無名の画家でも絵画が売れる秘訣!雑談力を磨こう!

どんな有名な画家やアーティストでも最初の段階は無名で自分の描く絵画がバンバン売れて普通に生活できるようになった訳ではなく、それ相応の覚悟と継続する努力が必要なわけであるが、現在画家を目指す人が真っ先に考える事といえば「絵を売って生活できるようになりたい!」っという事である。

 

 

しかし、ほとんどの人が

 

「自分は無名なのにそれでも絵は売れるのか?」

 

「どのようにすれば買ってもらえるのか?」

 

っという疑問にぶつかっている。

 

実際、僕も最初の頃は描いた作品がたまに売れるだけの超ど貧乏画家の道を歩んでいたが、現在は家族で沖縄に移住して毎日ビーチで絵を描いて暮らして行けるまでに成長した。

今回のこの記事ではそんな無名の画家から変身を遂げるための重要な話をしようと思う。

 

雑談力=信用の力

無名の画家だからこそ身につけなければならないスキルとして画力や表現力をつける事はもちろんであるが、そのほかに必要なスキルというものがある。

 

どれだけ絵が上手くても今の日本の低迷したアート市場の現状では「うまいね〜」で終わってしまう事の方が多いが、それを次に繋げてくれるスキルというものが

 

”雑談力”

 

だと最近常々感じている。

 

 

もちろんやり方次第では会話をしなくてもすむ方法があるのだが、(実際僕はメールだけで契約を交わす事がよくあるので)その方法は一旦おいておくとして、今回は無名だからこそ学ぶべき事でもあり、絵を売る時に必要な雑談力について語る事にしよう。

 

 

自分の作品を売る時に一番気をつけなければならない事

 

「売り込みすぎてしまう」

 

ということ。

 

 

 

自分の絵を買って欲しい欲望が丸見えになり「絵を売ってやるぞ!」っという意気込みを感じてしまうほど、人はその人が描いた絵を買いたくなくなってしまう。

 

 

それは当然で、例えば同じような状況を洋服屋さんでも感じる事がある。

 

ただ何となくお店に入っただけなのにしつこく店員に話しかけられ、「この人は売りたいだけなんだ、会話めんどくさいな〜」っと思った事はないだろうか?

 

 

 

もう少し違う例を出すと例えばナンパなんかも雑談力がなければ成立しない。

 

まぁ僕はナンパをした事がないので説得力に欠けるかもしれないが。笑

 

出会って1秒やそこらで「ホテル行きましょう!」っと言っても「何この人!きしょくわる!」っと思われて愛想笑いでスルーされるのがオチである。

 

 

 

成功させるにはまず初対面の人の情報を会話の中で引き出し、相手にできるだけリラックスしてもらいながらも「この人の話面白い」っと思ってもらい、信用を得る所から始めなければならない。

 

 

 

とにかく、売り込みくささや目的重視の姿勢が相手に伝わってしまえば相手の警戒も解けずにそのまま終わってしまうという事である。

 

 

絵でも他の仕事でも人と関わる仕事で最も重要なのが「信頼、信用を得る」という事であるが、それに必要なものがまずは雑談なのだ。

 

 

 

そしてもう一つポイントとしてはその場ですぐに購入してもらおうと思わない事。

 

 

 

失敗する人ほど手前の利益を求めてしまって雑談どころか絵の説明だけに力を入れてしまい、今この場で稼ぎたいと言う欲望が丸裸になってしまうものなのだが、成功する人は逆にまず「この人とまた話したい、繋がっていたい!」っという想いを相手に持ってもらうようにしており、信用や信頼を得る事からはじめている。

 

 

 

このような信頼、信用の感情を抱いてもらえる人ほどリピーターになったり、口コミで他の友人に伝えたり、利益とはまた違った形となって返ってくるようになり、さらに新しい作品を購入したり、また個展などに遊びにきてくれたりするようになり、利益は後からついてくる形となるのである。

 

何よりそういった人との繋がりが増える方が活動としても楽しくなってくるのでモチベーション維持にも役にたつようになるのである。

 

それにどこの地域に行っても知り合いがいるようになり、家に泊めてくれたり、飲みに行ったり、遊んだりできる人が増えていく事になる。

 

 

 

実際、僕は世界中どこの国に行っても友人がいて、SNSなので「ここに行きます!」っと言うと一人旅に出たのにもかかわらず一人で過ごす事の方が少ない状況が生まれているし、僕の作品を買いたいと言う外国人のほとんどが口コミによるものである。

 

要は雑談力を高めていく事で、人と親密に関わる回数も増え、画家活動以外にも利点を生むと言う事になるのだ。

 

 

最初の一歩として最適な場所

誰でも最初は無名で一回描いただけで「絵が売れた!」なんて人は滅多にいないと思う。

 

これは僕もそうだったし、超有名画家でも同じ事が言えるだろう。

 

それではこの状況を打破するためには何をすれば良いのか?

 

 

方法としてはいくつかあるのだが、一番効率が良いのが海外で活動するという事である。

 

 

「海外なんて行けない!」っという人は後で違う方法を紹介するのでひとまず一番確率の高いこの方法を読んで頂ければと思う。

 

 

まずなぜ海外が良いのかというと、外国人の絵に対する価値観の違いがあり、絵を買う環境が整っていると言う事と、画家としてやっていくための自信がつくという事。

 

 

一度海外でお金を稼いでしまえば日本で働く事がアホらしくなるほど稼げてしまうし、実際に僕の生徒さんもかなり稼いで帰ってくる人も出てきている。

 

ただし、稼げる人はちゃんとした方法を僕から学んだ人だけであり、行き当たりばったりでしてもあまり効果が出ない。

 

 

 

ほとんどの日本人は英語を話す事ができず、海外に活動しているっという事を伝えるだけで「この人はすごい人なんだ!」っと思う傾向がある事がわかった。

 

 

僕も最初は全く英語を話す事も出来ず、海外に友人もいない状態からオーストラリアでの画家活動をスタートさせたが、そこでの出会いや絵を売る方法を学ぶ事で「海外では絵の価値観がこんなにも違い、日本よりも比較的簡単にお金を稼ぐ事が出来るんだ!」っという自信がつき、それが今の画家活動の基盤となっている。

 

 

どうやって絵を売って稼いできたのか?っというところだが、簡単に言えば路上でライブペイントをするバスキングと言われる方法である。

 

 

すでに僕が追ってこの方法で生活できる人も多数出てきたし、現在も常にオーストラリアに何人かバスキン旅へと出ている。

 

「絵 バスキング」と検索して出てくる絵描きのブログ記事は僕の生徒さんだと言ってしまってもいいだろう。

 

 

 

その詳しい方法は以前記事にしているのでそちらを参考にしてもらえればと思う。

 

《参考記事》

路上で絵を売って1ヶ月20万円以上稼いだ方法

 

海外でバスキングをする前に絶対に用意しておくもの。

 

 

 

とにかく行動して結果を出し、プチ成功体験をいくつも重ねる事により次はあれをしてみよう、これをしてみよう、っと言う行動力にも繋がってくるので一石二鳥の方法であると僕は思う。

 

 

 

そして海外に行く事が困難な状況にいる人もいると思う。

 

 

そんな人たちはこちらの記事を参考にして頂ければと。

 

《参考記事》
プロの画家になりたいのなら絵以外に学ぶ事がある。

 

とにかく失敗する事が一番勘を磨く方法

多くの人は一度や二度の失敗で「これはダメなんだ」っと言う答えを出してしまいがちであるが、実際僕もこれまで自分の絵の売り込み方や魅力の伝え方、そして雑談を後回しにしてしまって失敗した事があった。

 

しかし、今思えばその失敗から学んでどういった流れで雑談を進めれば良いのか勘を磨く事ができた。

 

もしも失敗を恐れて何も挑戦していなければ、一切その時点からの成長はなかったと思う。

 

頭だけで考えてしまうと、アイデアや考え方に固執してしまうのでまずは失敗する事を目的として考えていく事もいいかもしれない。

 

失敗は成功の元とよく言われていて、この言葉はあまりにも世間に出回っているせいかあまり響かない人が多いようだが、実際確実にその通りである。

 

今もしも絵が売れなくて悩んでいるのなら失敗ありきで挑戦してみてはどうだろうか?


タグ:  

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

どんな絵画作品でも営業活動していると必ず売れる

絵に限らず営業をすればどんなものでも確実に商品は売れるようになる。

 

「営業」という言葉だけを聞くと無理やり安いものを高く売りつける事だと思い込んでしまう人もいるが、そうではなくただ自分の作品の価値や自分自身がどんな人生を歩んでそこからどんなスキルを得る事ができたのかなど魂を込めて伝える事で相手も理解し、商品が売れるようになる。

 

よく営業のテクニック本などが販売されているが、実際、直接出会う人にはテクニックなんかよりもまずは情熱を伝える事が大切なのだ。

 

たまに画家やアーティストがこういった営業をしていると「ただの営業マンでは?」っという人もいるが営業もしないで絵の仕事がバンバン入って・・・

 

っというアーティストはいないと思う。

 

仕事は自分で取りに行かなければ話にならない。

 

 

画家の営業にも色々形があって自分の個展に遊びに来てくれたお客さんに対する営業。

 

自分から出版社にアタックする営業。

 

自分の足でアートイベントができるような場所を回る営業。

 

そして僕が強く力を入れているのが、活動をSNSやブログを通して強く訴えるネット型営業活動。

 

例えば僕は毎年沖縄の離島で絵を描くキャンプペイントの生活を送っている。

この情報を発信すると多くの人からこのストーンアートの依頼が入る。

これは事前に離島に行った時にしか描かないと発信しているので離島についた時から「描いてください!」と依頼がくるようになった。

 

とにかく営業とは人と深く関わり、それを画家活動につなげていくものである。

 

営業なしに画家の仕事は務まらないのだ。

 

結局何事も人と人との繋がりが一番大切であり、それを増やす事ができる行動が「営業」という事である。

 

 

ほかにも画家になるための要素があるのだが、それはこちらで語っているので読んでおいてほしい。

 

《関連記事》

日本で画家になるには5つの情報を知っておく必要がある。

 

 

 

実際僕も昔、画家になるために他のテクニックも身に付けないといけないとフリーでグラフィックデザインの仕事もしていた時期があったが、自分の足でクラブやイベント会場を周り、ポスター制作などの営業活動をしていたが、同時絵よりもそちらの仕事の方の依頼が極端に増えていった事があった。

 

そしてその後、絵に力を入れようとグラフィックはやめて絵一本に絞ることにした。

 

 

 

しかし、グラフィックデザインでの営業活動で知り合ったクラブやイベント主催者との関係が続いていたため絵の方でも順調に仕事を得る事が出来ていったのた。

 

営業と聞くと悪いイメージを抱く人もいると思うが、そう思う人はほっておけば良い。

 

結局人と人との繋がりがなければ何も発生しないのだから。

 

 

 

勇気を持って人と出会うことに全力を注いでみてはどうだろうか?

 

 

 

PS.

今回この記事はツイッターで呟けない内容だったので簡単に語るものにしようと思っていたが、想像以上に長くなってしまった。

 

やはりツイッターでは文字数の関係で伝えるきる事が出来ない内容が多い。

 

そして伝えたい人をやる気のある人にだけ絞るっという事を考えた結果、メルマガを利用している。

 

人それぞれ用途にあった発信場所を持っていた方が良い。

 

これも営業につながっていくので。


タグ: 

カテゴリ:絵でお金を稼ぐ 

ハワイで最も絵が売れる時期を発見した。


ハワイでの年越しを終え、2日ほど経つと
ハワイに訪れるお客さんの層も変わってきた。

 

クリスマスの25日から元旦の1日までは
生活に余裕がありすぎる裕福なお金持ちが
沢山話しかけてきた。

 

ハワイにビルを持っているので
販売してくれと言われたり、会社経営を
している中国人にこのアンモナイトの作品
両方とも200000US$(日本円で2200万円くらい)
を販売してくれとお願いされたりした。

 

原画を2200万円で購入したいという人が現れたハワイライブペイント

しかし、2日に入るとその数も激減し、
代わりに家族連れの旅行者やハワイに住む
地元の人、そして日本人の家族旅行に来ている
人達がかなり増えた。

 

 

もしも、ハワイで絵の仕事を得る目的で
ライブペイントをする場合なら
クリスマスから正月明けの2日目までが
狙い目だという事を今回の経験で学んだ。

 

このように実際に経験した事から得る
新情報というものは、今後の画家活動に
大きく関係してくるのだ。

〈目次〉

  • 言い訳するな!人は皆同じ位置から始めるのだ!
  • 新たに学んだ新事実。
  • 僕は今も自分の画家人生を創造している。
  • どうしても日本で活動したい人へ・・・

言い訳するな!人は皆同じ位置から始めるのだ!


経験もしていない事を語るのには
少々説得力に欠ける。

 

それなら経験しに行けばいいだけの話。

 

この話をすると「ZiNだからできる事」
だとか、「画力がないので無理」だとか、
「英語が話せないから出来るわけない」
というような言い訳が思いつく人もいる。

 

 

ハッキリ言ってこれは言い訳でしかない。

 

 

子供の世話があったり、親の介護をしていたり
まだ小学生であったり・・・

 

明確な「出来ない理由」
っというものがない人以外、
ほとんどの人が行動に移す事は可能であるが、
人間の心理とは不思議なもので
わざわざ出来ない理由を探して自分を
甘やかしてしまう人の方が何故か多いように感じる。

 

 

僕も最初のオーストラリアへの画家の旅に
でた時は一切英語も話せなかったし、
絵で生きるために何をどうすれば
良いのかもわからなかった。

 

その位置から実験と実践を繰り返し、
ようやく絵が売れるライブペイントの仕方や
絵を購入したいと言ってくれる人達が
自分の絵に何を求めているのかも
データとして見分ける事が出来るまでになった。

 

 

何か新しい事をする時は
確実に皆素人から始める。

っという事は皆スタート地点は同じという事。

 

なので

「ZiNだから出来る」のではなく、
「経験をしてきたから出来る」のである。

 

怖がらずにまずは行動してみよう。

 

新たに学んだ新事実。

ハワイでの活動で一番適している時期は
クリスマスからお正月明けの2日目まで
という事以外にもハワイライブペイントの
経験から得た事実が沢山ある。

 

例えば外国人は「アンモナイト」という言葉を
知らない人がかなり多かった。

 

このアンモナイトの説明を
何回したかわからないほど、
アンモナイトを知らない人が沢山いた。

 

 

その逆に「沖縄」を知らない外国人は一人もいなかった。

沖縄に個展会場とホテルを合体させたものを建てる

という話をする時に

 

「沖縄知ってる?」っと聞くと

 

「もちろん!沖縄は本当にいい所!」

 

「沖縄行った事あるよ!沖縄最高だったよ!」

 

っという返事が数多く帰ってきた。

 

 

沖縄を知らない外国人を探す方が
難しいほど世界でも有名な場所になっているようだ。

 

 

何でもそうだが、まず最初に
実践して経験してみないと
見えてこない事もある。

 

 

これらの情報も、僕がこれから組み立てる理想の
画家人生に必要な貴重な情報の一つとなった。

 

僕は自分の画家人生を創造している

実践しながら常に新しい情報と経験を
得る事によってこの先の画家人生に必要な
スキルを用意してそれを戦略として
組み立てている最中である。

 

ハワイのライブペイントから
次の沖縄移住と南国での新しい
画家活動の方法のアイデアも湧いてきた。

まずは移住してホテルを建てるまでは
誰でも遊びにこれるアトリエを作る。

 

そのアトリエに世界中から人を集める
そのプロセスも見えてきた。

 

・世界中から人をアトリエに呼び込む知識。

 

・個展をする時に作品をよりよく理解してもらえる仕組み。

 

・動画撮影制作のスキル。

 

・ドローン空撮スキル。

 

・ライブペイントの見せ方。

 

・自分の活動を効果的に伝える方法。

 

・新しいスタイルの絵画作品。

 

これまでの経験と知識、
ハワイで得た新しい情報の全てを
組み合わせて、これから先の成功までの
プロセスを突き進んでいこうと思う。

 

知識と情報というものは
目に見えない分後回しにされがちだが、
実は画家活動にとって画力と同等に
必要なものとなっているのだ。

 

沖縄移住画家生活がかなり楽しみだ。

 

どうしても日本で活動したい人へ・・・

久しぶりに海外でライブペイントを
した当初は英語をほぼ忘れてしまっていたが、
9~10日経ってようやく英語に慣れてきた。

 

良い人達にも巡り会えたし、
もちろん沖縄にも遊びに来てくれる。

正直ハワイの活動だけでも
食べていけるな〜っと実感している。

今もしも画家活動で思い悩んでいるのなら
海外に出る事を本当にオススメしている。

 

旅は英語だけではなく、
日本の常識を簡単に覆してくれる
出来事も数多く訪れるし、何より
絵に関心がある人の数が日本と比べて
断然変わってくるので、その経験から
自信にも繋がってくると思う。

 

 

それでも、「日本でしか活動したくない」

という場合、まずは日本の常識から

抜け出さないといけない。

まだまだアートが浸透しきっていない
日本の現状で、ありきたりな活動をしていては
数多くいる絵描きの一人として流されてしまう。

 

ここを改善するにはまずは
行動して新しい方法というものを
発見していくしかないのだ。

 

何をしていいのかわからないという人は
相談にのっているので、直接僕にメールで

何を知りたいのか?どこを改善すれば良いのか?

など、画家活動に関しての質問をぶつけて欲しい。

 

ちなみにSNSでは相談にのらない。

 

メールの数が多すぎると

面倒になるので、僕は僕と直接

コンタクトをとる人としか

関わらないようにしている。

あと、飲み会相談会もたまに開催しているので

僕と会って話がしたいという人にはメルマガで

お知らせしようと思う。

ちなみに、

これまで僕に相談しにきた2000人以上の

画家を目指す人達のデータを元に、

現在、画家活動している人がどのようにして

収入を得ているのかをまとめたので

これも参考になると思う。

 

画家として生活している人の収入源5つのパターン

PS.

オーストラリアの画家旅に続き、

今後、ハワイのライブペイントも

真似する人が増えるだろう。

 

僕の画家活動の方針として

「誰もした事のない画家活動」

というものをコンセプトにしている。

 

そして今回のハワイでのライブペイントでも

また新たな誰もした事がない画家活動というものを

発見してしまった。

 

後は行動あるのみである。


売れる絵の特徴とは?!外国人と日本人の絵を買う時の違い。

絵を描いてそれを売りたいと思っていてるがなかなか売れない・・・

 

そんな悩みを持ってはいないだろうか?

 

僕は世界43ヶ国以上を画家の仕事をしながら旅してきた中で絵を売ったり、各国の美術館やギャラリーに足を運び、そこのオーナーと絵の事について話をし、お客さんが絵を買っていく現場に何度も遭遇した。

 

 

そこで一つ気付いた事がある。

 

 

海外と日本では絵のジャンルやスタイルで「売れる絵」と言うものがいくつか違う。

 

 

外国人は日本人より絵に関しての価値の違いがあり、外国人にとって絵は生活の中でも身近なものとなっている。

 

 

そして旅をする中で何枚も絵を描いてきたが、日本人にも外国人にも人気がある絵と外国人だけが買いたいと言う絵、日本人だけが買いたいと言う絵ある事を学んだ。

 

 

それはどのような絵なのか?

 

 

今日はその事についてまとめてみた。

 

日本人も外国人も好む絵

外国人にも日本人にも人気のある絵にはいくつか特徴があり、この特徴を考えて描くとあなたも売れる絵を描く事ができるかもしれない。

 

ここではその特徴をまとめてみた。

 

明るい色の絵

27475234921_40bb0e3a96

明るい絵とは赤や黄色や

オレンジなどの明るいイメージで描かれている作品の事を言う。

 

人が絵を買う時の色の心理的効果は奥が深く、特に赤は購買意欲をそそる色とされており、赤の絵具で描かれた絵は他の色よりも売れやすいと言うデータも残っている。

 

海や川の絵

oasis

僕もよく描くのが海や川などの自然で水がある絵。

 

この他にも湖や池など水場が描かれている絵は外国人にも日本人にも人気があり、絵を売る目的で描くのなら、水場の絵を描けるようになると売り上げも変わってくるのではないかと思う。

 

人物の絵

26884939484_7a15806a97

人物が描かれている絵は

外国でも日本でも売れやすいように感じた。

 

とくに似顔絵のような個人を描く

場合も世界に一つだけの絵と言う事で売れやすくなっている。

 

その他にもピカソのように

人物をあえて崩して描くアートスタイルの人物画も人気がある。

 

人物画を買う人は皆、独創的でその人にしか描けないようなタッチの人物画を好んで買うようで、人それぞれ好きな人物画のスタイルはバラバラである。

 

僕は人物の絵は描かないが、いつか機会があれば描いてみたいと思う。

 

横長の絵

zinworld3

基本的な絵の形は長方形であるが、横に長い絵は広がりが感じられるためかよく売れるようで、僕も上の写真のような横に続く絵を描いており最後は背後で繋げ360度の僕の頭の中の世界を描こうと予定している。

 

この作品を使ってハワイで数ヶ月かけてライブペイントをする予定だ。

 

正方形の絵

paint-kinosimakame

僕は正方形の絵を描く事もあるが

やはり特殊な形のためか、性方形の絵は人気があった。

 

風景画などを描くのなら横長の方が人気があるが、アートを描くのなら正方形の方が形にハマるので好まれる傾向にある。

 

日本人が好きな絵

日本人と外国人が好む絵には大きな違いが一つだけある。

 

日本人が好む絵とはどのようなものなのか?

 

この情報を知る事で日本で活動する人は有利になるのではないかと考えている。

 

小さい絵

adachi_4

日本は小さな土地に家が密集しているためか、外国に比べると家は小さく、大きな絵を飾るスペースがない事が多い。

 

そのため日本人によく売れるのはB2サイズ(515×728)

のような小さめの絵であり、これなら部屋に飾る事ができる

ため日本人に人気がある。

 

外国人が好きな絵

外国人が好む絵には住んでいる環境も大きく関係している。

 

外国人が好む絵とはどのようなものなのか?

 

大きいサイズの絵

madrid_museum4

日本とは逆に外国の家は広く、

絵への価値観が日本人とは違うため、大きな絵を購入する人が多いようだ。

 

僕は基本的に外国人に絵を描いているがそのほとんどのサイズが

B1(718×1030)である。

 

怖い絵

27317293520_ac64ac7d92

怖い絵やグロテスクな絵は

日本人には好まれずあまり売れる絵とは言えない。

 

しかし海外、得にアメリカではこのようなグロテスクな絵や

暗い絵を好む絵画収集家も多く存在する。

 

旅する画家のまとめ

byronbaylivepaint1

僕はこれまで世界を旅してきた中で様々な事を学んだ。

 

「外国人とコミュニケーションをとる方法」

 

「外国で絵を描いて収入を得る方法」

 

「英語力」

 

「0円で滞在できる場所」

 

「絵の上達法」

 

などなど・・・

 

 

 

他にも数えればきりがないほど様々なスキルを得る事ができた。

 

今では旅をしながら絵を描く仕事ができるまでに成長している。

 

 

 

日本人で僕の事を知らない人は

大勢いると思うが僕は海外で活動して日本ではほとんど活動していなかった。

 

しかしこれからは日本でも活動を始めていこうと考え、この世界画家旅人で世界で得た知識や僕の活動を公開している。

 

 

そして、

 

ここでは人には言えない秘密の話などもあり、日本で画家になる可能性を飛躍的にあげる方法や描いた絵を効率よく多くの人に見てもらえる方法など他にも様々な情報をZiNARTメールマガジンの中だけでその秘密を明かしている。

 

興味がある人は下の無料登録フォームから僕の秘密の情報を受け取って欲しい。


タグ:  

カテゴリ:描く時に必要な事 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ