家である。

 

 

 

大勢の人にものを教えるというのはかなり体力を使ってしまい、絵を描く時間も削られてしまう。

 

 

 

なのである程度画家として生活できる人が増えてしまえばこの活動は2度としない。

 

 

僕は1度目のチャンスをあなたに与えた。

 

 

そしてこの場合2度目のチャンスは知識と情報という形でZiNARTメールマガジンの中で与えている。

 

 

 

絵の上達をして知識を積んで、実行するのかはあたな次第。

 

 

 

もちろん今まで通りの活動をしたいというのならそれはそれで良いと思うが、あまり期待はできないという事実をお伝えしておこう。

 

 

それに海外のアートスクールでは学ぶ事が常識的となっているセルフプロモーションの重要性も知らないのではないだろうか?

 

 

知らないと損をする事がある。

 

 

情報と知識は画力以上の武器になる事も知らないのでは?

 

 

もしも画家として生きる覚悟があるのならその情報と知識をZiNARTメールマガジンであなたにお伝えしようと思う。

 

 

登録は無料、解除も1秒でできるので気にいらなければ今まで通りの活動をすればいいだけ。

 

 

 

情報と知識は画家にとって最強の武器になる。

 

 

そこに気付くか気づけないかはあなた次第なのだ。

 


タグ:

カテゴリ:画家になる 

日本で画家になるには5つの情報を知っておく必要がある。

DSC_0459

不況が続く日本で画家になるには大きな壁があり、

難しいと言われ続けている

僕はそう思った事はない。

 

 

画家になるための効率のいい方法を知ってしまってからネット上で画家になるのは難しいと言っている何の情報も持たない無知な人に真っ向から反論できる自信もある。

 

 

もちろん画家になるには

あなただけしか描く事ができない独創的で絵を見ただけで何かを感じ取れるような作品を描けるようになる必要はある。

 

 

適当な絵を描いて画家になれるほどあまい世界ではない。

 

 

しかしそのスキルさえ手にいれ、

後はあなたの絵や情報を発信する

一番効率のいい方法を使えば

画家になる事は十分に可能だ。

 

 

画家になるためには

何をしていけばいいのか?

 

どうすれば画家になる事ができるのか?

 

今回は画家になるために必要な5つの情報を公開する。

 

第一に必要なもの

mevius

冒頭で言った通りあなたからしか生まれない独創的な絵やメッセージを込められた絵を描けるようにならなければならない。

 

 

具体的に言うと独創的な絵を描けるようになるには様々な手法や道具などを使い、どうすれば自分だけのスタイルを築き上げる事ができるのかを考えながら描く事だ。

 

 

 

もしくは他の人の絵から、

あなたの絵のスタイルに取り入れたい箇所を盗み、それをあなただけの描き方で表現してみたり、見た事もないものを見て脳に刺激を与え、新しいインスピレーションを受ける事で少しずつあなただけのスタイルを生み出す事ができる。

 

 

 

そしてこれは少し特殊な方法だが、もうすでに独創的な絵を描く事ができる人の描き方を全て真似し、それプラスあなただけの描き方を絵の中に描き込んでいく事ができれば、それはあなただけのスタイルに変化するだろう。

 

 

とにかく日本でも海外でも画家になるには絵を見ただけであなたの絵だと判断でき、なおかつ独創的な作品を描き上げるようになる必要がある。

 

 

僕からすればあなたをその位置まで引っ張り上げる事は簡単だ。

 

 

本気で絵を学びたい人に僕の絵の描き方の手法を細かく伝えていけば僕のタッチで絵を描けるようになる。

 

それからあなたの個性をそこにたせば日本で画家になる

第一歩をふむ事ができる。

 

継続できないのなら画家にはなれない

imagin_gaka

一番難しいのが精神力の維持だ。

 

絵を描いて生きて行こうとすると様々な壁やあなたの生き方を否定したり足をひっぱろうとする人が必ず現れる。

 

そんな人達の言葉をいちいち気にしていては精神的にもネガティブな思考になってしまい、絵の上達にも悪影響を与える結果となる。

 

 

断っておくが画家になるのは簡単と言う話ではない。

 

 

強い情熱を持ち、ブレる事のない強い心を持って絵を描き続けなければ画家になる途中で挫折してしまうのだ。

 

実際日本では画家になるのは難しいと言われただけで画家になる事をやめてしまう人は山のようにいる。

 

 

人の可能性を根本からつぶしてしまう言葉をあなたの情熱や自信で跳ね返せるほどの精神力が必要なのだ。

 

 

海外より圧倒的に画家が少ないのは日本での画家の地位が低い事や、経歴を気にする日本人の特性、

 

そしてネガティブ思考の人が言う言葉を真に受けて行動すら出来なかった人や、

 

あるいは行動したが、

ネガティブな言葉を受けてしまい、その行動にブレが生じてしまったからなのではないかと旅の中で感じる事ができた。

 

経歴は必要なのか?

newspaper

日本人は経歴を気にする文化がある。

 

学歴社会なんて言葉が生まれたのはそのためだ。

 

 

どこの美大をでたのか?

 

どこの公募展で賞をとったのか?

 

など、あなたの経歴を気にする事が当たり前になっている。

 

 

経歴はあなたの武器の一つになるのは確かだ。

 

 

しかし海外で画家として活動していく中でもう一つ

日本人も外国人も気にする事がある。

 

 

それは

どんなインパクトのある活動をしてきたか?

と言う事だ。

 

 

僕の知り合いの絵を描く仕事をしている人も海外で個展をしたり、学校でパフォーマンスしたりと活動の幅を広げている。

 

 

 

僕の場合だと世界43ヶ国以上を旅しながら絵の依頼や

パフォーマンスをして活動の幅を広げてきた。

 

英語を話せない日本人は外国人と接する事に恐怖を感じる人が多いため、このように海外で活動する日本人の事を凄いと感じるようであり、なおかつ学歴や受賞歴並みのインパクトを持つため僕は海外で一度活動してみる事をお勧めしている。

 

絵にどんな意思をこめて描くのか?

zinworld

何の感情もなしに絵を描いても何も伝わらない。

 

そうようなスタイルを突き通していく強い気持ちがあるのなら新しい絵のジャンルとしてはいいのではないかと思うが、やはり僕が思うに絵とは、あなたの感情や思い描いているものをキャンパスの上で表現する事でその存在感圧倒的なインパクトを生み出せるのではないかと考える。

 

 

 

何を伝えたいのか?

 

どういった経緯で絵を描いたのか?

 

何を表現しているのか?

 

 

芸術は奥が深く、その説明があるだけでその絵をさらに興味深く見れるようになるのだ。

 

 

僕は小学校低学年の頃から深い眠りについた時、

見た事もない世界を飛んでいた。

 

他人に言ってもしょせんは夢の話だったのであまり人に言う事もなくなっていった。

 

 

しかしあまりにもリアルな感覚で夢を見るので、この世界を表現するには絵を描くしかないと思うようになり画家になる決意をした。

 

僕には頭の中の世界を表現する使命があり、200年後、300年後の未来に向けたメッセージを絵に込めている。

 

 

その他にも僕だけのアートを描く時や、現在の感情をキャンパスにぶつけた抽象画を描く時もあるが、どの作品にも僕の意思を込めて描いている。

 

効率のいい活動の広め方と作品の見せ方

byronbaylivepaint1

僕は世界43ヶ国以上を旅しながら画家として活動してきた。

 

基本的にライブペイントで外国人とコミュニケーションをとったり

絵の依頼をうけて収入を得ているが、海外に出る事に臆病になってしまっている日本人はどうすればいいのか?

 

 

日本で画家になるには最終的に絵の見せ方や、自分の活動を広める事が必要になってくるが、ここでつまずく人が後を絶たない。

 

 

 

なぜつまずくのだろうか?

 

 

 

それは効果的に人に見せる方法や

効率のいい活動の仕方を知らないからだ。

 

 

 

もしもあなたがその情報を知っていれば普通の人よりはるかに早いスピードで多くの人に作品を見てもらえるようになるだろう。

 

しかしその情報を調べても見つかる事はない。

 

なぜならこれは僕が考えついた方法であるからだ。

 

 

 

僕のこの方法は時間はかかるが

確実に多くの人に作品や活動を伝える事ができる。

 

しかしこの方法は本当に画家になりたい

意思の強い人に伝えるようにしている。

 

 

中途半端な志を持った人に

伝えたとしても継続できるわけではない。

 

もし途中で諦めてしまえば

最初から何もしていなかった結果と変わりないからだ。

 

 

諦める人は最初から諦めるし、

中途半端な決意で始めてもまわりのネガティブな考え方を持った人たちに気持ちを揺さぶられ、やはり諦めてしまうのだ。

 

これは僕にとってもあまりいい気持ちはしない。

 

僕が教えて成功した画家さん達と会う企画

日本で画家を目指す人はかなり高い確率で諦めてしまう世の中ではあるが、僕の周りは違う。

 

僕の教える事を忠実に守りながらも自分のスタイルとして変化させていった人で画家として成功する人も増えて来たからだ。

 

たまに東京や大阪でその成功した画家さん達と飲みにいく事があるが、皆本当に最初は苦労したが継続して続けた結果、今があるのである。

ちなみにこれはベロベロ飲み会相談会という企画で

たまに東京と大阪で飲み会を開いて

(もちろん飲めなくても参加可能)

僕や成功した人からこれから画家としての仕事を安定させようと頑張っている人に対して良い情報やいいアイデアを与える企画である。

旅の楽しい話や危険だった話など

絵とは関係ない話なども沢山してかなり楽しかった。

この飲み会はメルマガを読んで僕の事をよくわかってくれる人しか参加できない仕組みにしている。

(僕はすぐに諦めたり出来ない事を人のせいにする弱くて面倒な人間は苦手なので)

 

結局、継続して学ぶ事ができる人しか成功できないので、そのような人だけと繋がるためにメルマガ限定という形をとっている。

 

興味があれば参加してみてほしい。

 

旅する画家のまとめ

この日本に多くのアーティストが誕生し、熱い気持ちを持った人と一緒に活動しながら切磋琢磨して僕もさらに成長したいと願っている。

 

 

ここでは伝える事ができなかった

絵の見せ方や、その他にも

僕の絵のタッチの描き方

絵の上達の仕方・・・

 

これは僕の絵画教室の中でお伝えしていこう。

 

具体的にどのような作品を

描けるようになるのか?

 

それはこちらの作品。

このタッチでこの世界を確実に描けるようにお伝えしている。

 

ちなみに以前の絵画教室を受講してくれた生徒さんが動画を送ってきてきれた。

まだ途中ではあるがこの生徒さんは絵を描いた事がない全くのど素人から描き始めた。

 

ここまで描けるようになるには

僕が適切にお伝えするしか方法がない。

 

あと他の生徒さんの作品の一部は

アクリル絵具の使い方で100%上達する!

っという記事で紹介しているので

気になる人は是非見ておいてほしい。

 

 

 

 

その他にもここからしか発信されない秘密の情報・・・

 

日本で画家になる方法を伝えていく。

 

今の日本で画家になれない原因の一つがセルフプロモーションを学ぶ場所がないという事である。

 

セルフプロモーションとは

どのようにして自分を世にだしていくのか?

 

簡単に言えばプロデュースのようなもの。

 

アメリカやヨーロッパでは

このセルフプロモーションを学ぶ環境が整っているため、無名の画家でも絵で収入を得る人が数多く存在する。

 

この画家のセルフプロモーションを学ぶ事ができる場所は日本ではこのメルマガからしか発信されないであろう。

 

 

 

 

そして他にもこのブログでは明かす事ができない様々な情報をZiNARTメールマガジンの仲間だけに伝えるようにしている。

 

登録は無料なので興味がある人はどうぞ。

 

あと、

画家になるにはどうすればいいのか?

 

と言った相談も受け付けているので気軽にメールを送ってもらえれば僕も嬉しい。

 

解除もいつでもできるのでご安心を。

 

画家になる意思がブレない自信があるのならZiNARTメンバーの仲間として一緒に高みを目指したい。


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

画家になるには成功した人から3つの考え方を学び行動に移す事が重要

画家の仕事をしながら世界中を

旅してきた中で数多くの富裕層や

夢を叶えた人やビジネスに

成功した人と出会ってきた。

 

彼らはなぜ成功者となる事ができたのだろう?

 

彼らと話をするうちに

ある3つの共通点を見つける事ができた。

 

 

 

そして僕もその考えと同じように行動してきた結果、日本にいては確実に知る事の出来なかった情報やスキルを身につけ、旅をしながら絵を描き、社会に縛られない自由な暮らしができる方法を発見する事ができた。

 

成功するには成功者の真似をする事が一番早いと言う事は昔から言われているが、

何を真似すればいいのか?

 

 

 

今回はその事についてまとめてみた。

 

困難は承知の上

14520312146_f82d38f761

普通の人は快適な場所で楽に過ごす事を好む事が多いが夢を叶えた人やビジネスで成功を収めた人は必ず困難な道とわかっていながらもその道へ進もうとする。

 

 

逆に言えば、

困難なくして成功はありえい

と言う事を知っているのだ。

 

 

 

夢を持った人やこれから何かで成功したいと思っている人でもその第一歩すら踏むことができない人が多いが、それはこの先に必ず遭遇する困難や大きな壁を想像して足がすくむからではないだろうか?

 

 

 

しかし想像するだけでは何も進まない。

 

 

 

成功者はこの第一歩を踏むとき困難や壁が現れる事も理解した上で行動する決断を下している。

 

日本で画家になるのは難しいと言われているが画家として

成功した人の中で壁が現れなかった人はいないと言っていいだろう。

 

 

 

もしも本気で画家になりたいのならこれから現れるいくつもの壁を超える事を前提として活動をしていかなければならない。

 

目標を高く持ちそれに向けて何が必要か考え行動する

IMG_4986

成功者や夢を叶えた人は必ず高い目標を持ち、自分に何のスキルが不足しているのかをよく考え、それに向けて行動に移す。

 

成功できない人は高い目標を立てたとしても想像しただけで無理だと諦めてしまうようだ。

 

行動に移してしまえば何とかなったと言う人を僕は何人もみてきたが、その逆に思い込みの恐怖から行動に移せないままの人も何人もみてきた。

 

 

 

 

僕のまわりの知り合いもビジネスを勉強して会社を立てると言ったり、僕が海外へ出たのをきっかけに僕と同じように絵を描きながら海外で活動すると言っていたが彼らは未だに行動には移していない。

 

 

上で話したように彼らは

その第一歩さえ踏む事ができなかったのだ。

 

 

 

 

結果的に今も数年前と同じような事を繰り返しており、

僕が日本に一時帰国した時になぜ行動に移さないのか質問すると

彼女は英語が話せないから・・・と答えた。

 

 

 

僕も旅を始めた時は全く話す事ができなかった。

 

 

 

成功できない人は行動しなかった事を正当な理由をつけてできなかったと判断するのではないだろうか?

 

 

 

成功者ならすぐに行動に移すため、このような事すら考えなかっただろう。

 

成功したいのなら目標を高く持ち、それに向けて行動しなければならない。

 

スタートラインは皆同じで後はどう行動するかなのだ。

 

成功者はお金の使い所を知っている。

26534567153_ec172f4c78

普通の人は食事や衣服、あるいは車などにお金を使っているが、成功者はまず自分が学ぶ事への投資をしている。

 

 

 

ビジネスに成功している人は

そのビジネスに必要なスキルを

身につける事への投資をし、

スキルがついた上で行動に移していくようだ。

 

ブラジルで旅行会社を経営しながら世界中を旅行している夫婦と出会い、彼らと話している時にこんな話をしてくれた。

 

 

 

学びなしにビジネスは成功しない。

 

 

 

行き当たりばったりで初めたとしても壁が現れた時に対処する方法を知らなければ結局は挫折してしまう。

 

だから彼らは旅をして現地の状況を直接肌で感じるようにしているのだった。

 

 

 

画家なりたかった僕の場合を例にすると、まず

 

絵を学ぶために専門学校への投資。

 

 

 

ここでは素人以下の絵しか描けなかったが、人に見てもらえるほどままでに成長し、その他にも僕の画家人生に必要な様々な事も学ぶ事ができた。

 

 

 

そしてオーストラリアへ絵の修行の旅への投資。

 

 

 

ここで僕は絵のスキルアップや英語、そして海外でどうすればお金を稼ぐ事ができるのか?など様々な事を学ぶ事ができた。

 

 

 

次に世界各国へ画家として生きる方法を探す旅への投資。

 

 

 

この旅では今までせまい世界で生きてきた実感と多くのインスピレーションを受けたり、数多くの友人やクライアントさんと出会う事ができた。

 

この投資があったからこそ今の自分が構築されている。

 

まとめ

画家になるにしろ、何か他の夢を叶えるにしろ夢を叶え、成功した人は皆必ずと言っていいほどこれらの考え方を持っている。

 

この考えさえ持つ事ができれば誰でも成功者への第一歩を踏み出す事ができる。

 

僕のおすすめは決めた事を10秒以内に行動に移すと言う事だ。

 

行動できないのは最初の一歩だけで一番動きずらい始めの一歩を進んでしまえば後は楽に行動する事ができるのだ。

 

 

僕は画家の仕事をしているが、

それ以外にも画家になりたい人に

道を作ってあげる仕事もしている。

 

 

その道は継続する事ができれば

誰でも成功するのだが、以外と継続すると言う事は難しいようだ。

 

 

 

しかし画家になりたいのなら

継続する以外に方法はない。

 

僕はその人達が迷わないよう道を指し示している。

 

画家になる道に興味があるのなら

無料で登録できるZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

その道じゃないと思ったならすぐ解除もできるので

一度画家への道へと足を踏み入れてみてはどうだろうか?


タグ:

カテゴリ:画家になる 

画家になるには何が必要か?日本人の知らない方法とは?

「画家になる!絵で生きていきたい!」

という夢を追いかけている人は日本には多く存在する。

 

絵の仕事がしたくて美大や芸大に入る人が多い昨今、
困難な道のりのため、その夢を諦める人がほとんどで
ほんの一握りの人しか画家になる事ができないでいる。

 

僕はそんな人達に言っておきたい事がある。

 

「画家になるには情熱をいかに持ち続ける事ができるか」
と言う事である。

 

画家とは具体的にどうなれば画家なのか?

byronbay_gakakatudou1113

僕が思うにどんな状況でもどんなに

絵が売れなくても描くことが好きで

何十年たっても自分のスタイルを
貫き通せる人の事を本物の画家と言うのではないだろうか?

 

しかし収入がなくては生活も出来ないので

多くの人は仕事をしながら画家を副業として

休みの日に製作にとりかかっている。

 

そしてそんな生活に嫌気がさして

諦めてしまう人がほとんどなのだ。

 

日本と海外の画家に対する考え方の違い

mexico_minapaint

僕はこの日本の画家に対する考え方はあまり
好きではない。

 

 

 

海外では学歴や経歴より人を見る事を第一として
考えているため個性をもった人々が埋もれずに
生き残れる社会がなりたっているように感じる。

 

 

 

しかし日本では美大や芸大卒、公募展の受賞歴など、
肩書きを中心として見ており、その人が生みだす作品を
見る事は二の次になっている風潮がある。

 

就職活動でも学歴が一番大事と言われているが、
これも日本のつまらない固定概念を表す要因の一つ
となっている。

 

 

 

例えば、ここに全く同じような2枚の絵があったとしよう。

 

この絵を描いた1人は美大を卒業していて受賞歴もある。

 

もう1人は独学で学んで絵を描いた。

 

 

 

両者はまったく同じ絵を描いたとしても認められるのは
間違いなく1人目の人物だ。

 

なぜならこの人には

「美大卒、受賞歴あり」という
大きな看板があるからだ。

 

肩書きは自分で作り上げる事ができる

nomove_aus

日本に滞在しながら画家として生きていくには
やはり美大卒や受賞歴などの肩書や絵の関係者などの
繋がりも必要とされる。

 

しかし僕は合計3年間、

世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら
旅をしていたのだが、僕の肩書きを説明せずとも
ただ「絵を描いて世界中を旅している」
と言うだけで依頼をうけたり、

その場で絵を買ってくれる人が大勢いた。

 

 

 

日本に一時帰国してもその活動を知った人達からの

依頼が日本や海外からもきており、

このまま旅を続けていれば絵の仕事をしながら
人生を歩んでいく事ができると確信した。

 

「世界を旅する画家」

 

という肩書きを自分でつくってしまったのだ。

 

まとめ

日本で画家になる夢を追いかけるなら

肩書きや人との繋がりは大事な事だが、

それ以前に誰にも描けない独創的な表現力や
描き方の手法を手にいれる事が最も重要な事だ。

 

 

 

しかし、どれもこれも絵への情熱がなければ達成できない。

 

 

 

情熱を持ち続ける精神と、どんな状況においても
ブレない気持ちを持ち続ける事ができるのなら
僕は誰でも画家になれるのではないかと思う。

 

僕はそんな人を助けるために世界画家旅人を

立ち上げた。

 

 

もしも本気で画家になりたいのなら

僕が発信するメルマガに登録して

秘密の情報を受け取って欲しい。


タグ:

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ