画家を目指す人のためのお役立ち情報まとめ

ハワイで最も絵が売れる時期を発見した。



ハワイでの年越しを終え、2日ほど経つと
ハワイに訪れるお客さんの層も変わってきた。

 

クリスマスの25日から元旦の1日までは
生活に余裕がありすぎる裕福なお金持ちが
沢山話しかけてきた。

 

ハワイにビルを持っているので
販売してくれと言われたり、会社経営を
している中国人にこのアンモナイトの作品
両方とも200000US$(日本円で2200万円くらい)
を販売してくれとお願いされたりした。

 

原画を2200万円で購入したいという人が現れたハワイライブペイント

しかし、2日に入るとその数も激減し、
代わりに家族連れの旅行者やハワイに住む
地元の人、そして日本人の家族旅行に来ている
人達がかなり増えた。

 

 

もしも、ハワイで絵の仕事を得る目的で
ライブペイントをする場合なら
クリスマスから正月明けの2日目までが
狙い目だという事を今回の経験で学んだ。

 

このように実際に経験した事から得る
新情報というものは、今後の画家活動に
大きく関係してくるのだ。

〈目次〉

  • 言い訳するな!人は皆同じ位置から始めるのだ!
  • 新たに学んだ新事実。
  • 僕は今も自分の画家人生を創造している。
  • どうしても日本で活動したい人へ・・・

言い訳するな!人は皆同じ位置から始めるのだ!


経験もしていない事を語るのには
少々説得力に欠ける。

 

それなら経験しに行けばいいだけの話。

 

この話をすると「ZiNだからできる事」
だとか、「画力がないので無理」だとか、
「英語が話せないから出来るわけない」
というような言い訳が思いつく人もいる。

 

 

ハッキリ言ってこれは言い訳でしかない。

 

 

子供の世話があったり、親の介護をしていたり
まだ小学生であったり・・・

 

明確な「出来ない理由」
っというものがない人以外、
ほとんどの人が行動に移す事は可能であるが、
人間の心理とは不思議なもので
わざわざ出来ない理由を探して自分を
甘やかしてしまう人の方が何故か多いように感じる。

 

 

僕も最初のオーストラリアへの画家の旅に
でた時は一切英語も話せなかったし、
絵で生きるために何をどうすれば
良いのかもわからなかった。

 

その位置から実験と実践を繰り返し、
ようやく絵が売れるライブペイントの仕方や
絵を購入したいと言ってくれる人達が
自分の絵に何を求めているのかも
データとして見分ける事が出来るまでになった。

 

 

何か新しい事をする時は
確実に皆素人から始める。

っという事は皆スタート地点は同じという事。

 

なので

「ZiNだから出来る」のではなく、
「経験をしてきたから出来る」のである。

 

怖がらずにまずは行動してみよう。

 

新たに学んだ新事実。

ハワイでの活動で一番適している時期は
クリスマスからお正月明けの2日目まで
という事以外にもハワイライブペイントの
経験から得た事実が沢山ある。

 

例えば外国人は「アンモナイト」という言葉を
知らない人がかなり多かった。

 

このアンモナイトの説明を
何回したかわからないほど、
アンモナイトを知らない人が沢山いた。

 

 

その逆に「沖縄」を知らない外国人は一人もいなかった。

沖縄に個展会場とホテルを合体させたものを建てる

という話をする時に

 

「沖縄知ってる?」っと聞くと

 

「もちろん!沖縄は本当にいい所!」

 

「沖縄行った事あるよ!沖縄最高だったよ!」

 

っという返事が数多く帰ってきた。

 

 

沖縄を知らない外国人を探す方が
難しいほど世界でも有名な場所になっているようだ。

 

 

何でもそうだが、まず最初に
実践して経験してみないと
見えてこない事もある。

 

 

これらの情報も、僕がこれから組み立てる理想の
画家人生に必要な貴重な情報の一つとなった。

 

僕は自分の画家人生を創造している

実践しながら常に新しい情報と経験を
得る事によってこの先の画家人生に必要な
スキルを用意してそれを戦略として
組み立てている最中である。

 

ハワイのライブペイントから
次の沖縄移住と南国での新しい
画家活動の方法のアイデアも湧いてきた。

まずは移住してホテルを建てるまでは
誰でも遊びにこれるアトリエを作る。

 

そのアトリエに世界中から人を集める
そのプロセスも見えてきた。

 

・世界中から人をアトリエに呼び込む知識。

 

・個展をする時に作品をよりよく理解してもらえる仕組み。

 

・動画撮影制作のスキル。

 

・ドローン空撮スキル。

 

・ライブペイントの見せ方。

 

・自分の活動を効果的に伝える方法。

 

・新しいスタイルの絵画作品。

 

これまでの経験と知識、
ハワイで得た新しい情報の全てを
組み合わせて、これから先の成功までの
プロセスを突き進んでいこうと思う。

 

知識と情報というものは
目に見えない分後回しにされがちだが、
実は画家活動にとって画力と同等に
必要なものとなっているのだ。

 

沖縄移住画家生活がかなり楽しみだ。

 

どうしても日本で活動したい人へ・・・

久しぶりに海外でライブペイントを
した当初は英語をほぼ忘れてしまっていたが、
9~10日経ってようやく英語に慣れてきた。

 

良い人達にも巡り会えたし、
もちろん沖縄にも遊びに来てくれる。

正直ハワイの活動だけでも
食べていけるな〜っと実感している。

今もしも画家活動で思い悩んでいるのなら
海外に出る事を本当にオススメしている。

 

旅は英語だけではなく、
日本の常識を簡単に覆してくれる
出来事も数多く訪れるし、何より
絵に関心がある人の数が日本と比べて
断然変わってくるので、その経験から
自信にも繋がってくると思う。

 

 

それでも、「日本でしか活動したくない」

という場合、まずは日本の常識から

抜け出さないといけない。

まだまだアートが浸透しきっていない
日本の現状で、ありきたりな活動をしていては
数多くいる絵描きの一人として流されてしまう。

 

ここを改善するにはまずは
行動して新しい方法というものを
発見していくしかないのだ。

 

何をしていいのかわからないという人は
相談にのっているので、直接僕にメールで

何を知りたいのか?どこを改善すれば良いのか?

など、画家活動に関しての質問をぶつけて欲しい。

 

ちなみにSNSでは相談にのらない。

 

メールの数が多すぎると

面倒になるので、僕は僕と直接

コンタクトをとる人としか

関わらないようにしている。

あと、飲み会相談会もたまに開催しているので

僕と会って話がしたいという人にはメルマガで

お知らせしようと思う。

ちなみに、

これまで僕に相談しにきた2000人以上の

画家を目指す人達のデータを元に、

現在、画家活動している人がどのようにして

収入を得ているのかをまとめたので

これも参考になると思う。

 

画家として生活している人の収入源5つのパターン

PS.

オーストラリアの画家旅に続き、

今後、ハワイのライブペイントも

真似する人が増えるだろう。

 

僕の画家活動の方針として

「誰もした事のない画家活動」

というものをコンセプトにしている。

 

そして今回のハワイでのライブペイントでも

また新たな誰もした事がない画家活動というものを

発見してしまった。

 

後は行動あるのみである。


ZiNARTメールマガジン 【登録無料】

メールアドレス
※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かない場合がありますので各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。 

画家を目指す時に必要な考え方 LIVEPAINTZiNART

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ