海外で絵の依頼を頂く方法と絵の描き方!


byronbay-higeojisan

 

海外で活躍して絵の依頼を頂いて

将来は有名な画家になりたい!

と言う夢を持つ多くの人から

僕の所へと相談にくるようになった。

 

僕はその夢を一足先に叶えてしまったからである。

 

 

その中でも一番多い相談が

「どうすれば海外で絵を描いて生活できますか?」

っと言うものであった。

 

今回はその事について詳しく

僕の経験を元に話をしていこうと思う。

 

まずは何から始めるのか?

paronellaparkpaint

 

海外で絵の依頼を頂くには

人と出会うと言う事が基本的な事である。

 

人と出会わなければ依頼も何もないのは

誰が考えてもわかる。

 

 

 

どうすればそのような人と出会う事ができるのか?

 

 

 

僕も最初の絵の修行の旅では

オーストラリアのケアンズから始まったのだが、

全く何をしていいのかすらもわからずにいた。

 

友人もいるわけでもなく、

英語が話せるわけでもない、

ましてや外国なんて韓国くらいしか

行った事がなかった・・・

 

そんな僕でも現在は

世界中を旅しながら絵を描いて

十分な収入を得るまでに成長できた。

 

 

何をしていたかと言うと・・・

 

 

 

公園で絵を描いていた。

 

最初はただこれだけである。

 

しかし外国人は絵に関心がある人が多く、

その中で絵を買ってくれる人や

絵の依頼を頂ける事が少しづつ多くなっていった。

 

ライブペイントで依頼の数が増える!

livepaint1

 

得に絵の依頼が増えた時期が

路上でライブペイントを始めた時期であった。

 

まだまだこの時は英語もまともに

話せなかったがノートに英文を

描いて丸暗記し、ライブペイントを

見てくれるお客さんと会話をすると

絵を買ってくれるし、依頼される

数も大幅に増えていったのだ。

 

その時の詳しい方法やどれくらいの収入なのかは

こちらの記事で書いているので興味があればどうぞ。
絵を描くだけ!?路上パフォーマンスでお金を稼ぐ方法
海外では本当に多くの人と出会う事となったが、

その経験が今の僕の人生を構築したと

言っても過言ではない。

 

人との出会いが増える

ライブペイントは僕の画家人生を大きく

変えてしまったのだ。

 

絵の描き方とデザインの決め方

byron-hatue

 

以前3.11東北地方大震災のイベントが

オーストラリアのバイロンベイで開催される時に

主催者であるインド人のハーシャのシェアハウスで

絵のデザインの打ち合わせに行った事があった。

 

そのイベントは無事に終了したのだが、

そのシェアハウスに滞在した時に

ブラジル人のリーフと言う青年と仲良くなる。

 

彼はブラジルで有名なサウンドクリエイターの

仕事をしており、僕も彼の事を天才だと思っている。

reefsound

 

 

リーフは僕の絵をかなり気にいったようで

こんど出すCDジャケットのデザイン依頼を

僕に頼んできた。

 

テーマは「マンダラと化石と自然」

 

この時点でかなり難しそうだったが

僕には描ける自信があった。

 

今まで旅をしてきた中で絵の上達を

する事もできたし、何でも描けると言う

自信がついてきた頃だったのだ。

 

 

僕はいつもビーチに車をとめて

そこで一日中絵を描いていた。

byronbay_umikuruma

 

まずは下書きから。

byronbay_reefsitagaki

 

普段は下書きなんてせずに

絵具をのせていくのだが、

依頼があった場合はまずデザインを

依頼者に確認しなければならないので

そのような場合だけ下書きをするようにしている。

 

 

下書きを確認してもらい、

気にいってもらえればそこから

絵具を載せていくと言う流れになる。

 

まずはバックから描いていき、

ここで依頼者のテーマである

化石の色合いで描いていく。

byronbay_reefsitagaki2

 

次にマンダラと言う上下左右が

対象になるようなデザインを考え、

絵具を載せていくと完成する。

reefjob

 

リーフにデザインが完成したと報告し、

確認してもらうと・・・

 

 

「ん〜〜・・・化石感がない・・・」

 

 

っとダメだしを頂いた。

 

僕的には上の写真のデザインの方が

色合いも含めて気にいっているのだが、

依頼者が気に入らなければ意味がない。

 

 

なのでさらに化石感をだすために

描き直す事にした。

 

こちらが最終的に決まったデザインである。

paint-reefkaseki

 

再びリーフに見せにいくと

彼は大喜びしながら、

「本当にありがとう!ZiNに頼んでよかったよ!」

っとお礼を言ってくれた。

 

この瞬間があるので

絵を描く仕事はやめられない。

 

世界を旅する画家のまとめ。

reef_back

 

このオーストラリアの旅が終わり、

その後は世界中をまわりながら

絵を描く仕事をしていたのだが、

ブラジルに行った時にリーフの家に

お邪魔する事となった。

 

 

彼は森の奥地に住んでおり、

まわりには野生動物が現れるような

最高のロケーションに家を建てていた。

 

 

このような出会いから絵の依頼も頂けたり、

旅さきで助けてもらったりできるので

海外で絵を描いて生活する事へ挑戦すると

絵以外にも僕にとって得になる事が

頻繁に起こるようになった。

 

 

しかし、日本人は英語が話せないだとか

海外に行った事がないと言う理由で旅にでる

事を恐れている人が多い。

 

 

僕は旅の中で日本でも海外でも

絵を描いて生活する方法を発見した。

 

もしも海外に行くのが怖い!

と考えている画家を目指している人が

いるのなら僕の活動方法を真似る事をお勧めする。

 

 

これは海外に出なくても可能な方法である。

 

 

詳しくはZiNARTメールマガジンで

話しているので興味があれば

無料の登録フォームから

その情報を受け取って欲しい。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス登録

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ