座間味への行き方!島で絵を描く日々を過ごす画家生活。


日本が誇る南国の楽園『沖縄』

 

沖縄は世界から見ても美しい自然と

独特の文化が根付く島。

 

その中でも最も僕がお勧めする島が座間味島。

 

もしも座間味がなかったら

僕は日本に住まずに恐らく

ハワイで一生を過ごすと決断していただろう。

 

 

 

僕は夏の時期に日本に滞在している時は

絶対に沖縄に行くようにしている。

 

沖縄の島は全て行った事があるが

その中でも一番居心地が良く、しかも

キャンプをすれば一日300円で泊まれる

座間味のキャンプ場で絵を描きにいく。

zamami-tent

キャンプ場で絵を描く事を

キャンプペイントと言う事にしている。

 

キャンプペイントとは僕の考えたもの。

 

絵をのんびり描きたいと言う人に

お勧めの方法で具体的に何をするのかは

こちらの記事に記載しているので

読んでおいて欲しい。

南の島でキャンプペイントをするその魅力とは?

 

 

今回はそんな座間味でのキャンプペイント生活が

どのようなものなのか?どうやって行けばいいのか?

と言う事を僕の経験談から沖縄の旅の記事として

記録していこうと思う。

 

沖縄空港からフェリー乗り場へ

zamami-ferry

僕の生まれは宮崎県、そして育った場所は大阪。

 

大阪には1歳から住んでいるので

宮崎よりも大阪の方が詳しい。

 

そんな大阪の都会で育った僕は

都会よりも島暮らしに憧れていた。

 

 

キャンプペイントに行く前は

タイのお寺で精神修行をしていて、

修行が終わってすぐ日本食が

食べたくなったので一時帰国する事にした。

 

タイの精神修行の話はその内この

世界画家旅人で話していこうと思う。

 

 

 

タイから福岡空港に到着してメキシコで

仲良くなった日本人で福岡に住んでいる友人の家に

2泊させてもらう。

 

それから大阪に戻り、

久しぶりに会う地元の仲間と飲みに行き、

そしてすぐに絵具道具と大きなキャンパス、

10人用の大きなテントを持って沖縄へ向かった。

 

zamami-nimotu1

荷物は格安で座間味のキャンプ場の受付に

送る事ができる事を知らずに30キロ以上ある

荷物を大阪から抱えて持ってきてしまった。

 

沖縄空港からモノレールで那覇市の国際通りに行き、

そこから座間味へ行くフェリーターミナルまで

タクシーで向かう事にした。

zamami-ferryhow

それほど遠くないので国際通りにある

ドンキ・ホーテから歩いても

15分程度で到着する事ができる。

 

最高に癒される座間味島に到着

zamami_inu

那覇のフェリー乗り場から約2時間程度で到着した。

 

高速船を利用すれば1時間で到着する事もできる。

 

座間味のフェリーターミナルから出ている

バスに乗り込んでキャンプ場を目指す事に。

 

キャンプ場まではバスで3分で到着し、

受け付けに宿泊料金(一泊300円)を払い、

後は好きな場所にテントを組み立てるだけである。

10人用のテントなので大きすぎて

一人で組み立てるのに時間がかかってしまったが、

何とか無事にこれから泊まる事になるテントを

完成させる事ができた。

 

キャンプ場の目に草木が生えており、

その間の道を通るとすぐ目の前は海。

zamami-michi

しかもそこはウミガメが数多く

集まる場所になっているので、

ウミガメと泳ぎたければいつでも泳ぐ事ができる。

 

キャンパスの組み立て

zamami-campas

僕は基本的にB1サイズ(728×1030)

のキャンパスに絵を描いているが

このキャンプペイントではその2倍の大きさの

B0サイズ(1030×1456)のキャンパスに

絵を描く事にした。

 

 

テントの中でキャンパスを組み立てて

絵を描く準備を整える。

 

ボードに紙を張る方法はZiNARTメールマガジン

詳しく説明しているのでやり方がわからない人は

そちらを見てボードを組み立てて欲しい。

 

 

ボードに張った紙が乾くまで

待つ必要があったので、とりあえず海の前で

これから描く絵をどんなアートを描くのか

ノートに下書きをする事にした。

 

ビーチの砂は太陽の光で熱くなっているので

草が生えている場所に座る事に。

 

 

 

僕は「世界」と「アート」の2つのジャンルの絵を

描いているのだが、この座間味ではアートを描いて

いこうと決めていた。

 

下書きは形が見えればそれでいいので

この程度のレベルで十分である。

zamami_sitagaki

この日は座間味に到着した初日だったので

とりあえず下書きとキャンパスの組み立てただけで

キャンプ場でのんびり過ごす事にした。

 

絵で収入を得る事ができる生活

zamami_nabe

キャンプ場には調理場が

設置されているが冷蔵庫はない。

 

コンセントを差し込む場所はいくらでも

あるので座間味に来る前にドンキ・ホーテで

小型の冷蔵庫を買ってこれば良かったと後悔した。

 

 

とりあえずこの日はキャンプ場の近くの売店で

ボンカレーを購入して調理場で米を炊いて

ビーチでビールと一緒に食べる事にした。

zamami_beerbonkare

ビーチで夕日を見ながら食べるカレーは

格別に美味しく感じるし、それをビールで

流し込むあの瞬間がたまらない。

 

 

 

 

こんな生活ができるのも

どこでも絵で収入を稼ぐ方法を知っているからだ。

 

本当に幸せな日々を送っていると自分でも思う。

 

 

 

 

世の中の画家は汗水たらしながら

バイトで収入を得て一日の残りの時間を

絵を描く時間に費やしている。

 

そんな事をせずとも僕の歩んできた道をたどれば

例え海外にいたとしても、ネットが繋がる環境さえ

あれば自分の絵を収入に変える事なんて可能なのに。

 

 

 

日本人はその方法を知らない画家が多すぎる。

 

仕事は自分で構築した方が良い。

 

 

 

絵の仕事を構築する方法に興味がある人は

ZiNARTメールマガジンで配信しているので

読んでおいた方がいいだろう。

 

 

確実に絵描きにとっては

有利となる情報を発信している。

 

 

登録は無料で気に入らなければ

解除も簡単にできるので、

一度僕の歩んできた道を見て欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ