日本でも絵を描く仕事で食べていく方法をハワイで学ぶ!

ハワイでは絵を描く仕事をしながら生きるために必要不可欠なものをまた新しく手にいれた。

 

それは僕が常日頃からお伝えしている「人と人との繋がり」っという事。

 

これがなくては絵描きとしては食べていけない。

 

当たり前だろ!っと突っ込まれそうだが、実際、日本で絵を描く仕事を得たい人の中でこれをできている人はかなり少ない。

 

その証拠に日本で絵描きとして食べていけている人は海外に比べて圧倒的に少ないし、「僕の職業は絵描きです」っというと「それで食べていけているの!?」っと驚く人の方が圧倒的に多い。

 

 

僕はこれまで数千人の絵で生きる生活を目指す人の悩みを聞いてきたが、個展をしたりイベントやグループ展をしているだけで、「人と人との繋がりを広げていく」っという事ができていると思い込んでいる人がかなり多い事を感じ取る事ができた。

 

 

もちろん個展やイベント、グループ展でも人との繋がりは広がっていくので、やらないよりはやる方が断然良いのだが・・・

 

危険なのはそれで「やっている感」を出してしまう事である。

 

もしも、本当の意味でそれをできているのであれば日本でも絵描きとして生活する事は可能であるし、すでに絵で食べていく事もできているはずである。

 

逆に言えば今もまだ絵で食べていけていないというのであれば、「どんな人と繋がるのか?」あるいは「自分という人間をどのように世の中に発信しているのか?」という所に問題がある事は間違いない。

 

日本アート業界が遅れている理由とは?

僕はこれまで34カ国以上をキャンパスと絵具を持ち運びながら旅をしてきた中で、海外のアーティストが当たり前のようにしている「自分を世の中に発信する方法」っというものを学んできた。

 

これをセルフプロモーションと言うのだが、日本ではまだまだ認知されていない。

 

なぜか日本の芸大や美大では絵の基本中の基本を教えているだけで、絵描きやアーティストに必要不可欠なセルフプロモーションの具体的な方法を教えている学校は未だに存在していない。

 

先ほどの動画の最初に出てきたハワイで活動している絵描きのMarkさんもこの世界画家旅人のようなブログを持っていて、そこでセルフプロモーションのスキルを駆使して絵で生計を立てているようだ。

 

 

しかし、彼と僕とでは圧倒的に違う点がある。

 

 

彼というよりも海外はアート業界自体が先に進んでるので、海外のアーティストと僕との違いと言ってもいいかもしれない。

 

その違いとは、
「自分自身で自分をプロデュースする」
という事と
「プロデュースを第三者に任せてしまう」
というところ。

 

世界画家旅人では僕が僕自身をプロデュースしているが、Markさんは第三者にブログでのプロデュースを任せてMarkさん自身は作品を描きためている。

 

どちらがいいのかと言えば断然Markさんのように人に任せた方が絵を描く時間も増えるし、リアル世界での活動にも力を入れる事が出来るので良い。

 

しかし、これを僕が日本でしようとしても今の日本では絵の仕事をとれるように絵描きプロデュースできる人がほぼ0と言っていいほど存在しないのである。

 

 

これが日本のアート業界が遅れている原因の一つでもあるのだ。

 

 

そのため、日本で活動する絵描きは自分自身で「世の中に自分という人間を発信する方法」を学び、それを実行に移していく必要があるのだ。

 

っとは言ってもこの話を聞いただけで簡単に出来る事ではない。

 

 

一切学びもせずに、ブログで自分自身を世の中に発信しようとしても普通の日記のようなブログが完成してしまうだけである。

 

 

セルフプロモーションは奥が深く、画力以外の一つのスキルとして身につけなければ失敗に終わってしまうだろう。

 

自分を世に出す方法はブログが全てではない!

世の中には「ブログをやった事がない!」っという人も少なからず存在するが、何もブログだけがセルフプロモーションを活用する場所ではない。

 

僕は常にリアル世界での活動で新しい活動の方法を研究しながらメルマガ読者さんにその方法を伝えていく活動をしている。

 

他にも何か相談したい事があれば、メルマガから僕に直接連絡をとれるようにしているので遠慮なくどうぞ。

 

 

ちなみにSNSでは相談は受け付けていない。

 

 

数百、数千人から相談メールが来ても対応できないので、メルマガ読者さんだけに限定させて頂いているし、その相談内容もメルマガの中で返答しているので僕の負担も減る。

 

そんな理由から相談はメルマガ内だけに絞らせて頂いているのである。

 

日本人は裕福すぎるので挫折する。

日本人は裕福な生活をしすぎたのか途中の苦労から逃げ出す人がかなり多い。

 

何でもそうだが、夢を追う途中の段階でモチベーションを保てなかったり、途中の苦労から心がブレブレになって逃げ出してしまう人は何をしても失敗してしまう。

 

特に日本で絵を描く仕事で生計を立てようとする人は日本のアート業界の低迷というマイナス地点からスタートしなければいけない分、ハンデを乗り越える精神力や忍耐も必要となってくる。

 

もしも、今現在、アート活動がうまくいっておらず、途方に暮れているのなら、まずはこれからの絵描き人生の戦略に「自分という人間を世の中に発信する」っという事を学ぶ事を組み込み、さらに「苦労するのが当たり前」という考えを常に持ちながら突き進んでいくしかない。

 

その方法がわからない日本人が多いのでこうしてメルマガで情報発信をしている。

 

そこから先、あなたが絵の仕事を得て普通に生活出来るようになるには、あなた自身がやるかやらないかによって大きく変わってくる。

 

失敗する人の特徴としてはまず先に第三者に頼ってしまうという事。

 

なぜか日本人で絵描きを目指す人は「どこかの誰かに拾ってもらう」という考えを捨てきれない人がかなり多い。

 

 

まずは考え方から変えない限り日本で困っている多くの画家志望の人が通るような同じような道を進んでしますだろう。

 

日本の洗脳教育の「皆がする事が正しい、皆がしない事は正しくない」っという考え方は捨ててしまおう。

 


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

日本で一番居心地の良い島で絵を描く画家生活


僕はこれまで世界中の島をめぐり、

そこで絵を描いて生活していた。

 

日本に一時帰国した時も必ず

沖縄のとある島に行く事にしている。

 

ここは世界的に見ても他に類を見ない

文化が根付いており、のんびりした時間が

訪れる人を癒している。

 

自然もあり、海の透明度も世界の海に

全く負けていない。

 

その島と言うのは本島から西にフェリーで

2時間走った所にある座間味。

 

僕はここでキャンプ生活を2ヶ月する事にした。

 

ちなみにこれが僕のテントだ。

zamami_zintent

 

最初はテントで寝ていたがハンモックで寝る方が

気持ちいいので次第にただの倉庫がわりとなっていった。

 

座間味で画家にとって最高の日々

zamami_jirohamuegg

以前話したホームレスのようなおじさんの

ジロウさんに毎朝朝食を作ってもらっていた。

 

こちらがその時の記事である。

レゲェイベントで火を操るホームレスがきた!

 

ジロウさんは座間味でキャンプ生活を

2月〜11月までするかなりレベルの高い

キャンパーホームレスだ。

 

テントも完璧な設備にされていて、

一番風通りの良い場所に設置されている。

zamami_jirostenthiki

 

朝食を食べ終わると彼はそのまま

島の売店に働きにいく。

 

僕はそのままハンモックで

のんびりしながら読書を楽しんでいた。

 

そして昼前になる頃にようやく

海の前にキャンパスを設置して絵を描き始める。

3yamazamami

 

座間味はシーズン以外は人が少なく、

通る人はキャンプ場で仲良くなった人達ばかりである。

 

そのため、ここは僕の広いアトリエへと変貌するのだ。

 

集中力も都会の室内でするより

はるかに増す間隔がある。

 

 

 

暑くなれば海へ潜りリフレッシュをする。

 

島のパワーが僕にエネルギーを与えてくれる。

 

これがキャンプペイントの魅力である。

 

 

 

ちなみにキャンプペイントは僕の考えた造語で

あるため調べてもでてこない。

 

世界でキャンプペイントをしながら

旅をしている画家は僕だけなのかもしれない。

 

しかも、このような自由な生活をしながらも

絵の収入は途絶える事はない。

 

絵を描いて生きるため、

これまで世界中を旅しながら

画家になる方法を探していたが、

ようやく発見し、現在の生活にたどり着いた。

 

キャンプ場で出会うおもしろい人達

zamami_michie

 

座間味のビーチの前に草木でできた

細い道があり、そこをぬけると

キャンプ場が見えてくる。

zamami_nicetent

 

ここで僕はおもしろい夫妻と出会った。

 

旦那のタクマさんは横浜でハナブサと言う

レゲェバンドを組んでおり、今回はここ

座間味でレゲェイベントをするために来たのだ。

zamami_takumahusai

 

バンドメンバーが座間味に集結し、

皆キャンプ生活を楽しんでいた。

 

僕も地元の友達がこの後数人来るが、

他の皆は仕事の都合がつかず、来る事ができなかった。

 

 

会社に雇われていては自由に

好きな時に旅にでる事ができない。

 

僕は18歳の時からそんな生活は絶対に

したくないと考えながら画家の道を選んだ。

 

 

 

日本で画家をしていると言うと

「稼げない」「貧乏」「会社で働きながら」

と言ったイメージが強く、またそのような

生活をしている人が多く存在する。

 

日本で絵を描く仕事を目指している人の

80%以上がそのような生活ではないだろうか?

 

画家なら99%はそのような生活をしている。

 

 

 

この事から日本で画家になる事は難しいと

言われるようになったようだが、僕は

自分で画家として生きる道を構築したため、

このような自由な生活をする事ができる。

 

画家になるには絵のスキルがあれば

後はそれを利用できる知識と情報を

持っていた方が良い。

 

この先、何十年も会社に勤めながら絵を描いて

画家と名乗るよりは遥かに良い人生を歩事ができる。

 

座間味の夕日は美しい

zamami_eowari

 

仲良くなったハナブサと人達と一緒に

車で夕日を見に行く事にした。

 

軽トラを借りてくれてそのまま2台に乗って

夕日が見える丘まで行く事に。

zamami_keitora

 

都会でこのような事をすれば捕まってしまうが

田舎ではどこでも見れる光景である。

 

僕はこのような田舎の緩い感じが好きだ。

 

車で丘の上まで行くと

すでに雲がオレンジ色に染まっており、

海から吹く心地いい風を感じ、リラックスした状態で

沈んでいく夕日を眺める事ができる。

zamami_sunsetoka

 

一応ハナブサメンバーを記念撮影させてもらった。

zamami_hanabusasun

 

将来は海外ではなく沖縄に移住しようと考えている。

 

贅沢を言えば夕日と海が見える丘の上に住んでみたい。

zamami_sunset

 

ただの家ではなく、僕の個展会場と合体した

数人だけが泊まれるホテルを建設しようと

今は頭の中だけで計画しているが、僕なら

ほぼ100%の確立でその夢を実行に移せる。

 

なぜなら、これまで僕が生きてきた人生で

強く思った事は全て現実のものになってきたからだ。

 

悪い事も良い事も全て現実にする

能力が僕にはあるのかもしれない。

 

 

 

 

弟が死んだ時も「いつかバイクで死ぬだろうな」

と思っていた矢先にバイク事故で違う世界へと

旅だってしまった。

 

「海外で絵を描いて生活できる方法を探す」

と言う事も現実となった。

 

「日本でも絵を描いて生活できるようになる!」

これもすでに叶ってしまった僕の夢。

 

 

 

 

なので僕が強く思えばそれは現実になると

心の底から本気で言っているし、疑う余地もない。

 

しかし、今は旅をする事を辞める事はない。

 

旅をしていると様々な人と出会い、

そこから人生の財産となるものが

生まれる事があるからだ。

 

 

今後、絵を描いて生活しようと

考えているのなら僕に相談して欲しい。

 

 

ちなみにSNSでメールを送っても

毎日数多くのメールが届くので返信はできない。

 

 

 

基本的にZiNARTメールマガジンを

読んでくれている人達の相談に乗る事の方が多いので。

 

そこでは僕が画家になった道筋を伝えている。


タグ: 

カテゴリ:沖縄 

画家になる方法が存在する事を日本人はまだ知らない

画家になる事が夢だけど、その夢を叶える方法があるのか?

そんな事で悩んでいる日本人は多いのではないだろうか?

 

結論から言うと僕のこれまで経験してきた事を参考に

順序よく画家になる階段を登っていけば

高い可能性で画家になる事ができる。

mexico_atorie

好きな時に絵を描き好きな時に寝る。

 

会社のように決められた出勤時間もなければ、

決められた休み時間もない。

 

僕は画家になりそんな自由な生活を手に入れる事ができた。

mexico-toppaint

その証拠に今も爽やかな青色の空の下で

パソコンでこの記事を書いている。

 

 

もちろん少し休憩をとった後に絵を描き始めるだろう。

 

 

しかし日本では画家になる事が難しいと言われているが、

これは画家になれなかった人の言い訳の言葉だと

気づいたのは世界中を旅している時だった。

 

 

 

キャンパスと筆と絵の具を持って

世界43ヶ国以上を旅してきて

画家になるためのある方法を発見する事ができた。

 

この方法は僕が考えた方法なので

他のサイトで調べても出てくるわけはない。

 

 

 

しかし僕はあくまで画家になるのは可能だと言う話をしている。

 

 

 

画家は特殊な仕事で絵の画力はもちろん

続ける忍耐力が必要とされるからだ。

 

その基本的な2つを持っていなければ、

たとえ画家になる方法を伝えたとしても

可能性は大幅に低くなる。

 

 

 

この方法を伝える前にあなたに必要なスキルを

まとめてみたので最後まで読んで欲しい。

 

誰でも描けるような絵を誰が買うだろうか?

mexico_minapaint

画家の仕事は他の仕事とは違い、

あなただけから生み出される独創性あふれる

絵を描けるようにならなければならない。

 

もしも今あなたが描く絵に自信があるのなら、

まだ絵のスキルが向上している途中の人からすると

あなたは一歩リードしている事になる。

 

 

 

その一歩が人によっては難しいと感じるかもしれないが

誰でも絵の上達ができる方法がある。

 

 

 

それはあなたが描きたいスタイルの絵を描いている人に

どういった描き方をしているのか事細かく質問し、

直接描き方を見て学ぶ事だ。

 

ここで注意して欲しいのは

その人の絵を完全コピーして描くと言う事ではない。

 

 

 

描き方や表現方法などあなたにない所を盗み、

それからあなただけの描き方や絵のスタイルを

足していく事によってあなただけからしか生まれない作品を

描き上げる事ができるようになる。

 

僕は絵の専門学校卒だが、

そこではそんなに細かく絵の事に関して

教えないようにしているようだった。

 

 

 

それはその人の個性を大切にしているからなのだ。

 

 

 

そのかわり木のボードへ紙を張る方法や、

完成した絵を低コストでガラスケースに入れたような

仕上がりにする方法など基本的な事を教わる事ができる。

 

 

 

専門学校ではそのような事は学んだが、

絵の描き方に関しては自力で発見する他ないが、

その方法がわからず絵の上達ができないまま

画家になる夢を諦めた人が当時の

僕のクラスの90%以上をしめている。

 

それほど絵の上達は難しいように思えるが、

ようは画家になる夢をどの程度強く思っているかで

絵の上達スピードは変わってくる。

 

 

 

例えば人生の全てを画家になる夢に費やし、

友人と遊ぶ事やどこかへ旅行に行く事をやめ

他の全てを犠牲にする覚悟で絵を描けば確実に上達するだろう。

 

 

 

しかしそれを実行に移せる人はいない。

 

僕も自由な生活がなければ心が病んでしまう性格だ。

 

僕も人生を絵に捧げた一人だが友人と合わなかったり

外へ遊びにいかないと言う事はないので。

 

 

 

なので、そこまで極端に人生を絵に捧げる必要はない。

 

 

 

上で言った通り他の人の絵のスキルを盗み、

そこにあなたのスキルをプラスする事によって

絵の上達をする事ができるからだ。

 

自分の絵に関して明確な考え方や思考を持っているか?

sketchbook_top

絵を描く時あなたはどのような思いや

感情を込めて描いているだろうか?

 

 

 

それを表現するのにどのような世界観で描いているのだろうか?

 

 

 

この意思を絵を見てくれる人に伝える事によって

あなたの絵にさらに興味を持ち、

自分のものにしたいと言う欲求が高まるのだ。

 

 

 

 

分かりやすく例をだすと、

僕がトルコのカッパドキアに行った時に

岩山に掘られた無数の穴の奥に広い空間や

何かに使われていた部屋みたいなものがあった。

 

僕はその穴の奥に入る前の受付で説明が聞ける

有料のイヤホンをレンタルし、

なぜこの穴がつくられたのか?

この空間は何のために使われていたのか?

などの説明を聞きながら穴の中を探検していた。

 

もしも説明がなく普通に探検していたら

「絵を描く時に役に立つ」

と言う考えだけで終わっていただろう。

 

 

 

 

説明を聞く事により、昔ここで

どのような事が行われていたのか

リアルに想像できるので、また違った

ものの見方ができるようにもなるし、

説明されなくては理解できなかった

驚くような話も聞く事ができた。

 

こういった説明をされた事により僕は今でも

その時の映像を鮮明に思い出す事ができる。

 

 

 

絵を見る時も一緒である。

 

 

この箇所にはどのような意味が込められて

いるのか?これは何の表現なのか?

などを知る事によって見る人側の

脳に簡単にインプットされ、他の人の絵より

あなたの絵の方が印象に残る結果になるのだ。

 

そして何の感情もなしに絵を描いていては

ただの落書きとあまり変わらないと僕は思っている。

 

 

 

そう言ったスタイルを否定するわけではないが、

僕は絵を描く時は必ず感情や思いを込めて描いた方が

見る人に伝わりやすいのではないかと思う。

 

画家になる夢を継続して追い続ける事ができるか?

osaka_hotelpaint

画家になる過程で大きな壁と何度も出くわすだろう。

 

それは当たり前の事で、何か夢を追いかけている人達は

必ずそういった場面に出くわす事がある。

 

山も谷もなく成功する人はずば抜けたセンスとスキルの

持ち主であり、そのような能力をもった人は世界でも

そうお目にかかれない存在だと僕は思っている。

 

 

 

僕はもともと絵がかなり下手で素人以下の絵しか

描く事ができなかった。

 

 

 

しかし専門学校で絵の描き方を独自で学び、

さらにオーストラリアへ絵の修行に行った時にも

様々な上達方法絵の描き方を学び、今ではいつでも

旅ができる自由な画家として生きる事ができるまでに

成長する事ができた。

 

僕はこれからも一生絵を描き続ける自信がある。

 

 

 

しかし画家になるまでには様々な問題が発生し

あなたの画家になる意思を揺るがす出来事も

起こりうる可能性がある。

 

そんな状況を乗りきるためにはやはり行動した結果を

直接感じる事でモチベーションも保たれ、

絵を描き続ける精神力を持ち続ける事ができるのだ。

 

 

 

 

行動した結果を感じるにはやはりそれなりに

画家になるための行動を起こさなければならない。

 

個展やライブペイントなど様々な方法があるが

その他にも結果を感じる事ができる僕だけの方法を発見した。

 

 

 

 

この世界画家旅人では外国で収入を得て旅ができる方法など

を紹介しているが外国にでる事を怖がっている日本人は数多く

存在する。

 

しかし僕の考えた方法を使えば

日本にいながら結果を残す事ができ、

諦めない精神力と、絵の上達に

情熱をそそぐ事を継続できる勇気が

あれば画家になる事は可能だ。

 

ここでは話せないその秘密の方法は

ZiNARTメールマガジンのメンバーで出会った

意思の高い人に伝えていきたいと思っている。

 

 

画家になる夢を諦めきれない人は
下にある無料登録フォームにアドレスを
入力して僕から情報を受け取って欲しい。


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

日本で画家になるには5つの情報を知っておく必要がある。

DSC_0459

不況が続く日本で画家になるには大きな壁があり、

難しいと言われ続けている

僕はそう思った事はない。

 

 

画家になるための効率のいい方法を知ってしまってからネット上で画家になるのは難しいと言っている何の情報も持たない無知な人に真っ向から反論できる自信もある。

 

 

もちろん画家になるには

あなただけしか描く事ができない独創的で絵を見ただけで何かを感じ取れるような作品を描けるようになる必要はある。

 

 

適当な絵を描いて画家になれるほどあまい世界ではない。

 

 

しかしそのスキルさえ手にいれ、

後はあなたの絵や情報を発信する

一番効率のいい方法を使えば

画家になる事は十分に可能だ。

 

 

画家になるためには

何をしていけばいいのか?

 

どうすれば画家になる事ができるのか?

 

今回は画家になるために必要な5つの情報を公開する。

 

第一に必要なもの

mevius

冒頭で言った通りあなたからしか生まれない独創的な絵やメッセージを込められた絵を描けるようにならなければならない。

 

 

具体的に言うと独創的な絵を描けるようになるには様々な手法や道具などを使い、どうすれば自分だけのスタイルを築き上げる事ができるのかを考えながら描く事だ。

 

 

 

もしくは他の人の絵から、

あなたの絵のスタイルに取り入れたい箇所を盗み、それをあなただけの描き方で表現してみたり、見た事もないものを見て脳に刺激を与え、新しいインスピレーションを受ける事で少しずつあなただけのスタイルを生み出す事ができる。

 

 

 

そしてこれは少し特殊な方法だが、もうすでに独創的な絵を描く事ができる人の描き方を全て真似し、それプラスあなただけの描き方を絵の中に描き込んでいく事ができれば、それはあなただけのスタイルに変化するだろう。

 

 

とにかく日本でも海外でも画家になるには絵を見ただけであなたの絵だと判断でき、なおかつ独創的な作品を描き上げるようになる必要がある。

 

 

僕からすればあなたをその位置まで引っ張り上げる事は簡単だ。

 

 

本気で絵を学びたい人に僕の絵の描き方の手法を細かく伝えていけば僕のタッチで絵を描けるようになる。

 

それからあなたの個性をそこにたせば日本で画家になる

第一歩をふむ事ができる。

 

継続できないのなら画家にはなれない

imagin_gaka

一番難しいのが精神力の維持だ。

 

絵を描いて生きて行こうとすると様々な壁やあなたの生き方を否定したり足をひっぱろうとする人が必ず現れる。

 

そんな人達の言葉をいちいち気にしていては精神的にもネガティブな思考になってしまい、絵の上達にも悪影響を与える結果となる。

 

 

断っておくが画家になるのは簡単と言う話ではない。

 

 

強い情熱を持ち、ブレる事のない強い心を持って絵を描き続けなければ画家になる途中で挫折してしまうのだ。

 

実際日本では画家になるのは難しいと言われただけで画家になる事をやめてしまう人は山のようにいる。

 

 

人の可能性を根本からつぶしてしまう言葉をあなたの情熱や自信で跳ね返せるほどの精神力が必要なのだ。

 

 

海外より圧倒的に画家が少ないのは日本での画家の地位が低い事や、経歴を気にする日本人の特性、

 

そしてネガティブ思考の人が言う言葉を真に受けて行動すら出来なかった人や、

 

あるいは行動したが、

ネガティブな言葉を受けてしまい、その行動にブレが生じてしまったからなのではないかと旅の中で感じる事ができた。

 

経歴は必要なのか?

newspaper

日本人は経歴を気にする文化がある。

 

学歴社会なんて言葉が生まれたのはそのためだ。

 

 

どこの美大をでたのか?

 

どこの公募展で賞をとったのか?

 

など、あなたの経歴を気にする事が当たり前になっている。

 

 

経歴はあなたの武器の一つになるのは確かだ。

 

 

しかし海外で画家として活動していく中でもう一つ

日本人も外国人も気にする事がある。

 

 

それは

どんなインパクトのある活動をしてきたか?

と言う事だ。

 

 

僕の知り合いの絵を描く仕事をしている人も海外で個展をしたり、学校でパフォーマンスしたりと活動の幅を広げている。

 

 

 

僕の場合だと世界43ヶ国以上を旅しながら絵の依頼や

パフォーマンスをして活動の幅を広げてきた。

 

英語を話せない日本人は外国人と接する事に恐怖を感じる人が多いため、このように海外で活動する日本人の事を凄いと感じるようであり、なおかつ学歴や受賞歴並みのインパクトを持つため僕は海外で一度活動してみる事をお勧めしている。

 

絵にどんな意思をこめて描くのか?

zinworld

何の感情もなしに絵を描いても何も伝わらない。

 

そうようなスタイルを突き通していく強い気持ちがあるのなら新しい絵のジャンルとしてはいいのではないかと思うが、やはり僕が思うに絵とは、あなたの感情や思い描いているものをキャンパスの上で表現する事でその存在感圧倒的なインパクトを生み出せるのではないかと考える。

 

 

 

何を伝えたいのか?

 

どういった経緯で絵を描いたのか?

 

何を表現しているのか?

 

 

芸術は奥が深く、その説明があるだけでその絵をさらに興味深く見れるようになるのだ。

 

 

僕は小学校低学年の頃から深い眠りについた時、

見た事もない世界を飛んでいた。

 

他人に言ってもしょせんは夢の話だったのであまり人に言う事もなくなっていった。

 

 

しかしあまりにもリアルな感覚で夢を見るので、この世界を表現するには絵を描くしかないと思うようになり画家になる決意をした。

 

僕には頭の中の世界を表現する使命があり、200年後、300年後の未来に向けたメッセージを絵に込めている。

 

 

その他にも僕だけのアートを描く時や、現在の感情をキャンパスにぶつけた抽象画を描く時もあるが、どの作品にも僕の意思を込めて描いている。

 

効率のいい活動の広め方と作品の見せ方

byronbaylivepaint1

僕は世界43ヶ国以上を旅しながら画家として活動してきた。

 

基本的にライブペイントで外国人とコミュニケーションをとったり

絵の依頼をうけて収入を得ているが、海外に出る事に臆病になってしまっている日本人はどうすればいいのか?

 

 

日本で画家になるには最終的に絵の見せ方や、自分の活動を広める事が必要になってくるが、ここでつまずく人が後を絶たない。

 

 

 

なぜつまずくのだろうか?

 

 

 

それは効果的に人に見せる方法や

効率のいい活動の仕方を知らないからだ。

 

 

 

もしもあなたがその情報を知っていれば普通の人よりはるかに早いスピードで多くの人に作品を見てもらえるようになるだろう。

 

しかしその情報を調べても見つかる事はない。

 

なぜならこれは僕が考えついた方法であるからだ。

 

 

 

僕のこの方法は時間はかかるが

確実に多くの人に作品や活動を伝える事ができる。

 

しかしこの方法は本当に画家になりたい

意思の強い人に伝えるようにしている。

 

 

中途半端な志を持った人に

伝えたとしても継続できるわけではない。

 

もし途中で諦めてしまえば

最初から何もしていなかった結果と変わりないからだ。

 

 

諦める人は最初から諦めるし、

中途半端な決意で始めてもまわりのネガティブな考え方を持った人たちに気持ちを揺さぶられ、やはり諦めてしまうのだ。

 

これは僕にとってもあまりいい気持ちはしない。

 

僕が教えて成功した画家さん達と会う企画

日本で画家を目指す人はかなり高い確率で諦めてしまう世の中ではあるが、僕の周りは違う。

 

僕の教える事を忠実に守りながらも自分のスタイルとして変化させていった人で画家として成功する人も増えて来たからだ。

 

たまに東京や大阪でその成功した画家さん達と飲みにいく事があるが、皆本当に最初は苦労したが継続して続けた結果、今があるのである。

ちなみにこれはベロベロ飲み会相談会という企画で

たまに東京と大阪で飲み会を開いて

(もちろん飲めなくても参加可能)

僕や成功した人からこれから画家としての仕事を安定させようと頑張っている人に対して良い情報やいいアイデアを与える企画である。

旅の楽しい話や危険だった話など

絵とは関係ない話なども沢山してかなり楽しかった。

この飲み会はメルマガを読んで僕の事をよくわかってくれる人しか参加できない仕組みにしている。

(僕はすぐに諦めたり出来ない事を人のせいにする弱くて面倒な人間は苦手なので)

 

結局、継続して学ぶ事ができる人しか成功できないので、そのような人だけと繋がるためにメルマガ限定という形をとっている。

 

興味があれば参加してみてほしい。

 

旅する画家のまとめ

この日本に多くのアーティストが誕生し、熱い気持ちを持った人と一緒に活動しながら切磋琢磨して僕もさらに成長したいと願っている。

 

 

ここでは伝える事ができなかった

絵の見せ方や、その他にも

僕の絵のタッチの描き方

絵の上達の仕方・・・

 

これは僕の絵画教室の中でお伝えしていこう。

 

具体的にどのような作品を

描けるようになるのか?

 

それはこちらの作品。

このタッチでこの世界を確実に描けるようにお伝えしている。

 

ちなみに以前の絵画教室を受講してくれた生徒さんが動画を送ってきてきれた。

まだ途中ではあるがこの生徒さんは絵を描いた事がない全くのど素人から描き始めた。

 

ここまで描けるようになるには

僕が適切にお伝えするしか方法がない。

 

あと他の生徒さんの作品の一部は

アクリル絵具の使い方で100%上達する!

っという記事で紹介しているので

気になる人は是非見ておいてほしい。

 

 

 

 

その他にもここからしか発信されない秘密の情報・・・

 

日本で画家になる方法を伝えていく。

 

今の日本で画家になれない原因の一つがセルフプロモーションを学ぶ場所がないという事である。

 

セルフプロモーションとは

どのようにして自分を世にだしていくのか?

 

簡単に言えばプロデュースのようなもの。

 

アメリカやヨーロッパでは

このセルフプロモーションを学ぶ環境が整っているため、無名の画家でも絵で収入を得る人が数多く存在する。

 

この画家のセルフプロモーションを学ぶ事ができる場所は日本ではこのメルマガからしか発信されないであろう。

 

 

 

 

そして他にもこのブログでは明かす事ができない様々な情報をZiNARTメールマガジンの仲間だけに伝えるようにしている。

 

登録は無料なので興味がある人はどうぞ。

 

あと、

画家になるにはどうすればいいのか?

 

と言った相談も受け付けているので気軽にメールを送ってもらえれば僕も嬉しい。

 

解除もいつでもできるのでご安心を。

 

画家になる意思がブレない自信があるのならZiNARTメンバーの仲間として一緒に高みを目指したい。


タグ: 

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ