ニンビンでお祭り騒ぎ!MardiGrassへ行こう!


ninbin_karahuru

 

以前訪れたマリファナの村ニンビン。

 

ここでは毎年5月にお祭りが開催され、

世界中からこの小さな村に遊びにやってくる。

 

一応オーストラリアはマリファナは違法のようだが、

ニンビンだけは暗黙の了解で警察も口をださないらしい。

 

 

行った事のない人からすると

麻薬中毒者の村というような想像をするかも

しれないがニンビンは本当にのんびりした村で

治安も良く、人々も陽気に過ごしている良い村である。

ninbin_nonbiri

 

以前もこの村を訪れた時に

確実にマリファナを吸っている

オシャレな白目おじさんと出会ったが、

その時も皆ものごしのやわらかい口調で

僕の質問に応えてくれた。

 

 

 

僕はバイロンベイに数ヶ月滞在していたが、

セカンドワーキングホリデーVISAを

取得するために農場で働かなくてはならない。

 

 

車で農場の仕事を探しにいくついでに

このお祭りの事を知り、楽しそうなので

少し寄ってみる事にした。

 

MardiGrass

ninbin_hitodakari

 

このMardigrassというお祭りは

年に1度のマリファナの収穫を祝う祭りで、

町の至る所にマリファナを販売しているお店がある。

 

 

これはどれだけ良質のマリファナを育てたか

競い合っているお店。

ninbin_makimaki

 

店の前には人だかりができており、

外国人特有の「フォー!!」っという

完成で盛り上がっていた。

 

 

ここでもバスキングでお金を稼ぐ人が大勢いたが、

僕は祭りがどんな感じなのか見にきただけなので

お金を稼ぐ事はしなかった。

 

この少年もギターを持ちながら

バスキングをしているようだ。

ninbin_syounen

 

「おれはこれだけ稼いだんだぜ!」

っと言いたそうな顔でポケットに入った

小銭をジャラジャラ見せつけてきたので

 

「引いてよ!」と頼むと・・・

多分この子はギターを持っているだけで

引く事はできない。

 

ずっとギターの弦を触っているだけだった・・・

 

町のはずれにはヒッピーが住んでいる町が立ち並び、

色合いは虹色を主に使用している。

 

ヒッピーはこの町で毎日マリファナを

吸いながらのんびり暮らしている。

 

警察は何もしないの?

ninbin_odoruhito

 

これだけ堂々とマリファナのお祭りをして

警察は何もしないのか?

 

っと言うとそうでもない。

 

ニンビンの村の中は暗黙の了解で

手出しはしないようにしているが、

ニンビンの村に入る前の一本道で

車を適当に止めて警察犬と共に

マリファナを持っていないかチェックをしている。

 

最近ではアメリカや他の様々な国で

マリファナの合法化が進んでいるためか

オーストラリアでも一応違法ではあるが

あまり重罪には扱っていない。

 

日本人からすると「何でだ!?」

っと理解しがたい事ではあるが、

世界を標準とするとマリファナは

依存性も低く、むしろアルコールの方が

危険度は高いという事をアメリカの

オバマ大統領も国会で公言していた。

 

 

このような国の考え方の違いを目の当たりにし、

僕は1つの疑問が浮かんだ。

 

 

日本ではマリファナ=違法麻薬

のような伝え方をしているが、

マリファナを吸って楽しくなるのはダメなのに

アルコールを飲んで楽しくなるのはいいのか?

 

それならアルコールも違法にしなくていいのか?

 

っと思うようになってきた。

 

 

もちろん日本ではやってはいけないと

法律で決まっているのでやってはいけないと

思うが、実際問題身体の健康被害や

犯罪率を見てもアルコールの方がその確立は高い。

 

旅は時に何が正義で何が悪なのかを

わからなくさせられる事がある。

 

ちなみに覚せい剤やその他の人工的に

作り出されたドラックは全世界共通で禁止されている。

 

それにはそれほどの危険性があると

世界から認識されているからである。

 

 

 

っとは言っても結局の所、

お酒もタバコも違法麻薬のどれにも

手を出さないというのが一番良いのだ。

 

良い子は何もしないようにしよう!

 

泊まる所は?

ninbin_campsite

 

このお祭りの時期に困るのが宿泊施設である。

 

世界中から多くの人が集まるので

どこの宿も満室になってしまっている。

 

それにニンビンの村にある宿は少なく、

他の宿はこの村から10km以上離れた

山の奥地にあるようだ。

 

僕の場合はバイロンベイで車を買ってから

ニンビンに来たので駐車して車の中で

一夜を過ごす事にした。

 

っと言うより、車に住んでいたので

僕にとってはこれが普通の事であった。

 

僕のお勧めしたいのが

ニンビンにあるキャンプサイト。

ninbin_campsite2

 

ここなら満室になる事もないし、

テントを持っていれば好きな場所に

組み立てて寝泊まりする事ができる。

 

オーストラリアの5月は冬に突入する頃で、

夜はかなり気温が落ち込むため防寒着は

絶対に必須である。

 

祭りの様子

ninbin_maturiyousu

 

夜は人がさらに増え、お祭り騒ぎに

拍車がかかってきた。

 

村の至る所でファイヤーポイを

まわしてバスキングでお金を稼いでいる人が大勢いた。

ninbin_maturi2

 

観客はいつもどおり「フォーーー!!」

っとその場を盛り上げながらコインを

帽子の中に投げ込んでいた。

ninbin_firepoi

 

外国は本当にパフォーマンスにお金を

払う事が普通になっている。

 

恐らくチップを払う習慣が

そうさせているのかもしれない。

 

こう考えると日本で商品を販売しない

バスキングスタイルでやっても

外国ほど稼ぐ事はできない。

 

もしも火を扱うのなら許可をとる

必要もあり、それが面倒なので

僕は日本では沖縄以外ではあまり

ライブペイントはしない。

ninbin_mturi3

 

 

今回はニンビンのお祭りの様子をお伝えした。

 

このままセカンドVISAをとるために

農場地帯で有名なスタンソープと言う街に

行く事になるのだが、その道中・・・

 

 

最悪の出来事が起こる。

 

 

山の中を車で走っている最中に

まさかのアクシデントに遭遇してしまったのだ。

 

その話は次回に語っていこう。

 

 

 

 

PS.

楽しいお祭りではあったが、

僕は1度いけばもう十分っと言う感じであった。

 

小さな町に数多くの観光客が

押し寄せるので人混みはさけられない。

 

僕は人混みが苦手なのだ。

 

しかし、1度は行ってみた方が

カルチャーショックも味わえて

良いのかもしれない。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ