マドリードの街を歩いて絵の参考にする。

spain_artkabe

スペインのマドリードに来て一週間。

 

偶然出会った青年フィールに紹介してもらった宿に

泊まり同じ部屋の様々な国籍の人と仲良くなった。

 

僕が泊まっている部屋はドミトリーと言って

一部屋に3つの2段ベットが設置されており、

かなり安くで滞在する事ができる。

 

1人部屋もあるのだが、僕は旅の出会いを大切にしている。

 

出会いが多い分、僕の活動を知ってくれる人が増え

思いもよらない幸運に巡り合う事がある事を知っているからだ。

 

今まで何度もこういった出会いに助けられてきたし、

さらに絵の仕事にもつながる事が多かった。

 

オランダ人2人、香港人2人、フランス人3人と

仲良くなり宿で無料で使えるキッチンで料理をつくって

皆で話しをしていた。

 

各国の国の話や今まで行った観光客があまりいない

隠れスポットやこれから何をしていくのかなど。

 

僕は1人が好きなタイプなのだがこのように

各国の人の意見や情報にふれる事により

今まで知らなかった知識が頭の中にたまっていくのだ。

 

この友人とは今でも連絡をとり合う仲だ。

 

しかしそんな出会いが多かったマドリードを

そろそろ旅立とうと考えている。

 

マドリードでの最大の目的、ダリの美術館でいい刺激をもらい、

セゴビアでは最高のインスピレーションを頂いたので

もうマドリードでする事と言えば街の探検だけになっていた。

 

マドリードの街は相変わらずどこも観光客が多い。

 

歩いているとフリーマーケットのようなものを

発見したがどれもスペイン語の本ばかりだったので

特に何も買わなかった。

spain_books

街の高台まで1時間かけて歩き、街の景色を眺めながら

スーパーで買ったお弁当とビールを飲んでのんびりしていた。

 

その高台から気になる建物があったのでそこまで歩いて行く事に。

 

その土地を自分の足で歩くと僕は今日本から遠く離れた土地に

1人でいるという実感が湧いてくるので歩くのは好きなのだ。

 

結局3時間ほど歩いてようやく到着したが、

この巨大なアートの建物を少し観察して写真を撮り、

他に何をするわけでもなくここでもビールを飲むだけだった。

 

しかしこの無意味に見えるような行動があるとき

思いもよらない体験やアイデアを生む事があるのだ。

 

事実、後にマドリードで見た建物を参考に絵を描く事になる。

 

そして十分堪能したので来た道を戻り宿のベットの上で

明日は何をしようか考えながら眠りにつくのだった。


タグ: 

カテゴリ:ヨーロッパ旅の記録 

マドリードの街にいる世界的に有名なキャラクター達

ポルトガルの旅で出会った人達を思い出しながら

真っ暗な電車の中で窓の向こうのにある闇を見つめていた。

 

4日間しか滞在しなかったがポルトガルでは

良い出会いしかなかった。

 

陽気なレストランを経営している夫婦や

巨石の村モンサントへ行く時ヒッチハイクで

拾ってくれたお兄さん。

 

そしてピーターに出会えて本当によかった。

 

彼とは今も連絡を取り合っている仲で僕の活動を

見ていてくれる外国に住む大切な友人だ。

 

そんな人達を思い出しながら狭いシートに座っていた。

 

シートが腰に合っていないのだろうか?

ヘルニア持ちの僕にはかなりハードな状況だった。

 

 

腰に負担がかかり眠れない。

 

 

必死に腰の痛さに耐えながら気分を変えようとして

窓の方を見たが、そこには闇しかなかった。

 

 

眠れないまま8時間が経過してようやくマドリードに到着した。

 

時間は朝の10時になっていた。

 

体はかなり疲れていたが新しい土地に来たと思うと

ワクワクがとまらない。

 

さっそく今日の宿を探す事にした。

 

僕はスペイン語は話せないが英語が通じればなんとか

なるだろうと思っていたので全く心配なんてしていなかった。

 

さっそくインフォメーションセンターに行き受付のおじさんに

英語でここから近い安い宿をたずねた。

 

 

受付のおじさんは無表情で一言だけ言った。

「・・・・English no」

 

イングリッシュノーという言葉だけで打ち砕かれた僕は

インフォメーションセンターのおじさんを後に次の作戦を考えていた。

 

 

駅構内をうろついている旅人風の人に聞けばこの辺りの

宿の情報を持っているに違いない。

 

 

そう思った僕はアフロヘアーの旅慣れしている雰囲気を

かもしだしている青年に声をかけた。

 

すると彼は安い宿も知っているし一緒に行こうと誘ってくれた。

 

彼の名はフィールと言いブラジルからアメリカへ移住して

今はヨーロッパを旅しているようだ。

 

彼はスペイン語もポルトガル語も英語も話せたので

初めてスペインに来たようだったが道に迷う事はなかった。

feel

電車でマドリードの中心街にある宿へ向かう事になり、

彼に全てを任せて僕はマドリードで何をするか考えていた。

 

スペインは芸術に溢れている情熱的な国。

 

博物館や絵の展示を見て僕の頭に衝撃を与えよう。

 

今回の世界を旅する目的の一つが新しい観点からアートを

描いてくために様々な世界のアートを観察する事なのだ。

 

そんな事をフィールに話しながら歩いているといつのまにか

マドリードに到着していた。

 

街の中を世界的に有名なキャラクターが普通に歩いている。

nisepu-san

世界各国で放映されているキャラクターが僕に手招きをしている。

nisekyara2

フィールがあいつらはタチの悪い偽物だからあまり

近付かない方がいいと教えてくれた。

 

僕とフィールはそのまま宿へ歩き出した。

 

彼はマドリードの駅から歩いて5分の所にある宿を

予約していたようで、安くて綺麗なホテルだし

一泊7ユーロで泊まる事ができた。

 

荷物を部屋のロッカーに押し込み、

そのままマドリードの街を探索する事にした。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ