paperblanksの魔法のスケッチブックを手にいれた世界を旅する画家

僕は宝物を発見した。

 

これは絵描きにとって最強の武器の1つ。

 

今まで生きてきた中でこんな

カッコイイスケッチブックを僕は

見た事がなかった。

sketchbook_top

 

これはpaperblanksと言う会社が販売しており、

日記帳などは売られているのを見た事があるが

こんなに大きなサイズのスケッチブックが

売っているなんて事を知らずに、たまたま立ち寄った

オーストラリアのバイロンベイにある本屋さんで

売っているの発見し、一目惚れしれしまったのだ。

 

まるで魔法の書籍のようなデザインに心奪われ、

触り心地も若干ふわふわして柔らかい。

sketchbook-yawarakai

 

すぐに購入していつもどおり

車で灯台が見えるビーチに向かい、

鉛筆で僕の頭の中の世界を描く事にした。

byronbay_umikuruma

 

本がこちらのテンションを上げてくれるのか

1度も止まる事なく描き続ける事ができる。

sketchbook_sekai4

 

いつもなら少し描いて、

休憩がてらにビーチの前で

ラーメンを食べるか海に飛び込むかに

なるのだが、このスケッチブックなら

不思議とそのような気がおこらず約1時間で

1ページを描き上げる事ができた。

 

まさに魔法のスケッチブックである。

 

iPadのケースカバーも売っていた!!

paperblanksの会社のデザインが好きで

これまで日記帳や小さなメモ帳などを愛用していた。

 

僕は古本のようなデザインが大好きで

僕が持っているiPadminiのカバーデザインも

古本のようなデザインを使っているが、

ファスナー式だったので1年もしない内に

ボロボロになってしまっていた。

 

そこで古本デザインと言えば

paperblanksである事を思い出し、

調べてみると・・・

 

 

「何じゃこりゃー!!!」

 

 

僕の中で再び衝撃が蘇った。

 

これは絶対に買うしかない。

 

しかも使い勝手が良い。

 

即購入を決意するのであった。

 

世界を旅する画家の生き方を伝える

byronbay_chinramenkuu

 

絵の修行と画家として生きる方法を

探すため旅にでた僕は常日頃から

何か新しい刺激を求めて生活していた。

 

刺激は良いインスピレーションを頂ける。

 

そして刺激を受けるには

やはり旅をする事が一番効率がよい。

 

旅をするだけで様々な出来事と遭遇し、

様々な人との出会いがある。

 

その中で僕のしてきた活動を

見てくれる人がいたり、

応援してくれる人が現れたりするのだ。

 

今では絵を描きながらのんびり

過ごしているが、収入面の不安もなく、

会社の上司に愛想をふりまく事もない

何のストレスもない生活を手にする事ができた。

 

 

 

この生活を手に入れようとして

最初はかなり苦労していたが、

今ではその苦労が報われ、

これまでやってきた活動が

点から線になり繋がっている。

 

ちなみに僕がこれまでどんな事をして

絵を描きながらのんびり暮らす事が

できるようになったのかは

ZiNARTメールマガジンを読んでおいて欲しい。

 

 

 

 

この世界画家旅人では

絵を描きながら世界中を旅したい人の

ためにその情報を発信しているが、

僕のような生活を手に入れる方法は

記事にはしていない。

 

その方法だけはZiNARTメールマガジンを

読んでくれている人だけに公開しようと

考えている。

 

 

ちなみに海外に滞在していなければ

この生活ができないのか?

 

っと言うとそうでもない。

 

もちろん日本に滞在しながら

絵を描いてそれを収入に繋げる事もできている。

 

 

簡単ではないが継続できれば

独創的な絵を描く人なら誰でも

可能な生き方なので興味があれば是非。

 

ZiNの頭の中の世界

sketchbook_sekai3

僕は小学校低学年の時から

不思議な世界を飛び回る夢を見ていた。

 

まさか、それがきっかけで画家の道を

歩とは想像もしていなかったが、

実際に今描いている絵は僕の頭の

中の世界を描いている。

 

この魔法のスケッチブックを購入したのも

僕の世界を描くために購入したのだ。

sketchbook_sekai2

 

まずはスケッチブックに描きためて

それからキャンパスに絵具で描いて

いくスタイルにしているのだが、

いかんせん描くのに時間がかかってしまう。

360paint

 

今は原画は世界に5人いる

クライアントさんだけに販売するようにしているのだが、

時間がかかる事も理由の1つである。

 

それに画家なら僕の気持ちがわかると

思うのだが、愛情を込めて描いた絵が

他の人の手にわたる時が一番寂しい。

 

昔は原画を売って生計をたてていたが、

原画を売るのが嫌になってきたので

試行錯誤の上、僕は原画を売らなくても

収入を発生させる方法を発見し、

今ののんびりした生活を手にいれたのだ。

 

sketchbook_sekai1

 

なので今はいくら描いても原画が

クライアントさん以外にわたる事はないし、

一日中絵を描く生活も手にいれた。

 

モチベーションは創造力をかき立てる

 

何でもそうであるが、自分が気にいったものを

購入して早く使いたいと思うだけで心が弾み

仕事に関係するものならなおさら身が入る。

 

 

例えばモデルにしてもお気に入りの服

を買えば仕事をするのが楽しいだろうし、

パソコンを使う事を仕事にしている人

なら新しいMACを買えばやる気ができる。

 

 

これは画家にとっても同じ事であり、

新しいキャンパスを買った時、

早く描きたいと言う衝動にかられる事がよくある。

 

 

このモチベーションと言うのは

創造力を生み出すのに非常に大切で

今回購入したこのスケッチブックも

それを証明していると言えるだろう。

 

 

 

 

PS.

僕の絵を学びたいと言う人が多いので

絵画教室ZiNARTもひらく事にした。

 

僕の世界の描き方は僕だけにか

伝える事ができない。

 

他の絵画教室との格の違い

と言うものをお見せしよう。


onlinezinart
プロフィール
profile_zin
世界画家旅人:ZiN

高校2年生の時に画家を目指す事を決断する。22歳の時にようやくデザイナー専門学校に通い学費を稼ぎがら毎日睡眠2時間、1日50円しか使えない超貧乏学生時代を経験。

画家になるために海外に絵の修行へ行く。画家として活動しながら世界43ヶ国以上を旅をしている。

2017年10月第一子誕生。
画家を目指し始めてから10年以上の努力が実を結び、ようやく絵で生活できるようになり、毎日絵を描きながら家族と自由気ままな生活を送っている。現在はこれまでの旅の経験と出会いを利用して日本でその才能が埋もれてしまっているアーティストに海外からの絵の仕事を紹介している。

毎年正月はハワイでライブペイント。毎年2回は沖縄、東京で個展をし、NYでも開催予定。
画家ZiNとは一体どんな人物?

絵を描く人のための記事
カテゴリー
最近の投稿
ZiNのリアルタイム


ページの先頭へ