オススメ!世界の壮大な絶景ベスト5!!

画家の仕事をしながらこれまで43ヶ国以上旅してきたが、

世界各国の絶景を見ると頭の中が活性化され

インスピレーションを感じる事ができる。

 

これは僕にとって大事な作業の一つで、

脳に刺激を与えて僕の頭の中の世界を鮮明にして

それをキャンパスに描きうつしていく事ができる。

 

絶景であればあるほど

僕の絵に大きな影響を与えてくれる。

 

 

今回は世界43ヶ国から画家の視点で選んだ人生観が変わる

世界の絶景を紹介していこうと思う。

 

ナミビア砂漠(ナミビア)

IMG_9832

IMG_9737

ナミビアの首都であるウィントフークから車で約5時間

の所にあるナミビアの世界最古の砂漠で夕方になると

赤く染められた砂漠が赤色に輝きを放つ。

IMG_9739

僕は泊まっていた宿でツアーを申し込みジープに乗って

ナミビア砂漠までの道のりを楽しんだ。

IMG_9801

5時間と聞くとうんざりするかもしれないが、

車で向かう途中に木の上にできた大きな固まりの

鳥の巣や見晴らしの良い丘の上で昼食を食べたりするので

ナミビア砂漠の近くにある豪華なホテルまで楽しみながら

旅をする事ができた。

 

日本では鳥取砂丘くらいしか馴染みのない砂漠だが

ここに行くと世界の広さを改めて思い知らされる場所だ。

 

キングスレイク(ドイツ)

IMG_5611

ドイツとオーストリアの国境の近くにある大きな湖で

ドイツ人の友達にキングスレイクに行ったと言っても

この場所を知らないドイツ人も数多くいる。

IMG_5613

IMG_5612

日本語で検索しても出てこないので日本人にも

ほとんど知られていないオススメの場所だ。

 

僕はたまたまキングスレイクから1時間程の距離に住む

ドイツ人の友達の家に泊まっていたので車でここまで

連れて行ってもらえた。

 

壮大な山々に間に美しい湖があり、遠くでは鳥の鳴く声が

やまびことなって帰ってくる。

 

ケーブルカーに乗って山の頂上まで行く事もでき、

壮大な景色を眺めながら山の頂上にあるレストランで

食事を楽しむ事もできる。

IMG_5618

 

ウユニ塩湖(ボリビア)

IMG_0862

日本では有名なこのウユニ塩湖はボリビアのラパスから

バスで約12時間の所にあるウユニ街の近くにあり、

どこの宿へ行っても日本人が多く滞在しているので

安心で物価もかなり安い。

 

2月後半から3月中にかけて雨期の時期なので、

この時期に行くとこのような空が奇麗に水たまりに

反射する世界を見る事ができる

IMG_0791

僕はツアー会社に行って7人乗りのジープを

日本人でシェアしてウユニ塩湖まで行った。

IMG_0854

IMG_0857

昼は暑いが夜になると急激に気温が落ちるので

暖かい格好をして行く必要がある。

 

カッパドキア(トルコ)

IMG_8147

トルコのカッパドキアは不思議な岩の地形に

無数に人口の穴が掘られており、まるで

違う惑星のような絶景を見る事ができる。

 

僕はここに約1週間滞在した。

IMG_8479

IMG_8483

街の至る所にトルコと日本の国旗が並べられており、

トルコ人は日本人にとても親切にしてくれる。

 

ちなみに僕が泊まった宿のまわりもこの地形で囲まれていて

高級ホテルに泊まっているようだったが、

ドミトリーで1500円ほどで滞在できるので

値段もそんなに高くはない。

IMG_8454

宿で気球ツアーも申し込めるので僕は早朝5時からツアーに

参加して気球の上からカッパドキアの朝日を眺める事ができた。

IMG_8145

美しい朝日の光に照らされた異様な形の地形に衝撃を受けた。

 

いつまでいても飽きる事はなかった。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

IMG_7169

クロアチアにある世界遺産プリトヴィッツェ湖群国立公園の湖は

透明度が高く、驚くほど水の透明度が高い。

IMG_7173

ここまでザダルという街からバスで2時間でつくので

世界中から観光客がこの美しい自然を求めてやってくる。

 

湖のまわりを歩けるようになっていて

全て歩いて見ようと思えば6時間はかかるだろう。

IMG_7168

僕は約4時間頑張って歩いたが一周する事はできなかったが、

その途中で4センチほどのかなり小さい珍しい動物も見る事ができた。

IMG_7166

美しい湖をみながら昼食を食べていると

心も穏やかになるそんな場所だ。

 

僕は絵の仕事をもらいながら世界を自由に旅できる。

 

奇麗な海でのんびりしたり、衝撃的な絶景を見たり、

不思議な体験をする事もある。

 

ここまでくるのにかなり苦労したが頑張ったかいがあった。

 

なぜなら人ができない経験を多くしてきたので

人生にとってもかなりのプラスになっている。

 

あなたも旅をしながら何か稼ぐ方法を

探し求めれば自由な旅にでる事ができると確信している。

 

世界はそんな気持ちを強くしてくれる場所が無数に存在するのだ。

 


タグ:  

カテゴリ:世界各国の情報 

世界を旅してついに日本で画家になる方法を発見した話

僕が海外に旅に出た理由は

画家になる方法を探すという事が第一の目的であった。

画家になる方法を探すといっても

最初は何をしていいのかさえわからなかったし

英語すら話す事ができなかった。

 

 

旅に出る前は何も調べずにただオーストラリアの

上の方に行って旅をしながら絵を描いていたら

その内画家になる方法が見つかるだろうと思っていた。

 

まさにその予感は的中する事になる。

 

最初はどうしていいのかわからないので

とりあえず公園で絵を描く事から始めた。

すると様々な国の人が話しかけてきたり

ディナーに誘ってきてくれたりと、

とても親切にしてくれる結果となったのだ。

旅に出て気づいたが英語が話せない事は関係ない。

 

まともに話せなくても何とかして

自分の思いを伝えようと努力すれば

相手もその気持ちをくみ取って理解しようとしてくれる。

 

 

最初はそのようにしてコミュニケーションを

とっていたが旅をしている間に英語が話せるように

なり、多くの人と深い話ができるほどまでに成長した。

 

 

 

しかし成長したのは英語だけではない。

 

 

旅当初の目的、画家になる方法を

ついに発見したのだ。

 

しかしこの時は「海外で」画家になる方法を

見つけたに過ぎない。

 

画家になるとは具体的にどう言う事なのか?

 

 

絵を描いて生活できるレベルの収入を得る事が

画家になるという事ならば僕はその答えを

旅に出て2ヶ月たらずで発見してしまったことになる。

 

オーストラリアのバイロンベイと言う

海に飛び出た大陸の先にある小さな街に

滞在していた時に僕はとうとう

海外で絵を描いて収入を得る方法を

発見してしまったのだった。

 

 

しかも想像以上に稼ぐことができる。

 

 

普通に日本でバイトするよりはるかに

短い時間で大金を稼ぐ方法を発見した僕は

世界でどこの国が稼ぎやすいのか?

という事を探す旅に出ようと漠然と

この時から考えていた。

 

 

実際にオーストラリアの旅が終わってから

次は世界をまわる旅に出た。

 

そして世界43カ国以上を旅してきた中で

僕が得たものは僕の人生にとって大きな武器となったのだ。

 

 

 

それに・・・・

 

 

 

僕は日本でも画家として生きていく方法も

この世界の旅で発見する事になる。

 

 

今まで僕の人生は山あり谷ありで

ドロドロした時間を過ごしてきた時期もあったが

ついに僕の将来を照らす光を見つけだした。

 

 

そしてこの方法はメールマガジンの中で

語っていく事にしている。

 

 

海外で画家になるのは以外と

簡単な事かもしれないが日本で画家を

目指すとなると相当な努力が必要になってくる。

 

 

しかし僕の方法を1年間頑張って行動に移し続ければ

月に10万人以上に作品を見てもらえるような状況を

作り出せる事ができるようになる。

 

ここでは話せない事もあるので

興味がある人は無料のメルマガに登録しておいて欲しい。


タグ: 

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ