画家を目指す人のためのお役立ち情報まとめ

絵を描くだけ!?路上パフォーマンスでお金を稼ぐ方法


路上で絵を描くだけで十分な収入を得る方法がある事をご存知だろうか?
byronbay_gakakatudou1113

毎日生活するのには十分な収入が入ってくる。

 

「そんな事難しいに決まっている!」

 

「日本で絵一本で生活している人はいない!」

 

 

っと言う嘘の情報を信じてしまう

人からすると信じられないような事だが、紛れもない真実である。

 

 

なぜ真実だと言いきれる事ができるのか?

 

 

それは僕が実際に経験してきた事であるからだ。

byronbay_yokonaga

 

僕は世界を旅する画家。

paint_sekai2

これまで43ヶ国以上の国を旅しながら画家として生活している。

 

そして最初に海外で稼いだ方法もこの路上パフォーマンスである。

 

路上パフォーマンスでは小額の

お金しか稼げないと思い込んでいる人も多いのではないだろうか?

 

 

 

しかし、実際僕はオーストラリアのバイロンベイで1日3時間〜5時間路上で絵を描くライブペイントと言われるものをやってみて1日の平均で約3000円〜7000円以上は稼いでいる。

byronbay-hajimetebasukingu

しかし、路上で絵を描いて稼ぐにはその方法や仕掛けを用意しなければ1円も稼ぐ事ができない。

 

事実僕の友人の絵描きは

僕の真似をして路上でただただ絵を描く事しかしていなかった。

 

それでは稼ぐ事はできない。

 

路上パフォーマンスで稼ぐ詳しい

詳細はこちらの記事で書いているので読んでおいて欲しい。

海外で絵の上達をしながら収入を得る方法

 

アートイベントに参加してライブペイントをする

byronbaylivepaint1

オーストラリアのバイロンベイには世界中から様々なアーティストが集まってくる。

 

そしてここでは様々なアートイベントが開催され、僕もそのアートイベントに参加してお金を稼ぐ事もある。

 

 

アートイベントは日本人の友人に誘われ、急遽特別に参加する事ができた。

 

 

ここには様々な国の人々が集まり、得に外国人は日本人よりも絵に関心があるので絵を販売するにはもってこいの環境である。

livepaint1

今まで描いてきた絵を並べ、新しい絵を描きながら立ち止まってくれたお客さんと会話すると簡単にポストカードを買っていってくれた。

 

アートイベントと路上パフォーマンスの収入の違い

byronbay_beache1829

アートイベントでもお金を稼ぐ事ができたが、路上パフォーマンスとは異なる収入の発生の仕方に気付いたのでここに記録しておこう。

 

路上パフォーマンスでの収入

byronbay_kasegu

路上パフォーマンスのいい所は通りすがりの人がお金をポンと投げ入れてくれると言う所だ。

 

それに足を止めてみてくれる人と数分間会話をする事で

 

僕がどのような思いで絵を描いているのか?

 

どんな活動をしているのか?

 

などを事細かに伝える事ができればそこから絵の商品を買ってくれたり、絵の依頼を頂ける事が頻繁にある。

 

なので収入の割合で言うと

 

・絵の商品、原画 30%

 

・絵の依頼 30%

 

・通りすがりに入れてくれるお金 40%

 

っとなっている。

 

アートイベントでの収入

byroneuru

ここへ来るお客さんはお金と

引き換えに何か商品を求めてやってくる。

 

例えばポストカードや原画など、絵を利用して制作した商品などを目的としてこの場所に足を運んでいるのだ。

 

 

しかし、それが原因で路上パフォーマンスのように通りすがりの人がお金を投げ入れてくれるような事はあまりない。

 

よってここでの収入原は絵を利用した商品からの収入がどうしても多くなる。

 

アートイベントでの収入の割合は

 

・絵の商品、原画 50%

 

・絵の依頼 50%

 

・通りすがりに入れてくれるお金 0%

 

っとこのような割合になる。

 

 

僕がこのイベントに参加した時にとあるホテルのオーナーから絵の依頼を頂く事もあった。

 

結果的にどちらが稼げるの?

byronbay-bousiokane

路上パフォーマンスと

アートイベントでは結局どちがら稼げるのか?

 

結果から言うと路上パフォーマンスの方が収入は多かった。

 

 

 

アートイベントでは路上パフォーマンスよりも遥かに多くの人々が僕の絵を立ち止まって見てくれたのだが、収入面だけで言うと圧倒的に路上パフォーマンスの方が多いようだ。

 

これは通りすがりの人が

お金を入れる行為がなくなってしまった結果だと思われる。

 

 

 

ポストカードは一枚大体100円程度の稼ぎになるのだが、お金を投げ入れてくれる人はだいたい100円〜500円程度が多かった。

 

それにお金を投げ入れる方がスムーズに事が進むので収入を得るスピードも早くなる。

 

この事からアートイベントよりも路上パフォーマンスの方が稼ぐ事ができた結果だと言えるだろう。

 

路上パフォーマンスをする前に絶対必要な準備

byronbay-esyucyuivent

海外で路上パフォーマンスをしてお金を稼ぎながら旅をしようと計画している人は多いのではないだろうか?

 

僕もその内の1人であったが、今思えば海外で路上パフォーマンスをする前に用意しておいた方がよかった事があった。

 

僕はこれをしていなかったのでかなり後で後悔してしまった。

 

 

それは個人ブログを立ち上げると言う事。

 

 

 

アメブロやFC2などのような無料のブログではなく個人ブログ。

 

この世界画家旅人も個人ブログとして情報を発信している。

 

 

もしも旅初日から世界画家旅人を立ち上げていたら旅の前半からもっと優雅に贅沢な旅をする事ができていただろう。

 

 

旅の当初はアメブロで十分だ。

 

っと考えていたが、

それが大きなミスであった。

 

 

 

 

 

個人ブログが成長すればアメブロで記事を描くよりもさらに多くの人が見にきてくれるようになり、しかもそこから収入を発生させる事ができる。

 

 

 

 

よくブロガーと言われる人達がアフェリエイトを駆使してお金を稼ごうとしているが、90%以上の人が失敗している。

 

これには原因があるのだが、その原因を知らずに個人ブログを立ち上げてしまい、結局失敗する人が多過ぎる・・・

 

 

 

 

それに絵描きならアフェリエイトなんてしなくてもキャンパスとパソコンがあれば画家として生きていく事も可能なのに・・・

 

 

さらに言えばライブペイントや

アートイベントに参加しなくても稼ぐ事ができる。

 

 

 

しかし、日本に住む絵を描く仕事がしたい人達の多くは人生一発逆転を目指して個展やどこかの会社に雇われようとしている現実がある・・・

 

 

その方法だとかなり難しい。

 

運も必要になってくるので。

 

 

 

 

その事に気付いてから僕は

僕の考えた方法で画家として生きていく決断をした。

 

 

結果・・・

 

 

僕は自由な絵描き人生を手にいれる事となる。

 

 

 

好きな時に絵を描き、

 

好きな時に寝る。

 

行きたい時に海外を旅し、

 

日本食が恋しくなれば帰ってくる。

 

好きな時期に個展を開き、

 

お金に困る事もない。

 

 

個人ブログを立ち上げればそんな生活も可能になる。

 

 

しかし、ここまでなるには

絵のスキルの他にかなり重要な知識が必要だ。

 

僕はその知識を順序良く伝え、僕のような生活ができる絵描き仲間を増やすためにZiNARTメールマガジンを発行する事にした。

 

もしも今あなたが、

「海外で活躍したい!」

「絵を描いて生活したい!」

「絵の上達がしたい!」

「絵で収入を得たい!」

 

っと考えているのなら

僕からの画家になるために必要で

有利な情報を受け取って欲しい。

 

 

 

 

 

PS.

ZiNARTメールマガジンの中では

様々な悩みや相談にものっているので気兼ねなく何でも話してほしい。

 

僕の目的は日本に画家として

生活できる人を急激に増やす事が目的なので。

 

 

 

ちなみに詐欺師がするような

くだらない事はしていないし、したくもない。

 

 

 

ただ僕は日本でも画家として

生計を立てて生活する事は可能だと言う事を伝えたいだけである。

 

 

 

 

PPS.

あと絵の上達がしたいと言う人のために僕の絵の描き方を伝える絵画教室ZiNARTをひらき、生徒さんも募集しているので興味があれば参加して欲しい。

 

他の絵画教室とは比べ物にならないほどの成果をあげている。

 

どれほど画力向上できるのかも

生徒さんの作品を見て頂ければわかると思う。

 

生徒さんの募集は人数限定で

メルマガ内でしかやっていないのでこのチャンスを見逃さないように。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ