RPGのような巨石の村モンサントはポルトガルにある!

朝8時に目がさめてカーテンを開くと最高の天気で

数本の飛行機雲だけが青い空にのびていた。

 

昨日、仲良くなったピーターが巨石の村

モンサントへ車で連れていってくれる事になっている。

 

ちょうど朝食を食べた時に彼が

宿の前まで迎えにきてくれて

そしてとうとうRPGのような世界へ向かう。

gotomonsanto

モンサントはカステロ・ブランコから

車で一時間半ほどで到着する。

mapmosanto

村に近づくにつれ巨大な岩が

ちらほら道の端にころがっており、

遠くの山の上にある民家の中に

うっすらと岩が突き刺さっているのが見えてきた。

gotomonsanto2

monsanto_mura

入り口に車を止めて巨石の下の

隙間をくぐり抜けてモンサントの頂上を目指した。

 

頂上には岩でできた城が建っており、

本当にRPGのような世界が広がっていた。

monsantoiriguchi

monsantosiro1

ピーターが買ってきてくれた昼食を食べながら

巨石の村を見下ろすと家の中に

岩がめり込んでいるのが見えた。

monsantop

monsantolunch

monsanto_house1

monsantohouse2

こんなデザインの村は

世界でここだけではないだろうか?

 

村の雰囲気はのんびりしており、

どこを撮っても絵になるような

オシャレでレトロなデザインの中に

巨石という異様な光景が混ざり合った

不思議な世界を味わう事ができる村。

 

ここが僕がどうしても来たかった

山の上の巨石の村モンサントなのだ。

monsanto_pic1

monsanto_pic2

monsanto_pic3
この村の経験でかなりの

インスピレーションを得る事になり

僕の世界の絵を描く時に必要な

情報がここには数多くあった。

 

岩を描く時に資料にもなるし、

不思議な世界の雰囲気を感じとる

事によって、その雰囲気が絵の中に

反映される事で絵の成長につながるのだと思う。

 

ポルトガルに来た理由はモンサントを

直に感じ、絵に役立つ情報を

手にいれるためだったので目的は達成された。

 

明日からスペインに向かう事にした。

 

もちろんスペインの情報は町の名前以外調べない。

 

情報を持たないで旅をする方が

驚くような体験や、情報、普通の観光客が

行かないレアな場所へも行ける可能性が

高くなるからだ。

 

なぜそうなるのかと言うと

情報がない事によって人に聞く事が増え

その中で良い出会いが確実に

自分をいい方向に導いてくれる事を

知っているからだ。

 

これはオーストラリアを一年旅した時に気づいた。

 

人と話す事によっていつもその地の人が助けてくれた。

 

そして実際にこれからの世界を

まわる旅でも数多くの親切な人と

出会う事になる。

 

世界には驚く程親切な人が大勢いる。

 


3カ所ある?ポルトガルにある岩の村モンサントへ行く時の注意!

ポルトガルにある岩の村

モンサントをご存知だろうか?

 

岩を利用した村で家の中に大きな

巨石がくいこんだり巨石の間を

利用したレストランなどが

立ち並ぶ山の上にある村の事だ。

monsanto-iwa

そんなRPGのような世界観をみれる村

モンサントへ行く事にした僕は朝5時に起き、

リスボンを出ることにしたが、この時僕は

大きなミスをおかしている事に全く気づかなかった。

Batalha

モンサントへ行く旅人は同じ失敗を

繰り返さないためにも是非この記事を

読んでおいて欲しい。

 

ネットで調べるとバターリャという町が

モンサントから一番近く、

物価も安いようなのでリスボンをバスで

出発してから1時間ほどでバターリャに到着した。

 

かなり田舎町で英語を話せる人がいない。

 

ポルトガル語が話せない僕は

とにかく安そうな宿に飛び込んで
リスボンで調べた片言のポルトガル語で

宿のおばさんに今日泊まれるか聞くと

部屋は全室空いていたようですんなり

宿を確保する事ができた。

 

 

ここには大きな修道院が一つあるだけで

他にはとくに観光するような場所はない。

町には小さな雑貨やさんがあり、

ここで首からかける財布を購入した。

Batalha_zakka

この店の店員さんが英語を話せたので

モンサントへの行き方を知るには

ここしかないと思い店員さんに詳しい話を聞くと、
この街よりアルカネーニャという町の方が

モンサントへ行くには便利なようで宿を

キャンセルしてアルカネーニャに向かう事にした。

 

この街もかなりの田舎町で宿を探すのに苦労した。

田舎町だが一つだけ立派な高級ホテルがたっていた。

 

一泊4000円以上するようで当時の僕は

どのくらい旅をするのか決めていなかったし、

ヨーロッパで絵の仕事で収入を得る事が

出来るのかわからなかった。

 

なので節約のためこのホテルは断念する事に。

 

しかし受付のお姉さんが英語を

話せたのでこの街で一番安い宿を

教えてくれて、その宿へ向かい

荷物を置いてモンサントへ向かう事にした。

 

まだお昼を少し過ぎた時間だったので

モンサントへ向かうバス停の近くの夫婦で

経営している小さなレストランで昼食をとる事に。

 

その夫婦と近所の友達が昼間から

酔っ払って楽しそうに話をしている。

 

小さな田舎町で日本人が珍しかったのか

僕に話しかけてきた。

 

ポルトガル語がわからない僕は

とりあえず彼らの名前を聞いて
名前をカタカナに翻訳して見せると

大喜びしてお酒と食事をご馳走してくれり、
ポルトガル語が話せなくて困っていると

身振り手振りで伝えると奥さんがわざわざ

英語からポルトガル語に翻訳してくれる本を
買ってきてプレゼントしてくれたりと、

かなり親切にしてもらった。

restaurant_bata

portuguese_book

モンサントの行き方を聞くとここから

約5キロくらい歩いた所にあると

言うのでかなり酔っ払っていたが、

自分の足でこの地をめぐりたいと思い、

歩いて行く事にした。

 

レストランの夫婦とその友達に

お礼を言いモンサントへ出発。

 

午後6時だったが夏のポルトガルは日が沈むのが遅い。

Batalha_monsanto

朝5時からの長距離移動と

お酒によりかなり体力を消耗してきたので

ヒッチハイクをしてモンサントへ向かう事にした。

 

田舎町なので車が中々通らなかったが、

タイミング良く車が一台通りヒッチハイク

一回目で乗せてもらう事に成功した。

 

車内で英語を話せるお兄さんに

モンサント向かっていると言うと

彼は不思議そうな顔をしている。

Batalha_car

「モンサントへはどのくらいでつきますか?」

と聞く彼は言った。

 

「モンサントはここですよ?」

 

・・・意味がわからなかった。

 

僕が向かうモンサントは山の上の岩で

できた村なのだが、どう見ても

山も岩の一つもない広い草原が

広がっているだけの田舎町だった。

 

お兄さんに詳しく聞くと、

ポルトガルにはモンサントという村は

3カ所あるらしく僕はここで大きな

ミスをした事に気がつく。

 

すぐに車を降りて歩いてさっきの町へ

引き返し高級ホテルの英語を話せる

受付のお姉さんに岩でできた村の

モンサントへの場所を聞くと地図と行き方を

説明してくれて明日の朝その近くの町へ行く事になる。

 

昼間のレストランにディナーを食べに行くと

彼らはまだ酔っ払っていた。

 

今日の出来事を話すと大笑いしながら奥さんが

明日の朝駅まで送ってくれると言う。

 

長距離移動とモンサント違いの

ダメージでかなり疲れていたが、
そのミスのおかげでこんなに

親切でいい人達とも出会えたので
これはこれでいい旅の出だしだと思う。

 

旅の醍醐味はこのような人達と

出会えると言う事なのだ。

 

 

明日は本物のモンサントの近くの町へ行く。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ