緑色が人に与える心理を利用して絵を描く

風景がを描く時に絶対に必須な色と言えば緑。

 

僕の絵は2種類あるのだが世界とアート作品を
描いており、そのほとんどに緑を使っている。

 

ちなみに僕は色の中で緑が一番好きだ。

 

自然を象徴する緑を使った絵は人にどのように

心理的影響を与えるのか?

 

今回はその事についてまとめてみた。

 

中間色

冷たい、寒いなどの表現ができる青と

暖かい表現ができるオレンジや橙色のちょうど

中間に位置するのが緑色だ。

 

緑は見る人に山、草などの自然をイメージさせ、

比較的に刺激の少ない色でもある。

 

そして緑を好む人は安定を求め、

争いや面倒な事はさける傾向にある事が

心理学的にも証明されている。

 

実際僕も争い事は避けて生きてきたし、

これからも平和にのんびり暮らせるなら

それでいいと感じている。

 

リラックス、癒し

精神を落ち着かせる効力を持つ緑色は

見る人をリラックスさせ、心を癒してくれる

心理的効果がある。

 

よく部屋に観葉植物を置くと良いと聞くが

それは癒しの空間を求めている人が大多数であり、

これは絵でも同じ効果を得る事ができる。

 

僕も緑を使った作品を部屋に飾っているが

その効果は抜群だ。

 

成長

緑は草や森をイメージさせる色と冒頭でも話したが

植物は成長し続ける事から

「これからどう成長していくのか?」

と先を想像させる効果も秘めている。

 

人に何かしら想像させる絵を描きたいのなら

緑を使う事をお勧めしている。

 

主張しないが前に出る色

reefjob

色はポジティブなイメージもあるがネガティブを

連想させるイメージも持っている。

 

緑は穏やかで癒し、そして平和的なイメージを

連想させる反面、使い方によっては優柔不断や

未熟と言った受け身のイメージも兼ね備えている。

 

しかし絵の具で緑を使う場合少し違う。

 

絵の具の緑は主張はしないが他の色より

前に出てくるという効果がある。

 

前に出ると言う事は立体や3Dのような

絵を描きたい時にその力を発揮し、

なおかつ絵全体に馴染む色でもあるのだ。

 

まとめ

人が好む色には様々な心理が潜んでいるが、

それを知る事によって絵の表現にも役に立つ

ので何を描くのか迷う時はまず

色から選びそのイメージから連想される

ものを描くと良い。

 

あと絵を描く時に使い方によっは癒しの緑でも

奇妙な雰囲気を出してしまう場合がある。

 

例えば風景画の空を緑にしてしまうと

地球ではない異様な世界を連想させて

しまう事から普通の風景画の空に

緑は使用しないようにする。

 

しかし僕は自分の頭の中の世界を描いているので

こう言った場合の表現で使うのは良しとしている。


タグ:  

カテゴリ:絵について語る 

オレンジ色が人に与える心理を使って絵を描く

オレンジ色と聞くとどんなイメージを想像するだろうか?

 

太陽のような明るさや、楽しさ、温かさを感じる事が

できるのがオレンジ色であり、人に与える色彩心理的な効果は

人を元気にさせるポジティブな色と言われており、

橙色もオレンジ色と同じような特性を持つ。

 

オレンジ色と言っても幅広く、

絵を描く時にオレンジ色を使った様々な手法によって

見る人への印象を変える事ができるのだ。

 

そこでオレンジ色や橙色を使った絵を描いた時に

見る人がどのように感じる事ができるのかをまとめてみた。

 

楽しさ、明るさ

dolphpaint

冒頭でも言った通り、やはりオレンジ色の代表的なイメージは

楽しさや明るさと言ったポジティブな印象があり、

見る人を元気にさせる効果が期待される。

 

オレンジ色が好きな人は社交的で明るく人生をあるがままに

生きている人が多いようだ。

 

僕が旅に出た時もオレンジ色のジャケットやズボンを着ている人

と出会う機会が多かったが、これも心理的に自由に生きている事への

象徴だったのかもしれない。

 

寂しさ、悲しさ

sunsetblock

これは僕がまだまだ絵のスキルが足りないため、世界へ絵の修行の旅に

出発した頃の初期の作品だ。

 

例えば夕日を見ていると一日の終わりというイメージから

寂しくもなり悲しくもなるのはオレンジの明るいイメージから

暗くなると言う事が今まで生きてきた経験から

感覚的にわかっているからであり、暗めのオレンジには

寂しさや悲しさを引き出す効果がある。

 

この頃は無意識のうちに描いていたが、

楽しさや明るさの象徴とも言えるオレンジを

絵の具で濃くしたり、あるいは少し暗いオレンジに

調整したりしていた。

 

色が人へ与える感情を利用して絵を描く時も白に近い明るいオレンジから

暗いオレンジへグラデーションを描く事によって絵からでも

悲しさや寂しさを引き出す事ができるのだ。

 

ここを頭で理解しながら描くのと描かないのでは絵全体の

雰囲気として変わってくるので重要な事の一つだ。

 

ロマンチック

IMG_8483

ロマンチックな感情は人によって感じ方が違う。

 

危険を感情を引き出す赤や黒を使った絵をロマンチックに

感じる人もいるだろうし、

暗い青を使った絵を見てロマンチックな気持ちに

なる人もいるだろう。

 

しかし僕が世界43各国以上を旅してきた中で一番ロマンチックに

感じたのはゆったりとした平和で暖かみのあるオレンジや橙なの

ではないかと思う。

 

実際僕もロマンチックな雰囲気の絵を描く時はオレンジや橙色を

主に使っている。

 

まとめ

絵を描く際に色を意識するだけで印象であったり

雰囲気であったり様々な感情を引き出す事ができる。

 

色の心理は絵と大きく関わっており、

どんな人に見てもらいたいのか?

人にどのように感じて欲しいのか?

を描くときはこの色の心理を利用する事をお勧めしている。

 


タグ:  

カテゴリ:絵について語る 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ