外国人といる事が苦痛で英語勉強から逃げてしまった日々の始まり


cairns_parkneru

絵の修行をするため、オーストラリアに滞在

し始めたのは12月の真夏だった。

 

日本の12月は真冬で気温も低く寒い日が続く。

 

 

 

僕は寒いのが苦手でこの頃から

冬が一生こない生活を送りたいと思っていた。

 

12月のケアンズは日本とは逆に

真夏でサンタクロースがプールを

泳ぐ姿を見る事ができる。

 

 

 

独りでケアンズに来て数週間が過ぎ、

英語もまだまだこの頃は全く話す事は

できなかったが、少しずつ外国人の

友人もできるようになっていた。

cairnsclubkirai1

しかし日常会話もできない英語力で

外国人とずっと一緒にいると日本語を

話したくなる時がある。

 

 

 

英語を勉強するには外国人と一緒にいる事が

大切なのだが、僕と同じホテルに泊まっている

外国人は18歳から20歳前半の若者が多く、

外国人の若者は時にうんざりするほどの

元気パワーを発揮する事もあった。

 

 

 

 

僕はこの時25歳から26歳になったばかりで

「若い」と「若くなくなってくる」

の狭間にいる状況だ。

 

 

そんな僕を連れていつも行っていたのがクラブだった。

cairnsclubkirai2

実を言うと僕はクラブが嫌いだ。

 

 

 

嫌いと言うより危険と言った方が正しいかもしれない。

 

 

 

なぜなら昔から爆音が流れるクラブに行くと

急激な睡魔に襲われ、人が大勢踊っている中でも

床に倒れて気を失ってしまうからだ。

 

 

 

だからなるべくクラブは避けるように生きてきたが

ケアンズで英語をマスターしたいという考えもあり

無理をしてクラブへ通っていた。

 

 

 

しかしオーストラリアには数多くの日本人が

滞在しており、どこへ行っても日本人がいるため

英語をマスターできずに帰ってくる人が

多いという事も知っていたが、英語で自分の

思っている事を上手く伝える事ができない

というストレスから日本人と遊ぶ機会がこの時から

少しずつ増えていった。

 

 

 

 

僕がここから英語を話せるようになるまで

約8ヶ月の期間がかかる事になるのだが、

この時はそんな事を知るわけもなく

 

「ケアンズだけ日本人と過ごそう」

 

とあまい事を考えていた。

 

 

 

 

もしこの時からずっと外国人と過ごしていれば

おそらく3ヶ月で自分の意志を伝える事はできる

ようになっていただろう。

 

 

【人気の関連記事】

ケアンズのカジノで勝ちすぎた経験談


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ