カッパドキアの景色とプール付き!豪華なのに安くで滞在できる宿!

僕が泊まっているお勧めのカッパドキアの宿は

ここしかない。

 

Rock Valley Pension

 

カッパドキアのにあるギョレメと言う街の中に

古い屋敷のようなホテルがある。

 

中は2階建てで僕はドミトリーで宿泊していたが

他にも2人部屋や5人部屋など大人数でも泊まれる部屋もあり

朝食もついて800円〜5000円程度で宿泊する事もでき、かなり安い。

turkey_yasuyado

そしてこのホテルの裏にはこれぞカッパドキア

言った景色が広がっており、その景色を見ながら

プールで泳ぐ事も可能。

 

カッパドキアの暑い夏を快適に過ごす事ができる。

cappadokia_hotel

ひとまず今日はスーパーで買ってきた食材で

サンドイッチを作って食べる。

cappadokia_tomatomesi

僕はこのカッパドキアで絵の参考になる景色や

僕の描いている「地球ではないような世界」を

ここで感じ、さらに吸収する事で絵のスキルの

向上に勤めようと思う。

 

なのでいつまで滞在するかは決めてない。

 

 

滞在している間はずっとこの宿でお世話になり、

ここで多くの友人と巡り会う事ができた。

 

このホテルに宿泊した時の一日の流れ

朝は太陽の光と共に目覚め、

朝食はパンやジャムなどが食堂に並び

それを食べて音楽を聞きながら

景色が見えるテラスに座る。

 

そしてコーヒーを飲みながら

異様な形の岩山が太陽に照らされていくのを

ボーッと見つめている。

 

 

そんな平和な朝が終われば

ギョレメ観光ツアーに参加したり、

のんびり散歩して歩きながら

カッパドキアの風景を楽しんだり。

cappadokia__kesikizin

cappadokia_gyoremekikyu

夕日が沈む頃に宿に戻り

シャワーを浴びてそのまま

プールに飛び込んで体の疲れを癒す。

 

その後は街へブラブラと出かけ、雑貨屋さんや

オシャレな雰囲気のレストランにいく事が多かった。

cappadokia_kaimono

宿にバーベキュー設備が設置されており、

スーパーで買ってきた食材をそこで焼いて食べる。

 

 

空には満月がプールに反射して

気温もいい感じに冷えてくる。

 

 

 

ここでの生活は最高であった。

 

旅にでる事で画家になれる可能性を上げる

paint-iwayamaup

これはカッパドキアの世界と僕の世界を融合させて

描いた作品の一部である。

 

カッパドキアはどこを見ても不思議な世界が広がっており、

神秘的な場所であるが、少し街から外れると

野犬に追いかけられたり道に迷ったりして

危ない目にもあったが、今では旅のいい思い出として

僕の心に焼き付いている。

 

 

これからカッパドキアで見た光景や出来事を

この世界画家旅人で語っていくので

中東の旅を気長に見てもらいたい。

 

 

 

やはり旅をすると感じ方や物事の捉え方に

変化や衝撃が生じ、画家活動にも大きく影響される事は確か。

 

毎日時間に終われ、アルバイトにせいを出すよりも

貧乏旅行をする方が確実に画家にとって

いい経験値になる事は間違いない。

 

画家になれる可能性があがり、

スキル向上をする事ができる紛れもない事実なのだ。

 

 

なので今から本気で画家として活動していきたいと

考えている人は旅にでていい経験をつみ、

それを全て吸収する事から始めると

想像している未来のあなたの姿に近づく事ができるのだ。


タグ:  

カテゴリ:中東の旅 

世界一周にかかった費用は想像するより安かった!?合計額は?

「世界一周にいく」

そう決めた時はすでに

世界をまわる為の費用はそろっていた。

 

しかし、これまで世界43ヶ国以上を

3年かけて旅をしてきたが、想像していたより

費用はかからなかった。

 

まぁ僕が途中で旅をしながら

画家としての収入を増やせたのも

その原因の1つではあるのだが・・・

 

今回は旅の費用は一体いくらあれば

どのくらいの旅が出来るのかを

出費額と計算して一年間の旅にかかる旅費

考えながら一緒に答えをだしていこう。

 

ヨーロッパでは贅沢もしたし、移動もかなり多かった。

Venicetrip
移動するのにお金がかかるのは

当たり前で贅沢をしようものなら

すぐにお金はとんでいく。

 

最初はそう思っていたが様々な出来事と

人脈が広がり助けてくれる人もいた。

 

海外に友達は一人もいない。

 

英語もまったく話せない。

 

そんな状態で僕の「世界画家旅人」は始まった。

 

一番始めにオーストラリアへ絵の修行の旅へ出たが

バスも使って移動したり飛行機も使って移動した。

 

宿にばかり泊まっていて出費もかなりあった。

 

しかし旅をすると確実に起こる事がある。

それが「人脈に出会う」という事だ。

 

海外で出会った友達が増えるにつれて

「自分の国へきた時は連絡してほしい」

と言ってくれる友達が沢山できた。

 

オーストラリアで出会った友達や

仕事仲間を頼ってヨーロッパの旅にでた時は

贅沢に暮らす事もあったし、家にも

泊めてもらえたりとかなりお金も浮いた。

 

移動も車で送ってもらえる事も

あったので費用的にも助かった。

 

1年旅をすると移動費を

僕の旅から計算すると1年で80万円を超えた。

 

僕の場合は43ヶ国以上の大移動だったので

これだけの費用がかかったが、

行く国の数を減らすとその分費用が減るので

10ヶ国くらいだと30万円以内には

抑えれるのではないかと予測できる。

 

宿は友達の家に泊めてもらうと安くなった。

 

宿泊費は高く見積もっても

一泊2000円以上の所には

数回しか泊まらなかった。

 

それ以上に安くて快適な宿が世界中には多数存在する。

 

安宿で宿で宿泊費を抑える事は可能だし、

物価が安い一つの場所に長期滞在すれば

さに抑える事もできる。

 

 

僕の場合は1年間で移動費と

宿代だけで100万円は超えたが、

10ヶ国程度に抑えると

移動費と宿代をあわせても

45万円くらいには抑える事ができる。

 

食費1年分の費用

Rabbitmeet

食費は基本的に自炊していたのだが、

ヨーロッパで豪遊したので、そこで

出費がかさんでしまい思っていた以上に

お金を使ってしまった。

 

ヨーロッパには約6ヶ月滞在していて、

(ヨーロッパの再入国を換算していない)

1日2000円は使っていたので

かなりの出費になった。

 

僕の場合の1年の食費出費は

50万円を少し超えるくらいだった。

 

これを物価の安い国(アジアや南米)に

長く滞在したりヨーロッパでも

自炊をしていれば30万を少し

超えるくらいまで節約できるのではないだろうか。

 

食費は人の胃袋の大きさによるので

明確な答えは出しにくいが、

小食ならさらに抑える事ができるだろう。

 

観光やツアー参加費はあまり費用がかからなかった。

Turkey_tour1

これまで様々な国で観光したり

ツアーに参加してきたが、僕は

観光重視にしていたので世界の博物館や

絵の展示会が中心になっていて他は街を

ブラブラ観光したりして世界遺産を見にいくなら

ツアーを利用する事が多かったし、

旅の中で出会った友達が車をだしてくれて

普通の旅行者は観光できないような場所にも

連れていってもらえた。

 

1年間で観光ツアーにかけたお金は15万円ほどだった。

 

高いツアーばかりに参加していれば

すぐにお金はなくなってしまうが

世界にはかなり安い値段で満足いく

ツアーをやっている場所が多くあるので

安いツアー中心に選んだりすると節約できる。

 

10万円あれば様々な国で

満足いくツアーを楽しむ事ができるだろう。

 

保険に入る費用

pic_1

海外に長期滞在するなら

保険に入っていた方がいいだろう。

 

僕は損保ジャパンの海外保険に入っていて

1年間の契約で物を盗まれたり壊れたりした時や

怪我をした時や病気にかかった時に

病院に通うための保険に入っていた。

 

旅中でも旅が終わった後でも

盗難証明書や病院の診察された証明書を

持っていれば現金で返ってくる。

 

保険費用は1年間で約12万円ほどだった。

 

僕は旅中にiPadとiPhoneやPCなどを盗まれたのが

日本に一時帰国した時に10万円ほど返ってきた。

 

ただIPhoneに入っていた思い出は

失ったので、まずはなくさない事が大切なのだ。

 

スキューバーのライセンスや語学学校での出費

marta_1

オーストラリアではダイビングライセンスをとったのだが

4日間でとる事ができた。

 

筆記試験を2日やり、残りの2日は

グレートバリアリーフで船に一泊泊まり、

実際に潜って旅行気分でライセンスをとれたが

4万円ほどしかかからなかった。

 

英語は独学で話せるようになったが

スペイン語は話す事ができなかったので

エクアドルの語学学校へ2ヶ月通う

事にしたが7万円程度で学ぶ事ができた。

 

もし何かを学ぶとなると

お金はかかるが自分が成長できた瞬間を

味わう事ができるなら安い出費と

考えてもいいかもしれない。

 

1年間で計算した旅の費用合計

uyuni_train

僕の43ヶ国以上世界をまわった費用

交通費、食費、観光費、ライセンス取得費

などを1年間で計算すると約170万円ほどになった。

 

これを10ヶ国くらいにすると100万円以内に

抑える事は十分に可能だ。

 

しかもいい出会いがあればさらに安くで済む事もある。

 

旅中にお金を稼ぐ

livepaint1

僕は画家の仕事をしながら

世界をまわっていたので

旅の費用をかなり抑える事ができたし

お金を稼げる国に滞在し続ければ

旅の費用を超える収入も得る事は可能だった。

 

旅では主にライブペイントやポストカードの販売、

旅中に出会った富裕層からの絵の依頼でお金を稼いでいた。

SONY DSC

しかし移動が多くアフリカや中東、南米などでは

旅の費用はあまり稼ぐ事はできなかった事が現実だ。

 

もしお金を貯める旅をするなら

オーストラリアやヨーロッパに

長く滞在するといいだろう。

 

アメリカは基本的に許可なしに

ライブペイントでお金を稼ごうとすると

すぐ警察がやってきてしまうので

お金を稼ぐ事は考えずに僕の活動の宣伝だけに

力を注ぐ事にしようと思った。

 


タグ:  

カテゴリ:世界各国の情報 

海が奇麗で物価が安い世界の癒しスポット5選

海が奇麗でのんびりできて、しかも安い・・・

そんな場所で癒されながら最高の贅沢を味わいたい・・・

 

世界中にそんな場所が数多く存在する事を知っているだろうか?

 

僕は海がなければ仕事がはかどらない。

 

 

画家として世界43ヶ国以上をまわってきたが、

仕事で絵を描く時は、必ず海の近くの宿に滞在して作業をしていた。

 

 

その経験から、海の透明度が高く、しかも

物価が安くて旅行費を抑える事ができる

海沿いの場所を世界中で発見してきた。

 

その中で僕のお勧めの場所を紹介しよう。

 

バイロンベイ

byronbay

オーストラリアの中部にある

バックパカー達が集うアーティストの町

 

ゴールドコーストからバスで1時間半ほどで

到着する事ができるし、のどかな雰囲気の町でまさに南国。

 

ここにはキャンプサイトが多くあり、

中古テントを買うかレンタルすると滞在費も安くつく。

 

僕はある方法を使って

4ヶ月間一円も使わずに過ごす事ができた

オーストラリアで4ヶ月0円で生活する方法

 

マルタ共和国

malta

地中海の海に浮かぶ小さな国マルタ。

 

なんと言っても驚かされたのが海の透明度。

 

世界中を旅してきたが、

こんなにも透き通った海を見た事はなかった。

 

マルタは古い歴史があり町中に遺跡や奇麗な協会があり、

この島の人達も穏やかで親切にしてくれる人が多く、

僕個人的にはヨーロッパの沖縄と呼んでいる。

 

ダハブ

gahab

エジプトのシナイ半島の東にある小さな田舎町。

 

エジプトの海と言われてもイメージしづらいかも

しれないが、透明度が高く珊瑚礁が多く生息していて

世界のダイバー達がこの海を目的として

ダハブにやってくるほどだ。

 

そして驚くべきは一泊の料金が日本円で

約200円〜300円で滞在できる有名な

日本人宿がいくつかあり、この宿で

カップルになった人達を何人も見てきた。

 

旅人は恋するダハブと呼んでいる。

 

一日の食費も宿の人達とシェアすれば200円〜300円

ほどで済ます事もできる。

 

プエルト・エスコンディード

pueruto

メキシコの太平洋岸にあるプエルト・エスコンディード。

 

ここの波は有名で、

世界各国からサーファーが集まる場所でもある。

 

僕は絵の仕事がたまっていたため、海から徒歩5分でつく

一泊900円の宿で3ヶ月滞在する事にした。

 

近くには大型スーパーがあり宿のキッチンで自炊していたので、

食費もほとんどかからなかった。

 

夕日を見ながら宿で仲良くなった友達と食事をしたり

夜中までお酒を飲みながら語り明かす事もあり、

充実した日々を送る事ができる場所だ。

 

座間味島

zamami

日本の沖縄の本島から船で2時間ほどで到着する島。

 

一泊300円でキャン場を利用する事ができ、

キャンプ場のすぐ目の前が海なのでいつでも

海水浴を楽しむ事ができる。

 

朝と夕方に海に入ると高い確率ウミガメ

藻を食べに来るので、一緒に泳いだり

水中カメラで写真をとったりもできる。

 

座間味島のウミガメは人間に慣れているため、

近距離で観察できる世界でも珍しい場所だ。

 

海の透明度も本島とは比べ物にならないほど

奇麗で何度でも行きたくなる事は間違いないだろう。

 

僕も夏に日本にいる場合はここでキャンプをしながら

絵を描いて、だいたい1ヶ月半は滞在する事にしている。

 

滞在費や食費の事など考えないで

これだけ奇麗な海を堪能できれば

身も心も癒される事は間違いない。

 

是非あなたにもこれらの場所で何のストレスも感じない

のんびり快適な生活をおくって欲しいと思う。


タグ:     

カテゴリ:世界各国の情報 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ