夢の暮らし!超豪華!絵のクライアントさんと遊びにいった話


朝目が覚めるといつも用意されている

朝食を食べ、朝日が照らす海岸沿いを歩きにいく。

 

 

サーファーズパラダイスの朝の海は奇麗に輝き

サーファーも朝からサーフィンを楽しんでいる。

 

 

観光客も高層ビルが立ち並んでいる横の砂浜を

散歩しながら何語かわからない言語で

大声で話しながら笑っていて実に楽しそうであった。

surfer_asanoumi

 

一体何キロあるんだ?と思うほど

このビーチと高層ビルの並びはずっと奥まで続いている。

 

 

僕ものんびりイヤホンで音楽を聞きながら歩いていた。

 

 

朝の海から吹く風はかなり気持ちが良く

太陽が登るにつれ気分も盛り上がってきた。

 

 

 

 

5分ほど歩いたあたりで砂を布団代わりにして

気持ちよさそうに眠っている少年を発見した。

 

 

 

 

 

「スナ アッタラ ナンモ イラン!」

と言っているようだ。

surfer-kodomo

 

心なしか「スナイガイ ナンモ イラン!」

と言っているようにも見える。

surfe-kodomo2

 

 

 

僕はそんな事を想像して笑いをこらえながら

写真を撮り、一人砂に埋もれる少年を観察していた。

 

 

 

本当に気持ち良さそうに寝ている彼を横目に

僕は街の方へと歩きだした。

 

 

 

 

今日は僕の絵のクライアントさんのAIRIさんの

家にお邪魔する事になっている。

 

 

僕の描いた絵が飾られている所を見たかったし、

ペットの空ちゃん陸ちゃんを直接この目で確かめて

僕の描いた絵と似ているのか確認しておきたかった。

 

 

もちろんAIRIさんとも話をしたい。

 

 

 

 

 

 

ある程度の場所は聞いていたので

その近くまで徒歩で歩く事にしたが

この当たりは超高層マンションしかない。

 

 

まさかこの家賃が高そうな

高級マンションに住んでいるのだろうか?

 

 

僕の絵を一括で買えると言う事はもしかすると

お金持ちなのかもしれない。

 

 

 

そんな思いでAIRIさんに電話して

どのマンションなのか確認する事にした。

 

 

 

予想は的中し、かなりいいマンションに住んでいるようだった。

 

 

マンションの下の広場には芝生がひかれており、

大型モニターで映画を見る事ができる。

surfer_airimansyon

 

クッションでリラックスして寝転がり

朝から映画を見ながらのんびりする夢の暮らしを

AIRIさんは手に入れていた。

 

 

僕もこの時このような生活を手にいれてみたい

と強く願っていた。

 

 

今では好きな時に旅に出て、

好きな時に旅の記録を更新し、

好きな時に絵を描き、

好きな時にご飯を食べる。

 

そんな暮らしをしているが

この時はまだ絵でお金を稼ぐ方法すら

知らずにAIRIさんの豪華な生活を羨ましく思っていた。

 

 

AIRIさんが一回まで迎えに来てくれて

そのまま家にお邪魔する事となった。

 

 

そこには写真でしか見た事のなかった

空ちゃんと陸ちゃんがいた。

 

riku_1

sora2

 

どうだろうか?

 

僕なりにどうにか似せようと思い必死に

特徴をつかんで描いたのだが自分が見る絵と

他人から見る絵では感じ方が違う。

 

SONY DSC

 

僕は似せる事ができたと確信したので

原画を売る事にしたのだが。

 

 

 

AIRIさんに聞くと似ていると言ってくれたので

一安心している。

 

 

やはりペットを描くのは難しい。

 

 

ペットはその飼い主にしか特徴が

わかりずらい事もあり動物を描く依頼は

これが最後となっている。

 

現在は世界にいる5人のクライアントさにしか

原画を販売しないようにしているが

AIRIさんはその内の一人である。

 

鳥のゲージの横に僕の絵を飾ってくれているようだ。

cairns_airisan

 

やはり自分で描いた絵を人の家に

飾ってもらえている所を直に見ると

嬉しさがこみ上げてくる。

 

日本では大きな絵を飾るほどの

スペースがある家はそれほどないが

ここオーストラリアでは日本よりも

大きな家の方が多く、さらに日本人

よりも絵に対する価値観が違うため

画家はオーストラリアに行く方が

絵で生きる可能性が広がると確信した。

 

 

 

 

 

AIRIさんはこのまま仕事に行かなければ

ならなかったので家の中で少しのんびりしてから

一回の広場の芝生あたりで絵を描く事にした。

 

surfer_airiekaku

 

これはケアンズに滞在していた時に

日本人が多く訪れるNaviツアーと言う会社の

ケンさんとヨウコさんにパロネラパークに

つれていってもらい、そこのオーナーに

気に入られて仕事の依頼を頂いた作品の1枚である。

 

 

まだ完成していなかったので映画を見ながら

柔らかいソファーにに腰掛け、絵を描いていた。

 

 

するとそこに白い服をまとった

いかにもアラブの石油王といった感じの

男に話かけてきた。

 

 

僕は絵の修行をするためにオーストラリアを

旅している事とここにクライアントさんが

いるのでお邪魔していると説明した。

 

 

すると彼は突然この絵をいくらで売ってくれる?

と言いだした。

 

 

しかしこの絵はパロネラパークのオーナーから

依頼されたものなので売る事はできない。

 

 

 

自分でも高すぎると思う値段を言って

諦めてもらおうとしたが、二言返事で

もしよかったら売って欲しいと頼まれた。

 

 

オーナーに聞かなければわからないと言うと

連絡先を紙に書いて僕に渡してその場を

彼は去っていった。

 

 

以前にも像の絵を売った時に高い値段を

言って断ろうと思っていたが

簡単に承諾された事があった。

 

 

 

やはりお金持ちからすれば僕が思う

 

「高い金額」

 

はそれほど高くないのかもしれない。

 

 

この時から僕は絵の値段を今までよりも

さらに高額に設定した瞬間でもあった。

 

 

夜になりAIRIさんが仕事から戻ってきたので

一緒にゴールドコーストにあるカジノに行く事になった。

 

surfer_casino

 

カジノには誰かが描いたカッコイイ絵が飾られていた。

 

以前ケアンズのカジノで勝ちに勝った経験から

絶対に勝てると言う自信があった。

 

その時の記事がこちら。
ケアンズのカジノで勝ちすぎた経験談
 

 

僕のやり方はとりあえず20$を2倍に賭けて

少しづつ金額を増やしていく方法。

 

 

5分後・・・

 

 

お金はなくなっていた。

 

 

やはりケアンズのカジノは相性がよかったのか

あの時のように何度もそう上手くはいかなかった。

 

 

 

カジノでは負けたが楽しい一日であった。

 

それにゴールドコーストでAIRIさんと会う

目的も果たされたのでいよいよ明日から

アーティストが集まる街バイロンベイに向かう事にした。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ