絵描きとして有名になってきてしまった証

 

まだ僕が絵を描き始めた当初は

「絶対に世界的に有名な画家になってみせる!」

っと思っていたが、最近ではそんな欲望が

全く無くなってきてしまった。

 

 

なぜならすでに多くの人に指示されてきた経験と

世界各国を旅して様々な国の人から

「今までこんな絵は見た事ない!」

っと絶賛されてきたからである。

 

 

いつしか僕は有名になるという気がなくなり、

今では南の島でのんびり絵を描いて死んで

いければそれで良いと思うようになっていった。

 

これは僕の絵を好きと言ってくれる人を

突き放そうという事ではない。

 

 

ただ僕の絵は世界でも通用するという事を

旅の中の経験として感じとる事ができたので

それで満足してしまったからである。

 

 

 

世の中には小さな世界で生きてきて
それが絶対に正しいと思い込む人が存在する。

 

よく芸能人がSNSなどに書き込んで
一部の人から批判を書き込まれると話しているが、
その批判を書いている人達は本当に狭い世界で
生きているのだと思う。

 

 

メディアや報道で得た情報を真実だと
思い込んで人に攻撃する行為。

 

 

確かに悪い事をした芸能人は
何を言われても仕方ないと思う部分もあるのだが、
僕はそんな文句を書き込む時間があれば
僕自身の時間や僕の教え子にとって有意義な
時間を過ごす事に費やしていきたいと思うのだが・・・

 

 

なぜその人達は全く会った事もない人に
わざわざ攻撃をするのだろうか?

 

育ちが悪いのか?

 

頭が悪いのか?

 

親の教育がなっていないのか?

 

暇だから?

 

ただ言いたいだけ?

 

皆がしているから自分もしたくなるのか?

 

 

本当にくだらない人間がいる世の中が嫌になる。

 

 

このような人達がいる以上
この地球に平和は訪れないのではないかと感じる。

 

 

 

芸人のトップに君臨するダウンタウンの
松本人志さんも

「これだけ実力をみせつけてるのに
わからんやつはおる。アホやから。
世の中の人達全員にわかってもらうのは無理。」

っと話しているのを見た事があるが、
まさにそうだなと思う。

 

 

支持されているからこそテレビに出続けているのに
その実力に気づけない人もいる。

 

 

もちろん実力を認めないというより
おもしろさがわからないと言う人もいるだろう。

 

 

それは個人の感受性の違いなので仕方のない事である。

 

 

しかし、それをわざわざ相手に伝える人間は
本当にくだらない人生を歩んできたんだなと感じる。

 

 

有名になればなるほど支持する人も増えるが、
その中で認めたくないという人も
数万人に1人はでてくるようだ。

 

 

 

芸能人の場合この規模がかなり多くなるので
本当に怖い世界だなと思うが、
批判されるという事は注目されている
という証明でもある。

 

 

僕の場合、芸能人ほど注目されようともしていないし、
有名になりたいとも思っていない。

 

 

ただ僕は小学生時代から見ている夢の中の世界を
キャンパスに描きだし、この世にその世界がある
証明を残していきたいだけである。

 

わがままを言えば死ぬ直前に冷凍保存されて
数百年後に未来の技術で目覚めて僕の見る
夢の世界が現実にあるのか?
夢の中から受け取ったメッセージは本当なのだろうか?

 

 

それらを確認してみたいだけなのだ。

 

 

そのために絵を描いているだけなので
誰の為でもなく自分の為に絵を描いている。

 

そして生きている間は
他人の常識や名誉などから
切り離された空間でただただ
絵を描いて生きていきたい。

 

 

ただそのように生きていても
僕の絵が好きで集まってくる人達もいるし、
僕に興味がある人達や僕と同じ生き方を
したいと思う人達も集まってくるようになった。

 

 

なのでライブペイントもするし、
将来は沖縄の離島で僕の絵に
興味がある人だけが泊まる事ができる
ホテルと合体した個展会場をたてようと

計画しているのだ。

 

これまで世界中で出会った外国人の人達も
そのホテルを建てた時はかならず泊まりに
いくとメールを頂く事もある。

 

 

 

今現在の時点で1ヶ月で2万人の人達に

僕の頭の中の世界を伝える事ができているのだが、
僕が僕の絵を知って欲しいと思うのは
僕の絵に興味がある人だけでよいと考えている。

 

 

世の中の全員に絵を認めてもらいたいと
いう欲望なんてものは一切ない。

 

 

しかし、その集まった人達から
「ZiNの絵が欲しい!」と言われても
原画は売らないようにしている。

 

複製画なら販売しているが、
原画は僕の魂がこもった大切な作品なのだ。

 

 

 

これほど支持されている実績と現実があるのだが、
とうとう僕を批判する人から連絡がきた。

 

わざわざメールできたのだ。

 

「あなたの絵が上手いとは思いません

私のような美大で学んだ人からすれば笑われますよ?」

 

こんな事初めてだったが、
「とうとう僕もここまできたか・・・」

っと思う瞬間でもあった。

 

 

っとは言え話を聞いていくと、この方の考え方で
僕も反省する点があった事は確かである。

 

 

僕は絵の勉強を僕の頭の中の世界を伝える事に
集中して学んできたが、この方いわく
僕には西洋絵画や絵画史の勉強がたりないらしい。

 

 

これまでヨーロッパの個展会場や
歴史ある美術館に足を運んで
その歴史などを学んできたが
勉強が足りない部分は確かに
あるかもしれないと再確認できた。

 

 

絵の描き方や手法や表現方法などを
重点的に見てきたので歴史については
僕が興味のある歴史しか勉強してこなかったのだ。

 

非常識ではあるが教えてくれたという点では
悪い人ではないように感じた。

 

 

これでただ批判するだけだったら
この方は世の中に大勢いるただ
文句を言いたいだけのくだらない
人間の一人として片付けていただろう。

 

 

僕の活動方法は他の日本人画家は
していないためかたまに誤解を生んで
しまうようだが、ここで一つ言っておきたい事がある。

 

僕は僕のもとに集まってきて
僕の事を信頼してくれる人にだけ
僕の活動方法をお伝えしている。

 

 

 

しかし、僕の道が簡単と思い込む人には
絶対に僕の活動方法を教えない。

 

 

簡単に絵で生活できる方法なんてものは
存在しないからである。

 

 

考える力を蓄え、努力を継続できる人しか
成功はありあえない。

 

 

 

僕はそのような人にしか
僕の歩んできた道を教えない。

そして今では僕の活動方法を学んで
独立できた人と情報交換をしたり、
よりよい世界各国の情報を提供しあえる
WINWINな関係へと変化してきている。

 

 

 

かなり楽しいし、僕自身も新しい知識や情報を
提供できる事を楽しんでいるのだ。

 

 

 

やはりこのような情報人脈が多ければ
多いほど人生は豊かになってくるのだと実感している。

 

 

 

これからも常識にとらわれず
思うがままに生きていこうと思う。

 

 

 

 

 


タグ: 

カテゴリ:ZiNのつぶやき 

画家として有名になりたいなら「あれ」を正しく使う事が重要

26641540290_a93d90f0b9

大昔の画家が有名になろうとするのと現在の画家が有名になろうと

するのでは天と地ほどのチャンスの差がある。

 

 

大昔の画家は作品を口コミでしか伝達する手段しかなかったが、インターネットが普及した現在ではパソコンの前に座りボタン一つで海外の人達にも作品を見てもらう事ができるようになった。

 

 

僕が世界43ヶ国以上を旅してきた中で出会った画家やアーティストは必ずと言っていいほどFacebookやtwitterなどのSNSを利用している。

 

しかし昔の人と比べるとかなりの確率で作品を世に広める事ができる現在なのにも関わらず日本で画家になる事は難しいと言われている。

 

日本と海外の壁

26678980416_441fc8c1fd

外国人は日本人よりも絵に対して興味や関心があるのは僕が旅の中で経験して知った事実であるが、多くの日本人は英語を話せないため海外に作品を発信しても写真だけという人が多いので作品を見た人とコミュニケーションをとる事ができないのが最大の問題点だ。

 

もしその作品が独創的で誰にも描けない絵だとしても外国人は「すごい!かっこいい!」などで終わってしまう事の方が多いのだ。

 

日本人だけに発信するなら?

26170988273_7a5a4f1cc4

英語が話せないのなら日本国内で作品を広めて多くの人に知ってもらうしかない。

 

しかし多くの人は効果的な正しい宣伝方法を知らないのではないかとFacebookなどのSNSを見て強く感じた。

 

 

 

例えば作品だけをFacebookやtwitterなどに投稿する・・・

 

絵に興味がある人はその作品を描いた人の事を調べたりするかもしれないが大半の日本人は絵を見るだけで終わり、そのままスルーする事の方が多いのではないだろうか?

 

 

 

もちろん日本にも絵が好きで描いたり集めたりしている人はいるが、その人達が求めているのはやはりどんな人が描いたのか?という事だ。

 

日本は学歴社会と言われ絵を描いた人がどこの芸大にいき、どんな受賞歴があるのかなどを見てからその作品が欲しいとなる傾向があるので、そういった事も含めてSNSに投稿すると効果が現れるかもしれない。

 

 

 

僕の場合は海外でライブペイントをして宣伝活動をしているため興味がある人だけが僕にコンタクトをとれるような形にしてSNSにはその活動をアップしているだけだが、こういった活動をしていないのならやはりSNSをうまく利用して自分の考えや、作品への思いを伝える事で見てくれる人がどんな人物なのか分かりやすいように伝える必要があるのだと思う。

 

まとめ

SNSを利用して宣伝する時は作品だけをアップするのではなく、その作品を描くにいたった経緯や考え、そして自分が何を目的に絵を描いているのかを伝える事が正しいSNSの使い方のだと考えている。

 

しかし一番簡単で効果的な宣伝方法は海外にでて直接人と接するのが一番いいのだと僕の経験から感じた事なのでできるならば国内で画家やアーティストを目指している人は海外へ行き、様々な刺激をうけ、また新たな作品を世に知らしめて欲しいと願うばかりだ。


タグ: 

カテゴリ:道具 

絵でどうやって有名になる!?画家が語るその方法とは?

DSC_0459

画家になって有名になりたいけどどうすればいいの?

と言う人は世の中には沢山いるだろう。

 

しかし日本で画家として生活するには並大抵の努力ではその夢を現実にするのは難しいという人が多いが・・・

 

 

 

 

僕はそうは思わない。

 

 

僕は世界を旅しながらライブペイント中心に活動しているため、僕の事を知っている人は少数ではないかと思う。

 

 

実際に僕に絵の依頼をくれる多くが外国人であり、日本人で画家として生活している人は外国で個展をしたり美術雑誌に掲載されたりしているのにも関わらず日本での知名度の低い画家は大勢いる。

 

 

しかし僕は海外に移住して

画家活動をしようとは思わない。

 

 

 

僕は日本が大好きなのだ。

 

 

 

今の時代facebookやtwitterなどのSNSもあるので世界にでて活動していれば日本人にも知れわたり、僕の作品を見てくれる日本人が増えてくれればいいなと思いこのサイトを立ち上げた。

 

画家が有名になる王道の道筋

特殊な方法であなたが有名になる方法

 

今日はこの2つの道と方法を紹介しよう。

 

有名になろうと思う前に必要なものとは?

paint_sekai2

まず大前提にあなた独自の

作品を描けるようになる技術が必要だ。

 

あなたからしか生み出されない

作品を描けるという事はあなたの

最大の武器になる。

 

僕も専門学校に通い3年かけて

自分しか描く事ができない描き方

というものを発見する事ができた。

 

とにかくあなただけの描き方を見つける事が大切だ。

 

有名になるにはどうすれば?

livepaint1

僕の場合は海外でライブペイントや原画の販売などをして口コミで

絵の依頼をうけながら人脈を広げている。

 

 

 

 

僕は絵で有名になりたいと言うより、僕の作品を多くの人に見て欲しいという思いが強かったため有名になる事はあまり考えずに僕の絵を好きと言ってくれる人脈を広げる事を優先的に考えている。

 

 

 

日本で人脈を広げる基本的な方法は美術大学に入学して、大学で多くの作品を残し、そこで絵の関係者の人との交流を広げていき、コンクールなどに応募すると優遇されたりするようだ。

 

後は個展を開いて人脈を広げていく方法や、営業活動をして様々な人と交流する事などが主流となっている。

 

 

 

 

しかし、

僕は僕のやり方を利用すれば

海外を旅しながら画家として収入を得る事も可能。

 

 

 

 

その方法を発見する事が

できたのでそれを利用して

日本でも人脈を広げる事も可能だと確信している。

 

 

有名になるのに必要なのはまず

行動する事が絶対条件であり、

行動を起こさずに有名になる事はないだろう。

 

 

最初に言った通り日本人で

画家として活躍しているほどんどの人が海外で活動している。

 

 

 

それも行動した結果なのだ。

 

 

 

僕も海外にでてから外国人の絵への関心の強さを知る事になったが、日本人と比べても明らかに絵に対する考え方が違う。

 

 

僕の経験から日本人は新築を建てたり、

壁に絵を飾りたいから・・・

 

などの理由がまず最初にあって

絵を買う人がほとんどだが、

外国人の多くはまず最初に

絵が純粋に好きだから買う

という考え方の人の方が多いように感じた。

 

詳しくはわからないが

文化の違いや育つ環境でそのような考え方になったのかもしれない。

 

画家になった人はそれぞれ有名になる方法が違う

berlin_topga

画家とは特殊な職業であるため

人によって有名になった方法が違う事も事実・・・

「こうすればいい!」

という答えを明確にだせないのが現実でもある。

 

 

 

コネや人脈で有名になる人もいれば、自分で営業をかけて仕事をもらい有名になる人もいる。

 

テレビに出演して有名になった人もいれば、自分の個展会場を建ててそこでグループ展の応募をして相乗効果で有名になった人もいる。

 

僕もこれからは日本でも活動していき僕の絵を多くの日本人にも知ってもらう事にしている。

 

 

 

ここでそう断言できるのは

その有名になる方法を知っているからである。

 

結局どうすればいいの?

osaka_hotelpaint

美術大学に入学してそこで作品を描いて多くの美術界の人と交流してコンクールに応募したり個展をひらいて多くの人と出会える環境をつくりだす。

 

何か理由があって大学に行けない人は独学で勉強してあなたからしか生まれない独創性のある作品を描けるようにしてから海外に行き、個展などの活動をする。

 

 

 

 

僕の場合は個展はあまりせずにライブペイントを中心に海外活動をしているため路上パフォーマンスに近いのかもしれないが、それでも十分人脈を広げる事ができたし多くの仕事も得る事ができた。

 

 

 

結局は行動する事によって人脈は広がっていくので、もしあなたがこれらの活動が

できないのであれば他の仕事をしながら継続的に個展や営業活動などをしてあなた自身の手で人脈を広げていく。

 

もう一つ特殊な方法

music_aus

あと一つ特別な方法がある。

 

それは僕の考えた方法。

 

 

基本的に僕は海外でライブペイントをしている時に依頼を頂いたりして収入を得るようにしていたが、この方法では日本で活動する事ができない。

 

 

なぜなら日本ではライブペイントをするのに許可をもらわなければならないし、許可をもらってもお金を支払わなければならない。

 

 

 

そんな非効率的なやり方は僕の生き方ではないと考えた。

 

 

 

そこで考えついた僕の方法。

 

それはパソコンとキャンパスさえあれば可能な方法。

 

 

しかも1日に数百人、数千人と僕の絵を見てくれるようになる。

 

実際に現在、僕は何もしなくても

絵で収入が入るような仕組みを構築し、

自由気ままな生活を送っている。

 

 

 

好きな時に絵を描き、

好きな時間に寝る。

 

どこか旅にでたいと思った瞬間に出発でき、

何もしたくなければ何もしない。

 

 

そんな生活は以外と

身近な所に潜んでいたりするもの。

 

 

 

王道の道しか信じない日本人の悪い癖である。

 

 

 

この方法は僕が考えついたものであり、現在の日本では僕からしかこの情報は発信されない。

 

 

それに僕は絵で生きて行きたい人のために

この情報を発信している。

 

 

 

 

先に断っておくが、

「簡単」「手軽に誰でも」

と言う方法ではない。

 

僕の方法を継続して半年から1年間

継続して活動する事ができるのなら

あなたの画家への道に大きな光がさすだろう。

 

 

 

なぜこのような生活ができるのかは

ZINARTメールマガジンを読んでくれている人だけに伝えている。

 

 

 

気付く人は成功し、気付けない人はそのまま困難な道を突き進む。

 

 

情報は武器である事を日本人の絵描きはまだ知らない。

 

 

登録は無料なので興味があればメルマガに登録して僕からの情報を受け取って欲しいと思う。

 

解除も簡単にする事ができるのでご心配なく。

 

 

結局有名になる人は行動できる人であり、有名にならない人は

行動に移せない人の2通りに道は分かれるものである。

 

僕はそんな行動できる人を

サポートしていく事にしている。


タグ:  

カテゴリ:画家になる 

onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ