ブリュッセルはウンコもアートも豊富な街!旅する画家の生活。

belgium_machinami

あなたはブリュッセルが

どんな街なのかご存知だろうか?

 

結論から言えば・・・

 

あまり好きな街とは言えないかもしれない・・・

 

僕は旅をしながら絵を描く仕事をしている。

 

ブリュッセルには友人が滞在しており、

彼の案内で様々な博物館やアートを観る事ができた。

 

ご飯も美味しいし、

のんびりできる公園も数多くあり

絵を描くには最適な環境だと思えていた・・・

 

 

しかし、ブリュッセルの街には

大量のウンコがそこら中に落ちていた。

 

 

その犯人は警察・・・

 

が乗っている馬。

belgium_umapol

ベルギーは車で街をパトロールするのではなく

馬に乗った警察が街を巡回している。

 

最初みた時はカッコイイ!

 

っと思ったのだが、このせいで

街には大量のウンコがそこら中に

散らばっている。

 

僕の苦手な事・・・

 

それはウンコを見ながら食事をする事。

 

これは誰でも嫌だと思うが

ブリュッセルに住んでいる友人の

ジュリアンはなれているのか

信じられない行動をとっていた。

 

フルスイングでウンコを投げ飛ばした友人

belgium_picnic

以前公園にジュリアンの友人と

公園にピクニックに行った事がある。

 

広々とした公園で

レジャーシートを引いて

皆で持ち寄ったサンドイッチや

デザートなどを食べていると

僕の目の前にウンコが

落ちている事に気がついた。

 

 

僕が「うわ!」

 

っと言うとジュリアンは今まで食べていた

フォークでウンコを突き刺し、

フルスイングで遠くの方へ飛ばした。

 

もちろんそのフォークはゴミ箱いきだが、

考えただけでも気持ちが悪い・・・

 

ブリュッセルはいい街だが、

ウンコだけは許せない。

 

絵の参考になる資料も豊富

belgium_hakubutukan

ここまで汚い話をしたが、

ブリュッセルには数多くの

博物館や美術館などがあり、

中世のヨーロッパを感じる

事ができる場所がいくつも存在する。

 

 

その中でも一番興味深かったのが、

大昔に戦争で使われた鎧や本物の

戦闘機などを観る事ができる

王立軍事歴史博物館。

 

しかもここは無料で入る事ができる。

 

鉄の鎧はどこを攻撃しても

防御できるようにされている。

belgium_yoroi

銃もカッコイイ。

belgium_jyuu

 

そして一番僕の好奇心をくすぐったのが

この剣である。

belgium_turugi

まるでRPGにでてくる武器そのものだ。

 

 

戦闘機も当時のまま展示されていた。

belgium_sentouki

ブリュッセルに行くさいはここに立ち寄って

中世のヨーロッパをリアルに感じてみて欲しい。

 

毎日が日曜日のような日々

belgium_zinreru

王立軍事歴史博物館を満喫した後に

公園で昼食を食べながら散歩している

人達を見てのんびりしていた。

 

日本にいては忙しい毎日を暮らし、

休みは土曜か日曜だけの日々・・・

 

外国の人の生活を見ていると

日本人は本当に働きものだなと感じる。

 

 

友人のジュリアンも夕方には必ず

仕事から帰ってくるし、街を見ていても

休日でもないのにショッピングを楽しむ

人が大勢いる。

 

 

僕も今の日本の会社には就職したくないと

強く思うようになり、画家として

のんびり暮らすと言う道を選んだ。

 

 

 

日本で画家になると言うと

「何夢みているの?」と言われがちでだが、

僕はそれでも日本の常識に捕われたくないと

言う思いから必死で絵を学んだ。

 

 

 

そしてとうとう日本の画家が

歩んだ事のない道を発見し、

現在は自由きままに旅する画家として活動している。

 

絵を描いて生きるには?

austrippaint

絵を描いて十分な収入が発生させるには

絵のスキル、そして絵を収入に変える知識、

継続する精神力が必要である。

 

 

ここまでくるのにかなり苦労したが、

日本で普通の会社に勤めたくないと言う

強い思いが僕を突き動かしたのだった。

 

 

今では毎日絵を描きながら、

他の仕事をする事なく生活する事ができる。

 

それに収入より旅費が

超える事はないのでお金も貯まって行く。

 

 

自由気ままな画家生活を送るには

お金の余裕が必要である事は

誰でもわかる事だが、それを

実行に移して成功した画家は

少ないのではないかと思う。

 

 

そんな人を救済するために

立ち上げたこの世界画家旅人では

世界で活躍したいと考えている

画家志望の人にとって役に立つ

情報を伝えている。

 

つまり海外で画家になる方法だ。

 

 

しかし、日本に滞在しながらも

画家として生きていける方法は

この世界画家旅人では伝えていない。

 

 

これは僕だけの秘密なので。

 

興味がある人にだけ

ZiNARTメールマガジンの中で

その方法を伝えているので興味があれば是非。

 

絵で生活するのに必要な事

paronellaparkpaint

先に断っておくが

簡単に画家になれるものではない。

 

 

画家になると言う事は

継続する精神力と絵のスキルが必要である。

 

 

 

本気で画家になりたいと思える人は

継続力のある人だと思う。

 

もしもあなたに自信があるのあなら

僕はチャンスを与える事ができるので

見逃さないで欲しい。

 

僕の目的は日本でも画家として

生活できる人を増やす事。

 

そしてそんな彼らと画家生活を

一緒に楽しみたいと考えているのだ。

 

ちなみにZiNARTメールマガジンは

無料で登録可能、解除も1秒でできるので

有利な情報だけでも受け取って欲しい。


文字を書く習慣がない!?先住民アボリジニのドットアート!

その昔、広大なオーストラリアの自然の中を

勇ましく生きる先住民アボリジニがいた。

 

彼らには文字を書いたり読んだりする習慣がない。

 

文字で表現したり何かを伝えるというような

人類が必ずやってきた考え方をせず、

彼らは独自の方法で自分の意思を伝えていた・・・

 

 

 

僕は世界43ヶ国以上を旅しながら

画家の仕事をやってきたが、

このアボリジニアートが

世界へ旅に出て初めてのアート鑑賞だった。

 

アボリジニの先住民族は絵で意思を伝える

出展 www.banyan-tree.com.au

cairns-saruabo

アボリジニの独特の文化。

 

それは文字を書いたり、読んだりする習慣がなく、

彼らは絵を壁に書いて相手に伝えると言う事をしていた。

 

 

 

絵の中で動物や魚の食べてはいけない部分などを

しめしたり、記号を使ってブーメランは

ブーメランの形の絵、男は縦線、女はUを反対にした形

などの記号を使い人や場所、物などを表現していた。

 

アボリジニアートと聞けば点画のイメージだが

点画は元々アボリジニ先住民達が場所の位置、

簡単に言えば地図の役割を果たすために地面に

点を描かれていたのを現代の人間がキャンパスの

上に描くようになり、その後オーストラリア内に

広がって行く事になった。

 

アボリジニアートはドットを使う

アボリジニアートの特徴は何と言っても

独特の色合いをドットで描く事にある。

 

繊細な筆使いで多くのアーティストが

このようなドット作品を描き生計を立てている。

 

出展 aboriginalartgalleries

cairns-aborijiniart1

オーストラリアにはアボリジニアートを描く

集団までいるようだが、皆それぞれ

違うタッチのドット画を描いており、

類似する作品は一つもない。

 

出展 aboriginalartgalleries

cairns-aborijiniart2

それぞれの個性を生かす描き方。

 

それがドットアートなのかもしれない。

 

違う人間に追い出された先住民

cairns_abogakki

 

先住民と言うだけあり元々5万年前から

オーストラリアに住んでいたアボリジニは

イギリスからやってきた人間に追い立てられ、

やがてオーストラリアは白人の文化になり

アボリジニは休息に衰退していったのだった。

 

 

 

街には今でもアボリジニの子孫がおり、

オーストラリアの街のあちこちで

ディジュリドゥと言う長い木でできた

筒のような形の民族楽器を使い、

筒の先から息を吹き込み、

独特の音色を奏でながら路上で

パフォーマンスをして収入を得ている。

 

ケアンズにあるアボリジニアート展

cairns-aboliginimise

 

旅の始まりはケアンズ。

 

絵の修行をするためにオーストラリアへ

来たのはいいが、知り合いも友人もいない、

英語も話せない、そしてどのようにして

絵の活動をすればいいのかわからない。

 

そんな状況でケアンズに到着してから

とりあえず最初はケアンズにある

公園ラグーンで絵を描く事から始めた。

 

 

 

そんな生活が続いたある日ケアンズの街を

散歩していると「ABORIGINAL ART CENTER」

と言うアボリジニアートを描く

多くのアーティスト達がここに作品を展示している。

 

中に入ってみると大きなキャンパスに描かれた

アボリジニアートが並んでいた。

 

 

 

値段を見てみるととても手が出る値段ではなかった。

 

 

 

しかし僕は多くのインスピレーションを感じる事ができ、

次に僕が描く作品の大きなヒントを得る事となった。

 

世界を旅する画家のつぶやき

livepait_zin1

 

先住民アボリジニには悲しい過去や

残酷な差別など悲惨な歴史もあったせいか、

現在でもアボリジニを嫌う人も中にはいると言う。

 

アボリジニの血をひくだけで

差別されてしまう彼らはケアンズの

あらゆる場所でもめ事を起こしているのを

何度も見た。

 

 

 

実際僕もアボリジニにケンカを売られた内の一人だ。

 

 

 

オーストラリアの西部を車で走っていると

多くのアボリジニから石を投げられたと言う

話も聞いた事がある。

 

これは先住民を追い出したために増幅した

憎しみが現在まで繋がり、

この状況を生んでしまったのだ。

 

 

しかしオーストリラと言う国は仕事をしていない

人には国から生活補助金がくばられており、

何もしないで生活しているアボリジニも多い。

 

大昔は残酷な事もあったが、現在は

自由な暮らしをしているアボリジニも散在するようだ。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ