沖縄で絵を描く仕事をする時に抑えておく事

沖縄で絵を描く仕事をすると言うと

 

「そんなに仕事があるのか?」

 

「やっていけるのか?」

 

っと思う人もいると思うが、
実際僕は沖縄に移住して画家活動をして
家族も養う事ができている。

これまで世界中を4年間かけて旅しながら
絵を描く仕事をしてきた後、大阪で活動して
家族を持ち、沖縄に移住して画家活動を
する事になったのだが、この生活ができるように
なるまでに本当に多くの事を学ぶ必要があった。

 

ただ絵が上手いと言うだけで
絵を描く仕事を手にいれる事は出来ない。

 

 

特に東京や大阪のような都会ではない環境で
活動するとなると画力以外にも必要なスキルと
いうものが必要になってくる。

 

 

その必要なスキルとは

自分の作品に興味を持つ人に

その価値を伝えるスキル。

 

そしてこれを伝える事で
絵の仕事につながってくるようになる。

これを世間ではマーケティングと言われているが
このスキル+独創的な作品を描ける能力
と言うものを持たなくてはいけない。

 

今の時代SNSやネット環境が整っており、
世界中と簡単につながる事が出来るので
これらを有効的に使いこなす事ができれば
沖縄でも違う国でもキャンパスとパソコンさえ
あれば絵を描く仕事を得る事ができるようになるだろう。

 

 

しかし、大抵の人はこの画力以外の
スキルの必要性に気づいていない。

 

いや、気づいてはいるが、どうしていいのか
わからない、あるいは本格的に学ぼうと
せずに後回しにしてしまっているようだ。

 

 

人を集めるスキルを持ってしまえば

その後に個展をする時でも何かイベントを
主催する時でも簡単に人を集める事も出来るのに。

学びというのは本当に大切で
一つ一つ学んで着実に画家にとって
必要なスキルを手にする事ができれば
あなたにとって最強の武器となり得るだろう。

 

僕がこれまで学んできた事と言えば

 

・専門学校で絵の描き方

 

・グラフィックデザイン

 

・海外で絵を描いて稼ぐ方法

 

・英語

 

・絵の価値を伝える方法

 

・人を集める方法

 

・文章術

 

などなど、これらはほんの一部であり、
この他にも様々なありとあらゆる事を
学んできたが、一つ一つ着実に身につけるため
数年かけて学んできた。

 

 

焦る人ほど物事を一気に学ぼうと
しすぎて結局頭の容量がパンクしてしまい、
全てが中途半場に終わってしまう。

 

 

そうならないためにもまずは
明確な目標を決めてその目標に必要なスキルを
これからじっくり時間をかけて一つ一つ
学んでいく事が重要である。

 

沖縄の画材屋さん

沖縄に来て一番心配だったのが、
画材屋さんがあるかどうかだった。

 

僕は基本的にアクリル絵具と
木製パネルと大きな水彩紙ロールと
特殊な筆を使って作品を描いているのだが、
もしも沖縄にそれらが売っていないので
あれば内地から取り寄せなければならないと
考えていた。

 

しかし、そんな不安も沖縄に引っ越してから
すぐに解決させてくれたのが、こちらの
グリーンノートという画材屋さん。

比較的なんでも揃っていたので
絵を描く道具には困らないし、
思っていたより値段も安かったので
かなり助かっている。

 

難点といえばアクリル絵具の
一番大きなサイズが売っていない事くらいである。

 

その他は大抵販売されているので
沖縄で絵を描く仕事をするなら
グリーンノートを利用すると
問題なく仕事を進める事ができるだろう。

 

 

PS.

僕は毎年夏は沖縄の座間味でキャンプを

しながら絵を描くライブペイントをしている。

 

朝、太陽の光で目覚め、そのまま

目覚まし代わりに海に飛び込むと

1日が始まったと実感できる。

 

そんな生活を皆でしてみたい。

 

座間味キャンプペイントの日にちは

メルマガでお伝えしていくので

旅行がてらにタイミングがあれば

是非遊びに来て欲しいと思う。


タグ:  

カテゴリ:沖縄 

画家の仕事をしながら嫁の介護と子育てをする生活

先日、画家の仕事をしていて

本当によかったと思う出来事があった。

 

かなり追い詰められたピンチの状態だが、画家の仕事をしていたおかげで何とか乗り越える事ができそうだ。

 

先日、僕の第一子が無事誕生した。

これからは嫁に子育ては任せて僕はハワイでのライブペイントや世界中での画家活動、沖縄、東京、NYでの個展、沖縄でのキャンプペイント企画をしていく予定なので、その準備にとりかかろうと思っていたのだが・・・

 

出産を終えた嫁の恥骨が大きく開いてしまい、ベットでほぼ寝たきりになってしまったのだ。

 

 

重度の恥骨離開と診断され、

介護なしで生活できない。

 

 

ベットからトイレにいく事ができないのでプライドを捨てて紙おむつをはき、ベットに仰向けになるだけでも1時間かかる。

 

 

1人では全くと言っていいほど身動きがとれず、生まれたばかりの我が子の面倒を見る事も出来ずに悔しくて号泣している。

 

このため、僕は毎日、絵の仕事と子育てと嫁の介護の全てをしなければいけない状況におちいってしまったのである。

 

結論!絵を描く仕事なら介護も子育てもできる!

朝からアトリエにこもって絵を描いて昼過ぎには病院で嫁の介護

(お風呂やトイレの手助けやベットに寝転がるサポート)をしながら子供の子守。

 

産婦人科に勤務している人達も頑張ってサポートしてくれてはいるが介護師ではないのでやはり限界があるようだ。

 

やはり精神的にも肉体的にも

まいっている嫁をサポートできるのは僕しかいなかった。

 

たまに早朝6時に嫁が号泣しながら電話をかけてきてすぐに

病院に来て欲しいと助けを求めてくる事もあった。

 

僕は自分で絵の仕事を構築しているのでこんな時にも臨機応変に対応できるが、もしも、これが普通の会社で働いていたらと思うと本当にゾッとする。

 

その日は早朝6時から夜の12時まで嫁の介護と子守をしながら画家を目指す人達から大量に届いていた相談メールの返信をしていた。

産後という事もあり画家の相談メールの他にもお祝いのメールや次に企画しているプロジェクトの参加志願のメールなどかなりのメールが送られてきたので(500通超えそう)全く追いつかないが、できるだけ返している。

 

 

その後、家に帰って絵の仕事をするかなりハードな生活。

 

重度の恥骨離開は3ヶ月経てば治るかもしれないし、もしくは一生付き合っていかなければならないものかもしれない。

 

この生活がいつまで続くのかわからないが仕事をする時間は自分でコントロールできるので何とかなるだろうと考えている。

 

もしも会社に勤めていたら僕自身も精神的にやられてしまっていたかもしれない。

 

僕の場合、絵の収入も全て自動で売れるシステムを構築したので仮に何もしなくても毎月生活するのには十分すぎるほど収入が入るようになっている。

 

 

そして絵を描く時間もいつでも自分でコントロールできる。

 

 

その自由度のおかげでこのピンチの状況でもそれほど苦労することなくこなす事ができるのだ。

 

 

絵を仕事に選んで本当に良かったと心の底から実感できる体験ができた。

 

 

皆さんも画家を目指すなら画力向上だけではなく、そのまわりのシステムから構築していく事を本当にオススメする。

 

 

システムの意味がわからないと言う場合は僕に直接相談してにきて欲しい。

 

 

PS.

妊娠から陣痛、出産までずっと嫁に寄り添って見てきた。

 

その姿を見て一つ思った事がある。

 

「嫁が出産して入院している間に浮気する旦那はカス」っという事。

 

よくテレビで聞く話であり、

僕自身も嫁が入院するまで

「ふ~ん」

っと他人事のように受け流していた。

 

しかし、今回の出産の辛さ、

出産後の大変さを見て入院中に

浮気する旦那がいる事が僕からすれば考えられない。

 

 

嫁と子供は裏切ってはいけない。

 

女性は偉大。子は宝。

 

平和な家庭があれば後は何もいらない。

 

この出産からそう感じる事ができた。

 


タグ:  

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

絵の依頼をとる方法を知る事で仕事の幅が広がる!

paint-muzousa

絵を描いている人ならSNSで「絵の依頼はこちら」と書いてメールアドレスを載せている人が多いがその人達からの悩み相談を受けた事がある

 

「なかなか依頼がこないのですがどうしたらいいですか?」

 

まず基本的な事から言うとSNSで絵の依頼がくる事はあまりない。

 

僕も画家の仕事をしながら世界43ヶ国位以上を旅する以前はよくアメブロやFacebookなどで「連絡はこちら」と書いてメールアドレスを載せていたが、月に1〜2件の依頼がある程度の時期があった。

 

運良く何ヶ月も続いていたがそれが一生続くとは思えない。

 

収入の安定も得る事はできなかったであろう。

 

なので僕は絵の仕事を構築できる方法を求め、世界の旅からあらゆる方法を発見する事に成功した。

 

今では絵を描きながら収入も安定し、何不自由ない生活をしている。

 

そこで今回は絵を描いている人がどのようにして絵の依頼を頂いているのか?と言う事をいくつかまとめてみたのでこれから絵の仕事をしたい人は是非読んで欲しい。

 

SNSを正しく活用する

18260177825_525660836d

「いきなりSNSを使うのかよ!」

「さっき依頼はあまりこないと言ったばっかりじゃん!」

 

っとツッコミが飛んできそうだが、これはけしてSNSでは依頼が0と言っているわけではない。

 

もしも、あなただけからしか生まれない絵を描く事ができるのならそれはそれで絵の依頼を頂くツールの一つでもあり、あなたとコンタクトをとる事ができるツールでもあるのでSNSの用意はしておいた方がよい。

 

 

しかし冒頭でも話した通り、SNSでは安定した依頼がくる事はほとんどと言っていい程ない。

 

SNS+何かを組み合わせる事で絵の依頼を頂ける事となるのだ。

 

 

その「何か」をこれからいくつか上げていこう。

 

自分から雑誌社に直談判する

8377278530_b9ac54a779

僕が専門学校に通っていた頃、僕の友人で絵を描いてる人がいたが、その友人のとった行動には素晴らしいものがあった。

 

当時、まだ絵の上達もそれほどできていない時期に彼は東京の大手の雑誌社を自分の足でまわり、「絵を描いているのですが雑誌に載せてもらえませんか?」と直談判をする方法をとっていた。

 

 

 

彼が言うには以外と話を聞いてくれるようでオフィスのお客さん専用待合室に通してくれると言う。

 

そこで運が良ければ雑誌社の取締役の人と直接話しをする事もあり、そこで彼のポートフォリオを見せてどうにか雑誌に載せてもらえないかと交渉していた。

 

 

 

結果的に彼はいくつかの出版社の雑誌に載せてもらう事となり、それから写真家に転職したようだが、その時の出版社関係の人からも依頼がくるようになったと言う。

 

 

 

僕も昔グラフィックデザイナーをしている時期があったが、その時海外の雑誌者の人とコンタクトをとり、一度だけ雑誌に載せてもらえる事があった。

 

旅をする

egypt_gaka

これは僕のお勧めする方法。

 

僕は元々絵が下手であり、素人以下の絵しか描く事ができなかった。

 

その時から現在のスキルを手にするまでの詳細を記事にしているので気になればこちらも読んでおいて欲しい。

 

《関連記事》
絵が下手だった僕がプロの画家になるまでの全て

 

 

そんな僕でも絵の上達をしながら絵の依頼を頂き十分生活できるようになったきっかけが旅に出ると言う事であった。

 

 

 

旅をしながら絵を描いていると様々な出会いがあり、そこで絵の依頼を頂く事が頻繁にある。

 

海外に旅に出ていれば絵で食べていけると言う自信もここで身につけのだ。

 

 

しかし、海外に出るのが怖いと言う人もいると思うので強制はしないが、一度行けば病み付きになる事は間違いない。

 

危険な場所や危険な時間帯、危険な国を避けて旅をしていれば安全に旅を楽しみならが絵の上達や仕事を得る事ができる。

 

パソコンを最大限活用する

pc-picture

先ほども話した旅して稼ぐと言う方法もあるがそれではずっと旅をしていなければ収入を得る事ができない。

 

そう考えた僕はパソコンとキャンパスを持っていれば日本でもどこの国にいても絵の依頼や販売を行える環境をつくりだせる事を知り、その方法を使い今では数千、数万人に僕の絵を見てもらう環境も完成し、自由に旅する画家と言う肩書きを得る事となる。

 

これはSNSでは不可能な方法だ。

 

この事に関してはメールマガジンで詳しく説明しているので興味があればその情報を受け取って欲しい。

 

 

 

この方法に気付いたのは旅中ハワイでクレジットカードを無くしてしまい、無一文になってしまった時に僕の絵を売って欲しいと言うアメリカ人と話をしている時に知った事である。

 

絵を描く人はよくアメブロやFC2のような無料ブログを利用している事が多いが、それでは世の中の数あるブログの一つで終わってしまう。

 

 

 

しかも、アメブロを絵の販売目的で使用するとアカウントを削除される危険性もあるため安心して利用する事ができない。

 

さらにアメブロユーザーは日本に数万人いるが、その理由から特化した個人HPのように差別化できない難点もある。

 

 

 

なので僕はそれらのリスクを無くし、パソコンを最大限に活用した方法で絵の依頼や世界最先端技術を使った複製技術を利用して絵を販売したり、オンライン絵画教室なども開講している。

 

ちなみにこれにはHTMLなどの難しい知識は必要ない。

 

パソコンとキャンパスさえあればどこでも生きていく事は可能なのだ。

 

多くの人が見る環境をつくる

livepaint1

当たり前の事であるが、絵の依頼を頂き、十分生活できるようになるには多くの人に見られる環境が必要になってくる。

 

どうすれば良いのか?

 

これには様々な方法があるが、僕の場合だとライブペイントが中心となっていた。

 

「なっていた」と言う過去形になっているのは今では先ほども話したパソコンとキャンパスがあれば多くの人が見てくれる環境を作る事ができているためである。

 

 

しかし、旅の当初はライブペイントをするだけでも多くの人と出会い、依頼もそこで何度も頂く事があったので今では趣味程度にたまにライブペイントをする事がある。

 

個展で依頼を頂く

koten_aus

よくグループ展をして依頼を頂く期待をしている人がいるがグループ展は数人でするため依頼される確立が減ってしまう事実がある。

 

なのでやはりあなただけの絵を求めるお客さんを集め、あなたの個展をする方が依頼を頂く可能性が上がるであろう。

 

そしてよくあるのが個展会場の料金の出し惜しみ。

 

 

 

これはできるだけ安くで済ませたいと言う気持ちもわかるが、やはり料金が安い分立地条件も良くない所を選んでしまい、結果的に依頼も頂けずにあまり人がこない個展となってしまう。

 

東京で個展をすると大手雑誌会社の役員が頻繁にくると言われているが、よほど魅力的な作品を描いていないかぎり、わざわざ人が来ない立地条件の場所まで足を運ぶ事は少ないようだ。

 

世界を旅する画家のまとめ

namibia_desert

絵の依頼を頂き、絵描きとして生活すると言う事はこの日本では難しい事とされているが僕はそうは思わない。

 

正しい知識で多くの人の目に止まる環境さえ作る事ができていれば十分に可能だと思う。

 

 

 

日本で絵を描いて生活している成功者は何かしら自分から行動し、そしてそこで良い出会いがある事によって成功への架け橋となっているようだ。

 

中途半端に行動するより、思い切って他の人がしないような行動をとるとあなたの人生を激変させる何かが起こるのだ。

 

それは僕の画家人生が証明している。

 


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

仕事は自分で構築するもの!絵を描く事ができればそれで十分!

「いつかここへ嫁と子供をつれて行きたい。」

 

絵を描く仕事を自分で構築するために

旅に出た僕はそんな事を考えていた。

 

そのような将来の夢を独身の僕に思わせてくれた

平和な町バイロンベイ。

 

今日もやわらかい日差しで僕を照らしてくれる

太陽の下で海を眺めながら絵を描いていた。

byron-kokonatu

海外に出ると本当に多くの出会いがある。

 

今日は朝から3時間ほどのんびり

自分のペースで絵を描いていたのだが、

その間に5人の人に話しかけられた。

 

前回の記事でも話した通り絵を描いている時に

話しかけられるであろう内容を英語でノートにメモし、

その返答もノートに何パターンも書いて丸暗記していたので

以前よりスムーズに会話ができるようになっていた。

 

 

これが成長と言うやつである。

 

 

 

オーストラリアに来た時は

全く英語を話す事もできず

旅の初日は自分の力だけでは

宿に泊まる事すらできなかった。

 

 

まだ完璧に全てを理解できるわけではないが

旅の当初よりは確実に英語脳になってきたのだと感じていた。

 

これをこのまま続けながら外国人とずっと一緒に

過ごしていたらその内、英語で相談にのったり、

深い話をできるようになると期待していた。

 

 

 

 

 

しかしその考えはまたもや

この後の生活で打ち砕かれる事となる。

 

 

 

 

 

その事を知らない僕は宿に戻り昼ご飯を

食べようとキッチンで調理をして

一階にあるハンモックの横にある

テーブルにスパゲティーとビールをおいた。

 

ケアンズのパロネラパークから頂いた依頼の絵を

朝から海の前で描き、昼はのんびりハンモックに

揺られながらビールを飲み、パソコンに入っている

大量の映画データの中からフォレストガンプを選んで

ダラダラしながら映画を見ている。

 

ちなみにこれが僕の泊まっていた

アーツファクトリーと言う宿の中庭。

 

こんな自然の中でダラダラ過ごして絵を描いて・・・

 

なんて幸せな暮らしなんだ。

 

日本でこんな事をすればただの社会不適合者と言われる。

 

 

 

 

しかし僕は絵を描く仕事を探しにきた。

 

そして朝から依頼された絵を描いていた。

 

疲れれば映画を見ながらビールを飲む事も普通になった。

 

 

 

絵の仕事の構築は自分でするもの

日本人の多くが就職をしないといけないと

言う固定概念を植え付けられている。

 

 

 

なぜ就職するのか?

 

 

 

それは安定を求めていると言う理由から

そのような考えになっているようだが、

今の日本経済で安定なんてものはない。

 

 

 

いつか給料が激減するかもしれない。

 

いつ会社をリストラされるかわからない。

 

リーマンショックで突然会社が倒産するかもしれない。

 

 

 

それを会社だからと言う安易な考えで

安定が望めると考えているようだ。

 

 

 

 

 

今では給料の値下げなんてどこの会社でも

起こっている現実になっている。

 

給料が急に下がる事は安定ではない。

 

 

 

 

 

日本の画家や絵描きの多くはそんな不安定な日本社会と

ともに共存し、日頃から会社やバイトで得たお金を元に

活動を行っている。

 

 

絵を描けるなら、それだけで十分。

 

 

あとは僕のたどってきた道をそのまま

通れれば絵で生活する事もできる。

 

これは海外に出なければならないと言う事ではない。

 

 

 

日本国内に住んでいても海外に住んでいても

する事は同じなので。

 

しかし自分で仕事を構築できると言う事に

気付いていない画家や絵描きが多いようだ。

 

 

 

 

 

しかしそれも仕方の無い事。

 

 

 

 

 

世界を旅した後、一時帰国して様々な方法で

僕は仕事の構築の仕方を追求し、ようやく

画家として生きる方法を発見した。

 

これは僕からだけしか発信されない方法

なのでこの世界画家旅人を読んでいない

画家や絵描きはその情報を知る事ができない。

 

よって、今まで通り効率の悪い王道の道を進むしかない。

 

 

 

 

 

 

 

バイロンベイに来た若かりし頃の僕は

その方法をまだ発見できていない。

 

日本でも海外でもどこに住んでいても

絵で収入を得る方法を知らなかった。

 

 

 

 

なのでこの時は僕なりに仕事を構築しようと

必死だったのだが、ケアンズで簡単に絵の依頼を

頂いた事に満足して毎日絵を描いてダラダラ過ごしていた。

 

それはそれで現在の僕をつくりあげたので良いと思うが

今思えばこれも安易な考えであった。

 

「絵の依頼があったからもう大丈夫!」

 

こんな事を考えていたので安心しきっていた。

 

「会社で働いているから安定している!」

 

と言う考えと同じレベルで物事を考えてしまっていたのだ。

 

 

 

いつかは依頼の絵も完成してしまう。

 

その後はどうすればいいのかあまり深くは考えてはいなかった。

 

僕は追いつめられた時に力を発揮するタイプである。

 

 

 

現在は日本でも海外でも収入を得る方法で生活している。

 

日本では画家になるのが難しいと言われている。

 

 

そんな嘘の情報を信じている絵描きの

日本人は世の中には沢山いる。

 

 

 

ここでは話が長くなるのでメルマガで

日本でも画家になる方法を発信している。

 

チャンスを見逃す人と

チャンスを生かす人の違いはここで分かれる。

 

僕はチャンスを差し出しているだけ。

 

そのチャンスをつかむかどうかはあなた次第。

 

日本人との出会い

バイロンベイに滞在していた時は

まだ海外で収入を得る方法すら

発見できていなかった。

 

しかし僕は運がいいのかこの後、

偶然海外で収入を得る方法を発見してしまう。

 

その時の事は今後の記事で話していこう。

 

映画を見ながらハンモックに揺られていた僕は

いつの間にか寝てしまい、太陽も沈み、

辺りは暗くなっていた。

 

 

ボーッとする。

 

 

毎日のんびり過ごしているが、

今日は特に頭が冴えずにいた。

 

 

そのままキッチンに向かい調理をしてから

テーブルで一人またもやビールを飲みながら

明日は何をするのか考えていた。

 

っとは言ってもこの段階では公園で

絵を描く事くらいしか思いついてはいなかったが・・・

 

 

 

そのまま一階のビリヤードや卓球台がある部屋で

ソファーに腰掛けながら当時使っていたアメブロで

毎日の日記を書いていた。

 

 

するとゆっくりと近づいてくる男性がいた。

 

 

 

彼はジッと僕を見てこう言った。

 

「日本人ですよね?」

 

まわりには外国人しかいなかったので

突然目の前に日本人が現れて驚いたが、

日頃から英語ばかり話して自分でも気付かないうちに

ストレスになっていたのか心の中でホッとする自分がいた。

 

 

彼の名はヨシ君。

byron-yosi

僕と同じ大阪出身でしかも僕の実家から

自転車で10分程度の所に住んでいると言う。

 

 

意気投合した僕たちはそのまま話し込んでいると

また他の男がこちらに近づいてきた。

 

 

「こんにちはー」

 

 

メガネをかけた背の高い青年だった。

 

ヨシ君ともすでに仲がいいようで彼とも

話をしていたが、何か違和感が漂っている。

 

彼の名はコミ君。

byron_comikun

東京に住んでいて一人旅でオーストラリアに来たようだった。

 

そして彼も絵を描いていると言う。

 

 

先ほども言ったが何だか変な青年だ。

 

焦点があっていないと言うか何と言うか・・・

 

 

そんな彼の絵を見せて欲しいと言うと

彼はパソコンをひらいて僕に絵を見せてくれた。

 

・・・

 

黒魔術?

byron-comipaint

まさにクレイジーである。

 

 

しかしこの絵は独創的な彼にしか描けない作品だ。

 

これだけ描ければ後は僕の方法を真似すれば

この絵でも収入を得る事ができるだろう。

 

 

この絵を見る限り一般の人は絶対に売れないと

言うかもしれないが、それが社会が生んだ

固定概念に縛られていると言うやつである。

 

ビジネスのアイデアは無限大にある。

 

僕が日本に帰って絵で生きる方法を発見した時に

コミ君に絵で収入の得方を教えてあげようと思ったが

彼は今どこにもいない。

 

 

連絡がとれなくなってしまったのだ。

 

 

 

そんな彼と初対面の時はちょっと様子がおかしいと思ったので

あまり近づかないようにしていたがこの後、

驚愕の彼の本当の能力が明らかになる。

 

 

彼は皆からマスターコミとも呼ばれている。

 

なぜなのか?

 

それはいずれこのオーストラリアの旅の記事で書く事にしよう。

 


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ