日本で一番居心地の良い島で絵を描く画家生活



僕はこれまで世界中の島をめぐり、

そこで絵を描いて生活していた。

 

日本に一時帰国した時も必ず

沖縄のとある島に行く事にしている。

 

ここは世界的に見ても他に類を見ない

文化が根付いており、のんびりした時間が

訪れる人を癒している。

 

自然もあり、海の透明度も世界の海に

全く負けていない。

 

その島と言うのは本島から西にフェリーで

2時間走った所にある座間味。

 

僕はここでキャンプ生活を2ヶ月する事にした。

 

ちなみにこれが僕のテントだ。

zamami_zintent

 

最初はテントで寝ていたがハンモックで寝る方が

気持ちいいので次第にただの倉庫がわりとなっていった。

 

座間味で画家にとって最高の日々

zamami_jirohamuegg

以前話したホームレスのようなおじさんの

ジロウさんに毎朝朝食を作ってもらっていた。

 

こちらがその時の記事である。

レゲェイベントで火を操るホームレスがきた!

 

ジロウさんは座間味でキャンプ生活を

2月〜11月までするかなりレベルの高い

キャンパーホームレスだ。

 

テントも完璧な設備にされていて、

一番風通りの良い場所に設置されている。

zamami_jirostenthiki

 

朝食を食べ終わると彼はそのまま

島の売店に働きにいく。

 

僕はそのままハンモックで

のんびりしながら読書を楽しんでいた。

 

そして昼前になる頃にようやく

海の前にキャンパスを設置して絵を描き始める。

3yamazamami

 

座間味はシーズン以外は人が少なく、

通る人はキャンプ場で仲良くなった人達ばかりである。

 

そのため、ここは僕の広いアトリエへと変貌するのだ。

 

集中力も都会の室内でするより

はるかに増す間隔がある。

 

 

 

暑くなれば海へ潜りリフレッシュをする。

 

島のパワーが僕にエネルギーを与えてくれる。

 

これがキャンプペイントの魅力である。

 

 

 

ちなみにキャンプペイントは僕の考えた造語で

あるため調べてもでてこない。

 

世界でキャンプペイントをしながら

旅をしている画家は僕だけなのかもしれない。

 

しかも、このような自由な生活をしながらも

絵の収入は途絶える事はない。

 

絵を描いて生きるため、

これまで世界中を旅しながら

画家になる方法を探していたが、

ようやく発見し、現在の生活にたどり着いた。

 

キャンプ場で出会うおもしろい人達

zamami_michie

 

座間味のビーチの前に草木でできた

細い道があり、そこをぬけると

キャンプ場が見えてくる。

zamami_nicetent

 

ここで僕はおもしろい夫妻と出会った。

 

旦那のタクマさんは横浜でハナブサと言う

レゲェバンドを組んでおり、今回はここ

座間味でレゲェイベントをするために来たのだ。

zamami_takumahusai

 

バンドメンバーが座間味に集結し、

皆キャンプ生活を楽しんでいた。

 

僕も地元の友達がこの後数人来るが、

他の皆は仕事の都合がつかず、来る事ができなかった。

 

 

会社に雇われていては自由に

好きな時に旅にでる事ができない。

 

僕は18歳の時からそんな生活は絶対に

したくないと考えながら画家の道を選んだ。

 

 

 

日本で画家をしていると言うと

「稼げない」「貧乏」「会社で働きながら」

と言ったイメージが強く、またそのような

生活をしている人が多く存在する。

 

日本で絵を描く仕事を目指している人の

80%以上がそのような生活ではないだろうか?

 

画家なら99%はそのような生活をしている。

 

 

 

この事から日本で画家になる事は難しいと

言われるようになったようだが、僕は

自分で画家として生きる道を構築したため、

このような自由な生活をする事ができる。

 

画家になるには絵のスキルがあれば

後はそれを利用できる知識と情報を

持っていた方が良い。

 

この先、何十年も会社に勤めながら絵を描いて

画家と名乗るよりは遥かに良い人生を歩事ができる。

 

座間味の夕日は美しい

zamami_eowari

 

仲良くなったハナブサと人達と一緒に

車で夕日を見に行く事にした。

 

軽トラを借りてくれてそのまま2台に乗って

夕日が見える丘まで行く事に。

zamami_keitora

 

都会でこのような事をすれば捕まってしまうが

田舎ではどこでも見れる光景である。

 

僕はこのような田舎の緩い感じが好きだ。

 

車で丘の上まで行くと

すでに雲がオレンジ色に染まっており、

海から吹く心地いい風を感じ、リラックスした状態で

沈んでいく夕日を眺める事ができる。

zamami_sunsetoka

 

一応ハナブサメンバーを記念撮影させてもらった。

zamami_hanabusasun

 

将来は海外ではなく沖縄に移住しようと考えている。

 

贅沢を言えば夕日と海が見える丘の上に住んでみたい。

zamami_sunset

 

ただの家ではなく、僕の個展会場と合体した

数人だけが泊まれるホテルを建設しようと

今は頭の中だけで計画しているが、僕なら

ほぼ100%の確立でその夢を実行に移せる。

 

なぜなら、これまで僕が生きてきた人生で

強く思った事は全て現実のものになってきたからだ。

 

悪い事も良い事も全て現実にする

能力が僕にはあるのかもしれない。

 

 

 

 

弟が死んだ時も「いつかバイクで死ぬだろうな」

と思っていた矢先にバイク事故で違う世界へと

旅だってしまった。

 

「海外で絵を描いて生活できる方法を探す」

と言う事も現実となった。

 

「日本でも絵を描いて生活できるようになる!」

これもすでに叶ってしまった僕の夢。

 

 

 

 

なので僕が強く思えばそれは現実になると

心の底から本気で言っているし、疑う余地もない。

 

しかし、今は旅をする事を辞める事はない。

 

旅をしていると様々な人と出会い、

そこから人生の財産となるものが

生まれる事があるからだ。

 

 

今後、絵を描いて生活しようと

考えているのなら僕に相談して欲しい。

 

 

ちなみにSNSでメールを送っても

毎日数多くのメールが届くので返信はできない。

 

 

 

基本的にZiNARTメールマガジンを

読んでくれている人達の相談に乗る事の方が多いので。

 

そこでは僕が画家になった道筋を伝えている。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ