自分の絵に自信がもてない?その解決方法を世界を旅する画家が語る


絵の仕事がしたい!画家になりたい!

と思っていても、どう動いていいかわからず

自分の絵にも自信がなくなりその夢を

諦める人が日本では少なくない。

 

よくYahooの知恵袋で画家になるのは

難しいと書かれている事を目にするが、

それは絵の仕事をすると言う夢を

叶えられなかった人達からの情報を

頭に入れてしまうため自信が喪失されてしまう事も

原因となっているようだ。
DSC_0635

夢を追う人の前に必ずと言っていいほど訪れるのが

「人生の壁」と言われる困難や挫折なのだが、

それを乗り越えるには自信が必要になってくる。

 

どうすれば自信が持てるようになるのか?

 

絵の技術もなく英語も話せなかった、

世界の情報なんて一つも知らなかった僕が

絶対に画家になれるという自信を持ち、

世界43ヶ国以上を旅してこれるまでに成長した経験から

自信の持ち方と言うものをまとめてみた。

 

勘違いでもいい!他人の言う事は気にするな!

23886161374_8ba7f44e26

僕が専門学校に入学する頃は

誰に見せても上手いとは言えない

ような素人以下の絵しか描けなかったが

絶対に上手くなれる自信があった。

 

上手くなれると言うより

上手くならなければならないと

言った方が正しいのかもしれない。

 

僕は18歳の頃に35歳までの人生計画を考えていた。

 

 

一番目の計画が専門学校へ行くための学費を貯める事で

二番目が絵のスキルを上げる事だった。

 

 

結果、

自分だけにしか描く事ができない絵のタッチや独創性を

手に入れる事になった。

 

これも全て自信を持って行動したからなのだと思うし、

僕個人の考えとして、自信とは勘違いでもいいのだ。

 

まだ素人以下の絵しか描けなかった頃でも

僕は自分を天才だと思っていた。

 

今思えば完全に勘違いなのだが、

結果的にその勘違いが自信につながり、

絵をもっと追求して上手くなりたいという

情熱が失われる事はなかった。

 

自信は物事に対する態度で決まる

24404550232_93429cc024

行動できると言う事は

自信があると言う事になるが、

逆に行動できないと言う事は自信がなく、

どうなるかわからないので不安と言う事になる。

 

僕は自信は行動した分だけ

自分の中に蓄積されていくもだと思っており、

自信がないのなら行動する「きっかけ」と言うものが

必要になってくる。

 

旅の中で出会ったアメリカ人で

絵描きのテッドと言うおじさんが

昔の話をしてくれた。

 

ある日テッドの子供が自転車に色を塗りたいと言うので

エアースプレーを買ってきて自転車に色を塗った。

 

その時テッドはエアースプレーが

こんなにおもしろいとは思わなかったと

その魅力に引き込まれ次は木のボードに

絵を描いて家に飾る事にしたらしく、

一番最初の絵は誰が見ても

下手な絵だったと笑って僕に話をしていた。

 

彼は35歳まで普通の会社員で忙しくしていたが、

エアースプレーでボードに絵を描くのが楽しくて

夢中になり、朝出勤する前の時間や

仕事から帰ってきてからも夜遅い時は

深夜2時まで熱中したと言う。

 

忙しいという事はやめる理由にもならなかったようだ。

 

現在彼は絵の仕事だけで生計をたてている。

 

「きっかけ」と言うものは

自分自身の態度により訪れるようになる。

 

もしもこの時仕事が忙しいから暇な時に描こうとしたら?

 

この時テッドがボードに木を描きたいと思っていたのにも

かかわらずボードを用意するのが面倒だとやめてしまっていたら?

 

もしも絵を描いて下手だからもうやめようと決断してしまったら?

 

このようなネガティブな行動が

なかったため自信も継続されて

今の生活をする事ができたのだ。

 

自信は行動によってつくられる。

 

行動は態度や考え方によって行動できる気力が生まれる。

 

自己主張をする癖をつける

24960070000_c3364b2702

普段何気ない日常の中でもささいな事に

巻き込まれたりもするが、こんな時にも

自己主張をする事で「自分の意見を言う事ができた」

と言う自信がつくようになる。

 

例えば親に甘やかされて育った人は他の人も親のように

何でも許してくれたり、接してくれたりと誤解するようになり

このような人は偶然自分にふりかかった嫌な事に対して

あなたがが故意にしてきたと思い、

あなたに対して敵意を持つ事があるかもしれない。

 

そんな理不尽な状況があったとしても

自分の意見をハッキリ言ってしまう

事で次第に大きな事でも自己主張できるようになる。

 

初めは日常の何気ない小さな事から

自己主張をしていく事によって

自分の行動に自信がついてくるものだ。

 

まとめ

何かを成し遂げたいと思い、

それを続けるにはやはり自信と

いうものは必要不可欠であり、

行動する事で自信がつき、さらに

行動できる範囲も広がっていくものだ。

 

普段の考え方や過ごし方を変えて行く事によって

ポジティブに考える癖を身につけるようにしよう。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ