旅で起きたトラブル!車の運転中にゴキブリと格闘した画家の日常

byronbay_chinramenkuu

前回のオーストラリアの記事で話した

トラブルから一夜が明けた。

 

真夜中・・・

 

寒い夜・・・

 

裸で大草原の真ん中で1人ぽつんと立っていた僕・・・

byronbay_warabi1dake

そんな状況に陥ってしまったが、

旅にトラブルはつきもの。

 

今回は僕のミスでこのトラブルが発生してしまった。

 

トラブルの詳細はこちらの

真夜中の草原で裸のまま閉め出された。

っと言う記事で書いているので

まだ見てないと言う人は読んでおいて欲しい。

 

 

 

こんな最悪の状況だったにも関わらず

僕は無事に今も旅を続けている。

 

旅をしているとトラブルが起きる度に

まわりの友人や旅の中で出会った人が

必ず助けてくれる。

 

不思議なほどに良いタイミングで

救世主が現れるのだ。

 

 

 

これは旅をしている人のあるあるで

困った時にこそ、そのような出会いは

必然的に起きる。

 

 

まず1つ目の必然的に起きた出会いは

ブラジル人でサウンドクリエイターをしている

リーフに出会った事。

byronbay_reefivent2

彼がいなければ僕は広い草原で

凍えるような寒さの中、裸で一夜を

過ごさなければならなかったであろう。

 

 

リーフのシェアハウスで一夜を明かした僕は

Tシャツを借りて町にでた。

 

車を開けてもらうために

整備士の所に行かなければ

ならなかったからだ。

 

鍵を開けてもらうだけであるが、

それだけでも恐らく50ドルくらいは

飛んでいってしまう・・・

 

なんてもったいないミスをしたのか・・・

 

そんな事を思いながら歩いていると

救世主と出会う事になる。

 

偶然ではなく必然の出会い

DSC_0635

以前ライブペイントをしている時に

ボスと言う犬と一緒に旅をしている

ブランキーと言う青年と出会った。

byronbay-brankiboss_0632

彼はキャンピングカーでオーストラリアの旅を

何年も続けており、僕の絵を気にいってくれたので

一枚購入して車内に飾ってくれている。

 

整備士の所に歩いている途中その

ブランキーと偶然出会ったので話しをしていた。

 

僕の落ち込んだ顔を見て

「どうしたの?」と訪ねてきたので

昨夜の事件の詳細を話すと彼はこう言った。

 

「俺、整備士だから開けてやるよ!」

 

 

 

耳を疑った。

 

 

こんな偶然あるのだろうか?

 

 

彼はキャンピングカーからハンガーを1つ

持ち出し、「さあ行こう!」と言う・・・

 

 

 

 

ハンガー1つで鍵が空くのか?

 

そんな事を思ったがブランキーの自信満々の

顔をみている限り、嘘をついているとは思えなかった。

 

彼を信じて僕の車がおいてある草原へと向う。

 

 

 

 

 

車は寂しそうにポツンと広い草原の

ど真ん中で僕の帰りを待っているようだった。

 

 

 

 

窓の隙間からハンガーをねじ込んだかと思えば

 

 

ガチャン、ゴゴ・・・

 

 

ガチャ・・・・

 

 

ガチャリ・・・

 

 

 

 

開いたー!!!!!

 

 

1分もかからず開けてしまった!

 

 

 

 

こんなに簡単に開けられては

僕の昨日の苦労がバカみたいに思えてくる・・・

 

 

 

その後車に乗り込み、ブランキーと一緒に

リーフの家でのんびりさせてもらう事にした。

byronbay_brankipaip

安心した僕はアボカドトーストを食べながら

今日はのんびり過ごす事にした。

byronbay_abokadotost

オーストラリアのアボカドは安くて大きくて

美味しいのでそのまま食べても味がする。

 

アボカドトーストは僕の定番の朝食になっていた。

 

ゴキブリパニック

byronbay_eigakan

無事に車の鍵を開ける事ができたので

安心してはいたが、実は僕にはもう1つ

かなり気になる事があった。

 

昨晩、車の中を徘徊していたゴキブリ・・・

 

 

 

車の中に入れないのをいい事に

僕が見ている前でゆっくり車の中を歩き回っていた。

 

車の中に放置していた食べかけのスナック菓子や

ゴミ袋を全て捨ててもまだ気味が悪いので

ひとまず車内全体を掃除機で掃除し、

奇麗な状態にした。

 

 

 

掃除中もゴキブリは見当たない。

 

どうやら昨晩の内に満足したのか、

僕の車から出ていったようだ。

 

 

 

安心した僕はそのままバイロンベイから

数分走った所にある丘の上に車を停めて

読書を楽しみながら一日のんびり過ごす事にした。

byronbay_marutaisu

丘の下には海が広がっており、

サーファーがサーフィンを楽しんでいるのが見える。

 

天気も良い。

 

風も気持ち良い。

 

 

気がつけば夕方までこの丘で寝てしまっていた。

byronbay_okauesirokuro

目の前には海の向こうに夕日が沈んでいる。

 

それが一日の終わりを告げる合図になる。

byronbay_okanouesunset

僕は車に乗り込みバイロンベイの町に

帰る事にした。

 

 

山道を走っている途中ラジオから流れる曲と

海に夕日が沈む絶景を横目に今日の晩ご飯は

何を食べるのかを考えていた。

byronbay_sunsetkumo

「今何時だ?」

 

 

そんな事を思ったのでケアンズで買った

自慢の腕時計で時刻を確認した。

 

 

 

 

 

時間は夕方の5時半・・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

「うぎゃーーーーーーーー!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

腕時計の横にゴキブリが止まっていた。

 

 

パニック!

 

 

 

手足をばたつかせるとゴキブリは

フロントガラスの前に吹き飛ぶ。

 

 

気持ちが悪い。

 

 

オーストラリアのゴキブリは動きが遅い。

 

 

窓を全開にしてタオルを拳に巻き付け

ゴキブリに左フックを叩き込む

窓の外へと吹っ飛んでいった。

 

 

 

掃除をした時はいなかったのに

どこに潜んでいたのか?

 

 

この車でいつも寝ていたので

気持ちが悪くて仕方がなかった。

 

帰りにオーストラリアのバルサン的な

殺虫剤を購入し、車の中に殺虫剤の煙で

一杯にする事に。

 

気持ちが悪いのと殺虫剤の煙で

僕も死にそうになったので、

その日はまたリーフのシェアハウスで

眠らせてもらう事になる。

 

これは僕の旅の中の事件でも

もっとも最悪な事件の1つになった。

 

画家として生活する方法を知らない常識人

zamami-mezamasi

ゴキブリ事件で最悪な気分ではあったが、

天気が良く心地よい風が吹くこの丘は最高の場所だった。

 

その丘の上には一軒の大きな屋敷が立っている。

 

恐らくオーストラリアのお金持ちが持つ家である。

 

僕もいつかこのような海の見える丘の上に

ホテルと個展会場を建ててのんびり自由気ままに

生活したいと思った。

 

 

現在はその夢の一歩手前まできている。

 

この当時はライブペイントと絵の依頼

だけでしか収入を発生させる方法を

知らなかったので日本に住むなのなら

絵で収入を得るための何か他の

方法を発見する必要があった。

 

僕はその方法をすでに発見してしまったので

夢の一歩手前と言えるのだ。

 

 

まだまだ億単位を稼げるような

絵描きにはなれていないが、それでも

生活するには十分すぎるほどの収入がある。

 

それに僕は億万長者になりたいのではなく

自分の好きな事だけをして生きたい。

 

 

ただそれだけなのだ。

 

 

絵を描いて生きるとはかなり幸せな

生活ができていると自分でも思う。

 

世の中にはその方法がわからずに

路頭に迷う若者が後を絶たない。

 

僕は思った事をすぐに行動に移すタイプだったので

その結果、今の生活を手にいれたのだ。

 

 

 

行動しなければ何も始まらない。

 

常識に捕われていては何も得る事ができない。

 

 

 

早くこの事に気付かなければ

絵を描く人生なんてものは手に入らない。

 

 

絵を描いて生きるなんて無理だと

バカにされる事もあったが、

それはその人の常識内での話。

 

知識と情報を頭にいれながら

行動すれば確実に絵を描いて

生活する方法はあるのだ。

 

それを現在の僕が証明している。


海外でのトラブル!真夜中の草原で裸のまま閉め出された。

nomove_aus

世界を旅していると何度も最悪の状況に

陥ってしまうトラブルがある。

 

真夜中・・・

 

僕はオーストラリアの草原の真ん中で

上半身裸で1人たたずんでいた。

 

季節はもうすでに夏が終わりを迎え、

秋に一歩足を踏み入れる時期であった。

 

 

秋の夜中の気温はもはや冬である。

 

 

そんな中、僕はどうする事もできず

1人真っ暗闇の草原の中に立っている。

 

 

 

なぜこのような状況になったのか説明しよう。

 

僕は旅する画家

byroneuru

オーストラリアの旅に来た目的は

絵のスキルを上げるための修行・・・

 

そして絵を描いて生活できる方法を探すため。

 

 

旅は順調に進み、僕はオーストラリアの

バイロンベイと言う世界中からアーティスト達

が集まる小さな海に囲まれた町に滞在していた。

byron_zekkei

旅中に出会った人達からの依頼や

ライブペイントなどで絵を描いて

収入を得る事により、日本で普通に

働くより稼げてしまったので、

思いのほか簡単に

『海外で絵を描いて生活する』

と言う方法を発見してしまった。

 

 

お金も十分貯まる生活なので

僕はバイロンベイで車を購入し、

毎日海の前に車を停めてのんびり

絵を描く仕事をしていた。

byronbay_umikuruma

寝泊まりも僕の愛車でしており、

シャワーや食事は無料で提供される場所があるので

そこを利用する事で全く出費がなく、何のストレスも

不安もない生活を送っていたのだ。

 

 

車はかなり古い型であったが、

5万円と格安で友人に売ってもらい、

日々車と過ごすと共に比例して

愛着も湧いてきている。

 

 

言うなれば相棒のような存在であった。

 

今回のトラブルはその相棒と

一緒にいた時に起きた事件である。

 

夢の生活をしながら絵を描く

byronbay_yokonaga

この日も朝からライブペイントで

一日分の生活するお金を稼いでいた。

 

一日過ごせる収入があれば十分。

 

以前ブラジルからやってきた僕の友人の

サウンドクリエイターをしているリーフ

と言う青年からの依頼であるCDジャケットの

絵を描きに僕の相棒である車を走らせ、

海の前に停めてビーチでラーメンを

食べながら絵を描いていた。

byronbay_chinramenkuu

ちなみにこれがCDジャケットの依頼作品の

途中の段階である。

byronbay_reefsitagaki

byronbay_reefsitagaki2

波の音が心地よい。

byronbay_yuttaritime

こんな生活日本にいては

絶対にできなかった。

 

ましてや絵で収入を得る事は

日本ではかなり難しい事とされている。

 

今まで苦労してきて画家人生を

歩んできたが、これまでの苦労が

報われた生活に十分満足している。

 

 

 

 

キリがいい所までCDジャケットのデザインを

描いたので車にもどり、海の前でジブリの名作

『海が聞こえる』

を観ながらのんびり時間を過ごす事に・・・

byronbay_eigakan

byronbay_umigakikoeru

海の前で海が聞こえるを見ながら

ポテトとコーラをつまみ、

ゆったりと流れる時間・・・

 

まさに夢の生活である。

 

事件は夜に起こった・・・

byronbay_yuuhioyako

映画を観ている途中でいつのまにか

寝てしまっていたのか、気がつけば

目の前には太陽が海の向こうに沈もうとしている。

 

今日はどこに車を停めて寝ようか?

 

別にこの場所でもいいのだが、

お腹が空いたのでひとまず

晩ご飯を食べに町の中心街へと戻る事に。

 

さきほども話したとおり、

バイロンベイでは食費に一切お金がかからない。

 

その理由はこちらの記事に書いているので

興味がある人は読んでおいて欲しい。

オーストラリアで4ヶ月の旅費0円で生活する方法

 

 

アーツファクトリーで晩ご飯を食べおえ、

時間も12時をまわる時間帯になっていたので

今夜の寝床を探す事にした。

 

寝床と言っても自分が好きな場所に

車を停めて車の中で寝るだけである。

 

今夜は雲が1つもなく、

満点の星空を観ながら寝りたかったので

バイロンベイの町から車で20分かかる

広い草原地帯で寝る事にした。

 

草原には誰もいない。

 

いるとすれば野生のワラビーだけである。

byronbay_warabi1dake

まわりには民家もなく

人なんてくるわけもない。

 

草原のすぐ横にある丘を登ると

月明かりに照らされた海が見える。

byronbay_hikarutuki

聞こえるのは波の音だけ・・・

 

今夜はこの場所で寝る事に。

 

僕は車で寝る時はTシャツを脱いで

上半身裸で眠るようにしている。

 

昔からの癖で服を来ていると

眠りが浅くなってしまうのだ。

 

とりあえず服を脱ぎ、

お昼に観ていた海が聞こえるを

途中で寝てしまった所から再生して、

ビールとつまみを食べながら最後まで観てから

眠りにつく事にした。

 

 

が・・・

 

 

気がついた時にはまた眠ってしまっていたようで

いつの間にか映画は最後のエンディングの場面まで

進んでしまっている。

 

 

「また寝てしまった・・・」

 

 

そんな事をぼやきながら

急にトイレに行きたくなったので

外にでて草原の真ん中で用を足す事に。

 

海が近いためか、今日はやけに風が強い。

 

 

 

時間も夜中の1時になりかけていたので

少し肌寒く感じ、腕には鳥肌が立っている。

 

寒い寒いと言い、両腕をこすりながら

海の側にあるシャワーで手を洗う事にしたが、

風が強かったため少し体に水がかかってしまった。

 

車の中にバスタオルをおいていたので

体を拭こうと車の方へ戻り、

ドアに手をかけた・・・

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

開かない・・・

 

 

 

 

 

無意識の内に鍵を閉めてしまったんだな〜

 

っと思い、鍵でドアを開けようとした。

 

 

 

 

 

 

鍵がない・・・

 

 

 

 

 

その瞬間、血の気が引くのを感じた・・・

 

 

鍵を車の中においたままロックをかけてしまった。

 

車で生活していたので僕の荷物は

全て車の中にある。

 

 

 

これはまずい状況になった。

 

とりあえず友人のリーフに電話して

助けを呼ぼうとした。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

携帯も車の中だった。

 

 

 

 

 

僕は上半身裸のまま1人月明かりの下で

海から吹く風に揺られながらただただ

ボーッと立っていた。

 

 

 

 

寒い・・・

 

 

 

 

海から吹く風と秋の気温が僕を苦しめる・・・

 

 

辺りは闇で囲まれており、

そこから1m先が月明かりで

かろうじて見えるだけ・・・

 

 

どうしようか考えたが、

これは助けを呼ぶしかないと思い、

この場所から一番近いリーフの

シェアハウスに向う事にした。

 

普通に歩いても1時間はかかる。

 

暗闇の中を手探りで歩けば

何時間かかるのだろう・・・

 

 

 

そんな事も言っていられないので

僕は暗闇の中を必死に歩き、1時間半後に

ようやくリーフのシェアハウスに到着した。

 

運良くまだ起きていたので

家に入るとリーフが驚いた顔で

「どうしたの?」と言ってきた。

 

事の事情を説明すると、

リーフの車でその場所まで向かい、

どうにかして開けてみようと言ってくれた。

 

あいつに乗っ取られた僕の車

byron_amanogawa

20分かけようやく到着し、

僕の車へと向った。

 

ライトが無ければどこに車があるのからすら

見る事ができない。

 

 

よくこんな暗闇の中を1時間半も歩いたものだ。

 

車につき、リーフが僕の車の中を照らす・・・

 

突然「あっ・・・」

 

とリーフが何か発見したかのように

車の中を覗き込んでいる。

 

 

 

「どうしたの?」

 

と訪ねるとリーフは中を見てみろと言う・・・

 

 

 

 

 

リーフがライトで照らしている光の先を

見るとそこには地球上で一番最悪の奴がいた。

 

 

 

 

 

ゴキブリだ・・・

 

 

 

 

オーストラリアのゴキブリは

日本のように俊敏に動く事はない。

 

むしろゆっくり歩き、

体は強そうな甲殻で覆われ、

黄色っぽい頭をしている。

 

カッコイイと言えばカッコイイが

やっぱり僕にとっては気持ちが悪かった。

 

僕の車の中をゆっくり歩きまわり、

ドアが空かないため僕はそれを

見ている事しかできなかった・・・

 

 

もう笑うしかない・・・

 

ここまできてしまえば何だか

妙におもしろくなってきた。

 

 

僕はリーフとヘラヘラしながら

リーフのシェアハウスに帰り、

今夜はここに泊まりなと言ってくれたので

ソファーで眠る事になった。

 

 

 

 

半笑いの僕を半笑いで優しく接してくれる

リーフが僕のために健康に良いオーガニックの

晩ご飯を作って慰めてくれた。

byronbay_reeffood

 

何ていい奴なんだ・・・

 

 

半笑いでありがとうと言い、

1分でたいらげると半笑いのまま

リーフは自分の部屋へと帰っていった・・・

 

 

 

 

次の日、僕の車を開けてくれる

救世主となる人物と出会う事になる。

 

運命とはよくできたものだ。

 

僕は旅をしていて何かトラブルに巻き込まれる

たんびにそこに救世主が現れる事がよくある。

 

そんな人達のおかげで楽しい旅を

続ける事ができているのだ。

 

 

その人との出会いは次の記事で書いていこうと思う。


ポルトガルで旅初日にトラブルに巻き込まれた

画家として生きていくにはどうすればいいのか?

 

その答えを探す為、そして自分の中の世界を広げて

絵に反映させる為に、大きなキャンパスと

絵の具と筆を持って世界一周の旅にでた。

zininrisubon

その旅の始まりはポルトガルのリスボンから始まった。

 

日本からドバイを経由して約7時間。

 

旅の初日で問題が発生した。

 

リスボンの空港に到着後、預けていた荷物を受け取る為に

荷物引取りターンテーブルへ行って僕のキャンパスと

筆と絵の具、その他に必要最低限の物が

入ったカバンを待っていた。

 

 

しかし、20分経っても出てこない。

 

 

カバンの中にはカメラやiPAD,PCなど機械類が入っていたが

そんな物より僕はキャンパスと絵の具と筆が手元に

帰ってこない事の方が問題だった。

 

 

キャンパスは折りたたみ式を日本で

制作したので外国では手に入らない。

 

絵の具も今まで使用してきたものを使わないと

同じタッチの絵を描けるかわからない。

 

筆にいたっては少し特殊な筆を使用してるので、

海外で手に入るのか検討もつかない。

 

 

焦った僕は預け荷物管理受付に行って事の事情を話した。

 

受付のおばさんは何故か不機嫌そうな顔でこう言った。

 

「飛行機に積んだ荷物はすべて運び終えたよ」

 

 

正直その対応の悪さに腹が立ったが、

そんな事より絵描き道具一式の方が重要だったため、

僕は荷物引取りターンテーブルの場所へ確認しに戻った。

 

 

しかし、何度確認しても何も出てこないし

もうすでに荷物を運び終えた印の赤いランプが点灯していた。

 

 

途方にくれていると黒人の警備員らしき人がどんな荷物を

待っているのかを確認しにきてくれたので日本から

持ってきた荷物すべてを伝えると別室に連れていかれた。

 

 

そこには僕のカバン、キャンパス、絵の具、筆、

すべての荷物が部屋の隅っこにおかれていた。

 

 

なぜかはわからないが最初からこの部屋に運ばれていたらしい。

 

中を確認しても盗まれたものは何一つなかった。

 

海外ではこういった予測できないトラブルが起こる。

 

 

この世界一周の旅ではこの先、

様々なトラブルに巻き込まれる事になるのだが、

これはその最初の小さな小さなトラブルの一つにすぎない。

 

 

とにかく荷物が見つかって一安心したので電車で

予約していた宿に向かった。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ