仕事は自分で構築するもの!絵を描く事ができればそれで十分!


「いつかここへ嫁と子供をつれて行きたい。」

 

絵を描く仕事を自分で構築するために

旅に出た僕はそんな事を考えていた。

 

そのような将来の夢を独身の僕に思わせてくれた

平和な町バイロンベイ。

 

今日もやわらかい日差しで僕を照らしてくれる

太陽の下で海を眺めながら絵を描いていた。

byron-kokonatu

海外に出ると本当に多くの出会いがある。

 

今日は朝から3時間ほどのんびり

自分のペースで絵を描いていたのだが、

その間に5人の人に話しかけられた。

 

前回の記事でも話した通り絵を描いている時に

話しかけられるであろう内容を英語でノートにメモし、

その返答もノートに何パターンも書いて丸暗記していたので

以前よりスムーズに会話ができるようになっていた。

 

 

これが成長と言うやつである。

 

 

 

オーストラリアに来た時は

全く英語を話す事もできず

旅の初日は自分の力だけでは

宿に泊まる事すらできなかった。

 

 

まだ完璧に全てを理解できるわけではないが

旅の当初よりは確実に英語脳になってきたのだと感じていた。

 

これをこのまま続けながら外国人とずっと一緒に

過ごしていたらその内、英語で相談にのったり、

深い話をできるようになると期待していた。

 

 

 

 

 

しかしその考えはまたもや

この後の生活で打ち砕かれる事となる。

 

 

 

 

 

その事を知らない僕は宿に戻り昼ご飯を

食べようとキッチンで調理をして

一階にあるハンモックの横にある

テーブルにスパゲティーとビールをおいた。

 

ケアンズのパロネラパークから頂いた依頼の絵を

朝から海の前で描き、昼はのんびりハンモックに

揺られながらビールを飲み、パソコンに入っている

大量の映画データの中からフォレストガンプを選んで

ダラダラしながら映画を見ている。

 

ちなみにこれが僕の泊まっていた

アーツファクトリーと言う宿の中庭。

 

こんな自然の中でダラダラ過ごして絵を描いて・・・

 

なんて幸せな暮らしなんだ。

 

日本でこんな事をすればただの社会不適合者と言われる。

 

 

 

 

しかし僕は絵を描く仕事を探しにきた。

 

そして朝から依頼された絵を描いていた。

 

疲れれば映画を見ながらビールを飲む事も普通になった。

 

 

 

絵の仕事の構築は自分でするもの

日本人の多くが就職をしないといけないと

言う固定概念を植え付けられている。

 

 

 

なぜ就職するのか?

 

 

 

それは安定を求めていると言う理由から

そのような考えになっているようだが、

今の日本経済で安定なんてものはない。

 

 

 

いつか給料が激減するかもしれない。

 

いつ会社をリストラされるかわからない。

 

リーマンショックで突然会社が倒産するかもしれない。

 

 

 

それを会社だからと言う安易な考えで

安定が望めると考えているようだ。

 

 

 

 

 

今では給料の値下げなんてどこの会社でも

起こっている現実になっている。

 

給料が急に下がる事は安定ではない。

 

 

 

 

 

日本の画家や絵描きの多くはそんな不安定な日本社会と

ともに共存し、日頃から会社やバイトで得たお金を元に

活動を行っている。

 

 

絵を描けるなら、それだけで十分。

 

 

あとは僕のたどってきた道をそのまま

通れれば絵で生活する事もできる。

 

これは海外に出なければならないと言う事ではない。

 

 

 

日本国内に住んでいても海外に住んでいても

する事は同じなので。

 

しかし自分で仕事を構築できると言う事に

気付いていない画家や絵描きが多いようだ。

 

 

 

 

 

しかしそれも仕方の無い事。

 

 

 

 

 

世界を旅した後、一時帰国して様々な方法で

僕は仕事の構築の仕方を追求し、ようやく

画家として生きる方法を発見した。

 

これは僕からだけしか発信されない方法

なのでこの世界画家旅人を読んでいない

画家や絵描きはその情報を知る事ができない。

 

よって、今まで通り効率の悪い王道の道を進むしかない。

 

 

 

 

 

 

 

バイロンベイに来た若かりし頃の僕は

その方法をまだ発見できていない。

 

日本でも海外でもどこに住んでいても

絵で収入を得る方法を知らなかった。

 

 

 

 

なのでこの時は僕なりに仕事を構築しようと

必死だったのだが、ケアンズで簡単に絵の依頼を

頂いた事に満足して毎日絵を描いてダラダラ過ごしていた。

 

それはそれで現在の僕をつくりあげたので良いと思うが

今思えばこれも安易な考えであった。

 

「絵の依頼があったからもう大丈夫!」

 

こんな事を考えていたので安心しきっていた。

 

「会社で働いているから安定している!」

 

と言う考えと同じレベルで物事を考えてしまっていたのだ。

 

 

 

いつかは依頼の絵も完成してしまう。

 

その後はどうすればいいのかあまり深くは考えてはいなかった。

 

僕は追いつめられた時に力を発揮するタイプである。

 

 

 

現在は日本でも海外でも収入を得る方法で生活している。

 

日本では画家になるのが難しいと言われている。

 

 

そんな嘘の情報を信じている絵描きの

日本人は世の中には沢山いる。

 

 

 

ここでは話が長くなるのでメルマガで

日本でも画家になる方法を発信している。

 

チャンスを見逃す人と

チャンスを生かす人の違いはここで分かれる。

 

僕はチャンスを差し出しているだけ。

 

そのチャンスをつかむかどうかはあなた次第。

 

日本人との出会い

バイロンベイに滞在していた時は

まだ海外で収入を得る方法すら

発見できていなかった。

 

しかし僕は運がいいのかこの後、

偶然海外で収入を得る方法を発見してしまう。

 

その時の事は今後の記事で話していこう。

 

映画を見ながらハンモックに揺られていた僕は

いつの間にか寝てしまい、太陽も沈み、

辺りは暗くなっていた。

 

 

ボーッとする。

 

 

毎日のんびり過ごしているが、

今日は特に頭が冴えずにいた。

 

 

そのままキッチンに向かい調理をしてから

テーブルで一人またもやビールを飲みながら

明日は何をするのか考えていた。

 

っとは言ってもこの段階では公園で

絵を描く事くらいしか思いついてはいなかったが・・・

 

 

 

そのまま一階のビリヤードや卓球台がある部屋で

ソファーに腰掛けながら当時使っていたアメブロで

毎日の日記を書いていた。

 

 

するとゆっくりと近づいてくる男性がいた。

 

 

 

彼はジッと僕を見てこう言った。

 

「日本人ですよね?」

 

まわりには外国人しかいなかったので

突然目の前に日本人が現れて驚いたが、

日頃から英語ばかり話して自分でも気付かないうちに

ストレスになっていたのか心の中でホッとする自分がいた。

 

 

彼の名はヨシ君。

byron-yosi

僕と同じ大阪出身でしかも僕の実家から

自転車で10分程度の所に住んでいると言う。

 

 

意気投合した僕たちはそのまま話し込んでいると

また他の男がこちらに近づいてきた。

 

 

「こんにちはー」

 

 

メガネをかけた背の高い青年だった。

 

ヨシ君ともすでに仲がいいようで彼とも

話をしていたが、何か違和感が漂っている。

 

彼の名はコミ君。

byron_comikun

東京に住んでいて一人旅でオーストラリアに来たようだった。

 

そして彼も絵を描いていると言う。

 

 

先ほども言ったが何だか変な青年だ。

 

焦点があっていないと言うか何と言うか・・・

 

 

そんな彼の絵を見せて欲しいと言うと

彼はパソコンをひらいて僕に絵を見せてくれた。

 

・・・

 

黒魔術?

byron-comipaint

まさにクレイジーである。

 

 

しかしこの絵は独創的な彼にしか描けない作品だ。

 

これだけ描ければ後は僕の方法を真似すれば

この絵でも収入を得る事ができるだろう。

 

 

この絵を見る限り一般の人は絶対に売れないと

言うかもしれないが、それが社会が生んだ

固定概念に縛られていると言うやつである。

 

ビジネスのアイデアは無限大にある。

 

僕が日本に帰って絵で生きる方法を発見した時に

コミ君に絵で収入の得方を教えてあげようと思ったが

彼は今どこにもいない。

 

 

連絡がとれなくなってしまったのだ。

 

 

 

そんな彼と初対面の時はちょっと様子がおかしいと思ったので

あまり近づかないようにしていたがこの後、

驚愕の彼の本当の能力が明らかになる。

 

 

彼は皆からマスターコミとも呼ばれている。

 

なぜなのか?

 

それはいずれこのオーストラリアの旅の記事で書く事にしよう。

 


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ